スリーデイズ 韓国 あらすじ。 韓国ドラマ『スリーデイズ~愛と正義~』の動画が字幕/吹き替えで視聴出来ないならここ!

スリーデイズ

スリーデイズ 韓国 あらすじ

韓国ドラマのスリーデイズ、面白かったです。 確かユチョンという人は女性に対し犯罪を犯した俳優だと覚えています。 当時はそんな事を知らずにドラマを見ていたので、ユチョンが演じる主人公が警察内部にいる悪党の陰謀を暴いてやっつける筋書きがスタイリッシュで面白かったと記憶しています。 ユチョンの相棒となる女性も確か時代劇に出ていた人だったと思います。 調べてみると、相棒の女性を演じているのはパク・ハソンという女優さん(1987年生まれ)です。 韓国ドラマ「トンイ」で粛宗の側室を演じていて悪女のチャン・オクチョンの陰謀で王妃の身分をはく奪される優しい王妃様の役割を演じていた気がします。 あらすじをバラしてしまいますが、実は韓国の大統領府が悪事に関わっていた気がします。 どんなあらすじかもう忘れてしまいましたが、今(2018年)から2年前の2016年の1月7日にドラマを見終えたので2年前に見たドラマです。 忘れるなら見なければよかったかな(笑)時代劇は忘れないのに現代劇はありきたりのストーリーだったので忘れてしまいました。 不滅の恋人 主題歌の歌詞の日本語訳 韓国ドラマ「不滅の恋人(2018年)」の主題歌があまりに美しかったので、日本語に訳してみました。 実のところ、筆者は韓国語を勉強し始めて2年程度しか経っていません。 しかも、たまにしか勉強していませんので、ハングル文字が読める程度で文法の知識はありません。 この頃は少しマシになりましたが、やはりまだ挨拶すらままならないレベルです。 この歌はチン・セヨン演じるソン・ジャヒョンが婚礼相手であり北方の国境の戦地で女真族(ヨジンジョク)を追い払いに行っているウンソン大君(イ・フィ)を想った恋しさとつらい気持ちが表現されていると思います。 だいたい20歳前、か、それくらいの未婚の乙女の気持ちになって聴いてみましょう。 あまりネタバレしすぎるといけませんので、シチュエーションの説明は省かせてもらいました。 苦難の道を歩く先に、大君と会える期待が込められています。 この歌詞の心情がドラマの何話で登場したかというと8話と9話です。 이렇게 길 따라 한없이 걸으면 イロッケ キル タラ ハノプシ コルミョン (こうやって、道に沿って、どこまでも歩くの) 그대를 만날 것 같아서 음 クデルル マンナ コッ カッタソ ウン (あなたに会えそうな気がして Hum... 会えなくて大君を心配して気持ちがいっぱいになっているソン・ジャヒョンの切ない気持ちが歌われていると思いま… 不滅の恋人の声優・キャスト 概要 韓国ドラマ「不滅の恋人」は2018年3月3日から5月6日までTV朝鮮(テレビチョソン)で放送された全20話のドラマです。 実在した首陽大君(スヤンテグン)と安平大君(アンピョンテグン)が一人の女性を恋慕して争ったという架空の設定に基づいて作られたストーリーです。 主人公のユン・シユンは安平大君(アンピョンテグン)がモチーフです。 イ・ガンは首陽大君(スヤンテグン)がモデルとなっています。 制作 不滅の恋人(韓国語: 대군 - 사랑을 그리다、韓国題: 大君 - 愛を描く)の製作スタッフです。 小屋から出てきたイニョプとキム・ウンギ。 ムミョンはウンギにイニョプを渡すように言いました。 イニョプは安全な場所までウンギを送りたいとムミョンに言いました。 「お願い。 安全な場所まで行かせて。 お願い。 これだけはやらせて。 」 ムミョンは黙ってイニョプとウンギを見送りました。 夜の妓房。 イニョプと負傷したウンギが妓房に到着すると部屋にはウンギの母ハン氏とカヒアがいました。 カヒアはキム・チグォンは捕らえられたがチグォンの計画に従えば都城を抜け出せるといいました。 ハン氏はウンギを見て血相を変えてイニョプを責めはじめました。 「一体何をしたのだ!この疫病神め!お前が何もかも悪いのだ。 お前がウンギを破滅させたのだ!!!」 「母上。 今の我々にイニョプを責める資格はありあせん。 イニョプの家門を滅ぼしイニョプを奴婢にしたのは私たちなのです。 たとえ母上でもイニョプに指一本でも触れたらこの私が先に死にます。 」 ウンギが母に言うとハン氏は悔しくて泣きました。 義禁府(ウィグムブ)の牢屋。 「これでようやく終わった。 これもそなたのおかげだ。 父上にやっと都城へお越しいただけたのだから余が玉璽を受け取れたのはそなたの手柄だ。 息子を育ててくれたことにも礼を言う。 余はああも立派に育てられたか・・・。 聡明で鷹揚ゆえおおいに国の力となろう。 」 李芳遠(太宗)は牢の中にいるキム・チグォンに言いました。 「お祝いします。 玉璽を受け取られたそうで。 王子を重大な任務に就けるおつもりですか。 ムミョンを評価しつつも信用できず死ぬまで苦しまれるでしょう。 王子に刃を向けられたあの日の悪夢にうなされ王座にいる限りお心は休まらぬでしょう。 邸下の真意はいかに再び殿下を討とうとするでしょう。 記憶してください殿下。 私が消えてもマヌォル党の意思は消えません。 」 キム・チグォンは言い返しました。 「志が消えるかどうかはそなたは知りようもない。 じきに捕らえられるウンギとともにあの世へ旅立つのだから。 」 ….

