八幡 バスケ チート。 HACHIMAN (はちまん)とは【ピクシブ百科事典】

チート (ちーと)とは【ピクシブ百科事典】

八幡 バスケ チート

76 ID:0DF048Yp. net 比企谷八幡 チート キセキの1つ歳上で神童と呼ばれた。 キセキに今のプレイスタイルを叩き込んだ人。 キセキの世代のプレイはほとんど出来る。 黒子に人間観察の仕方を教えた為、徹底的な黒子封じが可能。 キセキと3対1までは勝てる。 中学でバスケをやっていたのを家族は知らないため投資で自分で稼いでいる。 誰にもバスケをやっていたことを知らせていない 目立つかららしい。 原作からの変更点 ・比企谷八幡が学年主席。 ・陽乃さんの前でだけ陽乃さんに気付かれない仮面をかぶっている。 ・陽乃さんは比企谷がバスケをやっていたことを知っている。 3 : 名無しさん@どーでもいいことだが。 net pixivは自称八幡多過ぎてな 4 : 名無しさん@どーでもいいことだが。 23 ID:USoqTgHM. net 八幡キッズ 6 : 名無しさん@どーでもいいことだが。 net 0797 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! ワッチョイ 6f30-RN4f [119. 224. 171. だから描かれるHACHIMANに自分が投影される。 少し前に「八幡はこういう発言してないですよね?」ってコメントに書き込んだら「僕が八幡ならこう言うから」って返ってきてゾッとした。 それ、もう比企谷八幡じゃないですよね的な。 7 : 名無しさん@どーでもいいことだが。 76 ID:l2ZkEr65. net 比企谷八幡 高校二年 今作の主人公にして比企谷家28代目。 外出の際は眼鏡をかけている。 その才能は歴代屈指と言われ5歳にしてすべての技を身につけた。 また自身で新たな技を開発しておりあと数年で自分を超えるとは父親の談。 本来であれば薙切えりなの護衛につく予定であったが八幡には劣るものの歴代で5本の指に入るほどに優秀な父が現在薙切仙左衛門掛け持ちで護衛を努めているため暇と実力をもて余していたところ 父「じゃあ遠月十傑の護衛やってみたら(投げやり)」 ってな感じで幼少のころから遠月十傑ボディーガードを務めている。 そのため以外に知り合いは多くほぼ毎日十傑の料理を食べているため舌が肥えまくっていることに本人は気づいていない。 因みに十傑の料理を食べても食戟のソーマ的な反応はしない。 普通においしければ表情が変わらず改良点をあげて、おいしければ落ち着いた感じの笑みを浮かべて、めちゃくちゃおいしければ幼い感じの満面の笑みを浮かべる。 そのため普段とのギャップが凄い。 悪い意味じゃなくて 最近の悩みはまともに護衛の仕事をすることが少なくなってきたことと妙なスキルが上がりまくっていること。 現在は遠月学園内にあるとある一軒家で最近拾った猫と一人暮らしのはずが一人で寝た記憶がない。 あとお茶とコーヒー、それにあったお茶請けを選ぶ技術は天下一品。 鍋料理の技術も高そう。 ただそれ以外の料理は小学生レベル。 むしろ食べれたらなんでもいいやって感じ 総レス数 7 4 KB.

次の

チート (ちーと)とは【ピクシブ百科事典】

八幡 バスケ チート

カテゴリー• 180• 297• 342• 311• 210• 356• 675• 337• 4761• 366• 599• 4347• 2249• 1748• 510• 463• 2901• 985• 1285• 1158• 1576• 4206• 8364• 310• 385• 360• 500• 373• 251• 644• 401• 140• 429• 309• 400• 548• 504• 481• 400• 542• 532• 182• 363• 439• 471• 310• 1414• 730• 1096• 3261• 1608• 658• 161• 488• 109• 276• 1513• 136• 688• 232• 703• 2163• 200• 4863• 307• 358 リンク TOP絵頂きました スポンサー.

次の

最強大天才イケメン男子高校生・比企谷八幡参上!

