二分の一夫婦。 にぶんのいち夫婦原作小説結末ネタバレ・感想 夫・和真は浮気をしていたのか?

【ネタバレあり】にぶんのいち夫婦のレビューと感想

二分の一夫婦

夫婦二人 30代)で食費が月に4万円〜4万5000円かかります。 (外食はこれ以外に2〜3万円かかっています。 ) 夫に「多すぎるのでは」と言われたのですが 夫婦して大食ですし、お弁当も毎日作っていますし 私はこの程度は仕方ないのでは?と思っていました。 厚生労働省の「日本人の栄養所要量」 に対応した食品群別摂取目標量を守って 生活すると、これぐらいになると思うのですが…。 4万円は、非常識なほど多いでしょうか。 また、以下の内訳のうち、 どう工夫すると食費を抑えられるでしょうか。 家族4人で食費3万円未満など、雑誌で見かけますが 皆さんすごい努力をされているのでしょうか? 【毎月の内訳】 米:0円(実家から支援あり) パン・めん類:2500円 野菜・豆製品:10,000円 肉:5,000円 魚:5,000円 果物:3,000円 乾物・缶詰など:4,000円 牛乳・乳製品:5,500円 調味料:2,000円 酒・菓子:3,000円 フルーツジュース:1,500円 ユーザーID: 6200594441 私は、特に多いとは思いません。 でも、地域差もあると思うので、一概には言えないと思います。 ご主人はなぜ多いとおっしゃったのでしょうか? 収入に対して多いのか、世間の平均に対して多いと感じるのか、買うものの選び方に不満があるのか? また、食べたいものが食べられなかったり、質を落としたり、量を減らしてまで食費を抑えたいのでしょうか? それによって、とるべき対応が違うと思います。 さて、食費を抑える工夫ですが、まず1番簡単なのが、 ・食事量を減らす。 ・おかずを減らして米を増やす。 ・お酒、お菓子、ジュースをやめる。 ・パン、麺類はやめて主食は米のみにする。 ・調味料は控えめに。 次は、 ・牛肉は食べない。 豚はこま切れ、鶏は胸肉など安いものにする。 ・野菜は、もやしなど安くて量があるものを多用する。 ・しそなど、コストパフォーマンスの悪いものは買わない。 ・旬の、安くておいしいものを買うようにする。 などです。 本当に食費を抑える必要があるのか、ご主人と話し合ってみては? ユーザーID: 7014821291• 週割り・日割りで考えると ひと月が4週として月4万円の食費なら、1週で1万円。 1日平均1420円、ということはそれを3で割ると単純に考えて 夫婦2人の1食分に約470円 食材費のみ かかっていることになる。 その1食分の単価を念頭において食事の時にご主人と一緒に 食事をしながら「これが高いと思うか安いと思うか」について いちど雑談してみたらいいんじゃないでしょうか。 ちなみにうちも夫婦2人なんですが、 お酒とおつまみ抜きで月6万近くいっちゃってます。 理由は単純で、二人とも食べて「美味しいねー」という料理を 作ろうと思うと、どうしても食材の単価が上がるからです。 料理の美味しさには食材のポテンシャルがけっこう重要だと思うので。 ぶっちゃけ食材自体の味が良ければ、料理の腕はそんなに必要ではないです。 業務ナントカとか1円セールやってる店とかだと、味はともかく 確かに安い食材が入手できます。 しかも単品の量が多いですね。 そういう店で買い物をして「 例 1週間モヤシだけで生活」 みたいなレシピの組み立てをするとか、冷凍作戦を多用するとか 節約家族みたいなお宅はそのようにされてるんだと思います。 ユーザーID: 7684610647• 誰も非常識とは言っていない… 食費よりもエンゲル係数で考えた方が良いかもしれませんよ。 収入に見合った食費であれば問題ないですが、ご主人が気にしているのでしたら問題に感じている部分があるということではないでしょうか? 食材の値段はピンキリですし、質の良い食生活を目指せば高くつくと思います。 ただ、食費の他に外食でもお金を使われているようですので、全体的に食にかけている金額は…私の感覚では高いように感じます。 生活スタイルでも食生活は変わってきますし、判断は難しいところですが…。 