ピュアクリーニング 羽毛布団。 【利用者の口コミ】布団の宅配クリーニングはピュアクリーニング

布団の水洗いクリーニング

ピュアクリーニング 羽毛布団

ふとんを内側からきれいに• 除菌・消臭加工あり• リフォームや打ち直しも行っている つゆきでは、 熟練のプロによる丁寧な丸洗いを行いふとんを内側から綺麗にしています。 丸洗い前には一切フカフカを感じられなかった布団も、布団本来のフカフカで清潔な布団に生まれ変わります。 ふとんのつゆきでは、除菌・消臭加工をしてもらうこともできます。 予約が必要となりますが、1枚500円(税抜)で加工ができます。 利用には会員登録が必要となり、所要時間は20~30分程となっています。 クリーニングの他、羽毛布団のリフォームや和ふとんの打ち直しも行っています。 布団に温かさを感じなくなった、あるいは重たさを感じるようになった場合や、使わない布団のサイズダウンを検討しているなどメンテナンスを希望している場合は、一度問い合わせしてみてはいかがでしょうか。 中まですっきりふんわり仕上げ• 防ダニ加工あり• 素材に合わせたクリーニング 岡山ランドリーは、綺麗を追及しているクリーニング店です。 それぞれの素材に合わせた洗剤を利用し丁寧に洗い、復元乾燥を行うのでふっくら気持ちの良い仕上がりになります。 また、防ダニ加工も行っています。 せっかくキレイにした布団ですから、是非とも付けておきたいところ。 ダニの影響が気になる人はもちろん、小さなお子さんのいるご家庭にもオススメです。 素材に合わせたクリーニングを徹底しており、それぞれの素材に合った洗剤で丁寧に洗い復元していくので、布団を傷める心配がありません。 無料集配サービスもあるので、楽に布団をクリーニングに出すことができますよ。 安心安全で利用しやすい• 衛生面も徹底管理• ダニや花粉対策に最適 WASHハウスは、コールセンターが24時間365日作動しているコインランドリーです。 コインランドリーは無人であることが多く、初めて利用する人や遅い時間に利用することに抵抗を覚える人も少なくありません。 WASHハウスなら、24時間365日オペレーターに繋がるようになっているので、分からないことをすぐに聞ける体制になっています。 さらに、管理カメラも付いているので安全にコインランドリーを利用することができます。 また、コインランドリーは不特定多数の人が利用するので衛生面が気になるところですが、WASHハウスでは、毎日専属のスタッフが店内の清掃を行い、無料で洗濯槽を洗浄することもできるので、とても衛生的です。 さらに、WASHハウスはコインランドリーでありながら、布団も難なく洗える大型洗濯機を完備しています。 ダニや花粉が気になるときに、手軽に布団を洗えるのは心強いですよね。 ただし、洗えないものもあるので、布団の洗濯表示を確認し、分からないときはWASHハウスの公式サイトで確認してみることをおすすめします。 岡山西大寺店 住所:岡山県岡山市東区西大寺中1丁目13 TEL:0120-545-696 営業時間:24時間 定休日:なし 岡山県内に他4店舗あり 持っていくのが面倒なら宅配クリーニングがおすすめ! 最近注目を集めているのが 布団の宅配クリーニングです。 宅配クリーニングは、空いているちょっとした時間でパソコンやスマホを使ってクリーニングの予約をする事ができます。 宅配クリーニングを利用すると、 指定した日に自宅に宅配業者が布団を取りに来てくれます。 クリーニングが仕上がれば、自宅に届けてくれます。 宅配クリーニングは、自宅で手軽に布団をクリーニングに出せるだけではなく、仕上がった布団を長期保管をしてくれるサービスもしてくれます。 冬の布団をクリーニングに出して、次に使うシーズンまで預けて置くこともできます。 使いたくなった時に運んでもらう事が可能です。 持っていきたくてもクリーニング屋が遠方にある場合、時間が取れないと行くのが面倒になってしまって、つい出すのを諦めてしまいますよね。 オーガニック布団を専門的に洗ってきた専門店だからこその取り組みがすばらしく、 布団を丸洗いするための清流・四万十川の源流水でふわっふわの仕上がりに! しかも合成洗剤は不使用で環境にやさしく。 しももとクリーニングならではのこだわりが特徴です。 布団は完全に個人別に分けて洗うので安心! 化学物質過敏症の方のために、石けんすら使わないお湯洗いだけの洗濯コースも用意されています。 高知県の四万十川のすぐそばで、こつこつと磨き続けてきた洗濯技術が光ります。 高知県に布団を送るといっても、送料は無料なので安心です! 注目ポイントは「羽毛専用の丸洗いコース」があることです。 綿とは異なる羽毛布団の性質をふまえて、羽毛布団を洗う際には、羽毛のための専用コースで丸洗いを行います。 もちろん羽毛布団を送るときに、羽毛ではない別な布団と一緒に送ってもOKです。 他の布団といっしょに送るときも、羽毛布団は羽毛専用のコースで丸洗いするので、安心して預けられます!.

