パクソジュン 年収。 ヒョンビン&ソン・イェジン、パク・ジウン脚本家が手掛ける新作ドラマへの出演を検討中

またまたパク・ソジュンブーム到来。「彼女はキレイだった」にドハマリ

パクソジュン 年収

ソ・ガンジュンさんはモデル志望だっただけあり、長身で細マッチョです。 そのルックスは、イケメン俳優の中でも特に際立つ存在感がありますよね。 そして、美しい顔立ちの中でも特に目を引くのは、彼の ブラウンアイズ。 西洋人のような薄いブラウンの透明な瞳のため、「ハーフなのでは?」「カラコンでは?」と噂されたこともあります。 ソ・ガンジュンさんは、それらの噂について「 100%僕の目」と発言しています。 また、それらの噂の質問に次のようにコメントしています。 「僕の目だ。 カラーレンズをつけているのではない」 「視力が両目とも1. 日本人と思われる女性が、ソ・ガンジュンさんの彼女のような 匂わせ投稿をしていたのです。 その女性は、ソ・ガンジュンさんの芸能界デビュー前に、居酒屋で知り会ったと言っています。 兄妹のような関係を築き、最終的には、彼から告白され熱愛関係に発展したというものです。 真相はというと、 なりすましの可能性が高い ほぼガセネタ と言われています。 ツイッターで彼女の振りをすることは、結構容易いことでしょう。 また、本当の彼女であれば、ソ・ガンジュンさんのためにもそんなことを拡散するはずもないですよね。 私の彼女はアイドルです」と、掲載してしまいました。 その後、ソ・ガンジュンさんは彼女と別れたということですが、ネット上ではその相手は誰なのか?ということになり、ちょっとしたお騒がせになってしまいました。 相手に関しては、正確には アイドル練習生だったということで、現在は別の仕事をしているそうです。 しかし、本当に練習生だったのか?という憶測もあり、真相は闇の中です。

次の

パクボゴムの歯並びと筋肉美に超嫉妬!ウワサの顔の整形疑惑に迫る

パクソジュン 年収

芸名にした理由は?本名は? 本名はパクヨンギュ 박용규 さん。 大学在学中に兵役を終え、24歳(韓国年齢)でデビューしたものの、オーディションは落ちてばかりでなかなかうまくいきませんでした。 そんな時芸能界ではよくあることですが、「名前を変えたらどうだろうか?」とパクソジュンさんも思ったようです。 たいがいは作名所へ行き作名士が占いで決めるのですが、パクソジュンさんの場合は自分で考え、それを作名士にみてもらいOKを出されたというケースだそうです。 本名も改名したの? 韓国では芸名で活動していて、本名まで改名する人が時々います。 さんがそうですね。 パクソジュンさんは本名までは改名していません。 今も家ではヨンギュと呼ばれているとのこと。 韓国で「ソジュン」という名前は洗練された都会的な、いまどきなイメージがあります。 いかにも現代的な名前で、ソジュンというおじいさんはまずいないでしょう。 対して、ヨンギュというとすごく庶民的な、全然あか抜けない感じの、おじさん、おじいさんにもいそうなお名前なのです。 そのため 「近所のお兄さんみたいな親近感ある本名を持つスター」に選ばれたことがあります。 そして 「いつでもどこででも自信を持ってお見せできるようにする、というのが俳優としての役割だと思う」 と語っています。 キム秘書がなぜそうか、のタイトルになぞらえて「パクソジュンの体つきはなぜそうか」というパロディ記事もありました(笑) 映画「ミッドナイトランナー」の時は役作りのために、主にウェイトトレーニングをやり、アクションスクールで柔道も習ったそうです。 2019年1月のさんのインタビューで 「私が通っているジムがパクソジュンさんと同じところなんです。 同い年だけど、彼は学校の先輩だからお互い敬語使う仲で。 osen. kr参考) とのことで、パクソジュンさんがミルクシスルを愛用していることがわかりました。 ミルクシスルとは肝臓に効き目があると言われるハーブです。 どのメーカーまでは特定されていないのですが、楽天でも売っています。 筋肉のための食事は? 体を作るために 「朝起きてすぐ、さつまいもを食べる。 2時間ごとにさつまいも、鶏の胸肉を食べる。 」 とのこと。 「時々オレは何をやってるんだろうってすごく苦痛になる時もある。 運動を始めたら3週間は耐えなければならない。 そうすれば体のリズムができて継続できるようになる。 ピラティスも時々やるけど、すごくいい」 やはりすごく苦痛な瞬間がたくさんあるんですね。 2017年のインタビューで 「運動を始めて8年目ですでに習慣となった」と話していて今では運動しないほうが体の調子が悪くなるのだとか。 ストレッチをたくさんして、汗を流すことで一日を気分良く過ごすことができるんだそうです。 スポンサーリンク パクソジュンの性格は真面目? パクソジュンさんは、たびたびインタビューでご自身の性格について「人見知り」だと語っています。 子供時代は恥ずかしがりやで消極的だった、人見知りをどうにかしたいけど天性のものだ、と。 しかし、俳優になってからは自分から先に近づいていくようにし、 「打ち解けるために冗談もよくいいます。 」 と話しています。 またご自身の最大の強みは「忍耐」だそうです。 目標に向かって、簡単にあきらめずできるところまで頑張る。 そんなところが自分をぶれることなく俳優を続けてきた原動力になっているのだとか。 実は無名時代はルックスのことをたくさん指摘されていたようです。 「自分の顔がコンプレックスでした。 見た目のことでたくさん指摘されて、この道は自分に正しいんだろうか、いつも悩んでいました。 そんなコンプレックスを作ってくださった方々が今は私に見た目がいいと言ってくれるんですよ。 (笑)その方に今は感謝しています。 絶えず努力できたのはその方々のおかげだから。 以前は話し方も今よりはるかにどもりがちで、子供っぽく、男らしくないと言われたこともあります。 そのような部分を直そうと努力したので今の自分になることができたと思います」 大変な努力家なんですね。 そしてパクソジュンさんを調べていくとよく出てくるキーワードが「責任感」 「撮影現場の雰囲気はいつもよくなければいい作品は作れない、主演として自分がその雰囲気を作ってリードする責任があると思う」 (2015年魔女の恋愛インタビュー) 責任感が強いあまり、反省が多いようです。 「キム秘書がなぜそうか」で演じたナルシストのイ・ヨンジュン役によって、パクソジュンさん自身の性格にも影響したとのこと。 「自分の行動や結果について、足りなかった部分ばかり考えている。 だからいつも悲観的で冷静になる。 ところが、イヨンジュンというキャラクターは自分自身を愛している。 私はこれまで自分をほめるということをしてこなかった。 」 イヨンジュン役との出会いにより、自分に厳しすぎる性格を省みるようになったとのことです。 礼儀正しくて、人柄がめっちゃよかった とのことです。 スタッフや共演者に評判がいいというのは、本当のようですね。 今もその気持ちは変わらないけど、座右の銘というほどではない。 特に座右の銘っていうのもない。 あるときから、言葉に縛られたくないと思うようになった。 以前は自分はいつも正直で正しい人間でなければいけない、と思っていて、そうすると行動に制約がかかる。 犯罪を犯すわけでもないのだから、楽に過ごせるように座右の銘というのは決めないことにした」 責任感が強いことはいいことですが、そのあまりに自分で自分を苦しめているのではないか、30代はもっと肩の力を抜いていこうと思っているようでした。

