日本 金融 公庫 融資。 延滞は銀行・信用保証協会・日本政策金融公庫の融資審査へ影響

新型コロナウイルス感染症特別貸付|日本政策金融公庫

日本 金融 公庫 融資

日本政策金融公庫は年間で40,000件もの事業融資を行う公的金融機関です。 日本政策金融公庫は銀行のように消費者が預け入れをするための金融機関ではなく、銀行がお金を貸してくれない事業主に対して、積極的に融資を行っています。 これから日本政策金融公庫で融資を受けたい方の中には、「日本政策金融公庫は一体いくらぐらいの金額を貸してくれるのだろうか」と気にされる方も多いことでしょう。 実は、日本政策金融公庫は税金で運営されている公的金融機関ですので、融資に関するデータ(融資先件数、使途内訳など)を公式ホームページで公開しています。 今回の記事では、日本政策金融公庫の公式ページに公開されているデータやグラフを参照しながら、ひとりあたりの1件の平均融資額、融資額の決定に関連する「支店決裁権」の2つを中心にお話していきたいと思います。 まずは日本政策金融公庫の融資の金利を確認しよう 日本政策金融公庫では農業、漁業からIT関連の事業まで幅広く融資をしています。 また、災害にあわれた地域での事業や海外展開するためなど特殊な融資も行っています。 あなたがこれから融資を受けるための事業が飲食業・美容業・小売業・整骨院・クリーニング店などの一般事業なのであれば、現在の金利は以下の数字となります。 16~2. 45% 特別利率:1. 76~2. 05% 特別利率B:1. 51~1. 80% 特別利率C:1. 26~1. 55% 特別利率E:0. 76~1. 05% 特別利率J:1. 11~1. 40% 特別利率N:1. 86~1. 88% 特別利率P:1. 96~2. 15% 特別利率R:1. 96~1. 98% 特別利率U:1. 66~1. 4% 基準利率:2. 56~2. 85% 特別利率A:2. 16~2. 45% 特別利率B:1. 91~2. 20% 特別利率C:1. 66~1. 95% 特別利率E:1. 16~1. 45% 特別利率J:1. 51~1. 80% 特別利率P:2. 36~2. 55% 中小企業経営力強化資金 (認定支援機関を通じた申込みの場合) 特別利率S:2. 26~2. 21% いずれも基準金利は2%~1%と非常に低い金利となっています。 これから創業される方は「新創業融資制度」を利用される方が多いと思いますが、認定支援機関という経済産業省の認定を受けた税理士などを経由すれば「中小企業経営力強化資金」を使って基準金利を0. 3%ほど下げることができます。 【出典:】 一般貸付とは、災害時や被災地支援や教育貸付やセーフティネット貸付ではなく、普通の事業融資という意味です。 1回で900万円も借りられるんだ~」と安心する方も多いかもしれません。 しかし、実際はこれより低い融資額の方も高い融資額の方もいらっしゃいます。 知っておきたい事項として、日本政策金融公庫の事業融資の条件「自己資金」についてお伝えしますしょう。 新創業融資制度はこれまで日本政策金融公庫でお金を借りたことがない方でも、これから創業する方でビジネスの実績がない方でも融資を受けられる制度です。 しかし、この数字を通すのにも綿密なヒアリングや資料作成などを行っています。 税理士やMBA資格者、元地方銀行出身者の我々のノウハウをもって初めて実現している数字です。 しかし、私たちは逆に「設備資金または運転資金でいくら必要ですか?」とお聞きします。 設備資金とは 事業に必要な機械・施設・車両・建物・土地などの購入に必要な資金のこと 運転資金とは 事業を運営するために必要な人件費・仕入れ費用・家賃などの支払いに必要な資金のこと 日本政策金融公庫の融資では、お金を貸してもらう代わりに確固たる証拠となる書類の提出が必要です。 