次の

【全23社徹底比較】羽毛布団の宅配クリーニングの料金は?【値段で選ぶと後悔するかも】

ピュアクリーニング 羽毛布団

羽毛布団をクリーニングに出したいけど、持っていくのは面倒だ・・・ 羽毛布団も宅配でクリーニングができるみたいだけど、料金が気になる・・・ 羽毛布団の宅配クリーニングの料金の比較がしたいけど、自分で調べるのが面倒・・・ この記事ではこんなお悩みにお答えします。 睡眠環境・寝具指導士で寝具業界の営業のしーさんが解説します。 羽毛布団も暖かくなってきて使わなくなったら洗いたいという人は多くいます。 ただ、 羽毛布団って大きくかさばるので持ち込んだりするのは面倒ですよね。 そんな人には 羽毛布団の宅配クリーニングがおすすめです。 ただ、羽毛布団のクリーニングといっても いろんなお店があって料金の比較をするだけでも面倒です。 僕も羽毛布団をクリーニングに出すときに悩みましたしね。 なので、羽毛布団のクリーニングの料金の比較をまとめました。 できるだけ正確に比較しているつもりですが、料金が変わっていることもあります。 なので興味があるお店を見つけた場合、最後には自分で必ず確認をしてみてくださいね。 調べてても本当に比較しにくかったです。 ぱっと見では安くても送料が別だったり、オプションまで考えるとすごく高くなってしまったりします。 ひとつ注意して欲しいお店があって「サマリーポケット」というお店は基本的には保管サービスのお店です。 「サマリーポケット」では保管している間のオプションとして布団クリーニングがありますが、あくまでオプションなので保管料と送料は別でかかります。 目安としては保管料が月額300円が最低2か月分と送料の740円は最低でも必要になってくるので注意してくださいね。 この表をベースにおすすめも紹介しておきます。 寝具指導士がおすすめする羽毛布団クリーニング店 寝具指導士である僕が調べてみておすすめの宅配クリーニングのお店を紹介します。 僕ならここに出すといった感じで選んでみました。 僕が選ぶ時の基準は下の4点です。 このあたりを重視して選びました。 実際に僕が使ったことのあるところもあってレビューしているものは参考にしてみてください。 ちなみに 圧縮しないことは絶対条件で考えておいてもいいぐらいですよ。 圧縮すると羽毛が壊れる可能性やふくらみが元通りのふくらみに戻らない可能性があるので・・・ 業者は送料が安くなるので圧縮したがりますが、せっかくふかふかになったのに圧縮してしまえば効果は半減しますよ。 それでは僕が選ぶ3つのおすすめの宅配クリーニング店を紹介していきます。 【1位】しももとクリーニング 1位は。 圧倒的におすすめできるサービス内容ですね。 クリーニング内容、値段の両方に隙がない感じで文句なしにおすすめできるかなと。 ちなみに正直に書いておくと僕はまだ使ったことはありません。 ただ次にクリーニングをするときは確実に「」にお願いするつもりです。 そんなしももとクリーニングのおすすめのポイントは下の通り。 完全個別洗い 無料で個別洗いがついているクリーニング店はかなり少ないです。 オプションでさえ個別洗いがあるところは今回調べたところでは少なかったですし。 