次の

作詞家ソ・ジウム、年収は1千万円超え!?著作権料が一番高い楽曲を告白「EXOの…」

パクソジュン 年収

20位 キム・ヨナ 元フィギュア選手として有名なキム・ヨナ。 バンクーバーオリンピックでの素晴らしい演技や浅田真央との順位争いで日本でも有名な人物です。 2014年ソチオリンピックの銀メダル獲得後、フィギュア選手を引退した後は、プロスケーターをしながらモデルタレントとしても活躍しています。 韓国では国民的スターといっても過言ではないほど人気が高く、CMにもひっぱりだこ。 SUMSUNG、LG、SKテレコム、コカ・コーラ、KB金融グループなど数々の大手とのCM契約を結んできています。 キムヨナのCM契約料は6~7億ウォン(日本円で6000~7000万円)とも言われており、CMの契約料だけでかなりの年収になることは予想できますね。 14位 キム・スヒョン 2013年に放送された大人気ドラマ「星から来たあなた」で人気俳優仲間入りをしたキム・スヒョン。 このドラマは韓国国内だけにとどまらずアジア圏全体で人気がでて、キム・スヒョンの人気も一気にグローバルになりました。 特に中国でのキム・スヒョン人気は高く、2016年には30社以上の広告モデルに使用され、中国で最も稼いだ韓流スターとして報道されています。 中国の広告料はギャラが高いことで有名で、キム・スヒョンは16本の広告で331億ウォン(33億円)ほど稼いだともいわれており、その倍は広告契約料だけで入ってきている計算になります。 人気絶頂期に徴兵に行ったため、2017年10月から2019年7月まで俳優の仕事はしていませんでしたが、帰ってきてからすぐに大手化粧品会社の広告モデルやドラマ「サイコだけど大丈夫」の主演も決まっており、まだまだ人気は衰えなさそうです。 13位 パク・ソジュン ラブコメディーの高視聴率俳優といえばパク・ソジュン。 笑いあり、胸キュンありで大人気だった「彼女はキレイだった」は最高視聴率19. キム・ジウォンとの共演でかわい子ぶりっ子の一大ブームを起こした「サムマイウェイ」では最高視聴率13. 8%など、出演するドラマを人気ドラマへと押し上げることができる実力の持ち主です。 イケメンなのにユーモアも兼ねそろえ、国民からの好感度が高い彼は、常にトレーニングをして体作りをしている努力家でもあります。 そのためか健康に携わる企業のイメージモデルをすることも多く、CMのイメージ調査では男女総合の好感度の高さランキングで常に10位県内です。 今放送中の出演ドラマ「イテウォンクラス」も回を増すごとに視聴率が上がっているのでパク・ソジュンの人気はまだまだ続いていきそうです。 12位 ファサ(MAMAMOO) アイドルグループMAMAMOOのラップ担当、ファサ。 見た目や性格、ダンスもセクシーかつカッコよく、男性・女性問わず人気があるアイドルです。 恐らく2018年から今までにかけて一番多くのCM撮影を行っているのは彼女でしょう。 2018年に放送された「私は一人で暮らす」のファサがゲストだった回で、彼女がおいしそうに豪快にコプチャン(ホルモン焼き)やカンジャンケジャン(上海ガニ)を食べる映像のおかげでコプチャン、カンジャンケジャンの売上上げが10倍に。 それを受けた商品業界がこぞってファサに広告モデルの依頼をしたのです。 2019年のCM人気ランキングでは堂々1位になり、商品業界以外からもモデルの依頼が相次いでいるのだとか…。 広告料がすごいことになりそうですね。 11位 テヨン(少女時代) 少女時代のボーカルでビジュアル、歌声どちらでも安定的な人気を持つテヨン。 2016年に放送されたスターの様々なランキングを発表する番組「名簿公開」で少女時代のメンバーの中で一番収入が多いメンバーがテヨンだということが明らかになりました。 