祝日 天皇誕生日。 天皇誕生日

大正天皇の誕生日が祝日じゃないのはなぜ?

祝日 天皇誕生日

気になるところから読む• 令和元年 2019年 は天皇誕生日がない 【祝 天皇陛下 御即位】 明日は国民の祝日となり、 新天皇陛下の御即位に際し 宮中にて即位礼正殿の儀が行われます。 天皇陛下、御即位おめでとうございます。 — TsubameSanjoJibasan TJibasan 平成の時代では、第125代天皇の明仁さま(現在の上皇陛下)の誕生日である 12月23日が天皇誕生日でした。 そして令和の時代では、徳仁さま(今上天皇陛下)の誕生日である 2月23日が天皇誕生日となります。 天皇の譲位が行われた5月1日の時点で、新天皇である徳仁(なるひと)さまはすでに誕生日を迎えられており、上皇さまは退位したあとに誕生日を迎えられることから、 令和元年(2019年)は昭和23年(1948年)の祝日法施行以来初となる天皇誕生日のない年となりました。 今年は!天皇誕生日が!無い、だと…っ!? — くちゃ kusa9375 天皇誕生日はなくなってしまいましたが、令和元年に限り天皇の即位の日の5月1日と即位礼正殿の儀が行われる10月22日は祝日となるため、今年は 例年より祝日が1日多いことになりますね。 おめでとうございます。 おこがましいけれど、エリザベス女王と並んで尊敬するお方の1人。 その理由について、譲位後も12月23日を 「上皇誕生日」として祝ってしまうのは新旧の併存による 「二重権威」と映りかねないため、 当面は平日とするのがふさわしいという見解です。 現代ではあまり考えられませんが、日本の長い歴史の中では天皇家が権力争いをしていた時代もあるので、必要以上の争いは避けるというのは今後のためにも良い選択かもしれませんね。 そのため 上皇陛下がご存命のうちは、12月23日が何らかの祝日になる可能性が低いと言えるでしょう。 明治天皇が1912年7月30日に崩御されたのち、国民の 「明治天皇の功績を後世に残したい」という声によって、1927年に 「明治節」という祝日になりました。 なので11月3日は、15年間祝日ではない時期があったんですね。 しかし第二次世界大戦の終戦後にGHQが天皇の 「明治節」を廃止してしまいます。 その後、明治天皇の誕生日に日本国憲法を交付して 「憲法記念日としよう」という動きがありましたが、これも天皇が権威を持つことを恐れるGHQによって却下されます。 最終的に「憲法記念日じゃなければ」というところで折り合いがつき、1948年から11月3日が「文化の日」となりました。 大正天皇の誕生日(8月31日):祝日ではない 昭和天皇、今上天皇は分かるけど、大正天皇ってあんまり馴染みないよなぁ 皆顔覚えておこうぜ — はまねこ hamaneko0611 大正天皇の誕生日は8月31日ですが、この日は 祝日になっていません。 日本国憲法制定前は天皇陛下の崩御した日が祝日となっており、大正天皇が崩御された12月25日は昭和2年(1927年)から昭和22年(1947年)までの20年間は祝日となっていました。 しかし、明治天皇のように「大正天皇の誕生日を祝日にしよう」という流れにはならなかったため、 大正天皇の誕生日は平日のままとなっています。 平成元年(1989年)から18年(2006年)までは 「みどりの日」という名前でしたね。 昭和天皇崩御後、天皇誕生日は12月23日に改められましたが、 ゴールデンウイークの一角を構成する祝日を廃止する事による国民生活への影響を考え、 「みどりの日」として祝日にしました。 その後、平成17年(2005年)の祝日法改正により、4月29日を 「昭和の日」に、5月4日の 「国民の祝日」を「みどりの日」へと名称を変えています。 昭和の日に関しては、連休を増やすなどの目的だけでなく 「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」という趣旨のもと制定されたとしていますね。 元々天皇誕生日は崩御後に祝日となることが決められているのではなく、 国民や政府の意向により生まれてきたということが調査の結果わかりました! 平成30年間を振り返ってみると、阪神大震災や東日本大震災をはじめとした大規模自然災害や、数々の凶悪事件、バブル崩壊など激動の時代でした。 これは私の予想ですが「さまざまな困難から復興を遂げた平成の名を後世に残そう」という世論が高まって、のちに12月23日は祝日になるのではないかなと思っています! スポンサーリンク まとめ 今回は、 歴代の天皇誕生日のその後と12月23日が2020年以降はどうなるのかについてご紹介しました。 明治天皇と昭和天皇の天皇誕生日は、現在それぞれ 「文化の日」と 「昭和の日」という祝日になっています。 しかし、大正天皇の誕生日は 祝日になっていません。 上皇陛下の誕生日を祝日とするかどうかについては、政府により 「当面祝日とはしない」と発表されています。 その理由は 「二重権威」を避けるためであるとみられています。 12月23日を祝日とするかどうかについては、新しい情報がわかり次第こちらに追記したいと思います! 元皇族の守谷絢子さんの長男(大正天皇の玄孫)が天皇になる可能性については『』でまとめていますのでぜひ一緒にチェックしてみて下さいね!.