設備資金を借りたい場合は不動産の仮契約書や見積書、運転資金を借りたい場合は金額が書かれた明細書などの提出をしましょう。 今のお仕事がラーメン屋なのであれば、ラーメン屋で開業する場合は融資の通る可能性は高くなります。 逆に、今のお仕事がラーメン屋だけれども美容師で開業したいなどの場合は、「あなた自身が経験を積んでから融資に申し込みしましょう」と断られるケースが多いです。 数字としてデータを提出しますので、500円貯金などで自宅保管している方は、口座に入れて通帳記入することで自己資金としてみとめられます。 自己資金はあなたの信用や事業への計画性を証明するためにあります。 自己資金が100万円以下の方は、まずは50万円を目指してアルバイトで自己資金を貯めるところからスタートしましょう。 そのため、区役所のように北は北海道から南は沖縄まで日本全国に所在します。 余談ですが、ファストフードの店舗のように、日本政策金融公庫の場合も支店により審査については多少の差があります。 例えば、マクドナルドの場合も「池袋店はいつも混んでいる」けれども、「月島駅前店は昼間も割と空いている」などの地域差や接客の差がありますよね。 銀行で融資を受ける際、決済権は銀行のどの担当者が持つのか、その担当者の決済価額はいくらまでなのか、と気になった経験を持つ方もいることでしょう。 支店決裁権とは、銀行など支店を持つ金融機関独自の持つ1担当者あたりの融資可能額を言います。 まさに、家庭における妻または夫のどちらがサイフを管理しているのか、いくらまでなら「即OK」を出せるのかの基準のようなものです。 しかし、あなたは2,500万円を借りたいとします。

次の

融資決定後の手続き

日本 金融 公庫 融資

一般貸付 融資制度 ご利用いただける方 融資限度額 融資期間(うち据置期間) 一般貸付 事業を営む方(ほとんどの業種の方にご利用いただけます。 ) 4,800万円 特定設備資金: 7,200万円 設備資金:10年以内(2年以内) 特定設備資金: 20年以内(2年以内) 運転資金: 7年以内(1年以内) セーフティネット貸付 融資制度 ご利用いただける方 融資限度額 融資期間(うち据置期間) セーフティネット貸付 売上が減少するなど業況が悪化している方 4,800万円 設備資金:15年以内(3年以内) 運転資金: 8年以内(3年以内) 取引金融機関の経営破たんなどにより、資金繰りに困難を来している方 別枠4,000万円 設備資金:15年以内(3年以内) 運転資金: 8年以内(3年以内) 取引企業などの倒産により経営に困難を来している方 別枠3,000万円 運転資金: 8年以内(3年以内) 新企業育成貸付 融資制度 ご利用いただける方 融資限度額 融資期間(うち据置期間) 新企業育成貸付 新たに事業を始める方または事業開始後おおむね7年以内の方 7,200万円(うち運転資金4,800万円) 設備資金:20年以内(2年以内) 運転資金: 7年以内(2年以内) 女性または35歳未満か55歳以上の方であって、新たに事業を始める方または事業開始後おおむね7年以内の方 7,200万円(うち運転資金4,800万円) 設備資金:20年以内(2年以内) 運転資金: 7年以内(2年以内) 廃業歴等のある方など一定の要件に該当する方で、新たに事業を始める方または事業開始後おおむね7年以内の方 7,200万円(うち運転資金4,800万円) 設備資金:20年以内(2年以内) 運転資金: 7年以内(2年以内) 経営多角化、事業転換などにより、第二創業などを図る方 7,200万円(うち運転資金4,800万円) 設備資金:20年以内(2年以内) 運転資金: 7年以内(2年以内) 