言っ て いただく。 「もらう」の正しい敬語は「いただく」?ビジネスで役立つ例文も

その敬語間違ってない?正しいビジネスメールのマナーとは|ハタラクティブ

言っ て いただく

【このページのまとめ】• ・敬語には尊敬語と謙譲語、丁寧語の3種類ある ・二重敬語や過剰敬語は間違えやすい敬語 ・顔や表情が掴めないメールはより正しい敬語を使う必要がある ・クッション言葉を添えるだけで印象は変わる ビジネスではメールを用いて顧客に連絡したり、上司に連絡したりする場面があります。 得にデスクワークの仕事の人は、そのようなやり取りが日常茶飯事という人もいるでしょう。 メールは顔が見えず、相手の表情や口調も分かりません。 その分、相手が気持ち良く受け取ってくれるようなメールの文章を意識したいものです。 ビジネスにおける「正しい敬語」は、相手の印象を左右すると言っても過言ではないほど大切。 そして、基本的なビジネスマナーでもあります。 敬語をスマートに使えるようになれば、今後社会人としてもずっと役に立つことばかりです。 今回は「ビジネスメールでの正しい敬語の使い方」にスポットを当てた記事をご紹介します。 コンテンツ目次• それは、「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」です。 こ3種類の敬語の意味を理解し、シーンによってうまく使いこなせるようにすることが、正しい敬語をマスターするための第一歩と言えるでしょう。 【尊敬語】 尊敬語とは目上の人に使う敬語です。 主に相手を立てる時に使われています。 よく使う尊敬語としては、以下のようなものが挙げられます。 主に相手の呼び名や動作を表す際の動詞に使用します。 【謙譲語】 謙譲語は、自分を下げて相手を立てる時に使います。 「へりくだる」や「謙遜」の意味があり、自分を低める表現です。 謙譲語は、以下のように使われます。 例えば、上司をお迎えに行くシーンであれば「お迎えに行きます」ではなく、「お迎えにあがります。 」や「お迎えに参ります。 」と、自分をへりくだる表現で使います。 【丁寧語】 丁寧語はその名の通り、聞き手に対して丁寧に述べる時に使われる敬語です。 丁寧語の場合、謙譲語や尊敬語の時とは違い、相手や話す内容を問いません。 丁寧語の例は以下の通りです。 相手やシーンに問わないということもあり、ビジネスだけでなく日常生活で用いるのは丁寧語が一番多いのではないでしょうか。 自分では正しく使っているつもりでも、よくよく敬語を理解してみると、今ま自分が二重敬語や過剰敬語を使っていたということに気づくこともあるでしょう。 これから敬語を使う中で、間違えやすい敬語を知っておくと、ビジネスシーンで正しい敬語を使う応用力も高められます。 【間違えやすい敬語:二重敬語】 1つの語に、敬語を2回使ったものを二重敬語と言います。 よく間違えやすいのが、「役職」+「様」のパターンです。 例)部長様、社長様など 社長や部長という役職を示す言葉自体が敬語となっているので、それに加え「様」をつけることは二重敬語ということになります。 このことを理解すると、「うかがわせていただきます」や「おっしゃられる」も二重敬語ということは理解できるでしょうか。 「うかがわせていただきます」の場合、「うかがう」と「いただく」どちらも謙譲語になり、1つの文で謙譲語が2度使われているということになります。 この場合の正しい敬語は、「うかがいます」です。 「おっしゃられる」は「おっしゃる」と「される」の尊敬語が2回1つの文で使われており、こちらも二重敬語です。 「おっしゃる」が正しい敬語。 