夫婦共働きならお互い忙しく外食になってしまうことが増えても2人分の収入でなんとかなるけれど、専業主婦の奥様なら食費の節約を考えた料理をすれば(作る時間も研究する時間もあるわけですし)工夫次第で安く美味しい食生活も送れるんじゃないでしょうか? ユーザーID: 1286477084• 少なくは無い でも多すぎるってほどでもありませんね。 手取りが月に20万そこそこなら節約が必要でしょうけど。 私の新婚時代には2万円未満に抑えていました。 飲料水は水出しパックの麦茶のみ、ジュースやお酒は買わない。 りんごは週に1個まで、基本フルーツは買わない。 魚は旬の物で一匹が100円未満の物のみ購入、それを2人で分け合う。 自分の昼食は小麦粉を水で溶いて焼いた物だけ…。 夫のお弁当も同じく節約メニュー。 それを続ける事半年、夫から「泣き」が入りました。 今では家族4人で6万は使います。 毎日の食費をチビチビ削るより、外食を1万円減らす方が簡単ですし、身体にも良いですよ。 ユーザーID: 6358080959• まず、本気で節約する気はあるのでしょうか? 夫婦そろって大食と言うのが気になたのですか、必要以上に食べていませんか? 食べ過ぎは万病のもとです。 食品群別摂取目標量に気をつけて料理しているのなら、フルーツジュースは必要でしょうか?糖分の摂り過ぎは糖尿病を招きます。 ユーザーID: 8016074197• 多くないと思います 今日1週間分の食料買出しに行って1万ちょっと。 果物だけで2千円以上、アボカド3個で600円。 鮭のムニエル用が二人分で千円。 豆腐2丁、鶏肉、弁当用の肉も。 あとは野菜、ヨーグルト、チーズ、豆、缶詰類。 うちも弁当込みですが夫がダイエット中でサラダのみ。 でもたんぱく質できるだけ入れて。 という希望でモッツアレラ、フェタチーズ、豆、アボカドとかで割高。 バナナ、りんご、みかん類も毎日おやつで会社に持っていくし、家でもオレンジとか食べるので高いし重いし。 今日買ったものでべつに買わなくてよかったものは、200円のチョコクロワッサンぐらい。 わたしのおやつですがこのくらいの贅沢はしたいし。 ほんと難しいです。 5千円くらいへそくりたいんですがそれができないんです。 ユーザーID: 5008716599• 高くないけど >夫婦二人 30代)で食費が月に4万円〜4万5000円かかります。 >(外食はこれ以外に2〜3万円かかっています。 ) 多分、皆様につっ込まれることと思いますが・・・ 主家の食費は、 【夫婦二人 30代)で食費が月に6万円〜7万5000円かかります。 】 が正しいです。 外食も食費ですよ。 主家は現在、同等〜それ以上使っている事になるので、ここだけクローズアップすれば食費が高すぎになります。 食べざかりの子1人につき、例えば1. 2万円。 なので、単純計算上は大人2人家族で2. かけられるご家庭なら、今のままでも可です。 ユーザーID: 7475276653• ですが、お米代抜きで夫婦で4万なら確かに高いかな。 絶対国産!とかの こだわりはありますか? 我が家は大人2人、子供3人の5人家族で、食費は月に3万です。 我が家は買い物に行く際、献立を決めずに行きます。 献立を考えてから行くと、値段が高くても その食品を買わなければならないし、その献立以外には使わない食品が出たりするので。 スーパーで、野菜、魚、肉など偏りなく安い物を適当に買い、買った物で献立を考えてます。 あと、月の予算を週で割って、それ以上のお金は財布に入れないです。 値段を計算しながら買います。 週6千円で、主人の弁当もありますが、普通にやってけます。 お菓子やジュースや菓子パンとかは高くなるから買わないですね。 ユーザーID: 7928975837• 多くない 夫婦2人、お弁当も作ってお米も込みで月3万円ほどでやっています。 外食は別ですが1万円程度。 多分、単価も高いんじゃないですか? うちはお肉は100g100円前後のものしか買わないし、野菜は中国産を避けたりはしているものの、旬のものしか買いません。 例えば冬場にトマトやきゅうりは買いません。 別に、家計を圧迫していないなら4万円くらいいいのではないかと思いますが。 ご主人に、「中国産の野菜、黄身がうす〜い黄色の卵、底値の輸入冷凍肉だけならもっと抑えられるよ!倹約家庭はそうしてるみたい。 