しかもオプションであるところでも安くても2000円近く値段が上がっちゃいますしね。 そんな個別洗いですが、これがめっちゃおすすめです。 だって他の人のお布団と一緒に洗われるってなんとなく嫌じゃないですか? どんな人が使ったお布団かわかりませんしね。 その点、「」では自分のお布団を単独で洗ってもらえるので、他の人と混ざることがありません。 これは 他のお店と比較してもかなり強いメリットです。 植物性100%の無添加せっけんを使用 植物性100%の無添加せっけんを使うことで肌に優しい仕上がりになります。 通常の洗剤の場合、刺激が強くて肌荒れの原因になったり、アトピーの人にはツラいこともあります。 ではそういった敏感肌の人のことも考えて植物性100%の無添加せっけんを採用しています。 それに洗剤と比べた場合に無添加せっけんだと地球環境にも優しいですしね。 自然に対してもメリットがあって、僕たちにも肌に優しいというメリットがあるし最高です。 ちなみにせっけんで洗うとごわつくと思うかもしれませんが、そんなことはありません。 最終工程でお布団をふっくらと仕上げる工程があるので、 中はふっくら外はさっぱりとした感じに仕上げてもらえますよ。 ふとんの丸洗い専門店 最後におすすめする理由はふとんの丸洗い専門店というところです。 寝具は素材や中綿でそれぞれ違った特徴があります。 縮みやすいものだったり、傷みやすいものだったり様々です。 そこをしっかりと理解してくれている布団に特化したクリーニング店というのは実はそこまで多くなく、寝具業界の人間からしても安心できます。 「」ふとんの丸洗い専門なのでノウハウもかなりありますよ。 もし、クリーニングが難しいようなら事前に連絡をもらうことができますし、リスクも十分に理解できていますからね。 そういった意味でも個人的に布団の丸洗いに特化している専門店は個人的にはかなり安心感があります。 他のもののクリーニングの仕事を受けなくても食べていけているってことですし。 ここは意外と大事で、なんでも仕事なら引き受けているところよりもクリーニングの質に自信がある証拠みたいなもんです。 特にこの「」は 元々ふとん屋さんだったこともあり、布団に関するノウハウが豊富でかなり安心できますよ。 特にこのフレスコは全国の工場に 丸洗いのシステムや設備を他社に供給するぐらいのノウハウと実績があります。 ちなみにフレスコの布団丸洗いのシステムを導入している工場は全国で32工場、布団丸洗い専用の機械は147か所に導入されています。 さらにいうと、他の会社に布団のクリーニングを依頼しても実は「」の工場で洗っているということもありますよ。 そういった ノウハウや実績も含めて安心感があるのもおすすめできる理由です。 品質の安定感 品質の安定感という意味でも「」はおすすめできますよ。 これは人によっては賛否があるかもしれませんが、 フレスコの布団丸洗いは全て機械で行っています。 なんとなく職人が手作業で1枚1枚洗っているという方が良いイメージもあるかもしれませんが、実はこれにはデメリットもあります。 というのも、 職人の手作業の場合だと品質にムラが出てしまうんですよね。 例を挙げるなら、この道30年の職人が洗ったお布団なら安心できるかもしれませんが、入社3か月の新人の職人が洗ったとなると少し不安になりますよね? 