豚丼 中盛 テイクアウト。 ネタにされがちな「チーズ牛丼」食べ比べ、新商品登場で新たな魅力が開花か

すき家のテイクアウトメニュー一覧!テイクアウトNGのメニューもある?

豚丼 中盛 テイクアウト

北海道観光マスターの資格を持つ管理人が、実際に現地を訪れてレポートする当ブログ「」 今回は。。。 帯広の豚丼屋さん、はなとかちで食べてきました。 各種情報 駐車場:あり(店舗裏に数台の無料駐車場) トイレ:あり 売店:あり(テイクアウト可能。 タレも買えます) 特記事項:営業時間は11時~19時。 平日は15時~18時に中休みを取っています。 火曜定休日。 19時ぎりぎりの入店でも食べさせてもらえるのがありがたい。 訪問日:2019年9月15日 外観・店内 交差点にある雑居ビル1階。 大きな暖簾や看板があるので目立ちますね。 店舗内はカウンター席が6つにいくつかのテーブル席。 全部合わせても20人ちょっとしか入ることができないんじゃないかな。 味が良くて席数が少ないので必然的に行列が長くなります。 メニュー メインメニュー 一番人気は半ばら豚丼の中盛らしい。 半ばらはご飯の上のお肉がバラ、ロースで半々になっているもの。 普通の豚丼はロース肉だけが載っています。 逆にバラ肉だけの豚丼はなさそうですね。 他と違うメニューとして「皿盛」「小盛」「キャベツ豚丼」があります。 「皿盛」はご飯と豚が別々の皿に盛られたもの。 「小盛」はご飯150g+お肉50gと普通盛(ご飯250g+お肉100g)から減らしたもの。 「キャベツ豚丼」はご飯を減らしてキャベツを入れた糖質offメニューです。 女性店主ならではのメニューですね。 十勝は食べ物が溢れているので、小盛はありがたいかも。 食べ物 半ばら豚丼 並 ここの豚丼は山わさびと枝豆が特徴。 まぁ枝豆は色付けの飾りでしょうけど、ちゃんと中札内産の枝豆を使用しています。 タレはこの色の豚丼にしては珍しく甘くないタレ。 このタレと山わさびがここの豚丼の要になっています。 肉の厚さも普通くらいで噛み切りやすく食べやすい。 シンプルに美味い。 豚丼のタレに山わさびが合うというをはじめて知りました。 丼には味噌汁と漬物が付いています。 豚皿 こちらは皿に丼の上部分が乗せられる豚皿。 こちらにもちゃんと山わさびがあります。 キャベツもあるし、ご飯にタレが欲しかったらテーブルに設置されているので自分でかけて食べられます。 少々割高でも個人的にはこちらの方が好みです。 総括 「とん田」をはじめ、かば焼きの色をしている豚丼は甘めの味付けが多い中で、甘さが控えめなので一定のファンがいるのも頷ける味でした。 個人的にはとん田より好みですが、人によるかな。 容器代が必要ですが、ほぼ全てメニューはテイクアウトすることもできるのでホテルに持ち帰って食べることもできます。 余談ですが、豚丼の提供店が年々増えていて話題のお店にしか顔を出せないのがもどかしい。 それでなくとも十勝は美味しいパン屋やお菓子屋が多くて取捨選択が難しいのに。 参考リンク:.