うちもそうした方がいいかな?」と聞いてみては。 ユーザーID: 2837159942• 夫婦二人で、2万5千円です。 野菜類が高いときは、肉は鶏胸肉中心、魚も300円の鯖や鰯中心です。 それでも野菜の値段によっては足が出ます。 そういうときは、厚揚げ(3枚入り80円)や、おから、大きめの野焼き竹輪で乗り切ります。 乳製品は、牛乳なら低脂肪乳(1L89〜99円)ヨーグルトは450g入り90〜120円で買います。 チーズ199円。 このなかから、どれか一つを選びます。 乾物、缶詰、果物、酒、菓子、フルーツジュース 乾物、缶詰は調味料予算に余裕があるとき、買います。 果物、酒、菓子・・・贅沢品は個人のお小遣いから買います。 フルーツジュース飲みません。 周辺スーパーは、そこそこに値が安いと思います。 それでもカツカツです。 ユーザーID: 4007486847• かかります だんな様、よく雑誌に載っている『一家3万円でやりくり!』とか 見すぎなんじゃないですか? あんなの(失礼)よくよく見ると、肉は鳥ムネばかりだし果物だってないし。 正直、貧乏くさいなあ〜と思います。 その食費でやりくりができないのなら大問題ですけど、そうじゃないんでしょ? じゃあいいじゃないですか。 ちなみに我が家も似たようなものです。 夫婦2人。 米は実家から郵送。 作るのは夕食、私のランチで30000円くらい。 絶対に果物、野菜はつけます。 主人のランチは外食(会社付近で食べるのでしょう)、 1日1000円として20000円くらい? 夫婦での外食も20000円くらい。 トータルすると70000円〜かかっています。 食にはケチケチしないほうがいいですよ。 ユーザーID: 0038041532• ごめんなさ〜い じゃすみませんか?笑 だって一日3食分でしょう? ウチは夫婦二人(アラフォー)ですが、多分月に5万ぐらいかかってます。 週末は二日とも外食なのでそれには入れません。 毎日のビール代も別にしたとしても。 しかも朝は食べない、昼は別々で外食なので、夜ご飯代のみ・・・。 何をそんなに買ってるんでしょうね・・・。 毎日腹ペコでスーパーに寄ってるから、ついついおいしそうな高いお肉やお魚に目がいっちゃうんですよね。 でも閉店前で2割引だからいいよねテヘペロ。 てな感じ。 笑 毎日自炊とも限らないし、帰宅時間が遅く(9時頃)、少しでも時間の無駄を省きたいので、野菜もその日使う分だけ小分けのパックや小さくカットされたもの、じゃがいもなんかも1個2個で買います。 その所為か、日々の食費の単価は高いです。 でも余らして捨てるよりいいと思ってるので。 共働きなので、何かにお金が掛かりすぎ、足りない!と思ったら、その分もっと稼ぐぞー!って、二人でガンガン稼いでます。 笑 (「節約」の二文字は私たち夫婦にはありません。。。 ) トピ主さんも、もっと稼げば文句言われないのでは? ユーザーID: 4996346421• 買い物は1日千円を目安に。 多くないです。 内閣府統計局で、家計調査の結果が公表されています。 雑誌で書かれているのは、 よーく見ると 「昼食は除く」だったり、 「酒、菓子は除く」だったり、 「米を除く」だったり、 「外食は除く」だったり、 「常に全国最低水準の底値で入手」が前提とされていたり、 そのまま受け取れる数字ではありません。 「わぁ!」と思わせて、読ませるための客引きだから、 ウソだと目くじらを立てる気もありませんが。 ただ、献立を見ても、 「確かに安上がりだけど、そのうち病気になって逆に医療費かさみそう」とか、 「こんな食事を続けてまで、ディズニーランドがそんなに大事か?」と、冷めた目線になることも(笑)。 先人の言葉には 「幸福は日常の些事に宿る」というのがよくありますよね。 私も節約には努めているけれど、 「普段の食の過剰な軽視」はキライです。 結果、うちは夫婦ふたりで月6万円です。 ユーザーID: 4635261327• 充分節約できてると思います お二人で4万円なのですよね? 外食を入れても、7万円前後というところですよね。 充分節約できていると思います。 夫婦でよく食べるということであれば、なおさらですよ。 食事って、1日の楽しみの大きな部分を占めていると私は思います。 