次の

映画『スリーデイズ』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

スリーデイズ 韓国 あらすじ

タグ C級以下 リベンジ バイオレンス映画 パニック パニック映画 パロディ ブラックジョーク ホラー ホラー映画 マンガ原作 マーベル モンスター リメイク ハーシェル ゴードン ルイス ループもの 下品 呪い 実在の事件 拷問 理不尽 考えさせられる 胸糞 良作 解説・考察 バイオレンス ネットフリックス SF コラム おすすめ映画 どんでん返し ほっこり アイドル映画 アクション映画 アルバトロス アレクサンドル・アジャ イーライ・ロス グロ コメディ映画 サイコパス デスゲーム サスペンス映画 サム・ライミ シッチェス映画祭 シャマラン シリーズ スティーブンキング スプラッタ スプラッター映画 スラッシャー映画 スリラー映画 ゾンビ 食人族 【レビュー・ネタバレ】 元々はフランスの映画「すべて彼女のために」のハリウッド版です。 元の映画も見ましたが、ハリウッド版のほうがいいです。 理由はたった一つ。 ラッセルクロウが天才的な演技をするから、です。 ラッセルクロウという人は本当に器用な人です。 グラディエイター、ビューティフルマインド、ロビンフッド、そして本作とそれぞれで強さと弱さをうまく表現できる天才だと思います。 本作では無実の罪で妻が捕らえられ、全てを捨て脱獄させようとする平凡な男を演じています。 職業は大学教授、愛車はプリウス、犯罪とは無縁そうな印象のこの男が脱獄を計画するなど誰が考えるでしょうか。 途中友情出演するリーアムニーソンに色々教わり最後ぼったくられるあたりも情けないし真面目な味が出ています。 また、偽造パスポートを作ろうとしてボコボコにされます。 周りの人間からは犯罪者の妻を持って白い目で見られます。 息子は犯罪者の母親ということでいじめられ、父親として打ちひしがれます。 そんな情けなくて弱いジョンですが、彼の芯の強さを支えるのは一つ 「君はやっていない」という思い。 ある日妻のララが刑務所で自殺を図ることから脱獄の計画を決意 そして刑務所でララに言うこのセリフ 「君の人生を取り戻す」 このシーンは印象的ですね。 綿密な計画を立てて当日の実行を待ちます。 私が特にいいと思ったシーンは父親との最後の別れです。 父親がジャケットの中に海外行きのチケットを3枚見つけ、察します。 普段無口な不器用そうな父親が今日は珍しくハグして黙って見送ります。 なんとも数秒のシーンですが、とてもジーンときます。 最後脱獄の瞬間はじまればもう戻れません。 一度は子供を見捨てようか迷うシーンもありますが、最後の最後で飛行機に滑り込みます。 飛行機の中で妻と子供の何年振りかの寄り添う姿を見てとても彼は満足そうに幸せそうな顔をします。 スリーデイズラストシーン ラストシーンはアメリカで、再度ララの捜査が行われているところで終わります。 刑事はララのボタンを落としたという証言を元に排水溝を開けます。 何年も前の話ですが、ボタンは確かにそこにありました。 しかし、結局刑事は排水溝でボタンを発見できませんでした。 ララは本当に無罪でしたが、もうそれはどうでもいい話です。 すでに海外にいる彼らは幸せをつかんでいるのです。 ちなみにフランス版の原作ではここのラストはありません。 彼女は本当に犯人かどうかわからないまま終わります。 結局彼にとって妻が犯人かどうかは重要ではないというメッセージなのだと思います。 大事なことは彼が言っていたこと「君はやっていない」と彼自身が信じていることだからです。

