手 湿疹 うつる。 手湿疹(主婦湿疹)が長年治らない!ある皮膚科の看護師さんのアドバイスで改善傾向になってきた?

水虫は手のひらにうつる?症状や治し方は?

手 湿疹 うつる

その他にも同じように手に水泡が出来て痒くなる症状の中で、手水虫と汗疱があります。 手水虫の場合は、足に発症する水虫と同じで明らかに菌 白癬菌 が原因である為、こちらは接触感染をします。 洗面台などで家族全員同じタオルなどを使用すると、特に小さな子供は皮膚も柔らかく、感染に弱い為すぐにうつってしまう可能性があります。 白癬菌は特に湿気を好むので乾燥する冬場より、湿度の高い夏場などはより感染しやすいでしょう。 次に手湿疹と汗疱ですが、これはとてもよく似ています。 症状は全く同じと言っていいかもしれません。 病院で診察受けた際に先生にも汗疱と手湿疹の違いを聞いた事がありますがはっきりとした回答ではありませんでした。 おそらくお医者さんでもハッキリ分からないのでしょう。 唯一違うのは発症する原因と発症する場所です。 手湿疹は手の表面の皮膚の油分や水分が無くなり、弱くなった表皮に外的刺激が与えられ発症すると言われていますが、汗疱はその名が示すように汗💦が原因だと言われています。 汗が原因と言われているので、汗腺が多い場所である手のひらや指の横などに発症するようです、人によっては足の裏にも発症します。 手湿疹の場合は手にしか発症しないのでここが汗疱と大きな違いではないでしょうか。 手湿疹と手水虫と汗疱は症状が似てますが、特に手水虫は治療法が全く違うので、手に水泡が出来て痒くなる症状が現れたらまず最初に皮膚科を受診し、湿疹の原因をハッキリさせる事から始めて下さい。 基本、手湿疹は季節に関係なく発症します。 人によっては冬場が多いかも 逆に手水虫と汗疱は夏場の発生します。 手湿疹と汗疱は手水虫と違い明確な発症原因が分からない場合が多いです。 共に患部だけ治療しても、治るのは一時的で、再発する可能性がとても高い症状です。 再発する原因は、体質の問題の可能性もありますし、アレルギーの可能性もあるので病院選びは、手水虫の検査とアレルギーのパッチテストを行ってくれる病院を選んで下さい。 手湿疹と汗疱は場合によって患部だけでなく、身体の中身から改善させなければ完治は難しいやっかいな皮膚炎です。