外部専門家の指導や助言、または「中小企業の会計に関する基本要領」の適用などにより、経営力の強化を図る方 7,200万円(うち運転資金4,800万円) 設備資金:20年以内(2年以内) 運転資金: 7年以内(2年以内) 企業活力強化貸付 融資制度 ご利用いただける方 融資限度額 融資期間(うち据置期間) 企業活力強化貸付 卸売業、小売業、飲食サービス業、サービス業または一定の要件を満たす不動産賃貸業を営む方で、店舗の新築・増改築や機械設備の導入を行う方など 7,200万円(うち運転資金4,800万円) 設備資金:20年以内(2年以内 運転資金:7年以内(2年以内) 情報化投資を行う方 7,200万円(うち運転資金4,800万円) 設備資金:20年以内(2年以内) 運転資金: 7年以内(2年以内) 海外展開を図る方など 7,200万円(うち運転資金4,800万円) 設備資金:20年以内(2年以内) 運転資金: 7年以内(2年以内) 承認地域経済牽引事業計画などに従って事業を行う方または雇用創出効果が見込まれる設備投資を行う方など 7,200万円(うち運転資金4,800万円) 設備資金:20年以内(2年以内) 運転資金: 7年以内(2年以内) 社会的課題の解決を目的とする事業を営む方など 別枠7,200万円(うち運転資金4,800万円) 設備資金:20年以内(2年以内) 運転資金: 7年以内(2年以内) 事業を承継する方など 7,200万円(うち運転資金4,800万円) 設備資金:20年以内(2年以内) 運転資金:7年以内。 ただし、既往の公庫融資の借換を含む場合、8年以内(2年以内) 訪日外国人観光客の消費需要を取り込む方 7,200万円(うち運転資金4,800万円) 設備資金:20年以内(2年以内) 運転資金: 7年以内(2年以内) 非正規雇用の処遇改善に取り組む方や従業員の長時間労働の是正に取り組む方など 7,200万円(うち運転資金4,800万円) 設備資金:20年以内(2年以内) 運転資金: 7年以内(2年以内) 環境・エネルギー対策貸付 融資制度 ご利用いただける方 融資限度額 融資期間(うち据置期間) 環境・エネルギー対策貸付 非化石エネルギー設備や省エネルギー効果の高い設備を導入する方または環境対策の促進を図る方 7,200万円(うち運転資金4,800万円) 設備資金:20年以内(2年以内) 運転資金: 7年以内(2年以内) 自ら策定したBCPに基づき、防災に資する施設等の整備を行う方 7,200万円(うち運転資金4,800万円) 設備資金:20年以内(2年以内) 運転資金: 7年以内(2年以内) 企業再生貸付 融資制度 ご利用いただける方 融資限度額 融資期間(うち据置期間) 企業再生貸付 中小企業再生支援協議会の関与もしくは民事再生法に基づく再生計画の認可などにより企業の再建を図る方 7,200万円(うち運転資金4,800万円) 設備資金:20年以内(2年以内) 運転資金:原則15年以内(2年以内) その他の融資制度 融資制度 ご利用いただける方 融資限度額 融資期間(うち据置期間) その他の融資制度 食品関係の小売業・製造小売業または花き小売業を営む方で、店舗の新築・増改築、機械設備の導入、フランチャイズチェーンへの加盟などを行う方 7,200万円 設備資金:20年以内(2年以内) 東日本大震災により被害を受けた方 直接被害、間接被害を受けた方 各融資制度の限度額に上乗せ6,000万円 その他震災の影響を受けた方 4,800万円(別枠) (生活衛生セーフティネット貸付は、5,700万円(別枠)) 直接被害を受けた方 設備資金:20年以内(5年以内) 運転資金:15年以内(5年以内) 間接被害を受けた方 設備資金:20年以内(3年以内) 