次の

韓国ドラマ『スリーデイズ~愛と正義~』の動画が字幕/吹き替えで視聴出来ないならここ!

スリーデイズ 韓国 あらすじ

これからご覧になる人のために、ご覧になった方々にご参加いただければ幸いです。 別荘に滞在中の襲撃され、姿を消した大統領。 その有力容疑者とされたのは大統領のボディーガードのハン・テギョン。 でも、彼は無実で、どうやら巨大な力が動いているらしい…。 そのカギを握るのが1998年に起こった事件。 住民をも巻き込むことになった小さな村への北朝鮮の軍の侵入事件です。 どうやら、その事件には裏があるようですね。 そして、巨大な勢力は新たな計画を実行しようと…。 制作費100億ウォンの大作アクションドラマです。 現代劇で製作費を多くかける場合、海外ロケを行うことが多いのですが、このドラマは海外ロケはなく、アクションシーンのためにほとんど使われた? って感じかな。 カーチェイスだけで2億ウォンが費やされたとか。 演出家は「根の深い木」等を演出した人です。 もちろん、 華麗なアクションシーンを楽しめるのですが、このドラマの見どころはむしろ、演じる俳優たちの演技ではないか、と思いました。 最高視聴率14. 5%(TNmSによる)ですから、小ヒットというところでしょうか。 製作費を考えると、多少不満のある数字なのではないかと思います。 こういう大作に良くあるパターンで、基本は善と悪の対決、の話なんですが、この、 善の側の中心となる大統領が実は過去、悪の側にいた、というところがこのドラマの一つのポイントになると思います。 大統領は元々経済畑の人で、98年の事件は彼がコンサルトをしていたアメリカの企業が中心となり、武器を売るために仕組んだ事件なのね。 大統領は当時、それに関わってしまったのですが、今ではそれを深く反省。 事件の真実を明らかにしようとするのですが、それを知っている人間がみんな事故を装い殺されてしまうんですね そんな 清濁合わせ持つ大統領を演じるのがソン・ヒョンジュ。 キャラの魅力を、さすがの演技で堪能させてくれます。 一方、悪の中心にいる大企業の会長キム・ドジンを演じるのは チェ・ウォニョン。 しかも彼、大統領が98年の事件の際に発したひと言を自分の中でふくらませ、巨大な悪に育て上げてしまっているのね。 今まで男前系の温かい男を演じることが多かった彼が、ともかく気持ちの悪い悪人を演じます。 こういうドラマの場合、ちょっと狂った悪の権化をどう演じるか、も注目なんですが、まさか彼が、こんなに気持ちの悪い人物を演じるとは思っていませんでした。 また、巨大な悪は大統領官邸はもちろん、警察や検察にも深く、自分たちの勢力を伸ばしています。 誰がそちら側の人間か、すぐには分からないのですが、ここには 実力派俳優をたくさん起用することにより、敵も味方もみな、強い存在感を放っています。 彼らを見ているだけで、誰が敵? と想像する楽しみが膨らみます。 他方、大統領を守るボディーガード達は、自分のみを捨ててでも大統領の身を守るように訓練を受けています。 大統領の方に弾丸が向かえば、反射的にそちらへ身体が向かうように仕込まれているのね。 命がけで守るべき大統領の真の姿を知った時に彼らはどうするのか…。 主人公のテギョンもまた大統領の過去の罪悪を知った時、大統領は自分が命をかけてまで守らなければならない人間か、と深く思い悩みます。 彼を演じるのは パク・ユチョン。 存在感では名優たちの中では幾分弱いかな?と思うものの、体当たりのアクション演技と、彼の得意とする微妙な感情表現でしっかりと彼らと対峙していました。 男くさい彼を見られたこともまた、一つの収穫でした。 女優陣では パク・ハソンとソ・イヒョンとヒロイン級の役者さんが二人登場しますから、ラブラインの方も期待されるかと思うのですが、こちらの方はほんとにほのかです。 