次の

新元号(新年号)で天皇誕生日の祝日は変わる?5月1日は祝日休日どっち

祝日 天皇誕生日

以前同様の質問があったときに書き込んだ文章を引っ張ってきます。 大正天皇の在位中は「天長節(天皇誕生日)」はありました。 即位の年と翌年は8月31日に式典が行なわれましたが、上の方が書かれているように、酷暑のため10月31日にずらして実施されることになります。 その死後に誕生日や天長節が祝日になることはありませんでした。 その理由としては、亡くなった1920年代半ばという時期の特殊性が考えられます。 この時代は、第一次世界大戦中のロシア革命やドイツ革命の余波でヨーロッパ各国でも君主制が動揺し、国内でも「大正デモクラシー」や労働運動・小作争議の高まりで「革命」の危機感があった時代だったのです。 そんな時代に天皇が病弱であることは、天皇の権威を失墜させかねないし、国内の統治秩序にも問題が生まれかねません。 そこで政府は、能力のある若き皇太子を「摂政」という形で前面に押し出し、大正天皇の死後は新天皇に人々の関心を向かせることで、すみやかに天皇のイメージアップをはかろうとしたようです。 そのため、「大正」という時代を忘却させるためにも、記念日の類を設定しなかったと考えられます。 なお、天皇家の家内行事である宮中祭祀には「大正天皇例祭」はあります。

次の

上皇誕生日は祝日になる?今上天皇の誕生日は?大正天皇誕生日だけが祝日ではないのは何故?

祝日 天皇誕生日

現在の天皇陛下が皇太子様へ譲位するというはなしがあります。 退位の時期としては2019年4月30日に退位し、5月1日即位とほぼ決まりました。 2019年5月1日から改元するのが有力のようです。 平成も31年で終わりですね。 国民の祝日である天皇誕生日はどうなってしまうのでしょうか?祝日が移動してしまうのでしょうか。 これまでの天皇陛下の崩御と即位と天皇誕生日の変遷について解説していきます。 やっぱり天皇誕生日は天皇が亡くなると変わる 昭和2年(1927年)3月4日 — 昭和64年(1989年)1月7日までは昭和天皇の誕生日であるで4月29日が天皇誕生日として祝日でした。 当然今は亡くなられたたので天皇誕生日ではありませんね。 そして天皇誕生日は現在の誕生日である12月23日に変わりました。 こうしたことから天皇陛下が変わった際にはそれにともなって祝日法が改正され祝日の日程も変更になるものと考えられますね。 近代の天皇陛下の誕生日は祝日として残っている!? 天皇誕生は天皇が変わることで変わります。 しかし過去の天皇の誕生日が祝日から消えるかと言えば一概にそうとは言えないんです。 例えば昭和天皇の誕生日であった4月29日はみどりの日とされ祝日として残っていました。 「あれ?」 と思った人はちゃんと祝日を覚えている人です!2006年まではみどりの日だったのですが、2007年に法改正され4月29日は昭和の日となりました。 その関係でみどりの日は国民の祝日だった5月4日へ移動となっています。 とは言っても11月3日は日本国憲法が交付された日でもあるのです。 そのため憲法を公布した日であるために祝日とされています。 そして11月3日が明治天皇の誕生日であったことが祝日の制定にあたり加味されていたかは定かではないところです。 近代の天皇の誕生日は大正天皇を除いて祝日として残っています。 それに乗って祝日を増やしても不思議ではないのですが大正天皇の誕生日は祝日として残っていません。 最近だと8月に山の日が追加されましたね。 同じ8月の大正天皇の誕生日は月末だったので駄目だったんですかね。 そのため2月23日が次の天皇誕生日になりますね。 2月は建国記念の日があるのでそれに加えて天皇誕生日も祝日になります。 2月の祝日が2日になるのはうれしいですね。 まず天皇誕生日は法が改正され次期天皇である皇太子徳仁親王の誕生日の2月23日に変更されるものと考えられます。 過去の天皇の誕生日は祝日として残っていることから別の祝日として残る可能性が高いのではないでしょうか。 また政府はワークライフバランスの改善を掲げています。 そのためあえて祝日を減らしてとは考えにくいです。 そのため平成天皇の誕生日は恐らく祝日として残ると予想します。 何らかの祝日となる場合も崩御されたあとなど先のことになる可能性もありそうですね。 2017年12月21日に菅官房長官が会見で「皇位継承後の12月23日を平日とするのか、あるいは新たな国民の祝日とするのかに、こうしたことについては国民各層の幅広い議論が必要だというふうに思う」と話しているのでまだ平日になるのか祝日として残すのかは決定していなということでしょう。 新たな祝日とするための法改正をするには何かしらの祝日としての目的が必要になりますね。 祝日って何かを祝わなければならないのでそこら辺も祝日として残すには重要となるようです。 関連記事 ・ 何となく日々興味のあることを書いている一貫性のない雑記ブログです。 医療従事者なのでちょっとだけ健康のことや病気のことを書くことが多いかもです。 アーカイブ• 18 カテゴリー• 最近の投稿•

次の