だから、私なら食費ぐらい、好きに使いたいですね。 毎日ミシュランのお店で食べますとかいうのでもなければ、贅沢したって食費なんかたかが知れているのですし。 それで毎日好きなもの、おいしいものを食べられるのなら、安いものだと思いませんか? うちも、30代の夫婦二人ですが、外食も含めた食費は、おそらく20万近くかかっていると思います。 (家計簿なるものを一切付けていないので、だいたいですが) 好きな果物なんかも、多少高くても気にせず買ってしまいます。 もし、トピ主さん宅の家計の状況が、今以上の節約を要するというわけでもないなら、よそのお宅がどれだけ節約していようと、気にする必要はないです。 近所に安売りスーパーがあるかないかでもおそらくけっこう違ってくるのでしょうし。 だから気にせず、今日もおいしいものを食べましょうね! ユーザーID: 7775274349• 収入による 収入に見合った生活をすべきだと思うので、それによりますね。 昔習った家庭科では、収入の4分の1までが食費という記憶です。 我が家は食にこだわりたい夫婦で結構量もほしいし毎晩のワインも必要と考えているので収入の4分の1は超えますが、別のところで節約しています。 雑誌などに出てくるご家庭は、いかに安く材料を調達して工夫して仕上げるか、に注目しているのでしょう。 だから特売とかおなかをいっぱいにする工夫などに長けていると思います。 肉・魚の主食が一万円、少なくないですか?1日あたり1人150円ですよね。 朝食・お弁当・夕食で考えると、1食1人50円分ですが、お魚1切れやサンマ1本、100円はしますよね? ユーザーID: 8591956285• うちはもっとかかります スーパーで一切れ250円の冷凍カレイを買うのか、魚屋で生カレイ一切れ500円を買うのかでも全く違ってくるし パンもスーパーで買うのかパン屋で買うのかでも違いますよね。 全体の収入から逆算して今の状態でもやっていけるならいいんじゃないでしょうか。 生活が厳しいなら見直す必要があると思いますよ。 時々テレビや雑誌で家族4人で月3万円!なんてのを見ますが、あれは何かを切り捨てないとそう出来るもんじゃないと思います。 小さい頃から食卓に所狭しと食べ物が並んだ家庭に育った自分にはちょっと寂しい食卓だなと感じました。 ちなみに我が家は夫婦二人、子供三人(大学、高校、小学生)の五人家族です。 食費は15万で収まってるのかなぁ… 結婚以来家計簿をつける習慣がないのでだいたいこれくらいで収まってると思います。 夫婦二人で4万なら非常識とは言えないんじゃないでしょうか。 個人的には命に繋がる食をおろそかにするのはどうかと思うし 健康の為にも食材を吟味すればある程度高くなるのは当たり前と思います。 ユーザーID: 8579429857• 金額より気になったこと・・・糖分・塩分とりすぎでは? 食費の内訳の見直しでしょうね。 >パン・めん類:2500円 パン:専門店のパン、麺類:乾麺など という内訳なら、納得です。 >果物:3,000円 外国産は買わずに、高級果物なら、納得です(例えばイチゴ1パック800円とか。 安いものでは300円からあるもの) >乾物・缶詰など:4,000円 本物の海苔やどんこ、国内有名メーカーの缶詰なら、納得です。 >調味料:2,000円 むしろ安すぎるような・・・国産や味にこだわったら、倍は必要だと思います。 >フルーツジュース:1,500円 果物から摂取するほうが、健康にいいと思いますよ。 つまり、産地や味を度外視すれば、もっと節約できます。 現状維持のまま節約するのは、難しい食生活だと推察しました。 ユーザーID: 6867781862• 食は体を作るものですからね。 ケチらないほうが良いと思います。 食で作られる体の中には脳も含まれると私は思っています。 粗悪なものばかり食べていたら粗悪な脳になるのでは? 我が家は家族4人で外食抜きでも6万くらいです。 そんなに外食はしませんが、するときは結構良い所に行きます。 だって美味しくないものを食べると 安くてももったいないって思う。 おおげさにいうと美味しくって満足したら1万円でも惜しくはないけど 美味しくなかったら500円でももったいない。 