エビマヨ。 エビマヨ (えびまよ)とは【ピクシブ百科事典】

貧ぼっちゃま|うまい棒でエビマヨの作り方レシピ

エビマヨ

でも 家庭でエビマヨを作る時は練乳が おすすめですね。 個人的にこっちの方が味がまとまりやすい気がします。 なにより簡単ですしね。 しかも一度にちょっとしか使わないので、とても賞味期限までに使いきることが出来ません。 うちでも、ほとんど使われることなく冷蔵庫に眠ってます…。 でも調べてみると、練乳は意外と一般料理の調味料としても使えるみたい。 練乳は「マヨネーズ」との相性が良く、これを入れるだけで簡単に味に深みを出すことが出来ます。 甘めの味付け好きにはたまらない味。 エビ 適量• マヨネーズ 100g• ケチャップ 大さじ1• 練乳 30g それでは、エビマヨのソースを作っていきましょうか。 といってもマヨネーズ、ケチャップ、練乳を合わせるだけのこと。 マヨネーズをベースに、ケチャップと練乳を加える感じですね。 また、お好みで好きな調味料、薬味などを入れるとオリジナリティが出て面白いかもしれません。 あとはフリッターにしたエビと絡めるだけです。 ベーキングパウダーを使うとふわっとした衣になりますね。 ちょっと甘みもでますし、エビマヨとの相性抜群な衣だと思います。 そしてエビマヨ完成です。 結構な量の練乳を入れてますが、当然練乳そのものの味がするわけではありません。 オーロラソースに上手く甘みがプラスされている感じ。 まあ言ってしまえば、ズバリ店で食べるエビマヨの味になるんですよね。 練乳の使い道に困った時はエビマヨを作ってみてはいかがでしょう。 家庭でも本格エビマヨが食べられますよ。 最後に 安い小エビで作ったエビマヨですが十分美味い。 フリッターの衣とソースで十分ごまかせてます。 色々試してみたいですね。

次の

揚げないで作る!エビマヨ野菜炒めのレシピ/作り方:白ごはん.com

エビマヨ

エビマヨの下ごしらえ 用意する具材は、 殻付きエビ、れんこん、ブロッコリー、香りづけに 生姜とにんにくを使います。 まず、れんこんは皮をむいて半分に切り、さらに5㎜幅に切って水にさらしておきます。 その他の具材候補については下記補足にて! ブロッコリーは小房に切り分けて、切り口に包丁で切り込みを入れて手で半分に割きます(大きければ4等分に)。 生姜とにんにくはみじん切りにします。 エビはさっと洗って殻をむくのですが、 尾っぽにいちばん近い部分の殻もむくと食べやすいです。 最後の殻は尾っぽをしっかり手で持ってむきましょう。 殻をむいたエビは背側全体に浅く切り込みを入れ、背ワタがあれば包丁でかき出します。 容器にエビを移し、塩、こしょう各少々(分量外)で下味をつけ、小麦粉小さじ1~2をふりかけて軽く手でも見込んで粉を絡ませておきます。 フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、熱くなれば火を少し弱め、水気を切ったブロッコリーとれんこんを加えます。 箸で重なりが少なくなるよう広げ、時折返しながら2分炒めます。 2分後に弱火にしてフライパンに蓋をします。 蒸らし炒めの状態でさらに1~2分火を通します。 蒸らし炒めの間も時折フライパンをふって上下を入れ替え、全体に火が通るまで蒸らし炒めします。 別でブロッコリーだけをさっと1~2分硬めに下ゆでするかレンジ加熱しておき、炒めたれんこんと合わせるとよりきれいな仕上がりとなります。 野菜に火が通れば、盛り付けるお皿に取り出しておきます。 その場合も均一に火を通すためにブロッコリーだけ下ゆでしておくとよいです。 香りが立ってきたらすぐにエビを広げ入れます。 エビを入れたら火を少し強め、 2分ほど炒めてエビの両面に火を通します。 マヨネーズを加えてから加熱し続けるとマヨネーズが溶けてしまうので、火を止めてからでOKです。 調味料を全体にしっかりからませれば完成です。 マヨネーズのコクや香辛野菜の香ばしさに加え、エビや野菜の食感よさがたまらなくご飯に合うと思います。

次の

エビマヨ (えびまよ)とは【ピクシブ百科事典】

エビマヨ

エビマヨの下ごしらえ 用意する具材は、 殻付きエビ、れんこん、ブロッコリー、香りづけに 生姜とにんにくを使います。 まず、れんこんは皮をむいて半分に切り、さらに5㎜幅に切って水にさらしておきます。 その他の具材候補については下記補足にて! ブロッコリーは小房に切り分けて、切り口に包丁で切り込みを入れて手で半分に割きます(大きければ4等分に)。 生姜とにんにくはみじん切りにします。 エビはさっと洗って殻をむくのですが、 尾っぽにいちばん近い部分の殻もむくと食べやすいです。 最後の殻は尾っぽをしっかり手で持ってむきましょう。 殻をむいたエビは背側全体に浅く切り込みを入れ、背ワタがあれば包丁でかき出します。 容器にエビを移し、塩、こしょう各少々(分量外)で下味をつけ、小麦粉小さじ1~2をふりかけて軽く手でも見込んで粉を絡ませておきます。 フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、熱くなれば火を少し弱め、水気を切ったブロッコリーとれんこんを加えます。 箸で重なりが少なくなるよう広げ、時折返しながら2分炒めます。 2分後に弱火にしてフライパンに蓋をします。 蒸らし炒めの状態でさらに1~2分火を通します。 蒸らし炒めの間も時折フライパンをふって上下を入れ替え、全体に火が通るまで蒸らし炒めします。 別でブロッコリーだけをさっと1~2分硬めに下ゆでするかレンジ加熱しておき、炒めたれんこんと合わせるとよりきれいな仕上がりとなります。 野菜に火が通れば、盛り付けるお皿に取り出しておきます。 その場合も均一に火を通すためにブロッコリーだけ下ゆでしておくとよいです。 香りが立ってきたらすぐにエビを広げ入れます。 エビを入れたら火を少し強め、 2分ほど炒めてエビの両面に火を通します。 マヨネーズを加えてから加熱し続けるとマヨネーズが溶けてしまうので、火を止めてからでOKです。 調味料を全体にしっかりからませれば完成です。 マヨネーズのコクや香辛野菜の香ばしさに加え、エビや野菜の食感よさがたまらなくご飯に合うと思います。

次の