または「お話になる」「話される」も正しい使い方となります。 【間違えやすい敬語:過剰敬語】 相手を敬いたい気持ちが過剰に表れてしまったときに起こりやすいと言われています。 また、過剰に敬語を意識することで、敬語を使いすぎたり、謙譲語や尊敬語が混在したりします。 自分にとって良く見せたい相手なのに、「くどい人」や「馬鹿にしている」など受け取られる可能性もあるので、注意しましょう。 では、過剰敬語とはどんなものなのでしょうか。 正しい敬語に言い換えてご紹介します。 「おビールはいかがでしょうか」という敬語は、カタカナに「お」や「ご」を付けること自体が間違っています。 やりすぎで、堅苦しい印象も与えてしまうでしょう。 「後ほどメールで送らせていただきます」は、一見違和感のないように感じますが、文法的には誤りです。 「送らせて」と「いただく」の謙譲語が一文に入っているため「お送りいたします」とシンプルな言い回しにしましょう。 過剰敬語を使う人は、自分が間違って使っているという意識がない人が多い傾向にあります。 「自分は正しい敬語を使っている」という自信から現れることがあるため、気づきにくいのも特徴。 敬語は常に学びであり、疑問を持つことで正しい敬語を知ることができます。 柔軟性を持つことが大切です。 <関連記事>• メールでも敬語表現を正しく使うことは、ビジネスにおいて重要です。 間違った敬語を使ってしまうと、相手によっては不愉快に感じ取られたり失礼にも値します。 ビジネスパートナーとしての信頼性を失い、後の仕事にも影響を及ぼす可能性すら考えられるでしょう。 また、メールでの伝達は顔が見えないことのほか、訂正が効かないためより丁寧を心がける必要があります。 では、ビジネスメールでよく使う敬語について説明します。 【初めてメールを送る時】 ・初めての場合は「初めまして」や「突然のメール失礼いたします」から始め、名乗るのが良い ここで注意したいのが「お世話になっております。 」から始まるメールです。 まだ顔も合わせておらず、かつメールでのやりとりも初めての相手にはNG。 2回目以降から「お世話になっております。 」と伝えましょう。 【相手企業のことを呼ぶ時】 ・メールでは「貴社」を使う よく面接で「御社」という言葉を耳にしたことはあると思いますが、これは話し言葉の際に使われます。 メールなどの書き言葉では「貴社」が正しい言葉です。 【役職の相手を呼ぶ時】 ・「〇〇部長」「〇〇課長」もしくは「部長の〇〇様」「課長の〇〇様」を使う 顧客相手が役職の場合は苗字の後に役職名を付けます。 この時に間違えやすいのが「〇〇部長様」など、過剰敬語を用いてしまうこと。 相手を敬いたい気持ちで出てくる場合がありますが、あまり過剰敬語を使いすぎると逆に相手から距離を取られる可能性もあるので気を付けましょう。 「〇〇部長」という呼び方に抵抗がある場合は、「部長の〇〇様」を使ってみてください。 【添付書類を受け取って欲しい時】 ・「ご査収くださいますようお願い申し上げます」を使う 「ご査収ください」とは「よく調べて受け取ってください」という意味になります。 これをこのまま使うと上から目線のようなイメージになってしまいますが、「ご査収くださいますようお願い申し上げます。 」と後に謙譲語を用いることで自分より立場が上の人に対する敬意の姿勢を感じられます。 【確認したいことがある時】 ・「~につきましてお尋ねさせていただきたく存じます。 」を使う このケースでよく間違えやすいのが、「ご質問があります」という敬語。 この言葉は自分の行為に敬語を使っていることになるので間違いです。 