あと摂取したカロリーも食べるのに使った時間も、もったいない。 きちんと食事を作るのってお金がかかると思う。 だって出汁でも 私は鰹と昆布、あと煮干しとあごの煮干しを常備しています。 でも出汁の素(顆粒とかの)を買った方が遥かに安上がりです。 まあ、しょうがないです。 価値観の問題ですから。 ユーザーID: 5322185087• 特に多くはない テレビである経済コンサルタントが、食費は手取りの一割が目安と言ってましたね。 あと、みずほ銀行の「ふたりのおかね」というHPで、共働き夫婦二人暮らしの家計診断が出来るので、参考までに見てみるといと思います。 食費や住居費、お小遣いといった項目が、それぞれ収入の何パーセントくらいまでに抑えておけばいいかの試算が出来ます。 ただし、今後のライフプラン(家、子供、老後など)と目標貯蓄額、二人の食へのこだわり具合によって、月にどれくらい食費を使うかは、各家庭によってまちまちだと思うんですよ。 節約モード一辺倒で行くのか、食も娯楽の一つと考えてちょっと贅沢したいのか、 よその家庭と比べてもあまり意味がないので、ご主人の「多すぎる」発言の意図はどこにあるかを探らないとね。 ただ、なんとなく言ってみただけかもしれないし、 ユーザーID: 1095339443• 小食でも同じくらい うちは、外食は月5000円ぐらいで 外食入れないで夫婦2人で3万〜4万ぐらいですね 2人とも小食ですし、 私がパートで時間もあるので、買い物にも調理にも時間が かけられますので、あるていどは安くできますが、 食材が美味しいスーパーがあるので割高なのは感じてますが やめられません。 それに、最近野菜やらとにかく高いですよね!!! ちなみに、パンも手作りで、 調味料もドレッシングと、カレーシチュー以外は けっこう手作りです。 カレーもシチューもドレッシングも 手作りの時もありますが。 おそらく共働きだったら、やりくりする時間も無くて 4万ぐらいはすぐになってしまうでしょう 私も家計簿を細かく付けてますが 食材にかかってる比率もだいたい似たようなものです。 便秘対策のためにヨーグルト毎日食べてたらけっこう 乳製品もかかりますしね。 お菓子なんて、週末夫婦で美味しいケーキ屋さんで ケーキを食べると800円なんてあっという間です。 それが人生の愉しみってもんなんでまぁいいかと思ってますが。 ユーザーID: 9650650729• 普通じゃないでしょうか みなさまどうもありがとうございます。 トピが見つけられなくなってしまい、遅れてしまって申し訳ありません。 ご意見を総合すると、少なくはないが、収入次第では多くもないのでは、という感じだと思い、安心しました。 そして、「食品群別摂取目標量」に神経質にこだわっているのも私だけと気付き、「ああ、みんなそんなことにこだわってないんだな!なるほど!」と目からウロコです。 我が家の収入は手取りで月35万円前後です。 貯金もできており、食費が多くて困っている状態ではありません。 夫が現在の食費を「多いのではないか」と言ったのは単なる素朴な疑問で、子供を二人持てるかという話になったためでした。 (続きます) ユーザーID: 6200594441• トピ主です(2) 子供ができた際の家計を計算するために、夫は、タワーさんのおっしゃるみずほ銀行のHPのような、家計のサンプルを見てきたようです。 そして、「夫婦二人だけであれば、食費は3万〜5万のところがほとんどだ。 外食が1万〜2万だと思うので、スーパーでの買い物は1万〜3万ということなのではないか。 ウチは食材費だけで4万ということは、非常識なほど贅沢をしているのでは」と言い、食材費はなぜこんなにかかるのだろう?と聞いてきました。 私は、おそらく、「外食が1万〜2万」という、夫の仮定がおかしいのだと思いました。 (ウチは高いお店で外食しすぎです(涙)) しかし、他の家族の外食/食材費の内訳がよく分からないので、スーパーで買う食材のみではいくらなのかな?と私も素朴に疑問を持ちました。 ユーザーID: 6200594441• トピ主です(3) ところで、「食費が〇万円」というときには、例えば以下のような除外があるのではないかと思っています。 ・夫の昼食代が食費に入っていない ・夫の出張先での外食費が食費に入っていない ・おやつ代・ペットボトル飲料代が食費に入っていない ・酒代が食費に入っていない ・調味料費が食費に入っていない ・実家から米や食材が送られてくる 我が家では、最後のものを除き、すべて食費(食材費・外食費)に入れています。 夫は、kotominoが厚生労働省の言う食品群別摂取目標量を満たす食事を作りたいならそうすればいい。 それでも4万円ならまあ仕方ない、ということでした。 そういうわけで、毎月の食費を一品ずつ細かくつけてみました。 ユーザーID: 6200594441• トピ主です(4) ご指摘の中に、高い食材を使っているのでは?安売り店を使っていないのでは?というものがいくつかありますが、我が家は安売りスーパーでまとめ買いがメインですがこの値段です。 それでも、ちょこちょこ高いものを買ってしまっているかも。 白菜やキャベツはカットしたものは買わず、一玉で買う分、割安になっていると思います。 乳製品とパン、ジュース(あわせて約1万円)が他の食費を圧迫しているので…。 例えば冬場にトマトやきゅうりは買いません。 この感覚とほとんど同じです。 鶏肉は、国産胸肉100g40円のお店まで自転車こいで通っています。 (逆に、これより安いのは買っていないとも言えますが。 ) ユーザーID: 6200594441• ご指摘の通りです! 必需品ではないので、その気になれば切り詰められますね。 安いものでは300円からあるもの) 私も1パック800円のは買っていません。 買ってみたいです〜。 食品群別摂取目標量では、果実類は1日150gですので、 いちご1パック=300g=大人2人の1日分なので、あまりにコストパフォーマンスが悪く、そうそう手が出せません。 バナナ(可食部1本80g を中心に、グレープフルーツ 可食部1個140g 、りんご 可食部1個200g など毎日一人150g食べることを考えていくと、3000円でもカツカツです(バナナや夏はスイカの登場頻度が高いです。 ) ユーザーID: 6200594441• かつて夫が会社でコーラばかり飲んでいたので、何とかやめさせようと説得しましたが、「どうしてもおなかがすく。 味のついたものが欲しい」と言うので、やむなく買っています。 夫のおやつのようなものなので、夫がいらないと言えば削れますね。 ご心配いただきありがとうございます。 糖分は摂りすぎかもしれないです。 気を付けます。 調味料がかかっているのは、高いお味噌(1パック500円)や高いオリーブオイル(1本1000円)などを買うからなので、塩分についてはおそらく大丈夫かなあと。 ユーザーID: 6200594441• トピ主です 食費節約の工夫もみなさま色々ありがとうございます。 たいへん参考になりました。 この食費を抑えようとすると、つまり、こういう対策になるのでしょう。 ・外国産食材をもっと取り入れる ・他の家庭で買っていないものやぜいたく品(ヨーグルト、フルーツジュース)をやめる。 など、かなり負担になっていました。 これを守ろうとしているからムリなんですね〜。 ) 夫にこうすれば1万円くらい減るかもしれないよ、と提案したところ、「やめて〜(笑)」と言われたので、現状維持の方針です。 そういうわけで解決しました。 ありがとうございます。 ユーザーID: 6200594441• トピ主です しかし、食品群別摂取目標量については疑問が残りました。 守るためにはそれなりの収入か、買い物の工夫が必要となりそうです。 かなり無理めの高い目標じゃないの〜?と改めて思いました。 もちろん守らなくてもよいのですが、私のような、厚生労働省のエライ人が「こうです!」と言うと「ハイ、そうですか!」と従ってしまい、守れないとドキドキしてしまう小心者のために、もう少し現実的な数値にしてほしい気がします。 (愚痴でした。。。 ) どなたかが書いておられましたが、食生活や健康はお金でははかれないものだとよく分かりました。 私は料理を作るのも食べるのも好きだし、今のところ病気もありません。 ありがたいな〜、おいしいな〜と暮らしていけるのが、幸せなことですよね。 子供も二人を目指して、頑張っていこうと思います。 本当にありがとうございます。 