八幡 バスケ チート

[chapter:プロローグ] それはある日のこと。 誠凜高校バスケ部が千葉にある高校との練習試合を終え、帰っているときのことだった。 一行が駅へと向かっているとストリート用のバスケットコートが見えた。 小さくだがボールの跳ねる音も聞こえる。 火神「ストリートか。 誰かやってんのか?」 興味を示した火神がコートの方に近づく。 それに釣られてか黒子も近づいていく。 火神「あ?なんだ、一人じゃねえか。 」 コートには一人しかおらず、ゴールを見ながらドリブルをしていた。 黒子「……?あのドリブルの仕方、どこかで…」 火神「どうした?」 火神が尋ねたと同時にドリブルの音が鳴り止んだ。 男は二人の存在に気づいたのかこちらを見ていた。 コートの外からでも分かるくらいに立ったアホ毛が特徴的な男だった。 黒子「!比企谷君!?」 「ん?お前、黒子じゃねえか。 」 比企谷、おそらく男の名前であろう。 比企谷は驚いた表情をして二人に近づく。 比企谷「久しぶりだな。 なんでお前が千葉にいるんだ?」 黒子「お久しぶりです。 試合のほうでこちらに来ているんですよ。 」 比企谷「へえ。 ってことは、隣にいるのが火神ってやつか?」 火神「!俺を知ってんのか?」 比企谷「まあな。 それにしても本当に久しぶりだな。 」 すると二人を待っていたほかの部員たちが近づいてきた。 日向「おい黒子、火神。 なに話してんだ?知り合いでもいたのか?」 火神「日向先輩。 いや、なんか黒子の知り合いらしくて…。 」 黒子「こちらは比企谷八幡君。 中学の同級生なんです。 」 黒子の一言に全員が驚いた。 日向「中学のってことは、帝光中か!?」 木吉「しかも影の薄い黒子の知り合いってことはバスケ部ってことか。 」 黒子「木吉先輩。 いくらなんでもそれは酷いです。 」 木吉の言葉に肩を落とす黒子。 木吉「ところで、比企谷だったか?なんでお前はここにいるんだ?部活はもう終わったのか?」 比企谷「いや、俺バスケ部入ってないんすよ。 」 火神「は?なんでだよ。 帝光のバスケ部だったんだろ?」 比企谷「中学やったからって高校でもやるとは限らんだろう。 」 火神「?」 黒子「………」 リコ「はいはい、ここまで!早く電車乗らないと帰るのが遅くなっちゃうわ!……それに、詳しいことは黒子君に聞けばいいしね。 」 相田の言葉に黒子は比企谷へと視線を向ける。 比企谷は「好きにしろ」とジェスチャーをする。 黒子「比企谷君。 連絡先を交換してください。 色々とお話ししたいことがあるので。 」 比企谷「おまっ…。 ぼっちにいきなり連絡先交換してとか言うなよ。 心臓に悪いわ。 」 黒子「?」 こうして二人は奇跡の再会を果たした。 「キセキ」に大きく関わった二人、その再会がこの物語にどんな影響を与えるのか。 それはまだ誰も知らない。 作者は単行本などを持っていないので、口調や表記にミス等があると思います。 駄文注意ですが、それでもよろしければ読んでやってください。 [chapter:プロローグ] それはある日のこと。 誠凜高校バスケ部が千葉にある高校との練習試合を終え、帰っているときのことだった。 一行が駅へと向かっているとストリート用のバスケットコートが見えた。 小さくだがボールの跳ねる音も聞こえる。 火神「ストリートか。 誰かやってんのか?」 興味を示した火神がコートの方に近づく。 それに釣られてか黒子も近づいていく。 火神「あ?なんだ、一人じゃねえか。 」 コートには一人しかおらず、ゴールを見ながらドリブルをしていた。 黒子「……?あのドリブルの仕方、どこかで…」 火神「どうした?」 火神が尋ねたと同時にドリブルの音が鳴り止んだ。 男は二人の存在に気づいたのかこちらを見ていた。 コートの外からでも分かるくらいに立ったアホ毛が特徴的な男だった。 黒子「!比企谷君!?」 「ん?お前、黒子じゃねえか。 」 比企谷、おそらく男の名前であろう。 比企谷は驚いた表情をして二人に近づく。 比企谷「久しぶりだな。 なんでお前が千葉にいるんだ?」 黒子「お久しぶりです。 試合のほうでこちらに来ているんですよ。 」 比企谷「へえ。 ってことは、隣にいるのが火神ってやつか?」 火神「!俺を知ってんのか?」 比企谷「まあな。 それにしても本当に久しぶりだな。 」 すると二人を待っていたほかの部員たちが近づいてきた。 日向「おい黒子、火神。 なに話してんだ?知り合いでもいたのか?」 火神「日向先輩。 いや、なんか黒子の知り合いらしくて…。 」 黒子「こちらは比企谷八幡君。 中学の同級生なんです。 」 黒子の一言に全員が驚いた。 日向「中学のってことは、帝光中か!?」 木吉「しかも影の薄い黒子の知り合いってことはバスケ部ってことか。 」 黒子「木吉先輩。 いくらなんでもそれは酷いです。 」 木吉の言葉に肩を落とす黒子。 木吉「ところで、比企谷だったか?なんでお前はここにいるんだ?部活はもう終わったのか?」 比企谷「いや、俺バスケ部入ってないんすよ。 」 火神「は?なんでだよ。 帝光のバスケ部だったんだろ?」 比企谷「中学やったからって高校でもやるとは限らんだろう。 」 火神「?」 黒子「………」 リコ「はいはい、ここまで!早く電車乗らないと帰るのが遅くなっちゃうわ!……それに、詳しいことは黒子君に聞けばいいしね。 」 相田の言葉に黒子は比企谷へと視線を向ける。 比企谷は「好きにしろ」とジェスチャーをする。 黒子「比企谷君。 連絡先を交換してください。 色々とお話ししたいことがあるので。 」 比企谷「おまっ…。 ぼっちにいきなり連絡先交換してとか言うなよ。 心臓に悪いわ。 」 黒子「?」 こうして二人は奇跡の再会を果たした。 「キセキ」に大きく関わった二人、その再会がこの物語にどんな影響を与えるのか。 それはまだ誰も知らない。 作者は単行本などを持っていないので、口調や表記にミス等があると思います。 駄文注意ですが、それでもよろしければ読んでやってください。

次の