運転資金:15年以内(3年以内) その他震災の影響を受けた方 設備資金:15年以内(3年以内) 運転資金:8年以内(3年以内) 平成28年熊本地震により被害を受けた方 直接被害、間接被害を受けた方 各融資制度の限度額に上乗せ6,000万円 その他震災の影響を受けた方 4,800万円(別枠) (生活衛生セーフティネット貸付は、5,700万円(別枠)) 直接被害を受けた方 設備資金:20年以内(5年以内) 運転資金:15年以内(5年以内) 間接被害を受けた方 設備資金:20年以内(3年以内) 運転資金:15年以内(3年以内) その他震災の影響を受けた方 設備資金:15年以内(3年以内) 運転資金:8年以内(3年以内) 平成30年7月豪雨により被害を受けた方 直接被害、間接被害を受けた方 各融資制度の限度額に上乗せ6,000万円 その他豪雨の影響を受けた方 4,800万円(別枠) (生活衛生セーフティネット貸付は、5,700万円(別枠)) 設備資金:20年以内(5年以内) 運転資金:15年以内(5年以内) 令和元年台風第19号、第20号および第21号により被害を受けた方 直接被害、間接被害を受けた方 各融資制度の限度額に上乗せ6,000万円 その他台風の影響を受けた方 4,800万円(別枠) (生活衛生セーフティネット貸付は、5,700万円(別枠)) 設備資金:20年以内(5年以内) 運転資金:15年以内(5年以内) 新型コロナウイルス感染症の影響により、売上が減少するなど業況が悪化している方 別枠6,000万円 設備資金:20年以内(5年以内) 運転資金:15年以内(5年以内) 災害貸付 災害により被害を受けた方 各融資制度の限度額に1災害あたり上乗せ3,000万円 各融資制度のご返済期間以内 商工会議所、商工会または都道府県商工会連合会の実施する経営指導を受けている方であって、商工会議所等の長の推薦を受けた方 2,000万円 設備資金:10年以内(2年以内) 運転資金: 7年以内(1年以内) 経営発達支援計画の認定を受けた商工会議所・商工会から事業計画の策定・実施の支援を受け、持続的発展に取り組む小規模事業者の方 7,200万円(うち運転資金4,800万円) 設備資金:20年以内(2年以内) 運転資金:8年以内(2年以内) (*)従業員数5人以下の場合は据置期間3年以内 岩手県、宮城県または福島県内で雇用の維持または拡大を伴う設備投資を行う方 各融資制度に定める融資限度額 各融資制度に定めるご返済期間以内 税務申告を2期以上行っている方 4,800万円 各融資制度に定めるご返済期間以内 新たに事業を始める方または事業開始後で税務申告を2期終えていない方 3,000万円(うち運転資金1,500万円) 各融資制度に定めるご返済期間以内 創業・新事業展開・海外展開・事業再生等に取り組む中小企業・小規模事業者であって、地域経済の活性化のために、一定の雇用効果が見込まれる事業、地域社会にとって不可欠な事業、技術力の高い事業などに取り組む方 4,000万円(事業承継・集約・活性化支援資金をご利用の方は別枠4,000万円) 5年1カ月以上15年以内 事業資金を利用される方 適用した融資制度の融資限度額 適用した融資制度のご返済期間以内 生活衛生貸付 融資制度 ご利用いただける方 融資限度額 融資期間(うち据置期間) 生活衛生貸付 生活衛生関係の事業を営む方 7,200万円~4億8,000万円 13年以内(1年以内) 振興計画の認定を受けている生活衛生同業組合の組合員であって、生活衛生関係の事業を営む方 設備資金:1億5,000万円~7億2,000万円 運転資金:5,700万円 設備資金:20年以内(2年以内) 運転資金: 7年以内(2年以内) 生活衛生関係の事業を営んでおり、生活衛生同業組合等の実施する経営指導を受けている方であって、生活衛生同業組合等の長の推薦を受けた方 