次の

汗疱(異汗性湿疹)の原因は?人にうつるの?治療法について!【写真あり】

手 湿疹 うつる

手湿疹の水泡の正体とは 水泡って一体何なの? いろいろと調べてもはっきりとは分からなくてモヤモヤしません? と言うわけで、水泡の正体を説明します。 水泡の正体は滲出液 しんしゅつえき、リンパ液 が溜まって盛り上がった部分です。 滲出液 しんしゅつえき とはリンパ液のことで、水泡がつぶれて中から出てくる黄色い汁のことです。 どうして水泡ができるのかというと、 まず炎症が起こると皮膚が赤くなります。 皮膚が赤くなるのは毛細血管が広がったため赤みが増します。 炎症した箇所の皮膚の下では細い静脈から滲出液が染み出てきて、皮膚の表面が少し盛り上がります。 これが湿疹で赤く腫れた状態です。 さらに滲出液が溜まってくるとプクッと膨らんだ水泡になるのです。 手湿疹の水泡は、滲出液 しんしゅつえき、リンパ液 なので、つぶれて黄色い汁が飛び出して汁がついたところがかゆくなったり、患部が広がったりすることはありません。 ちょっと安心しますね。 水泡の中の汁がついても広がるわけではないんです。 手湿疹の症状は二種類、水泡ができるのはどの種類? 手湿疹の症状にはいろいろあり、人によって出る症状が違います。 症状の種類は、湿潤型と乾燥型があります。 ただれてジュクジュクしている、プツプツとした水泡ができるのは、湿潤型です。 血や黄色い汁 滲出液 しんしゅつえき、リンパ液 が出ていて、ベタベタしてして痛痒いです。 もう一つの種類は乾燥型です。 手全体 手の甲、手のひら、指先、指の間、関節 がカサカサと乾燥しています。 かゆみがあり、かくと角質が剥がれ、ガザガザになります。 また、乾燥が進むとひび割れを起こします。 そして、 湿潤型と乾燥型が混合したタイプもあります。 角質が剥がれてガサガサなところもあれば、ジュクジュクしたところもある。 手湿疹の原因&治し方 手湿疹の原因は、皮脂膜が無くなったことによる乾燥です。 皮脂膜とは、自分の皮脂と皮膚にある水分が混ざってできた油膜です。 この皮脂膜がなくなると、角質は剥がれやすくなり皮膚は乾燥します。 乾燥したところから炎症を起こし手湿疹になります。 主な原因3つ 手の乾燥の原因は大きく分けて3つあります。 石鹸や洗剤、シャンプー 皮脂膜が洗い流されて、皮膚から水分が逃げてしまい乾燥を招きます。 食器洗いや掃除の時はゴム手袋をして直接洗剤が触れないようにカバーすることが大切です。 摩擦 摩擦によって角質が剥がれるとうるおいを保つことができず、乾燥しやすくなります。 摩擦といってもピンとこないかもしれませんが、紙やお札を頻繁に扱う作業 事務仕事や銀行員、レジ係など やパソコンをよく使う場合も指先が摩擦により乾燥します。 キーボードの上を指が上を移動する時、小さいながらも摩擦が生じています• アトピー性皮膚炎やアレルギー体質 アトピー性皮膚炎の人は、もともと肌の水分を維持する力が弱く乾燥しやすいです。 アレルギー体質の人は、外からの刺激に敏感でチクチクしたり肌に違和感を感じやすいです。 基本の治し方 では、 手湿疹の治し方はというと、ステロイドの塗り薬を使います。 なぜ手湿疹にステロイドなのかは、安全かつ効果的だからです。 しかし、ステロイドに不安を持ったまま使えないですよね。 