黒川 ちと し。 かわちどん 黒川ガスプラザ店 (かわちどん)

黒川麻雀「点ピン」法務省答弁にネット沸騰「点ピン合法キター!」「黒川基準」/芸能/デイリースポーツ online

黒川 ちと し

帰国後、元団員らは事実を封印し、心に傷を負った女性たちの声はかき消されてきた。 戦後73年がたち存命者が3人にまで減る中、遺族や関係者は戦争が招いた過酷な事実を後世に残すため、過去と向き合い始めている。 1945年秋、16歳の鈴村ひさ子(89)=中津川市田瀬=は乱暴目的のソ連兵から逃れようと、まきの束の陰で震えていた。 現在の加茂郡白川町から、国策で吉林省の陶頼昭(とうらいしょう)に渡った黒川開拓団。 10の集落で約660人が営農していたが、終戦後は衣食不足の現地住民による略奪が頻発。 拠点施設がある本部集落と団長宅で避難生活を送っていた。 各地で集団自決が相次ぎ、近隣の来民(くたみ)開拓団(熊本県)は275人が自決。 古里に報告する使命を負った唯一の生存者を保護していた黒川開拓団にも、緊迫感が漂っていた。 8月9日に対日参戦し旧満州に侵攻したソ連軍は日本が敗戦した後も南下を続け勢力を拡大した。 同月23日ごろには鉄道京浜線の陶頼昭駅近くに進駐。 団幹部は将校をもてなしたが、兵士は野放図に性暴力を繰り返した。 ひさ子も被害を受けた。 「13、14歳以上の娘は皆やられた」。 乱暴されたとき手の届く距離にはさみがあった。 突き刺そうと思ったが体は動かなかった。 食料は日に日に減る。 心がすさんだ団員からは集団自決が持ち上がった。 全員が穀物倉庫に入った後に火を付けると決め、団の最期を古里に伝える役目の若者も出発に備えていた。 止めたのは佐藤ハルエ(93)=旧姓安江、郡上市=の父長太郎だった。 「人の命は簡単じゃない。 努力して日本に帰らないと」 9月末、約500人が立てこもる本部集落を現地住民数百人に取り囲まれた。 現地の警察官の叫び声がむなしく響く。 高い土塀で守られていたが侵入は時間の問題だった。 「ソ連を頼むよりほかはない」。 馬に飛び乗った若者は人混みを突っ切り、3キロ先の駅へ急いだ。 駆けつけたソ連兵は自動小銃を発砲し現地住民をあっという間に退散させた。 団員は歓声を上げた。 集合した団員の前で長身のソ連軍将校と肩を組んだ副団長は言った。 「食料と塩をくれる。 『満人』の襲撃からも守ってくれる」。 団に居留していたロシア語に堪能な男性が協力し、団幹部が治安維持や食料配給を依頼したのだ。 命の恩人へのお礼を考えなければ-。 団幹部はひさ子の姉やハルエら未婚女性を集めて懇願した。 「全員を内地に連れて帰るまで、その身を団に預けてほしい」 頼んだのは、ソ連軍将校の性の相手。 団では「接待」と呼ばれた。 (文中敬称略) 【敗戦後の旧満州】 関東軍は敗戦前に南方へと撤退しており、内地から入植した満蒙開拓団には女性や子ども、高齢者約22万3千人が置き去りにされた。 1946年に引き揚げが始まるまでの間、ソ連軍との戦闘、日本人に土地や家屋を奪われた現地住民による襲撃、集団自決、病気で約8万人が命を落とした。 黒川開拓団の「接待」では性感染症などで4人が死亡。 佐久良太神社(加茂郡白川町黒川)には4人を祭る「乙女の碑」がある。 文中の日付、人物の年齢等は新聞掲載日時点のものです。