【お願いしたいことがある時】 ・「恐縮ですが、~お願いできますでしょうか。 」や「お忙しいところ申し訳ありませんが~していただけましたら幸いです。 」を使う お願いするということは、相手に少しでも時間を割いてもらうということです。 相手の状況を掴むことのできないメール。 もしかすると、忙しくしている時かもしれませんし、そうでないかもしれません。 しかし、この場合はどちらにせよ事前にクッション言葉を添えます。 これにより相手も気持ちよく要望に応えてくれるでしょう。 「~してください」は、命令口調になるため使わないようにしましょう。 ビジネス上ではさまざまなクッション言葉が用られます。 これをうまく活用するためには、クッション言葉を用いるタイミングや適切な状況を知っておくことが必要。 クッション言葉は、相手に伝えずらいことでも失礼に値せずに伝えることができるため非常に役に立ちます。 また、円滑にビジネスを進めることもできるでしょう。 内容ごとのクッション言葉をご紹介します。 【お願い・依頼・質問】 ・お忙しいところ恐縮ですが ・誠に勝手なお願いですが ・ご迷惑をおかけしますが ・大変失礼ですが ・差し支えなければ ・もし可能であれば ・よろしければ ・お手をわずらわせますが ・伺いたいことがあるのですが ・お使い立てて申し訳ございませんが ・お時間が許せば ・ご面倒でなければ 【断り】 ・あいにくですが ・残念ながら ・せっかくですが ・〇〇したいのは山々ですが ・心苦しいのですが ・ありがたいお話ですが ・恐縮ですが ・申し訳ございませんが ・お気持ちは嬉しいのですが ・ご期待に添えられず申し訳ございませんが ・身に余るお言葉ですが ・お役に立てず申し訳ございませんが 【反論・意見・指摘】 ・老婆心ながら ・余計なこととは存じますが ・大変失礼とは存じますが ・誠に申し上げにくいのですが ・お節介とは思いますが ・お言葉を返すようですが ・おっしゃることは重々理解しておりますが ・確かにおっしゃる通りですが 【報告・説明・感謝】 ・おかげさまで ・お心配かもしれませんが ・大変申し訳ないのですが ・あいにくですが ・お話し中大変恐縮ですが ・誠に勝手ながら 例えば、メールで顧客に何かを報告する際「〇〇を達成することができました」だけではただ単に報告のみの内容となります。 「おかげさまで〇〇を達成することができました」と、クッション言葉を一文添えるだけで相手も気持ち良く受け取ることができるのではないでしょうか。 シチュエーションごとにクッション言葉をうまく使い分け、好印象なビジネスメールにしましょう。 <関連記事>• 履歴書や職務経歴書、面接などで役に立ちます。 また、ビジネスマナーが身についているとして評価も断然アップするでしょう。 「敬語に自信がない」「面接で何度も落ちてしまった」など、就活や転職に関することはプロの就活アドバイザーに相談してください。 【ハタラクティブなら敬語も学べる】 就活支援事業を展開しているハタラクティブは、新卒や既卒、フリーター向け。 希望に沿った求人を紹介するだけでなく、採用までの道のりを手厚くサポートします。 これまでなかなか採用がもらえず就活や転職活動に難航している方や、面接に自信がない方、もしかしたら間違った敬語やビジネスマナーが原因かもしれません。 ハタラクティブには経験豊富な就活アドバイザーが在籍しており、マンツーマンで指導します。 正しい敬語を活用した書類作成や、ビジネスマナーに沿った面接対策など、あなたのペースに合わせてじっくり対応。 まずはお気軽に問い合わせください。