次の

タレを塗って焼いてまた塗って帯広名物「豚丼のはなとかち」

豚丼 中盛 テイクアウト

自家製タレを何層にも塗り重ね、味わい深く 味の決め手となるタレは、銅の大鍋で約4時間かけてグツグツ煮込んで作ります。 材料には、甘味とツヤを出し、肉質を柔らかくするために、はちみつをふんだんに使用。 このタレだけで、おいしそうな匂いが立ちこめます。 焼き方は、まずグリルの網に肉をのせ、1枚ずつタレを塗ります。 片面ずつたっぷりと。 少し焼けてきたところでもう1枚網を重ね、クルリとすばやく裏返します。 反対側にもタレを塗り、少し焼いて裏返し、またタレを塗って焼き…を何回もくりかえします。 こうして何層にも重ねて塗ることで、香ばしさと深みのある味が生まれます。 余分な脂は下に落とし、さっぱり、こんがり焼き上げるのがコツ。 タレの匂いに誘われて、待っているお客さんのお腹はグーグーに。 北海道産「山わさび」がアクセント はなとかちの看板メニュー「半ばら豚丼」は、中盛で1,200円。 丼の手前側がバラ肉、後ろがロースで、一度に両方の味が楽しめます。 中央に見える薬味は、北海道特有の「山わさび」。 一般的な青いわさびとは種類が違い、色合いが白く、さわやかな辛みが特徴です。 豚肉と一緒に口に入れると、さっぱりとして脂っこさが気になりません。 「この山わさびを買いたい!」というお客さんもいるほどですが、ここでは販売していないので、そういう場合は青果店に行きましょう。 「半ばら丼」のほか、ロースだけの豚丼もあり、もともとはこちらが定番。 また、サイズ別に特盛、中盛、並盛、お子様用の半盛があります。 テイクアウトもOK、タレもあります! 座席は、カウンターと落ち着いて食べられるテーブル席があります。 店内は明るく心地よく、ご主人の前田弘樹さんが、豚丼について気さくに説明してくれます。 店で食べる時間がないときは、テイクアウトもできます。 びん入りの自家製タレも販売しているので、自宅で挑戦することも。 ぜひ、塗って焼いて、ひっくり返して…を試してみましょう! ご主人の前田さんは「特別なことはしていません」といいますが、その真っ正直な仕事ぶりは、各地で開かれる北海道物産展でも高く評価されています。 数ある豚丼専門店を見てきた物産展のバイヤーが、「こんなに手間暇かけて、丁寧に肉を焼いている店は、なかなかありません」と評したの豚丼。 もちろん、地元でも愛され続ける味わいです。