2,000万円 設備資金:10年以内(2年以内) 運転資金: 7年以内(1年以内) 店舗の防火安全の確保、アスベストの除去および耐震診断・耐震改修を行う方 一般貸付または振興事業貸付における設備資金・運転資金それぞれの融資限度額+3,000万円 設備資金:20年以内(2年以内) 運転資金: 7年以内(2年以内) 生活衛生関係の事業を創業する方または創業後おおむね7年以内の方 設備資金:7,200万円~7億2,000万円 運転資金:5,700万円 設備資金:20年以内(2年以内) 運転資金:7年以内(2年以内) 設備投資を行うことにより、新たに2名以上(一定の要件に該当する場合は1名以上)の雇用が見込まれる方または店舗・事務所等を地方に新増設することなどにより、若者(35歳未満)を雇用する方もしくは地方創生に資する事業として地方公共団体が認めた事業を行う方 一般貸付または振興事業貸付の融資限度額+3,000万円 設備資金:20年以内(2年以内) 運転資金:7年以内(2年以内) 生活衛生関係営業を営む方で事業を承継する方など 設備資金:7,200万円~7億2,000万円 運転資金:5,700万円 設備資金:20年以内(2年以内) 運転資金:7年以内。 ただし、既往の公庫融資の借換を含む場合、8年以内(2年以内) 店舗のバリアフリー化など、高齢者、乳幼児を抱える女性などが利用しやすい店舗にするための設備投資をする方 一般貸付または振興事業貸付の融資限度額+3,000万円 20年以内(2年以内) 振興計画の認定を受けている生活衛生同業組合の組合員の方であって、売上減少等の業況悪化を来している方 5,700万円 8年以内(3年以内) 振興計画の認定を受けている生活衛生同業組合の組合員の方であって、取引金融機関との取引状況の変化等一定の要件を満たす方 別枠4,000万円 8年以内(3年以内) 振興計画の認定を受けている生活衛生同業組合の組合員の方であって、企業再建に取り組む方 5,700万円 15年以内(金融機関等の要請に基づく場合は20年以内)(2年以内) 生活衛生関係の事業を営む方であって、新型コロナウイルス感染症の影響により、売上が減少するなど業況が悪化している方 別枠6,000万円 設備資金:20年以内(5年以内) 運転資金:15年以内(5年以内) 生活衛生関係の事業を営む方であって、感染症または食中毒の発生による衛生環境の激変に起因して一時的な業況悪化から衛生水準の維持向上に著しい支障を来している方 衛生環境の激変事由ごとに別枠1,000万円 7年以内(2年以内) 国の教育ローン 融資制度 ご利用いただける方 融資限度額 融資期間(うち据置期間) 国の教育ローン お子さまの教育資金を必要とする方 350万円 一定の要件に該当する場合は、上限450万円 15年以内(在学期間内) 恩給・共済年金担保融資 融資制度 ご利用いただける方 融資限度額 融資期間(うち据置期間) 恩給・共済年金担保融資 恩給、共済年金や厚生年金(共済組合が支給する厚生年金に限る。 )、災害補償年金などを受けている方 250万円 ただし、担保とする年金により異なります。 4年以内。 