ユーザーID: 6200594441• 厚生労働省なんて… うちは大人2人、ほとんど食べない1歳児1人で、夫婦ともに昼は毎日お弁当、夜も飲み会等無し、です。 食費は月によって全く違って、35000〜10万です。 体調を崩してしまって外食やお取り寄せ、冷凍食品なんかをたくさん使う月が一番後悔する月ですが。 味噌を作ったり、米をまとめ買いしたり、そういうのが重なる月は高額になりますし、調味料はスーパーに置いてないものを取り寄せますので高額になりますが、仕方ありません。 しかし、高額になる一番の理由は原発による放射能対策費です。 卵も牛乳も肉も野菜も調味料も、西日本か九州のしか買っていませんので、高額になります。 原発以降、食費は倍になりました。 とても苦しいです。 ユーザーID: 3070776740• 問題ないです! 普通じゃないでしょうか むしろ頑張っている方だと私は思います。 私は新婚時代、つまり夫と2人暮らしだった頃は食費は4万円でした。 でもたまに外食を入れると足りなくなる事も。 米代だってあるし。 子供がいる今は一応5万としていますが若干足りなくなってきました。 子供が食べ盛りだからですがね・・・。 旦那さんに言ってください けして多くはないと。 むしろ4万で収めているなんてすばらしい事なのだと。 男性はこういう細かい金額には疎いのでわからないのですよ 一度4万円を預けて経験させてみてもいいかも。 すぐ「足りない!」って言いそうですね。 そしたら貴方の気持ちを理解できるでしょう ユーザーID: 9087261762• 食費について 手間と知識を活用すれば素人の私でも、1ヶ月13000円(1人当たり・米代含)で生活できます。 私基準で「贅沢」という位置付けである外食は一切しません。 コンビニ弁当・出来合い物などは論外です。 お金はあって困るものではありません。 食事=生き甲斐ではなければ、貯蓄しておいて損はないと思います。 何を優先するか、ですね。 たった一時の満足か、将来の目標達成か…。 人によっては、我が身を削ってまで寄付する方も居られます。 また人間何が起こるかわかりません。 公務員で現在の収入が保障されていても、病気になってしまう場合や、最悪の場合は独り身になってしまう可能性だってあります。 家計簿があると仮定して、一般的に不要と思われる出費を合算してみてください。 お金は、お金がある所にしか集まりません。 これは本当ですよ。 ユーザーID: 7589052197• 一概には言えませんが。。 年収やお住まいの地域の他、 ご夫婦が食事の内容にどのくらい重きを置いているかにもよりますので、 高いとも低いとも一概には言えませんが。 ウチも30代夫婦2人の生活です。 食費は月に3万〜4万円といったところでしょうか。 米やコーヒー豆を買うタイミングや、主人の出張の日数により変動があります。 トピ主さんが専業主婦であればちょっと高いかな、という気はします。 パートやフルタイム勤務であれば、さほど高いとも思いません。 専業主婦またはパートであれば、特売のものをまとめ買いすることができますし、 フルタイム勤務であれば、安売りの日にまとめ買い、なんてできないでしょうから、 どうしても高くつくと思います。 ひとつ気になったのは外食費2〜3万円ですかね。 月に何回でこの金額なのでしょう?? ユーザーID: 0619275894• 医食同源 食べる量はさほど変わらないと思います。 金額の違いは、食材の価格の違いです。 例えば干し椎茸ですと、国産と中国産では4倍ぐらい違いますよね。 野菜一つをとっても、国産と中国産では倍以上違います。 味も国産の方が美味しいですし、同じ国産でも有機野菜の方が体にもいいし、味も美味しいです。 もろん値段も倍以上します。 ただ、同じ腕でも、食材の違いは味に反映します。 健康を重視するのか、美味しい物を作りたいのか、お腹を膨らませたいだけなのか、要するに、何を選択するかによって食費は大幅に違ってきます。 一概に多い、少ないと言われても困りますよね。 ご主人はどういう物を主さんに作って欲しいのかによると思います。 ユーザーID: 5073142607.

次の

にぶんのいち夫婦【第1話ネタバレ】信用していた旦那に浮気疑惑が…!?