下手したらあんまり汚れが落ちてなかったり、色落ちしてしまったりすれば最悪です。 そこで「」では だれが洗っても品質が安定するように機械洗いを導入しています。 機械洗いを導入することで、 全国のどこでクリーニングに出しても安定して質の高いクリーニングを受けることができます。 実際、僕が「」にクリーニングを出したときもふっくらと仕上がって返ってきましたしね。 いつ、どこに出しても品質が安定しているというのはおすすめできる理由になりますよ。 羽毛布団専用の洗浄プログラムがある 「」では独自の羽毛布団専用の洗浄プログラムがあります。 羽毛布団は生地も羽毛もダメージを受けやすく傷みやすいお布団です。 フレスコでは今までのノウハウを活かし、できる限りダメージを傷めないようにしっかりと漬け込み低速洗いをしています。 コインランドリーや洗濯機でガンガン回して洗うと生地へのダメージがハンパじゃないですよ。 生地がダメージを受けると羽毛が飛び出したりするので要注意です。 他のお布団と羽毛布団では素材の違いや加工の違いがあるので、他のお布団と同じ工程で洗うと逆効果だったりします。 そういった意味でも 布団の丸洗い専門店で、なおかつ羽毛布団専用の洗浄コースがある「」はおすすめできるかなり強いポイントですね。 しももとクリーニングでもおすすめポイントであげましたが、誰かのお布団と一緒に洗われるのはやっぱり抵抗がある人は多くいます。 ちなみにこの 完全個別洗いは無料なので、余計なオプション料金がかからないというのも嬉しいポイント。 人のお布団と一緒に洗われるのが嫌!という人は完全個別洗いの「」はおすすめできますよ。 銀イオン配合水で除菌・消臭効果 よく夏場の制汗スプレーにも入っているAgって知っていますか? 除菌・消臭効果のある成分ですね。 この除菌・消臭効果は他のクリーニング店ではオプションで別料金であることがほとんどです。 それがこの「」では無料でついているサービスというのはありがたいですよね。 余分な費用もかかりませんし。 今使っている羽毛布団の臭いが気になる・・・という人はこういった特別な薬剤やオプション料金のかからないクリコムをおすすめできるポイントですよ キャンペーン中で値段が半額 正直、ここが「」の1番おすすめする理由です。 それなりにしっかりとしたクリーニングのサービスで料金が半額というのはかなり強いおすすめする理由になります。 ただし、この半額キャンペーンはいつまで続けるかわかりませんし、半額キャンペーンが無くなったら順位が変わるかもです。 ただ2020年6月時点ではコスパを考えた場合、クリコムはかなりおすすめですよ。 お店によっては送料が別であったり、オプションがあったり、そもそも基本サービスが違っていたりと各社いろいろな違いがあります。 この記事ではざっくりとまとめてみただけなので、単純に比較するのも難しいと思います。 なので、今後は用途にあわせて比較ランキングでも作ってわかりやすく解説していきます。 他にも羽毛布団のクリーニングについて詳しく知りたいという人はという記事をご覧ください。 羽毛布団をクリーニングに出すメリットやデメリット、頻度や料金相場についてまとめているので参考になりますよ。