次の

「~させていただく」って使っていいの? 敬語の専門家に聞きました

言っ て いただく

5年ほど前に下記でベストアンサーをいただいた回答を一部書きかえて抜粋します。 自分では使いません。 でも、使いそうになることがあります(泣)。 以下は一部の抜粋(重言)。 【問1】下記の「~させていただく」のなかで、文法的に間違っているのではどれでしょうか。 【問2】下記の「~させていただく」のなかで、感覚的に許容できるのはどれですか。 1 相手が所有している本をコピーするため,許可を求めるときの表現 コピーを取らせていただけますか。 2 研究発表会などにおける冒頭の表現 それでは,発表させていただきます。 3 店の休業を張り紙などで告知するときの表現 本日,休業させていただきます。 4 結婚式における祝辞の表現 私は,新郎と3年間同じクラスで勉強させていただいた者です。 6 ビストロSMAPでの中居クンの口上 なんでも作らさせていただきます。 6 がいわゆる「サ入れ言葉」になっている。 ==============引用開始 使役の助動詞は、下記のように使う者が多いことから、五段活用動詞とサ行変格活用動詞の後では「せる」が使われ、上一段活用、下一段活用、カ行変格活用の動詞の後では「させる」が使われるという規則が見出されてきた。 これがいわゆる「さ入れ言葉」である。 「ら抜き」は以前から乱れの代表格として指摘されているものの、こちらは2000年代に入ってから取り沙汰されるようになった。 」でもおかしくない? そんな言い方はしないと思います。 やはり「サ入れ言葉」で、現段階ではまだ誤用扱いでしょうね。 なお、〈「する」よりも俗ないい方〉の「やる」と「〜せていただく」を組み合わせるのはどうなのか……という考え方っもあると思います。 ただ、ちょっと別の問題ですね。 どうも妙な流れになっているようなので、もう一度書きます。 詳しくは下記をご参照ください。 【やらさせていただく goo 辞書】 以下は一部の抜粋(重言)。 まず専門家の見解を引用しておく。 【読書感想文/『敬語再入門』(菊地康人/講談社学術文庫/2010年3月10日第1刷発行)】 ===========引用開始 【引用部】 ちなみに、五段活用の場合は本来「せていただく」ですが、「読まさせていただく」式の誤用も聞きます。 これも、もはや使役の原義をとどめていないということでしょう。 原義を忘れて謙譲語IIに向かうのなら、むしろ、一律に「さ」を入れるほうが簡単でいいのかもしれません。 195) うなってしまった。 当然、その形が「サ入れ言葉」と呼ばれていることを踏まえている。 それでいてこういう怖いことをアッサリ書けるのは、思考に柔軟性があるから。 ===========引用終了 〈五段活用の場合は本来「せていただく」ですが、「読まさせていただく」式の誤用も聞きます〉とのこと。 あんまり「誤用誤用」と言いたくないけど、専門家がこう書いているんだから、現段階では「誤用」でしょうね。 将来的には知りませんが。 ただ菊地先生は怖いことをサラリと書いている。 〈もはや使役の原義をとどめていないということでしょう。 原義を忘れて謙譲語IIに向かうのなら、むしろ、一律に「さ」を入れるほうが簡単でいいのかもしれません〉 たしかにそのほうがずっと簡明かもしれない。 使い分けができない人が増えれば、そっちになっていく可能性はある。 もしかすると、ラ抜き言葉と同様の泥仕合いになるのかも。 それはそれとして、現在の常識では、「サ入れ言葉」は誤用と言うべきでしょうね。 質問サイトでは「誤用ではない」と主張している人もいる。 「サ入れ言葉」の正体を把握した上で、〈一律に「さ」を入れるほうが簡単〉と考えるなら、それはそれ。 ところが、どうもそういうことでもないようだ。 まず専門家の見解を引用しておく。 【読書感想文/『敬語再入門』(菊地康人/講談社学術文庫/2010年3月10日第1刷発行)】 ===========引用開始 【引用部】 ちなみに、五段活用の場合は本来「せていただく」ですが、「読まさせていただく」式の誤用も聞きます。 