手湿疹の水泡を治すステロイド正しい使い方 まず、塗り方です。 塗り薬は水泡のあるところに乗せるようにつけます。 水泡を薬で覆うようなイメージです。 少量の薬を薄~~く、擦り込むようにつけるのは厳禁です。 水泡はいわば、凸の部分です。 薄く擦り込むようにつけると、周りに薬が広がって結局のところ水泡の上には薬はついていない状態になります。 これでは塗ってないのも同然で、薬の効果は十分発揮されません。 薬の量少なすぎることと塗り方に問題があったのです。 次につける期間です。 ステロイドを使うと1~2日でかゆみが抑えられ、3~4日すると症状が改善され、見た目にも変化があります。 3、4日すると、水泡はかさぶたのようになり消えていきます。 ステロイドを塗る期間は、塗り始めを含めトータル一週間~10日前後が目安です。 治す時は一気に治すことが重要です。 症状の状態によって期間は違ってくるので、皮膚科で細かい指示を聞くのが確実です。 かゆみが治まったからといって塗るのをやめると、症状をぶり返して、また薬が必要になり、常に薬をつけていることになります。 皮膚の表面ではかゆみもなく見た目もよくなっていますが、皮膚の中はなんとか炎症が治まったばかりで非常に不安定な状態です。 つまり、皮膚の中は炎症はしていないけど、ちょっとの刺激でいつでも炎症オッケーな状態です。 そして長期間ダラダラとステロイドをつけると、副作用が出る可能性も高くなります。 最後に適切な使い方です。 手湿疹は、治す時は一気に治すことで、以後手湿疹ができにくくなるし、再発したときでも軽度のうちに治すことができます。 しかし、かゆみが治まっただけでステロイドをやめてしまうと、またすぐ症状が出る可能性が高いです。 また、症状が以前よりひどく出ているのに前と同じ薬を使っていては、効きが悪くて当然です。 薬は症状の重度に合わせて使ってこそ効果が出ます。 前の症状と今の症状の重度が違えば、今の症状に合った強さのステロイドを選び直す必要があります。 手湿疹の水泡の治し方のまとめ• 水泡の正体 手湿疹の水泡の正体は滲出液 しんしゅつえき、リンパ液 が溜まって盛り上がった部分です。 炎症が起こると皮膚の下では細い静脈から滲出液が染み出てきて、皮膚の表面が少し盛り上がります。 さらに滲出液が溜まるとプクッとした水泡になります。 手湿疹の原因&治し方 原因は、皮脂膜が無くなったことによる乾燥です。 洗剤やシャンプー等で皮脂膜が洗い流されたり、摩擦によって角質が剥がれたことで乾燥しやすくなったことが原因です。 治し方は、ステロイドの塗り薬がよく効きます。 手湿疹の水泡を治すステロイド正しい使い方 まず塗り方。 薬は水泡のあるところに乗せるようにつけます。 少量の薬を薄く、擦り込むようにつけるのは厳禁です。 ステロイドをつける期間は、かゆみや症状が治まってもしばらくの間は塗ります。 塗り始めてからトータル一週間~10日前後を目安に塗ります。 治す時は一気に治しましょう。 そして、薬は症状の重度に合わせて使ってこそ効果が出るものです。 再発したら、その時の症状に合った強さのステロイドを選び直すことが重要です。 最後に 塗り薬は、ただ塗ればいいのではなく、塗り方のポイントあります。 それを知ってるか知ってないかだけで、効果に差が出ます。 ステロイドの使い方で気になる点があったら、一度チェックしてしてくださいね。