ただし、恩給等の給与期間の定めのあるものについては、当該給与期間以内 新企業育成貸付 融資制度 ご利用いただける方 融資限度額 融資期間(うち据置期間) 新企業育成貸付 新規性、成長性のある事業を始めておおむね5年以内の方など 6億円 設備資金:20年以内(5年以内 運転資金:7年以内(2年以内) 女性または35歳未満か55歳以上の方であって、新たに事業を始める方または事業開始後おおむね7年以内の方 7億2,000万円(うち運転資金2億5,000万円) 設備資金:20年以内(2年以内 運転資金:7年以内(2年以内) 廃業歴等のある方など一定の要件に該当する方であって、新たに事業を始める方または事業開始後おおむね7年以内の方 7億2,000万円(うち運転資金2億5,000万円) 設備資金:20年以内(2年以内 運転資金:7年以内(2年以内) 「経営革新計画」の認定を受けた方、「新連携計画」の認定を受けたプロジェクトに係る連携体を構成する方、経営多角化、事業転換などにより、第二創業または新たな取り組みなどを図る方など 7億2,000万円(うち運転資金2億5,000万円) 設備資金:20年以内(2年以内 運転資金:7年以内(2年以内) 外部専門家の指導や助言、または「中小企業の会計に関する基本要領」などの適用により、経営力の強化を図る方 7億2,000万円(うち運転資金2億5,000万円) 設備資金:20年以内(2年以内 運転資金:7年以内(2年以内) 企業活力強化貸付 融資制度 ご利用いただける方 融資限度額 融資期間(うち据置期間) 企業活力強化貸付 卸売業、小売業、飲食サービス業またはサービス業を営む方で、店舗の新築・増改築や機械設備の導入を行う方など 7億2,000万円(うち運転資金2億5,000万円) 設備資金:20年以内(2年以内 運転資金:7年以内(2年以内) 情報化投資を行う方 7億2,000万円(うち運転資金2億5,000万円) 設備資金:20年以内(2年以内 運転資金:7年以内(2年以内) 海外展開や海外展開事業の再編を行う方 別枠14億4,000万円(うち運転資金9億6,000万円) 設備資金:20年以内(原則2年以内 運転資金:原則7年以内(原則2年以内) 雇用創出効果が見込める設備投資を行う方、地域への経済波及効果の高い事業活動に取り組む方など 7億2,000万円(うち運転資金2億5,000万円) 設備資金:20年以内(2年以内 運転資金:7年以内(2年以内) 経済的または社会的に有用な事業や企業を承継・集約化する方など 7億2,000万円 設備資金:20年以内(2年以内) 運転資金:原則7年以内(2年以内) インバウンドの消費需要の取り込みを図る方 7億2,000万円(うち運転資金2億5,000万円) 設備資金:20年以内(2年以内) 運転資金:7年以内(2年以内) 働き方改革の推進や多様な人材の活用促進に取り組む方など 7億2,000万円(うち運転資金2億5,000万円) 設備資金:20年以内(2年以内) 運転資金:7年以内(2年以内) 環境・エネルギー対策貸付 融資制度 ご利用いただける方 融資限度額 融資期間(うち据置期間) 環境・エネルギー対策貸付 非化石エネルギー設備や省エネルギー効果の高い設備を導入設置する方または環境対策の促進を図る方 7億2,000万円(うち運転資金2億5,000万円) 設備資金:20年以内(2年以内 運転資金:7年以内(2年以内) 災害発生に備えて防災に資する施設等を整備する方 7億2,000万円(うち運転資金2億5,000万円) 設備資金:20年以内(2年以内 運転資金:7年以内(2年以内) セーフティネット貸付 融資制度 ご利用いただける方 融資限度額 融資期間(うち据置期間) セーフティネット貸付 売上が減少するなど業況が悪化している方 7億2,000万円 設備資金:15年以内(3年以内 運転資金:8年以内(3年以内) 金融機関との取引状況の変化などにより、資金繰りに困難を来している方 別枠3億円 設備資金:15年以内(3年以内 運転資金:8年以内(3年以内) 取引企業などの倒産により経営に困難を来している方 別枠 1億5,000万円 運転資金:8年以内(3年以内) 企業再生貸付 融資制度 ご利用いただける方 融資限度額 融資期間(うち据置期間) 企業再生貸付 