堀 ちえみ ブログ アンチ。 堀ちえみのブログがみっともない そう思われる理由って何?

堀ちえみ、「今回はさすがにちょっと可哀想」アンチも心配したワケとは?(1ページ目)

堀 ちえみ ブログ アンチ

デイリーニュースオンラインのコメント元ネタは? ニュースサイトTABLOは、「舌がん判明前にアップした可能性が高い」としつつも、デイリーニュースオンラインが堀ちえみがブログで舌癌を公表した19日に<堀ちえみ、「まさかのヘリで温泉旅行」驚きの誕生日報告に批判殺到のワケ>という記事をアップしたことに言及。 また以前からデイリーニュースオンラインが、たびたび様々な堀ちえみを批判する記事を書いていたことに触れている。 TABLOの記事によれば、デイリーニュースオンラインはそうした様々な堀ちえみバッシングのコメントを、「掲示板サイト「M」の<アンチ堀ちえみスレッド>から引用している」らしい。 掲示板サイト「M」は「ママスタジアム」 そこでこの掲示板サイト「M」とは何かということだが、結論から言えば、それは、「子育てに関する情報満載!ママ向けコミュニティ」を謳った「 ママスタジアム」というサイトの掲示板(BBS)らしい。 例えばTABLOによれば、デイリーニュースオンラインの元ネタ掲示板サイトには、舌癌を患ったことを公表した日にも「常日頃の罰当たり 常日頃の罰当たり 常日頃の罰当たり」というコメントがあったという。 実際に「ママスタジアム」の19日のコメントを探してみると、確かにそのコメントがある。 というわけで該当のニュースオンラインのコメント・元ネタ掲示板「M」とは「ママスタジアム」のことで間違いないようだ。 しかし、何もママスタジアムはそうした悪意を放置してばかりいるわけではない。 コメントを投稿しようとすると「人が傷つく不快になる内容ではないですか?」という確認表示が出るようになっている。 さらにそれをクリックすると「人が傷つく不快になる投稿は禁止」とか「迷惑行為は争わず事務局へ」とか色々な注意点が表示される。 さらに下にスクロールして「他のルールも読んでみる」というボタンを押すと、「利用ルール」、そして「暴言・誹謗中傷」をはじめ20以上の「禁止事項」が書かれている。 明記すればいいという問題ではないが、サイト運営側もかなり苦心して行き過ぎた中傷をなくそうとしていることがうかがえる。 最後に 今回、堀ちえみの舌癌発表で、TABLOの記事を読み、またデイリーニュースオンラインの記事を初めて読んだ。 そこで初めて、堀ちえみに根強い、執拗なアンチがいるということを知って驚いた。 もともとあまり関心のない私にしてみれば、いったい堀ちえみの何をそんなに嫌うことがあるのか、という気持ちだった。 たかが一人のママタレントに過ぎないではないか。 些細なことであれアンチの嫌う理由にまったく道理がないとは言えないかもしれないが、結局のところ、テレビの向こう側にしかいない関わる義務のない有名人など放っておけばいいだけの話だ。 「こんな人に関わろうとは思えません」というアンチの書き込みコメントがあった。 しかし、そのコメントを書き込んでいる時点で関わってしまっている。 結局、憎しみや怒りもしばしばある種の快感であることから、アンチとしてであれ関わり続けてしまうのは、その関わりに何かを依存してしまっているからなのだろう。

次の

堀ちえみのブログがみっともない そう思われる理由って何?