次の

講師プロフィール

黒川 ちと し

4月の頭に緊急事態宣言が出てから約1ヶ月半、レッスンも8割オンラインで行っています。 そんな中、週に一度のオンラインソルフェージュを開講し、また今日は2度目のオンライン弾き合い会を企画しました。 zoomの有料会員にもなり、我が家のWi-Fi環境も改善され、今日は生徒さんたちの演奏もかなりクリアに聴こえ楽しい弾き合い会となりました。 今期はピティナのコンペティションが『課題曲チャレンジ』という課題曲を使った代替のイベントとなり、残念である一方、レッスンもままならない中、勝ち抜くためではない『自分力』で自由にエントリーできる機会となりました。 活用方法は様々だと思いますが、コンペティション同様、5名の審査員のコメントと点数がいただけて、真の実力を試す機会にもなると思います。 コンペティションの準備をしていた生徒さんの大半がチャレンジして下さり、またこの形態なら!と新たに参加してくださる方もいて大変嬉しく思います。 目標が次々なくなる中、生徒さんたちはビックリするほど、よく練習をして次々と新しい曲を弾いています。 今日のオンライン弾き合い会でもレッスン回数が少ない中、皆さん実によく弾いてくださり、一人ひとりの底力に感心しました。 やはりどんな小さなものでも目標を設定することの大切さを痛感します。 そろそろ緊急事態宣言も撤回され、学校その他が再開されるようですが、引き続き気をつけながら過ごしていく必要があります。 疫病が流行り多くの方が亡くなった。。 という昔話はにわかに現実のモノとなり。。。 震災や台風など天災と呼ばれるものには多少なりとも対策や復興という知恵が備わっている私たちにとって、まったく想定しない流行り病の蔓延の危機…。 これにより集団感染を防ぐために密閉された空間に人が集まるという行為の自粛、また国を跨いでの移動などが制限され結果的に多くのコンサートが中止となっています。 昨年に続き安井友理さんが出演されました。 今年はC級金賞(小学5、6年以下部門)ということで、ほかは皆さん高学年で、一際小さい小3の友理ちゃんですが、秋以降深く深く勉強を積んできたラヴェルのソナチネを立派に演奏することができました。 客席は関係者のみ。。 連投です。。 2020年令和2年も穏やかに明けました。 色々と忘れられない年になりました。 ピアノ教室を主宰している身としては生徒さんたちの大きな飛躍が本当に嬉しく。。 さらに精進していかなくては。。 と思います。 レッスンをしていただいた生徒さん全員が菅原先生の大ファンになっております。 ピアニストの菅原先生が身近で演奏をしてくださるという夢のような時間となりました。。。 感動が大きく。。 9月に入りほんの少し秋の気配が感じられるようになりました。 ピティナのコンペティションも決勝が終わるまでは緊張と興奮で眠れない日々を過ごしておりましたが、ここのところようやく元の生活が戻って来ました。 秋以降の審査やセミナーのご依頼もいただき気を引き締めております。 さて今年のコンペティションも生徒さんの金賞受賞に伴い特別指導者賞をいただきました。 まったく身に余る光栄で昨年に引き続きということで喜びもひとしおです。 数万人が受けるコンクールで本当に頂点に立てるのは一握りです。 地区本選から決勝大会への進出も20倍〜25倍という高倍率(80〜90人から4人程度進出)で、さらに決勝で金賞というのも100名から4名という本当に狭き門なのです。 その快挙を2年連続でしかも今年は飛び級で成し遂げた生徒さんには只々感服しています。 頑張ったのはご本人やご家族で私は本当に音楽に真摯に向き合うことだけを考え、すべての曲がもっとも美しく、楽しく、魅力的に聴こえるようにとそれだけを伝え続けてきました。 昨年もですが、決勝の舞台では私の指導を超え、すべての曲をしっかりとしたイメージをもって自分の言葉で演奏してくださいました。 そのことが素晴らしい結果に繋がったと思います。 まだコンペ指導に関わって10年余りですが素晴らしい生徒さんとの出会いに感謝すると同時に、この賞を励みにもっともっと勉強していかなくてはと思います。 2020年2月2日に教室内のガラコンサートを予定しています。

次の

黒川麻雀「点ピン」法務省答弁にネット沸騰「点ピン合法キター!」「黒川基準」/芸能/デイリースポーツ online

黒川 ちと し

ひとつやのぼりコース /片道約4. 1km(約1. 5時間) /消費カロリー 約492kcal(往復分) いけのもと山を仰ぎ見ながら歩いていると、ふと現れる黒川の里の風景。 清涼感たっぷり、たくさんの緑を感じながらゆったりと歩けます。 まるばのぼりコース /片道約4. 3km(約1. 5時間) /消費カロリー 約516kcal(往復分) 3つのコースの中でも、黒川ならではの坂道を楽しめるコース。 健脚自慢のあなたには是非挑戦していただきたいコースです。 わらびのぼりコース /片道約4. 1km(約1. 5時間) /消費カロリー 約492kcal(往復分) 清流のせせらぎを聞きながら、のどかな棚田の風景が見えてきます。 潤いのある景色の中、時には野うさぎに出会えることがあるかもしれません。

次の