個人的願望としては、ユチョンのラブラインも見たかったような気もしますが、作品的にはサスペンス的な部分により集中できて、むしろこの方が良かったのではないか、と思います。 また、 ラブラインもほのかながらも消えることなく、ちゃんと結末まで描かれていたのもよかったと思います。 脚本家は「サイン」「ファントム」の人で、けっこう期待の作品だったのですが、悪くはないものの、とりわけ良いと言う感じでもなかったかな、というのが私の素直な感想です。 投資の額が大きかっただけに、脚本家の意図ではないことで、受け入れざるを得ないことが多かったのかな? などと想像します。 主人公たちの心の揺れを脚本家さんはもっと書きたかったんじゃないかな? などと思うのですが、どうにもこの部分、説明不足になっていたかな? お金をかけたシーンはさすがで、手に汗を握るんですが、その他のシーンでは、この作者の他の作品ほど集中して見ている感じではなかったんですよ。 結果、アクションドラマってこういうものよね、という感じで終わってしまいました。 ところで 、3daysというタイトルの意味ですが、時間の経過を確かめずに見ていたのですが、3日間という事はないような? という疑問が…。 これは公式HPに答えが書かれていたのですが、このドラマはの3部で構成されており、そのそれぞれが3日間の出来事として描かれているのね。 とはいうものの、 華麗なアクションシーンと役者さんたちの演技はさすがで、それはそれで 楽しめる作品に仕上がっていたと思います。 はじめてコメします。 私はユチョンの大ファンで、キム・ウニ作家の「サイン」も「ファントム」も大好きだったので、このドラマを楽しみにしていたのですが、う~ん、やっぱり星3つが妥当な気がします。 とはいえ、ユチョンはかっこよくて、そこは大満足でした。 最近観たドラマでは「ゆれながら咲く花 学校2013」が、どちらかというと地味な感じなんですが、とても心にしみるドラマでした。 kirikoroさんの感想はどうだろうと思って探したのですが、ここになかったので、ぜひ、観ていただきたいなぁと思います。 長々と失礼しました~ 鍵コメさん、こんにちは。 鍵コメさんはすでにもう2回もご覧になったんですね! 最後まで、誰が味方か敵かが分からなくって、面白かったですね。 私も好きなタイプのドラマです。 好きなだけに、評価が厳しかったかも? ラストの銃撃戦のあたり、かなりお金がかかっているでしょうね。 挿入歌・・・そう言えば、見ている時には何も思わなかったのですが、言われて見ると記憶に残っている歌が一つもありません。 今回はどういう展開になるのか楽しみです! やっと3days見終わりました。 これは初めから一気見が良いと思いためていました。 『サイン』『ファントム』も気に入っていたので楽しみにしていたドラマでした。 息をつかせぬスリリングな展開とまわりの誰も信じられない感覚、緊迫したストーリーに引き込まれました、途中まで。 自分の都合で10話過ぎに間を開けてしまったのと、やっぱり独特なストーリー展開? バーンと最初に結果がきて後から実は・・・というシステム?が多すぎて途中話がよくわからなくなる、警護官の顔が皆似ていて区別がつかない、裏切り者?スパイがそれにしても多すぎじゃない? 悪役のキム・ドジンの最後がちょっと寂しすぎない? これが私の率直な感想ですね~最後の最後に作家さんの言いたいことがわかりましたが、原題の『3days』だけはいまだに? 大統領暗殺計画に秘められた驚愕の真実・・とありますがまあこれはちゃんと一気見すればもっと良かったかもです、そこだけ残念でしたが長すぎず短すぎずまあ良かったかな。

次の