これも、もはや使役の原義をとどめていないということでしょう。 原義を忘れて謙譲語IIに向かうのなら、むしろ、一律に「さ」を入れるほうが簡単でいいのかもしれません。 195) うなってしまった。 当然、その形が「サ入れ言葉」と呼ばれていることを踏まえている。 それでいてこういう怖いことをアッサリ書けるのは、思考に柔軟性があるから。 ===========引用終了 〈五段活用の場合は本来「せていただく」ですが、「読まさせていただく」式の誤用も聞きます〉とのこと。 あんまり「誤用誤用」と言いたくないけど、専門家がこう書いているんだから、現段階では「誤用」でしょうね。 将来的には知りませんが。 ただ菊地先生は怖いことをサラリと書いている。 〈もはや使役の原義をとどめていないということでしょう。 原義を忘れて謙譲語IIに向かうのなら、むしろ、一律に「さ」を入れるほうが簡単でいいのかもしれません〉 たしかにそのほうがずっと簡明かもしれない。 使い分けができない人が増えれば、そっちになっていく可能性はある。 もしかすると、ラ抜き言葉と同様の泥仕合いになるのかも。 それはそれとして、現在の常識では、「サ入れ言葉」は誤用と言うべきでしょうね。 質問サイトでは「誤用ではない」と主張している人もいる。 「サ入れ言葉」の正体を把握した上で、〈一律に「さ」を入れるほうが簡単〉と考えるなら、それはそれ。 ところが、どうもそういうことでもないようだ。 (略) あるかたは、「やらさせ」は「やらす」未然形の「やら」に「させ」がついたと主張する。 こちらは一理あるのかもしれない。 でもね……。 「やらす」を辞書で引く。 させる。 やらせる。 出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 凡例 大辞林 第三版の解説 ( 動サ五[四] ) 「遣らせる」に同じ。 そうだと思う。 「やらせる」は何かと言うと、「やる」の未然形の「やら」に「せる」がついてできた言葉だろう。 言葉の派生の歴史だなんだとむずかしいことを書くにはない。 「やる」を使役形にしたのが「やらせる」。 一般に誤用とされる「サ入れ言葉」とは少し違うかもしれないが、やはりヘンでしょうね。 「やらさせていただきます」だとアリの気もしないでもないが、「やらさせてもらう」とか「部下にやらさせる」だと異和感が強くなる。 「やらさせていただきます」だと異和感が弱く感じるのは、古いWikipediaにあった〈敬語(特に謙譲語)に不慣れな人が、過剰に敬意表現を並べてしまうために使われる〉せいで、妙なことになったのでは。 「サ」を外して「やらせてもらう」とか「部下にやらせる」とか「やらせていただきます」で十分でしょ。 そこに「サ」を入れても通じる……と考えるのは、やっぱ「サ入れ言葉」じゃないのかね。 あるかたは、「やらさせ」は「やらす」未然形の「やら」に「させ」がついたと主張する。 こちらは一理あるのかもしれない。 でもね……。 「やらす」を辞書で引く。 させる。 やらせる。 出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 凡例 大辞林 第三版の解説 ( 動サ五[四] ) 「遣らせる」に同じ。 そうだと思う。 「やらせる」は何かと言うと、「やる」の未然形の「やら」に「せる」がついてできた言葉だろう。 言葉の派生の歴史だなんだとむずかしいことを書くにはない。 「やる」を使役形にしたのが「やらせる」。 一般に誤用とされる「サ入れ言葉」とは少し違うかもしれないが、やはりヘンでしょうね。 「やらさせていただきます」だとアリの気もしないでもないが、「やらさせてもらう」とか「部下にやらさせる」だと異和感が強くなる。 「やらさせていただきます」だと異和感が弱く感じるのは、古いWikipediaにあった〈敬語(特に謙譲語)に不慣れな人が、過剰に敬意表現を並べてしまうために使われる〉せいで、妙なことになったのでは。 「サ」を外して「やらせてもらう」とか「部下にやらせる」とか「やらせていただきます」で十分でしょ。 そこに「サ」を入れても通じる……と考えるのは、やっぱ「サ入れ言葉」じゃないのかね。