次の

汗疱の予防!手湿疹の人が絶対にやってはいけないこと

手 湿疹 うつる

手湿疹の水泡はうつる? 私が手湿疹になったのは、最初、右手の中指一本だけでした。 5月ごろの夜中に急に手の指が痒くなって、 蚊にかまれたのかな~程度に思い、掻きむしりました。 朝になってみてみたら、小さな水泡ができていて、 それが破けて汁が出ていて、固まった状態でした。 気持ち悪くて、慌てて洗い流しましたが、 その後、定期的に襲ってくるかゆみに、 「なにこれ~?」と何度も言ったことを覚えています。 2、3日で治るだろうと放っておいたところ、 中指の両隣の指まで、同じような症状になりました。 掻きむしって出た汁が付着し、それでうつったんだと思いました。 でもこれ、違うんだそうです。 皮膚科に診てもらった時に聞いたのですが、汁でうつることはないとのことでした。 なので、 細菌感染のように、他の人にうつることはない、ということですね。 では なぜ他の部分も水泡ができたのか? それは汁(滲出液)が出るくらい悪化しているから。 「両隣の指だけでなく、放っておいたものが悪化したら、反対の手の指や、手のひらにも出来るよ」と言われました。 最初は主に、利き手に発症するそうです。 手湿疹の水泡はステロイドで治る? 皮膚科を受診して、もらったのがステロイド入りの軟膏でした。 それを朝の水仕事が終わってから塗り、手を洗っては塗り、寝る前に塗り。 寝る前に塗った時は、ベタベタするのでガーゼを巻いていました。 それを2ヶ月ほど続けましたが、治るどころか、ステロイドを塗ったところの皮膚が薄くなり、 冬でもないのにあかぎれのようになりました。 スポンサードリンク 夏になっても治らず、 でもステロイドを塗ると他の部分の皮膚も薄くなるので ひどいときだけステロイドを塗る状態が2年くらい続きました。 手湿疹の水泡を治した方法 手湿疹が治ったのは、ある年の春でした。 結論から言うと、治るに至ったきっかけは、毎年冬にあかぎれになる友人が、 「これいいよ!」と勧めてくれたハンドクリームだったのです。 それが パスタロンM20%乾燥性皮膚治療薬でした。 処方されたステロイドが合わなかったことを医師に伝えると、今度はさらに強めのステロイドを処方されてしまったのです。 ステロイドを長く使うことをしたくなかったので、 他の薬をお願いしたのですが、「他に効く薬がない」と言われ、出してはもらえませんでした。 近くに皮膚科がほとんどなかったので、 その後は市販薬をいろいろ試していました。 尿素入りクリームがいいと聞き、 尿素の入った有名なハンドクリームをいろいろ試しました。 でも、傷んだ指には尿素を含んだクリームを塗るとヒリヒリし、 逆に手が真っ赤になったりもしました。 パスタロンは尿素を含んでいますが、 なぜかヒリヒリしませんでした。 他の市販薬よりも乾きが早く、ベタベタしないので、 ガーゼを巻くこともなく眠れたことが、一番嬉しかったです。 塗り始めてからは1ヶ月くらいで治り、 かゆみを感じた時にすぐに塗れば、 水泡は出来ずにそのままかゆみもおさまりました。 今はもうパスタロンは塗っていませんが、 かゆみも水泡もありません。 まとめ 私の手湿疹は 主婦湿疹の類いのものだったかもしれません。 とは言え、専業主婦で、小さな子供もいましたから、 家事をしないわけにもいきませんでした。 また、食器洗いの時、手袋をつけると、 汚れが落ちたかどうかわからなかったので、 素手で、洗剤も変えずにハンドクリームだけで治しました。 しかし、主婦湿疹なら、食器洗い時に綿の手袋の上からゴム手袋をはめたり、 洗剤をきつくないものに変えたりすると、 もしかするとよくなったかもしれません。 ですが最近は、女性だけでなく男性も手湿疹で悩んでいる人が多いと聞きます。 ぐで様、コメントをありがとうございます^^ 手の甲に小さい水ぶくれが出来てしまっているのですね。 他、名前のつかないものとしては、指先を酷使するお仕事でのストレスというのものでしょうか。 ただ、ぐで様の水ぶくれの正体がなんなのかは、私にはわかりません。 私の場合は、とにかく皮膚科にお世話になりました。 その後は何とか自分で直すことができましたが、 素人が判断するのは、危険も伴いますので、 (もしかすると内臓系の大きな病気が原因かも・・・) まずは病院に行かれることをお勧めいたします。 また、手や足の水ぶくれは、治すのに時間もかかります。 参考になりましたら幸いです。 Mikko様、コメントをありがとうございます^^ 指の水泡…、つらいですよね。 パスタロンは、私にはとてもよかったです。 Mikko様のように皮膚科に行く時間がなかったし (遠かったので) 行っても自分に合う薬をもらえなかったので、 パスタロンに出会った時は、 本当にうれしかったですね。 私が使っていた時は、ひどい時は手を洗うたびに塗り直していました。 夜はお風呂上りに塗っていました。 あっという間に治った記憶があります。 もちろん「完治」というのではないと思いますが、 痛痒いという感じは、早くから消えました。 指を気にしなくてもよくなったことが、うれしかったですね~。 ただ、私は元気な時は皮膚は強い方らしく、 パスタロンはハンドクリームなので 水泡以外のところも塗っていたんですが、 そちらは薄皮が剥け始めたので、 水泡の指だけに塗るようにしました。 私の近くに店には、赤い蓋のパスタロンしかありませんが、 顔にも塗れるという、青い蓋のパスタロンもあるそうです。 何にしましても、合う合わないがあると思いますので、 まずは少量を購入されて、お試しくださいませね。

次の