二日酔い ツボ 足。 二日酔い、肩こり、疲れ目。自分で押せる「足つぼ11選」

二日酔いの治し方。即効で対処する方法。ツボ、運動でスッキリ!

二日酔い ツボ 足

足つぼマッサージ、リフレクソロジー、フットケア。 健康を左右するカギは足裏にある、というのは定説。 ライターPhil Mutz氏が医療情報サイト「」から、足裏と体の各部の深〜い関係性を分かりやすく図解してくれています。 効果のほどは未知数ですが、よければ足の横にスマホを置いてマッサージしてみては? 足裏のここが痛くなったら キケンなサイン!? 古くからのリフレクソロジーの定義によると、足の裏にはそれぞれ体の特定の部分に対応しているといいます。 そこをピンポイントでマッサージしたり、直接指圧することで、痛みを和らげ、器官、腺、および体の健康を促進するといわれています。 では、実際どのようなメリットがあるのでしょう。 体内循環を促進 まずは、ここからスタート 心臓に直結しているといわれているのが、左足裏のこの部分。 薬指と小指の付け根から下へと降りていったくぼみ。 ここを刺激することで、心臓への負担が和らぐんだそう。 また、循環器系にいい影響を与えることから、足裏マッサージをする際に、この左足の心臓のツボから順に刺激していくのがおすすめのようです。 親指の裏が固いのは 脳が疲れているからかも 足指の先端は、直接頭部および脳につながっているといいます。 親指の裏をマッサージすることで、が和らぐばかりか、脳の活動を刺激し、リフレッシュできるというのですが…。 疲れ目対策は、 人差し指と中指に付け根 目には、視覚障害、発赤、痛みなど、様々な問題が生じます。 人差し指と中指の付け根をマッサージ、または指圧することで、目の健康を促進することにつながるんだとか。 この領域と目との間に直接的な関係があるということなんでしょうね。 便秘解消は、 足裏をもみほぐす!? 女性は、とくに恩恵を受ける器官のひとつが腸。 腸内の健康を維持し、日々マッサージを心がけるようにすれば、便秘症状にもメリットがありそうですよ。 足裏の中心からかかとへ向かって、ゆっくりもみほぐしていくのがいいとPhil氏。 消化不良に悩む人はお試しを。 風邪で呼吸が辛いときは ちょっと試してみて 肺は、足の母指球(踏ん張った時に一番体重がかかる部分)の中心部とリンクしているといわれています。 風邪で呼吸が辛い時や、喘息に苦しんでいる人、愛煙家の人たちも、この部分を集中的にマッサージしてみましょう。 慢性的な腰痛には かかとマッサージ 慢性的な腰痛に悩む人、坐骨神経痛を抱えている人は、ぜひかかとをマッサージしてみませんか。 かかとと坐骨神経の間には、深い関わりがあるようです。 このほか、生殖機能のアップにもつながるんだとか。 肩こりや首筋の痛みは 親指の付け根を指圧 親指の付け根は、首とつながっているようです。 肩こりや首筋のこりが酷い時には、足裏のツボを思い出して。 もみほぐすことで、痛みや不安を緩和することができるかもしれません。 膝関節の痛みには かかとの外側を刺激 かかとの外側部分と膝がつながっていたことを知っていますか?膝の痛みに苦しんでいる人は、痛みを軽減するには、この部分をよくもみほぐすこと。 食べ過ぎ、胃もたれは 土踏まずを刺激 足の母指球のちょうど下部から土踏まずにかけて、ここをマッサージすることによって、胃を健康な状態に回復させるのに効果的というハナシ。 食べ過ぎ飲み過ぎ、胃のもたれにも足つぼ?と思ってしまいますが、気になる人は、一度「青竹踏み」や「ゴルフボール」などで、試してみてはいかがでしょう。 悶絶するほど痛い…かも ホルモンバランスを整える 甲状腺の問題は多くの人が抱えているもの。 母指球の内側をマッサージすることで、甲状腺の健康やホルモンバランスを整えることに、大きな期待が持てるそうです。 ただし…このツボは悶絶級の痛みを伴うことも。 痛みに耐えて、健康を勝ち取りましょう! 11. 飲み過ぎたと思ったら まずは、右足外側をプッシュ 肝臓を健康にするための最適なツボは、リフレクソロジストによって若干異なります。 「」のHelena Reid医師は、右足のこの部分を推奨している一人。 マッサージすることで、肝機能を促進し、健康維持にも役立つとの意見でした。 Licensed material used with permission by.

次の

酒好き女子必見!二日酔い・むくみを速攻解消できるツボ押しマッサージを紹介!