少女時代は日本、中国でも抜群の人気があり、全盛期は年間で220億ウォン(22億円)を稼いだとも言われています。 その中でもテヨンは自身で作詞・作曲した曲の著作権印税もあり、その分がプラスされているのだそう。 4年経った今は、少女時代全体での活動はありませんが、ソロで音楽活動でも人気は続いており、2019年はアナと雪の女王の「INTO THE UNKNOWN」の韓国語版がYOUTUBEで約1900万回再生を記録する大ヒット。 その広告収入だけでもしばらくは暮らしていけそうですね。 9位 TWICE オーディション番組SIXTEENから生まれたグローバルアイドルグループTWICE。 日本では紅白にも出場している国民的アイドルなのでご存じの方も多いかと思います。 韓国人5人、日本人3人、台湾人1人で構成されたガールズグループで2015年に活動し始めた当時から出すCDは常にトップセールス。 アジア圏でドームクラスのライブを成功させるほどファンも多く注目度、人気度ともにトップクラスです。 TWICEクラスになると大体1度の出演で約6000万ウォン(600万円)程度といわれており、その他にもYOUTUBEの利益やCD売り上げなどを総合すると1人あたりの月収はだいたい1000万前後と予想できます。 もちろんお金はないよりあるほうがいいとは思いますが、番組内で今欲しいものは「1ヶ月休暇」といっていたほど忙しい彼女たちなので、お金よりも休みを取りたいのかもしれませんね。 7位 チョン・ジヒョン 年を重ねても変わらない自然美で不動の人気を誇る女優、チョン・ジヒョン。 彼女もキム・スヒョンと同じくドラマ「星から来たあなた」の中国人気で2016年から広告契約料でかなり稼いだ女優の一人です。 もちろん韓国内でも常に人気の彼女は、1本のドラマ出演料がかなり高いことで有名。 「星から来たあなた」では1話あたり約1億ウォン(約1000万円)で全21話。 その次に出演した「青い海の伝説」はそれ以上とも言われており、1作出演しただけで十分な生活ができるほどなのだとか。 また、そのお金を不動産事業にも充ててもいるようで2019年には340億ウォン(約34億円)の物件を現金購入したことでも話題になり、不動産スター1位に選ばれてもいます。 3位 IU 国民の妹というキャッチフレーズで歌手デビューしたIU。 最近は女優業にも力をいれ、主演ドラマの視聴率も好調です。 歌手としては自分で作詞・作曲を行うことも多く、著作権収入を得ており、またサムソンカード・ロッテ製菓など大手との広告モデル契約でCM人気ランキングでは2位を獲得し、国民からの信頼も厚い彼女。 実はこの仕事で莫大に得たお金は人のために使っているのだそうです。 事務所との契約更新時にはまず自分の近くのスタッフのお給料を上げることが条件にしたり、家族と休暇を過ごすための土地といえを購入して、母親にプレゼントしたりなど…。 そうやって周りの人を大切にする彼女だからこそ人気がでるのでしょうね。 2位 ユ・ジェソク シン・ドンヨプと並ぶ韓国名司会者の1人、ユ・ジェソク。 テレビで見ない日はないくらいの人気者です。 司会者でもありながらコメディアンでもある彼は、人を貶めるような笑いは絶対にせず、やさしさのある笑いで人を幸せにしています。 そのおかげもあってか2009年には国民が選ぶ好きなコメディアンで1位。 2011年には好きな司会者で第1位を獲得し、今でも記録は更新し続けています。 彼の出演料は現在、1回約1500~2500万ウォン(約150万~250万)と言われていますが、レギュラー番組を5,6個もっているため番組だけで1ヶ月少なくとも約3000万円程度になる予想です。 また、広告モデルも多数行っているのでそれも含めるとかなりの額になりそうです。

次の