民事再生法の規定による再生手続開始の申立て等を行った方 民事再生法に基づく再生計画の認可決定等を受けた方 7億2,000万円(うち運転資金2億5,000万円) 1年(1年以内) 設備資金:10年以内(2年以内 運転資金:5年以内(2年以内) 経営改善または経営再建等に取り組む方など 7億2,000万円 設備資金:20年以内(2年以内 運転資金:15年以内(一定の要件を満たす場合は20年以内)(2年以内) その他の融資制度 融資制度 ご利用いただける方 融資限度額 融資期間(うち据置期間) その他の融資制度 別に指定された災害により被害を被った中小企業の方 別枠1億5,000万円 設備資金:15年以内(2年以内 運転資金:10年以内(2年以内) 平成30年北海道胆振東部地震により被害を受けた方 別枠1億5,000万円 設備資金:15年以内(5年以内 運転資金:10年以内(5年以内) 東日本大震災により被害を受けた方 別枠7億2,000万円 別枠 3億円 設備資金:20年以内(5年以内 運転資金:15年以内(5年以内) 平成28年熊本地震により被害を受けた方 別枠 7億2,000万円 別枠 3億円 設備資金:20年以内(5年以内 運転資金:15年以内(5年以内) 平成30年7月豪雨により被害を受けた方 別枠 7億2,000万円 別枠 3億円 設備資金:20年以内(5年以内 運転資金:15年以内(5年以内) 令和元年台風第19号、第20号または第21号により被害を受けた方 別枠7億2,000万円 別枠3億円 設備資金:20年以内(5年以内) 運転資金:15年以内(5年以内) 新型コロナウイルス感染症の影響により、一時的な売上高の減少等業況が悪化している方 別枠3億円 設備資金:20年以内(5年以内) 運転資金:15年以内(5年以内) 直接貸付において、新企業育成貸付、企業活力強化貸付(一部の制度を除く。 )または企業再生貸付(一部の制度を除く。 )を利用される方で、地域経済の活性化のために、一定の雇用効果(新たな雇用または雇用の維持)が認められる事業、地域社会にとって不可欠な事業、技術力の高い事業などに取り組む方。 3億円 15年・10年・7年・5年1ヵ月(期限一括償還) セーフティネット貸付制度の経営環境変化対応資金及び金融環境変化対応資金、東日本大震災復興特別貸付、平成28年熊本地震特別貸付、令和元年台風第19号等特別貸付、企業再生貸付制度の企業再建資金(シンジケートローン特例除く)、企業活力強化貸付制度の事業承継・集約・活性化支援資金または新型コロナウイルス感染症特別貸付による貸付けを受ける方 適用した特別貸付制度の貸付限度額 ・8年以内(1ヵ月以内) ・15年以内(一定の要件を満たす場合は20年以内)(1ヵ月以内) ・15年以内(5年以内) 企業再建資金(企業再生貸付)の要件を満たし、かつ、一定の要件に該当する方 原則として別枠7億2,000万円 シンジケートローンに参加する金融機関が合意した期間。 ただし、設備資金は30年以内、運転資金は20年以内に限る。 岩手県、宮城県または福島県において雇用の維持または拡大が見込まれる設備投資を行う方 適用した特別貸付制度の貸付限度額 適用した特別貸付制度のご返済期間以内 最終期限までご契約時に定められた固定金利を適用する方法、ご契約時から5年経過ごとに金利を見直す方法のいずれかを、お客様は選択できます。 ) 負担額の40%以内 (別途地域特例あり) 10年超15年以内(3年以内) 農商工等連携促進法に定める農商工等連携事業計画の認定を受けた認定中小企業者の方 1億5,000万円(法人・団体の場合) 12年以内(5年以内) 6次産業化法により認定された総合化事業計画の実施を支援する促進事業者の方 1億5,000万円(法人・団体の場合) 12年以内(5年以内).