堀 ちえみ ブログ アンチ

堀ちえみは書類送検に「ほっとしている」 堀ちえみさんは、今回の事件に対して被害届を提出しました。 このことから捜査が行われ、書き込みの投稿者が特定されます。 結果的に、北海道に住んでいる50代の主婦が脅迫の疑いで書類送検され、堀ちえみさんも「ほっとしている」とコメントしています。 堀ちえみさんは、現在も子育てをしながら闘病・リハビリ中。 取材に対して多くを語ることはありませんが、しっかり笑顔で対応をしていたのが印象的でした。 書類送検された主婦は「とくダネ!」取材に反省の様子なし 今回書類送検されたのは、本当に普通の主婦の方です。 北海道に住んでいる50代の方で、特に堀ちえみさんと深い関係があったわけではありません。 この主婦をフジテレビ「とくダネ!」が独自取材をしています。 しかし、取材の様子を見ると、主婦がほとんど反省していない様子がうかがえます。 取材に対して、• 「ちょっと10回くらい書き込んだら、いきなりこんなことに」• 「殺すではなく、死ねでも脅迫になるんですね」• 「私土地カンないですから」• 「何百回も書いたわけではない」 といった受け答えをしています。 「謝罪を求められれば応じる」とも話していますが、現在のところ、堀ちえみさんは謝罪を受けていないということです。 ブログに書き込みをした理由は? 今回の事件、そもそものきっかけはかなり意外なところでした。 書類送検された50代主婦は、もともと堀ちえみさんのファンというわけではありません。 違うブログを見ていて、たまたま見つけたのが堀ちえみさんのブログ。 最初は、主婦も好意的に見ていたと話しています。 それが、だんだんと叩く人が増えてきたことで、その流れに「乗っかった」というのが、今回の誹謗中傷の始まりです。 今回の数々の書き込みが、ただ「なんとなく」から始まったというのは、かなり怖さを感じますね。 2ch、ママスタでアンチ堀ちえみの書き込み 主婦が誹謗中傷の書き込みをするきっかけとなった、他チャンネルのコメントは、いくつかネタ元があります。 大きな原因となった書き込みは、巨大なインターネット掲示板、2ch(2ちゃんねる・現在は5ちゃんねる)のものです。 内容としては、「毎日のように外食して、あんな元気ながん患者は見たことがない」という趣旨のものになります。 さらに子育てをするママが集うネット掲示板、「ママスタ」には、堀ちえみさんに関する専用掲示板がありますが、怖いのがそれは「アンチ専用」というところ。 当然、この掲示板は堀ちえみさんに関して批判的なもの、ブログの内容を疑うような内容の書き込みが中心となります。 こういったコメントを信じた主婦が、堀ちえみさんのブログのほうを「嘘」と信じ、悪意ある誹謗中傷の書き込みをする結果となりました。

次の

堀ちえみ、口内炎アピールにアンチ発狂「本当にしつこい」「生放送ではガツガツ食べてた」

堀 ちえみ ブログ アンチ

堀ちえみさんが自身のオフィシャルブログで舌癌であることを公表して、多くのファンに衝撃を与えました。 2月22日に舌と首のリンパに転移した癌の手術をし、現在は順調に回復に向かってるとのこと。 舌の6割を切除した後には太腿の組織を取り、舌の再建手術をしたとのことでなんと11時間に及ぶ大手術だったそうです。 現在のところ癌が他に転移してるといった情報はありません。 ステージ4であることを本人がブログで公表したことから、多くの方が心配されたようですね。 そういえば小林麻央さんもステージ4でしたから・・・。 いろいろネットで調べたのですが、 ステージ4=末期癌=死 と言った方程式は今の時代では違うようです。 現在のステージ4はかなり幅広く捉えられてるようですね。 堀ちえみさん、早く元気な姿を見せてほしいですね。 舌の手術もしたことでいろいろとリハビリとかもあって少し時間がかかるかもしれませんが。 堀ちえみのブログがみっともない?とネットで評判 その理由は? 堀ちえみさんの近況をネットで探っていたら 「堀ちえみ ブログ みっともない」っていうキワードが出現しました。 しかし癌を公表して、その後手術してネットには堀ちえみさんへの応援の声、そして 「みっともない」と言った声まで賛否両論。 「みっともない」は病気になったことに対しての意見ではないとは思うのですが、ネット時代を生き抜く芸能人も、応援とは真逆の意見を知るハメになるので大変ですよね。 しかしネット民は容赦なく「ネタのためにわざと洗濯したのでは?」と突っ込まれ、iphoneを洗濯してしまったことが「ショックだった」という堀ちえみさんに「ショックだったら泡まみれの写真なんか撮らないでしょ?」と叩かれた様子。 そこまではいいのですが堀ちえみさんは入院中にも関わらずブログを更新していたようで、そのブログへの執念がみっともないと叩かれたようです。 メスを入れた整形手術でなく小顔のレーザー治療を受けたようで、その術後の画像をネットで公開されてます。 普通芸能人って美容整形を受けてること公に公表しないですよね? それと、昨年の1月には 朝イチでクリニックにも行き、 またシンデレラ注射と、 ビヨンセ注射を打って貰います。 ンデレラ注射は、 美白効果があり、 ビヨンセ注射は、 肌に栄養を与えてくれる成分が入っています。 ビヨンセさんが打っているそうなので、ビヨンセ注射と呼ばれているそうです。 とブログに綴ってます。 そりゃ、アンチの人たちから「みっともない」と言われても仕方がないか・・・ 普通はこういう事、女性芸能人が書かないと思いますし。 ある意味、恥部を晒してるわけで、こういうことも赤裸々に書いてしまう堀ちえみさんに「ブログのネタかい!」ってネット民から突っこまれても擁護しきれないというか・・・ さて、そんな堀ちえみさんですが、今回の舌癌での手術も病室からブログの更新をされるのでしょうか?(笑) 元気になればなったでまたネット民に叩かれまくるのでしょうね(笑) 不謹慎な話ですが、お亡くなりになるよりは早く元気になってネット民から叩かれまくってほしいですね。 なんか芸能人の鏡というか、話題に尽きないのもある意味才能なのかもしれませんよね。

次の