次の

衣類

ピュアクリーニング 羽毛布団

羽毛布団をクリーニングに出したいけど、持っていくのは面倒だ・・・ 羽毛布団も宅配でクリーニングができるみたいだけど、料金が気になる・・・ 羽毛布団の宅配クリーニングの料金の比較がしたいけど、自分で調べるのが面倒・・・ この記事ではこんなお悩みにお答えします。 睡眠環境・寝具指導士で寝具業界の営業のしーさんが解説します。 羽毛布団も暖かくなってきて使わなくなったら洗いたいという人は多くいます。 ただ、 羽毛布団って大きくかさばるので持ち込んだりするのは面倒ですよね。 そんな人には 羽毛布団の宅配クリーニングがおすすめです。 ただ、羽毛布団のクリーニングといっても いろんなお店があって料金の比較をするだけでも面倒です。 僕も羽毛布団をクリーニングに出すときに悩みましたしね。 なので、羽毛布団のクリーニングの料金の比較をまとめました。 できるだけ正確に比較しているつもりですが、料金が変わっていることもあります。 なので興味があるお店を見つけた場合、最後には自分で必ず確認をしてみてくださいね。 調べてても本当に比較しにくかったです。 ぱっと見では安くても送料が別だったり、オプションまで考えるとすごく高くなってしまったりします。 ひとつ注意して欲しいお店があって「サマリーポケット」というお店は基本的には保管サービスのお店です。 「サマリーポケット」では保管している間のオプションとして布団クリーニングがありますが、あくまでオプションなので保管料と送料は別でかかります。 目安としては保管料が月額300円が最低2か月分と送料の740円は最低でも必要になってくるので注意してくださいね。 この表をベースにおすすめも紹介しておきます。 寝具指導士がおすすめする羽毛布団クリーニング店 寝具指導士である僕が調べてみておすすめの宅配クリーニングのお店を紹介します。 僕ならここに出すといった感じで選んでみました。 僕が選ぶ時の基準は下の4点です。 このあたりを重視して選びました。 実際に僕が使ったことのあるところもあってレビューしているものは参考にしてみてください。 ちなみに 圧縮しないことは絶対条件で考えておいてもいいぐらいですよ。 圧縮すると羽毛が壊れる可能性やふくらみが元通りのふくらみに戻らない可能性があるので・・・ 業者は送料が安くなるので圧縮したがりますが、せっかくふかふかになったのに圧縮してしまえば効果は半減しますよ。 それでは僕が選ぶ3つのおすすめの宅配クリーニング店を紹介していきます。 【1位】しももとクリーニング 1位は。 圧倒的におすすめできるサービス内容ですね。 クリーニング内容、値段の両方に隙がない感じで文句なしにおすすめできるかなと。 ちなみに正直に書いておくと僕はまだ使ったことはありません。 ただ次にクリーニングをするときは確実に「」にお願いするつもりです。 そんなしももとクリーニングのおすすめのポイントは下の通り。 完全個別洗い 無料で個別洗いがついているクリーニング店はかなり少ないです。 オプションでさえ個別洗いがあるところは今回調べたところでは少なかったですし。 しかもオプションであるところでも安くても2000円近く値段が上がっちゃいますしね。 そんな個別洗いですが、これがめっちゃおすすめです。 だって他の人のお布団と一緒に洗われるってなんとなく嫌じゃないですか? どんな人が使ったお布団かわかりませんしね。 その点、「」では自分のお布団を単独で洗ってもらえるので、他の人と混ざることがありません。 これは 他のお店と比較してもかなり強いメリットです。 植物性100%の無添加せっけんを使用 植物性100%の無添加せっけんを使うことで肌に優しい仕上がりになります。 通常の洗剤の場合、刺激が強くて肌荒れの原因になったり、アトピーの人にはツラいこともあります。 ではそういった敏感肌の人のことも考えて植物性100%の無添加せっけんを採用しています。 それに洗剤と比べた場合に無添加せっけんだと地球環境にも優しいですしね。 自然に対してもメリットがあって、僕たちにも肌に優しいというメリットがあるし最高です。 ちなみにせっけんで洗うとごわつくと思うかもしれませんが、そんなことはありません。 最終工程でお布団をふっくらと仕上げる工程があるので、 中はふっくら外はさっぱりとした感じに仕上げてもらえますよ。 ふとんの丸洗い専門店 最後におすすめする理由はふとんの丸洗い専門店というところです。 寝具は素材や中綿でそれぞれ違った特徴があります。 縮みやすいものだったり、傷みやすいものだったり様々です。 そこをしっかりと理解してくれている布団に特化したクリーニング店というのは実はそこまで多くなく、寝具業界の人間からしても安心できます。 「」ふとんの丸洗い専門なのでノウハウもかなりありますよ。 