二分の一夫婦

二分の一夫婦の見どころ 妊活をしていた時に産婦人科であった優香は妊娠していることを友達である文に隠そうとしていました。 それは、まだ旦那にも妊娠したことを言えないでいて子供の事をどうしようかと悩んでいるからだったのです。 以前優香の家に行った時に違和感を感じた家具の傷みなど・・文はその後、別の友人から優香が 旦那の佳樹にモラハラを受けている事を知って、違和感がソレだった事を知ったのです。 優香は子供が欲しかったけれど、そんな風な旦那との子供を産んだ方がいいのかそうではないのか悩んでいます。 そしてついに連絡を取り合っていた友達に辛い胸の内を吐いた後、連絡が取れなくなってしまったのです。 文はそのことを聞いて和真に頼んで車を出してもらい、優香の家に向かいます・・。 二分の一夫婦16話のあらすじネタバレ ドキドキしながら和真の運転する車の助手席に座る文は優香に家に向かいます。 不安な時に和真が近くに居てくれると心強いけれど、これでは簡単な女の様で複雑な思いも抱えているのです。 幸せってなんだろうか・・・と。 割れた無数の皿 優香の家に到着した文は、和真を車に残して1人優香の家の中に入って行きます。 玄関は開いている・・リビングの明かりがついているけれど人の気配のしない家の中に違和感と不安を感じます。 ドキドキしながらリビングのドアノブに手をかける文は意を消してリビングに入っていきます。 「痛いっ」 入ってすぐに何かを踏んでしまい足の裏を見るとガラスの破片の様な物が刺さっていたのです。 !!! ハッとしたてリビングを見渡すと、 そこには無数の割れたお皿が散らばっている異様な光景が広がっていたのです。 はこちらで解説しています! 16話を読んだ感想 今回のような状況でリビングに乗り込むのってかなりドキドキしますよね。 そして割れたお皿が散らばった光景!! 恐ろしい。 佳樹って文たちが新築祝いに行った時も影のある印象があったけれど予想以上に自分勝手というか・・モラハラって身近な人がどうだったら相当嫌ですよね。 しかも優香は両親の期待が大きくて応えたいけど応えられないことに苦しんでいた様子。 真面目で優しい性格だからなんだろうかと想像したのですが、その性格にモラハラ旦那が合わさったら自信喪失、ただ怯える毎日になってしまう事は予想できますよね。 文も和真の浮気と向き合うのでしょうか!? 確かに真相を掴むのも証拠を集めるのも嫌だと思うけど、このまま知らないふりをして過ごすのも悲しいですよね。 そしてそのうち虚しくなって、いつか後悔をしてしまいそう。 この事がきっかけの1つになって文はこの後、戦う覚悟を持つのでしょうか? っとなるとさらなる証拠集めはやっていくのでしょうか? そして和真は本当に浮気をしているのかって所も決定的な証拠までは見つかっていないから分からない所ですよね。 気になっているのが、文が若い男と一緒だった事に嫉妬心と独占欲を抱いています・・浮気しているのにこんなに嫉妬独占欲をあらわにするっで、どんだけ自分勝手なんだ?って気もしてきてしまいます。 だからといって全く嫉妬しないのも、何だよって感じなので複雑な気持ちなんですが、とにかく浮気してこんなにしれっとしているなら、和真って怖い人なのかもしれません。 うますぎて怖いと言うか・・。 私としては、知るのも怖いけどこの先もモヤモヤするくらいなら知った方が良いと思います。 本当の事を・・。 今後の展開もどんな風に進むのか目が離せません! 無料で二分の一夫婦を読む方法 簡単に16話のストーリーをご紹介しましたが、自分で漫画を読むことが出来たらもっと楽しめると思います! 漫画読みたいな・・という方にオススメ情報です。 なんと「にぶんのいち夫婦」の漫画が無料で読める方法がわかりました。 あるキャンペーンを上手に使うと、無料で漫画を楽しめるんですよ!.

次の

二分の一夫婦2巻はzipやrar、pdfで令和現在も無料で読めるの?

二分の一夫婦

先日も、 「住宅の持分割合は、妻と半分ずつにしたいと思っているのですが……」 との相談がありました。 そこで、 「購入資金は誰がどのように負担するのですか?」 と聞いたところ、 「物件価格4000万円のうち、妻が頭金1000万円を負担して、残り3000万円を夫がローンを組む予定です」 とのことでした。 仲のよい夫婦がマイホームの持分を2分の1ずつにしたいという気持ちは分からないでもないです。 実際に、持分を2分の1ずつで登記をすることは可能です。 登記費用(登録免許税や司法書士報酬)を支払えば、どんな割合であっても登記をするうえでは問題ありません。 しかし、購入資金の負担割合と異なる割合で持分を登記してしまうと、 税金面で贈与の問題が発生します。 例えば、諸費用を含めた購入価額4000万円の物件を、妻が1000万円、夫が3000万円という負担で購入する場合、妻の持分は4分の1、夫の持分は4分の3にすべきです。 ところが、これを2分の1ずつ(金額換算で2000万円ずつの持分)で登記してしまうと、妻は1000万円しか負担していないのに、2000万円分の不動産を取得したことになり、逆に夫は3000万円を負担するのに2000万円分しか不動産を取得していないことになります。 この場合、夫から妻へ、1000万円分の不動産が贈与されたとみなされることになります。 夫婦間の贈与でも、基本的に、年間110万円の基礎控除を超える部分には贈与税がかかってきます。

次の