次の

「~させていただく」って使っていいの? 敬語の専門家に聞きました

言っ て いただく

「もらう」の敬語表現は? 最初に、「もらう」「受け取る」の敬語表現から紹介しましょう。 尊敬語は「お受け取りになる」 「もらう」「受け取る」の尊敬語に当たる言葉は「お受け取りになる」「お納めになる」です。 職場なら上司や役員、取引先の相手やお客様など、日常生活でも目上の人から何かを「もらう(または受け取る)」ときに使いましょう。 本日、お受け取りになりますか?• お受け取りになった封筒に資料が入っております。 先日の売上報告書です。 どうぞお納め下さい。 「おもらいになる」を使う時もある 尊敬語にするときは「お~になる」「お~くださる」「お~られる」と言葉を変化させるのが通常ですが、「もらう」を尊敬語にするために「おもらいになる」と表現することもあります。 忙しいビジネスシーンではさまざまな会話が飛び交うため、「もらう」の尊敬語が瞬時に頭に浮かばないこともあるでしょう。 「お受け取りになる」「お納めになる」が最も正しい敬語表現ですが、「おもらいになる」も状況によって使うことがあります。 謙譲語は「いただく」「頂戴する」 「もらう」「受け取る」の謙譲語は「いただく」「頂戴する」です。 謙譲語は自分のする行為に対して使われ、相手を敬うときの表現方法として使われます。 休暇をいただいてもよろしいでしょうか?• いただいた荷物にサインをしました。 来週、商談にお時間を頂戴できませんでしょうか?• 頂戴した報告書を部長にお渡しします。 謙譲語をさらに丁寧に「賜わる」 「もらう」「受け取る」の謙譲語は「いただく」「頂戴する」が正しい表現ですが、さらに丁寧にかしこまった言い回しをするなら「賜わる」「拝受する」なども適切です。 会話をする相手や立場、またビジネスの状況によって謙譲語の使い分けを上手にしていきましょう。 先ほど、会議の日程を拝受しました。 拝受したメールにファイルが添付されていました。 ご予約をたまわり、誠にありがとうございました。 社長から大切な訓示を賜った。 第三者の立場の時と身内に対しては? 「第三者」として目上の人の行為を誰かに説明する時、また「身内」からもらったものについて目上の人に話す時、それぞれ敬語表現はどうなるのか解説します。 第三者の立場なら「もらわれる」 第三者の立場で目上の人の話を別の人にする際は、「もらう」「受け取る」の敬語は「もらわれる」「おもらいになる」と表現するのが適切と言えるでしょう。 逆に 「お受け取りになる」「お納めになる」と表現するのはややかしこまり過ぎるニュアンスを与えることがあります。 社長は取引先の専務から新商品のパンフレットをもらわれていました。 部長は皆勤賞をおもらいになりました。 身内には「もらう」を使う 職場の上司や目上の人に「身内からもらったもの」について語る時、「母に花束をいただきました」というのは適切であるとは言えないでしょう。 この場合、いくら会話の相手が職場の上司や目上の人であっても「母に花束をもらいました」とした方が適切です。 母からもらったペンダントは私の一生の宝物です。 昨日、父から時計をもらいました。 別の例で言うなら、職場を訪れた第三者に「上司の田中はお席を外されていらっしゃいます」と言うのと同じ感覚です。 この場合は「上司の田中は席を外しております」が正解です。 「もらう」の名詞と熟語表現は? 最後に「もらう」の名詞と熟語表現を挙げてみましょう。 名詞「受領」「拝受」など 「もらう」を名詞で表現するとハンコをもらう、手紙を受け取るなどの「受領」、またメールを受け取る、メッセージをもらうなどの「拝受」があります。 これらは「受領する」「拝受する」と「する」をつければ動詞としても機能する言葉です。 熟語「下賜される」「押し頂く」など 目上の人からものをもらったり、何かを受け取る時に「もらう」の熟語表現として使われるのが「下賜される」や「押し頂く」です。 社会経験が短い間はお目にかかることは少ない言葉ですが、キャリアを積むにつれて使う機会も増えてくるでしょう。 まとめ 「もらう」の尊敬語は「お受け取りになる」「お納めになる」状況によっては「おもらいになる」という表現をすることもあります。 一方、謙譲語は「いただく」「頂戴する」、ややかしこまった表現をするなら「賜わる」「拝受する」も適切です。 敬語の使い方を間違えると、時として失礼にあたることがあります。 敬語の正しい使い方を理解することで、コミュニケーションを円滑に行えるように心がけましょう。

次の