もし、クリーニングが難しいようなら事前に連絡をもらうことができますし、リスクも十分に理解できていますからね。 そういった意味でも個人的に布団の丸洗いに特化している専門店は個人的にはかなり安心感があります。 他のもののクリーニングの仕事を受けなくても食べていけているってことですし。 ここは意外と大事で、なんでも仕事なら引き受けているところよりもクリーニングの質に自信がある証拠みたいなもんです。 特にこの「」は 元々ふとん屋さんだったこともあり、布団に関するノウハウが豊富でかなり安心できますよ。 特にこのフレスコは全国の工場に 丸洗いのシステムや設備を他社に供給するぐらいのノウハウと実績があります。 ちなみにフレスコの布団丸洗いのシステムを導入している工場は全国で32工場、布団丸洗い専用の機械は147か所に導入されています。 さらにいうと、他の会社に布団のクリーニングを依頼しても実は「」の工場で洗っているということもありますよ。 そういった ノウハウや実績も含めて安心感があるのもおすすめできる理由です。 品質の安定感 品質の安定感という意味でも「」はおすすめできますよ。 これは人によっては賛否があるかもしれませんが、 フレスコの布団丸洗いは全て機械で行っています。 なんとなく職人が手作業で1枚1枚洗っているという方が良いイメージもあるかもしれませんが、実はこれにはデメリットもあります。 というのも、 職人の手作業の場合だと品質にムラが出てしまうんですよね。 例を挙げるなら、この道30年の職人が洗ったお布団なら安心できるかもしれませんが、入社3か月の新人の職人が洗ったとなると少し不安になりますよね? 下手したらあんまり汚れが落ちてなかったり、色落ちしてしまったりすれば最悪です。 そこで「」では だれが洗っても品質が安定するように機械洗いを導入しています。 機械洗いを導入することで、 全国のどこでクリーニングに出しても安定して質の高いクリーニングを受けることができます。 実際、僕が「」にクリーニングを出したときもふっくらと仕上がって返ってきましたしね。 いつ、どこに出しても品質が安定しているというのはおすすめできる理由になりますよ。 羽毛布団専用の洗浄プログラムがある 「」では独自の羽毛布団専用の洗浄プログラムがあります。 羽毛布団は生地も羽毛もダメージを受けやすく傷みやすいお布団です。 フレスコでは今までのノウハウを活かし、できる限りダメージを傷めないようにしっかりと漬け込み低速洗いをしています。 コインランドリーや洗濯機でガンガン回して洗うと生地へのダメージがハンパじゃないですよ。 生地がダメージを受けると羽毛が飛び出したりするので要注意です。 他のお布団と羽毛布団では素材の違いや加工の違いがあるので、他のお布団と同じ工程で洗うと逆効果だったりします。 そういった意味でも 布団の丸洗い専門店で、なおかつ羽毛布団専用の洗浄コースがある「」はおすすめできるかなり強いポイントですね。 しももとクリーニングでもおすすめポイントであげましたが、誰かのお布団と一緒に洗われるのはやっぱり抵抗がある人は多くいます。 ちなみにこの 完全個別洗いは無料なので、余計なオプション料金がかからないというのも嬉しいポイント。 人のお布団と一緒に洗われるのが嫌!という人は完全個別洗いの「」はおすすめできますよ。 銀イオン配合水で除菌・消臭効果 よく夏場の制汗スプレーにも入っているAgって知っていますか? 除菌・消臭効果のある成分ですね。 この除菌・消臭効果は他のクリーニング店ではオプションで別料金であることがほとんどです。 それがこの「」では無料でついているサービスというのはありがたいですよね。 余分な費用もかかりませんし。 今使っている羽毛布団の臭いが気になる・・・という人はこういった特別な薬剤やオプション料金のかからないクリコムをおすすめできるポイントですよ キャンペーン中で値段が半額 正直、ここが「」の1番おすすめする理由です。 それなりにしっかりとしたクリーニングのサービスで料金が半額というのはかなり強いおすすめする理由になります。 ただし、この半額キャンペーンはいつまで続けるかわかりませんし、半額キャンペーンが無くなったら順位が変わるかもです。 ただ2020年6月時点ではコスパを考えた場合、クリコムはかなりおすすめですよ。 お店によっては送料が別であったり、オプションがあったり、そもそも基本サービスが違っていたりと各社いろいろな違いがあります。 この記事ではざっくりとまとめてみただけなので、単純に比較するのも難しいと思います。 なので、今後は用途にあわせて比較ランキングでも作ってわかりやすく解説していきます。 他にも羽毛布団のクリーニングについて詳しく知りたいという人はという記事をご覧ください。 羽毛布団をクリーニングに出すメリットやデメリット、頻度や料金相場についてまとめているので参考になりますよ。

次の