次の

日本政策金融公庫 の融資審査を通す3つの秘訣|社内コラム|東京都新宿区新宿 株式会社Mentor Capital(メンターキャピタル)

日本 金融 公庫 融資

公庫ならではの小規模事業者支援を通じ日本を支える。 個々の規模は小さくても、日本経済の裾野をしっかりと支え、 全国の地域経済に活力を生み出す重要な役割を担っています。 その一方、こうした小規模事業者は、 資金調達が困難なケースがあることも事実です。 このような小規模事業者を支援しているのが、国民生活事業です。 日本経済にとって極めて重要な小規模事業者を支援するという 大きな社会的使命を果たすためには、 企業を見る確かな目と、政策金融を担うという高い志を兼ね備えた 融資担当者の存在が欠かせません。 地域の生活に密着した企業から、新市場のパイオニアとなり得る企業、 創業期の企業から、老舗企業にいたるまで、 多種多様なお客様の事業計画や創業計画に耳を傾けサポートを行うなかで、 大きなやりがいを感じられる仕事です。 あなたのご経験を、日本経済発展のために発揮しませんか? 【記事要約1】 キャリアパス、研修内容等充実! 【記事要約2】 週2日のノー残業デーなど働きやすい各種制度を整備 【記事要約3】 女性管理職も多数活躍中。 【仕事内容 概要 】 小規模事業者・個人のお客様に対する融資審査・営業、融資相談、融資金管理などを担当します。 1企業あたりの平均融資残高は702万円と、小口融資が主体です。 ・融資先の約9割が従業者9人以下、個人企業が約半数を占めます。 ・融資先は、ベーカリー、飲食店、理・美容室、工務店など、 各地域の人々の生活に密接な関わりを持った小規模事業者が中心となります。 これにより年間約9万5000人の雇用が創出されたと考えられます。 ・革新的な事業に対しては、資本性ローンにより支援しています。 ・地震、台風、豪雪等の災害時には、融資等を通じて被害を受けた小規模事業者の復旧・復興を支援しています。 ・海外展開を図る小規模事業者を支援しています。 ・地域金融機関と積極的に連携しています。 【チーム・組織構成】 都市銀行、地方銀行、信用金庫など、さまざまな金融機関での経験を持つ 転職者が多数活躍しています。 メリハリを付けて働く風土があり、 ノー残業デーを週2日実施しており、 「前職より家族と過ごす時間がかなり増えた」という社員も在籍。 スキルアップのための時間も増えるため 資格取得に励む社員も多く在籍しています。 【チーム・組織構成 組織名称】 国民生活事業 融資課 各支店 【対象となる方 概要 】 【大卒以上】銀行・信用金庫・信用組合において、融資審査・営業を3年以上ご経験された方 【対象となる方 詳細 】 都市銀行、地方銀行、信用金庫など、 さまざまな金融機関での経験を持つ転職者が多数活躍しています。 これまで培ってきたご経験を、しっかりと活かしていただける環境です。 【勤務時間】 8:50~17:10 (所定労働時間7時間20分、休憩60分) 【雇用形態】 正社員 【期間】 試用期間6ヵ月 【給与】 勤務経験に応じ当社規定に基づき別途決定します。 中途採用の方もすぐになじめると思います。 離職率も低く、退職される方は少ないと実感しています。 ご主人の転勤先に合わせて異動された方もいらっしゃいます。 組織が個人の事情を最大限に汲んでくれるので、安心感があります。 より「お客さまのための融資がしたい」という想いが強くなり、公庫への転職を決めました。 やはり自社の利益を考えることなく支援ができるのは、経済の活性化や国民生活の向上を目的としている当公庫ならではの魅力だと感じています。 前職と比べると担当社数は増えましたが、業務フローが洗練されていて無駄がなく、かえって残業時間は大幅に減りましたね。 また当公庫では働きやすい職場づくりを推進しています。 時短勤務制度もあり、出産や子育てといったライフステージの変化にも柔軟に対応できるので安心して働けます。 【やりがい】 日本政策金融公庫の中で、地域の身近な金融機関として、小規模事業者に対する事業資金融資を行い、日本経済を裾野から支えているのが、今回募集を行う「国民生活事業」です。 これまでの経験を活かしながら、社会的意義の高い仕事に携わることができます。 また、男女問わず育児に参加できるよう、会社でサポートしています。 【きびしさ】 国民生活事業の事業資金の融資先数は、日本全国の企業数の約4分の1に相当する約88万企業。 小規模事業者への融資を通じ、日本経済の発展に貢献しています。 業界内でも高い専門性が必要される業務の為、スキルアップに向けて前向きにチャレンジできる方、自律的な判断ができる方でなければきびしい仕事です。 【事業概要】 地域の身近な金融機関として、小規模事業者や創業企業のお客様への事業資金融資のほか、お子さまの入学資金などを必要とする個人のお客様への教育資金融資などを行っています。 jfc. 職務レベル エントリーレベル• 雇用形態 正社員• 職務タイプ 金融• 業種 金融サービス 類似する求人.

次の