二日酔い ツボ 足

ベストな力加減 足ツボマッサージは、押すと気持ち良く感じる程度の強さでツボをやさしく押して。 痛いと感じるほど強く押すと、せっかくリラックスした筋肉が緊張してしまいかえって逆効果に。 マッサージにかける時間や頻度 ツボを押す時は、 3秒かけてゆっくりツボを押し、また3秒かけて元の位置に戻すイメージで。 この「6秒」がツボ押しのポイント。 息をゆっくり吐きながらツボを押していくと、さらにリラックス効果がアップ。 思い出した時だけするより、できれば毎日短時間でもコツコツ続けていくと不調の予防にもなってGOOD。 マッサージがNGなタイミングとは 消化のために胃に血液が集まっている 食後すぐのマッサージは消化不良を起こしやすいので避けて。 飲酒やお風呂の後のマッサージも、普段よりすでに血行が良くなっているので控えてほしい。 熱や怪我などの炎症が身体にある時のマッサージも悪化するのでNG。 生理中は自分が不快でなければ足ツボマッサージをしてもOK。 妊娠中は、必ずかかりつけの医師に相談してから。

次の

二日酔いに効くツボ!頭痛・吐き気・肝機能~手軽にできるところ8選

二日酔い ツボ 足

アルコールは肝臓で「アセトアルデヒド」という有害物質に分解されます。 お酒を多量に飲むことによってアセトアルデヒドが処理しきれなくなってしまうと、アセトアルデヒドの血中濃度が高くなり、さまざまな体の不調を引き起こしてしまうのです。 また、アルコールには利尿作用がありますので、脱水状態になってしまうことも、体の不調を引き起こす原因となります。 もしも二日酔いになってしまったら、どうすれば早くラクになるのでしょうか? 「とにかく水を飲む」という人が多いと思います。 体内のアルコール濃度を下げるという意味では、水をたくさん飲むというのは間違いではありません。 でも、もっと効果的な方法もあります。 二日酔いになってしまった時に効く方法、ツボやマッサージ、食べ物や飲み物などをご紹介していきますね。 二日酔いが辛い時には薬もいいけど ツボで改善しませんか。 二日酔いを改善するツボなら早く解消できるものもありますよ。 二日酔いの頭痛を解消するツボ 二日酔いの辛い頭痛はツボマッサージで改善できます。 両耳に親指を入れて中指で頭のてっぺんを押します。 残りの指で頭を支えて10秒キープします。 次に両手の付け根で胸の指三本下を押して離すを繰り返します。 30回押しましょう。 飲む前にこの場所を押しておくと二日酔いの予防にもなりますよ。 アルコールの分解を助けてくれるはちみつや、肝機能を高める成分が豊富に含まれているしじみは、二日酔いの頭痛や吐き気などを改善してくれる食べ物です。 しじみはそのままだと食べにくいので、お味噌汁に入れて食べることがおすすめですよ。 作るのが難しい場合にはコンビニでも購入できますので、簡単に食べることができる食べ物です。 また、アルコールの利尿作用によって、水分と一緒にカリウムも排出されてしまいます。 カリウム欠乏は体のだるさの原因にもなりますので、二日酔いのだるさにはカリウムが豊富に含まれているバナナもおすすめの食べ物です。 肝臓の解毒作用を活性化させる働きがあるアロエも二日酔いを改善してくれるので、アロエヨーグルトもおすすめの食べ物ですよ。 アセトアルデヒドをすばやく排出! 二日酔いの原因物質は、アセトアルデヒドです。 二日酔いを解消する為には、このアセトアルデヒドを早く体外に排出すればよいのです。 【ハチミツ】 ハチミツに含まれている 果糖が、二日酔いに効きます。 果糖は、ブドウ糖に分解され、肝臓の働きを助けてアセトアルデヒドの分解を促進します。 【柿】 柿に含まれている ビタミンCや カタラーゼは、アセトアルデヒドの代謝を活発にしてくれる成分です。 また、 タンニンは、胃を収縮させる為、アルコールの吸収を穏やかにしてくれます。 ですから、 二日酔いの時だけでなく、飲酒中や飲酒前に柿を食べるのもいいです。 そして、柿は果物ですから、当然ですが、ブドウ糖の素になる果糖も含まれています。 【牡蠣】 肝臓において脂肪の代謝を促進させる 「タウリン」が、豊富に含まれています。 肝臓の働きを高める、 アミノ酸、ミネラル、グリコーゲンなどが含まれています。 また、身体を正常な状態に戻そうとする作用のあるタウリンも豊富に含まれています。 【大根】 大根に含まれる スルフォラファンは、アセトアルデヒドを減少させる成分です。 また、大根には、 ビタミンCも含まれている為、アセトアルデヒドの分解もすすみます。 更に、 アミラーゼは吐き気の緩和に役立ちます。 