次の

タレを塗って焼いてまた塗って帯広名物「豚丼のはなとかち」

豚丼 中盛 テイクアウト

帯広名物・豚丼とは? 北海道でも有数の豚の産地として知られる帯広市では、昭和8年にうな丼の甘辛いタレをヒントにした豚丼が誕生しました。 旨みたっぷり豚肉を焼き、醤油ベースの甘辛いタレをつけて温かいご飯にのせた豚丼は、帯広市民に愛される郷土料理のひとつ。 帯広市内には、豚丼が食べられるお店が200軒以上もあるそうで、近年は観光客からも評判のグルメとなっています。 ぶたいち 帯広本店 特製タレに漬けた肉を炭火で炙る。 お茶漬けスタイルもおすすめ! 帯広豚丼の定番といえば、こちら「ロース豚丼」900円。 ガツンと食べたい人は「バラ豚丼」920円を。 「ヒレ豚丼」950円や「ミックス丼」950円など種類豊富なのも嬉しい 食肉加工卸会社が運営する炭火焼豚丼の専門店「ぶたいち」では、お肉をオリジナルのタレに漬けこみ、焼く直前まで真空で低温熟成させるのが特徴。 ゆっくりと旨みを蓄えたお肉は、ジューシーでとてもやわらか!お肉はもちろん、タレの材料にも北海道産にこだわっています。 甘辛のタレが絡んだお肉は、炭火焼きに。 燻されたタレと豚肉の旨み、そして香ばしさが三位一体となった丼は絶品!ガス釜で炊くコシヒカリ、割烹職人が監修した味噌汁も自慢です。 半分ほど食べ進めたら、鰹と昆布の上品なダシをかけ、豚丼茶漬けに。 こってりもあっさりも、2つの味を一度に楽しめお得感な気分です。 バラ肉は道産で脂身と赤身のバランスがよいものを厳選し、ロース肉は道産ブランドの希少な「かみこみ肉」を使用しています。 自家製ダレには、日本酒とはちみつをたっぷり!添加物は使わずにお店で丁寧に仕込みます。 えぐみがなく、コク深いタレはさらっとしていて、これだけでもごはんが進む美味しさ! 看板メニューは、ロースとバラ肉が両方味わえる「半ばら丼」。 お客さまのリクエストから生まれたそうです。 網走産の「やまわさび」、中札内村の「枝豆」がのっています。 「半ばら豚丼 中盛」1200円は、肉150gに味噌汁、漬物付き。 他に特盛1600円と並盛920円もあります ロース肉がたっぷりとのった「豚丼」は中盛の他、少なめサイズやお子様サイズも用意されています。 「豚丼 半盛肉」は味噌汁、漬物付きで780円。 すべてのメニューに味噌汁と漬物がついています ボリュームたっぷりの良質なお肉がお手軽価格で食べられるとあって、地元人も通う評判店。 使われるのは十勝産の生肉。 筋をよけながら一枚一枚手切りし、肉のおいしさを引き出します。 おすすめはバラ肉のぶた丼。 途中からニンニク一味を振りかけると飽きずに食べられます こちらのお店では、ロース、バラ、ヒレの部位別に注文することができます。 帯広豚丼の定番ならロース、脂身の甘みも楽しみたいならバラ、あっさりめとした味わいが好みの方はヒレがおすすめ。 部位が違っても価格はすべて780円とリーズナブルなのも嬉しい限り。 ロースとバラなら合い盛りメニュー(880円)もありますよ。 あっさりと味わうならヒレ肉。 すべてのメニューには後追いでかけるタレも添えられています 創業以来、手づくりしている甘めのタレは販売もしています。 自宅の冷蔵庫には欠かせない、という市民も多いそうですよ。 お土産にぜひどうぞ。 帯広名物豚丼発祥のお店 「松」900円、「竹」は1000円、「梅」1100円、「華」1300円 出典: 元祖豚丼のぱんちょう 昭和8年創業の「元祖豚丼のぱんちょう」。 帯広豚丼の発祥店としても有名で、創業当時そのままの姿を残した帯広豚丼のスタンダードな味を楽しめます。 メニュー構成はとってもシンプル。 お肉の枚数で「松」「竹」「梅」「華」の4種類にわかれます。 「松」はお肉が約4枚、「竹」は約5枚、「梅」は約6枚で、最上級の「華」は約8枚。 「松」よりも「梅」の枚数が多いのは、初代の女将さんの名前が「梅」だったからというエピソードも。 丼はフタをのせて運ばれてきますが、ボリュームが多いとお肉がフタからはみだします 出典: 出典: 元祖豚丼のぱんちょう 厳選した極上のロース肉は、創業以来、継ぎ足して作る門外不出の秘伝のタレを塗って、炭火の網で焼き上げます。 テイクアウトもできるので、電車の中で食べることもできますよ。 低温熟成豚肉の旨味たっぷり! 「ぶた丼」800円。 道産米「ゆめぴりか」との相性も抜群 昭和37年創業の老舗精肉店が営む「十勝豚肉工房ゆうたく」。 十勝の豊かな大地で育った豚を厳選し、一頭買い。 自社工場で時間をかけて低温熟成させることで、豚肉本来の深いうま味とやわらかさを引き出しています。 こちらの店の「ぶた丼」は、厚切りなのに箸でさけるほどの柔らかなお肉が自慢。 炭火で炙った肉は、甘さを抑えた特製ダレと相まってごはんがどんどんと進みます。 ピリッと利いたブラックペッパーも、ちょうどよいアクセント! ほかにも、生姜焼き、トンテキなど、十勝の豚肉のおいしさを余すところなく楽しむメニューが揃います。 中でも肉のやわらかさ・ジューシーさをサックサクの衣が包む、トンカツ系のメニューは豚丼と並ぶ店の看板商品です。 「ろーすかつ定食」900円。 帯広豚丼の草創期から続く老舗の味わいを 「豚丼」は4枚980円、6枚1400円。 一枚一枚丁寧に炭火焼きにします 出典: はげ天 本店 JR帯広駅から近い繁華街にある「はげ天 本店」は昭和9年創業。 天ぷらや郷土料理も味わえ、市民にも広く愛される老舗です。 創業間もなくから始めたという豚丼。 北海道産の豚ロース肉に、受け継がれている秘伝のタレを絡めながら炭火で焼き上げます。 こってりとした甘辛いタレに、ピリッときいた黒コショウがアクセント。 味がぼやけずキリッと旨みが際立ちます。 「長いも豚」のバラ肉を使った豚丼とうどんがセットになった、平日のランチ限定の「バラ豚ランチ」890円も評判です。 天丼のタレをかけていただく「豚天丼」もこちらの店ならでは。 脂っこさは意外にありません。 スタンダードな豚丼との食べ比べを楽しんでみてくださいね。 「豚天丼」4枚900円、6枚1100円。 ひと言では語りつくせない奥深さがあります。 ぜひ食べ比べてお気に入りの一杯を見つけてくださいね。 実際のお支払い金額に関しましては、ご利用いただく施設までお問い合わせください•

次の