【しじみの味噌汁】 しじみに含まれる オルニチンには、肝臓の機能を高める成分が含まれています。 二日酔いを改善する飲み物や効果は?ラムネは? 二日酔いを改善するためには、アルコールの分解を助けてくれるトマトジュースや、脱水症状を回復させてくれるスポーツドリンクや麦茶などの飲み物が効果的です。 果物に含まれるビタミンにもアルコールの分解を助けてくれる働きがあるので、りんごジュースなどを飲み物もおすすめですよ。 ただし、柑橘系の飲み物は逆に吐き気を助長させてしまいますので避けてくださいね。 また、ウコンやヘパリーゼW、液キャベコーワVなどの健康をサポートしてくれる飲み物も、胃や肝機能の働きを改善してくれる働きがあるのでおすすめです。 とにかく水分補給! 二日酔いの時には、必要な栄養素や水分が失われている状態です。 ですから、 とにかく水分補給をしなければなりません。 おすすめの飲み物を紹介します。 【スポーツドリンク】 水でもかまいませんが、 カリウム・ナトリウム・糖分などを、すばやく補給できる スポーツドリンクの方がおすすめです。 【牛乳】 牛乳は、頭痛がする場合におすすめです。 牛乳に含まれる セントロニンという成分が、血管を収縮させて、頭痛を緩和します。 【トマトジュース】 トマトに含まれている リコピンは、抗酸化力が強いことで有名ですね。 実は、リコピンは、アセトアルデヒドが作られにくくする働きをします。 【グレープフルーツジュース】 グレープフルーツには、 ビタミンCが豊富です。 そのため、アセトアルデヒドの分解が進みます。 また、 イノシトールは、肝機能を向上させます。 そして、 クエン酸も豊富に含まれていますが、クエン酸は胃腸を保護しつつ、肝機能を高めてくれます。 【ラムネ】 アルコールの分解には、 ブドウ糖が必要です。 ブドウ糖をとれば、肝臓の機能を助けて早くアルコールを分解してくれます。 果物に入っている果糖は、分解されるとブドウ糖になります。 また、砂糖の中にもブドウ糖は含まれています。 ですから、甘いものなら何でも、アルコールの分解を助けてくれるということになります。 ただ砂糖や果糖は、分解しないとブドウ糖になりませんから、ブドウ糖そのものを摂取した方が、よいということになります。 実は、原料の殆どが「ブドウ糖」という駄菓子があります。 それは、 ラムネです。 ただし、すべてのラムネ菓子の主成分がブドウ糖という訳ではありません。 原材料を確かめて、「ブドウ糖」と書かれているものを選ぶといいでしょう。 二日酔いを悪化させる食べ物や飲み物は?迎え酒は? 二日酔いを改善させる方法として、 もう一度お酒を飲む 「迎え酒」という方法を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。 しかし 迎え酒は 逆効果になってしまいます。 アルコールを分解しようと負担がかかっている肝臓に、さらにダメージを与えることになります。 楽になったように感じるのはアルコールが体の感覚を麻痺させているだけですので、根本的な解決にはなりません。 むしろ、迎え酒が常習化してしまうと、アルコール依存症にもなりかねないので絶対にやめましょう。 また、 二日酔いの際にはカフェインを含む飲み物の摂取にも注意が必要です。 カフェインを含む飲み物には利尿作用があり、アルコールによる脱水をさらに進めてしまうことになりますので、二日酔いの際にカフェインを含む飲み物は避けてくださいね。 また、二日酔いの時には、胃腸に負担がかかっていますから、なるべく消化にいい食べ物を摂るようにしましょう。 ですから、 生のものや、固いもの、脂っこいもの、刺激物は避けた方がいいですね。 二日酔いに効果的な薬は? 二日酔いで胸やけや胃もたれが不快な場合には、 薬の服用も効果的です。 お酒だけを飲むのではなく、お酒以外の飲み物や食べ物と一緒にお酒を飲むと二日酔いになりにくくなります。 特に、 お酒を飲む前におすすめなのが、 牛乳やチーズなどの乳製品を飲んだり食べたりしておくことです。 乳製品の成分が胃に作る膜が、胃の粘膜を守りアルコールの吸収スピードが遅くしてくれるので、体への負担を抑えてくれますよ。 枝豆や豆腐などの大豆製品や、肉類、魚類など、たんぱく質が含まれる食べ物は、アルコールを分解する力を高めてくれるので、お酒と一緒に食べることがおすすめです。 また、お酒を飲む際には水分もしっかり飲んでおきましょう。 特にビールには利尿作用がありますので、ビールを1杯飲んだら水を1杯飲んでおくと二日酔いの予防になりますよ。 ちなみに、ウーロン茶などのお茶にも利尿作用がありますので、一緒に飲むのはお茶ではなく水にしてくださいね。

次の