セレスティーヌ・ド・オイリア。 柏市(千葉)のNURO光回線対応エリア マンション・アパート名も掲載

柏市(千葉)のNURO光回線対応エリア マンション・アパート名も掲載

セレスティーヌ・ド・オイリア

『殺人の追憶』ポン・ジュノ監督に続く韓国三大未解決事件の実話を映画化!事件はまだ終わっていない 1991年3月26日統一地方選挙、大邱近郊・トアプ山のある麓の村で、カエルを捕まえると言って出かけた5人の小学生が行方不明になる事件が発生する。 事件を暴いて特ダネをスクープしようとするMBC放送のカン・ジスン、犯人を分析するファン・ウヒョク教授、子供たちを必死になって捜しまわる刑事パク・ギョンシク。 彼らはそれぞれの思惑で事件を追いかけるが、ある日、ふとしたことから失踪した子供の父親に容疑がかけられる・・・。 監督:イ・ギュマン 脚本:イ・ヒョンジン、イ・ギュマン キャスト:パク・ヨンウ、リュ・スンリョン あの文芸エロスの傑作『O嬢の物語』を大胆に翻案! 真実の愛がわからず心も身体も満たされない男が、背徳と悦楽の世界に堕ちていく様を過激に描いた衝撃作。 名作『O嬢の物語』の世界観を真に受け継ぎ、主人公を男性に置き換え大胆な新解釈で映像化。 8月のパリ。 恋人がいるにも関わらず、日々、女に対する妄想にさいなまれているリチャードは、パリの街に住む女性たちと出会いを重ね、 セックスによって湧き出る欲求を満たそうとする。 しかし、次第にそれだけでは自分の中に芽生え始めた歪んだ性欲を抑えることができなくなり、 様々な女性たちと様々な体験を通して、濃密なエロティシズムの迷宮へと足を踏み入れてゆく・・・。 監督・脚本・製作・美術・衣装:ダミアン・オデゥール 出演:マチュー・アマルリック、リズレーヌ・エル・コーエン アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞に輝いた前作「皇帝ペンギン」で、今や、動物ドキュメンタリーの第一人者となったリュック・ジャケが、 動物に魅せられるきっかけとなったのは、少年時代に森で出会った、一匹のきつねであった。 本作は、モンブランを臨む山岳地帯で育った監督自身の実体験をベースに、野生のきつねと少女のふれあいを描くジャケ監督初の長編ドラマ。 監督ならではの視点で、森の動物たち、大自然の四季折々の移り変わりを、圧倒的なカメラワークでフィルムに収めながら、時にやさしく繊細に、 時にリアルに過酷にほろ苦く描いていく。 フランス本国のみならず、世界中の観客の心を癒し、老若男女問わず、数多くの観客に愛された極上のファミリー映画である。 爆弾テロ犯として追われる彼は、公安警察の悪徳刑事アネダに捕らえられ、減刑を条件に同士たちを密告する。 2年後、出所してムショ仲間のストリップクラブで働き始めたジョルジョは、ダンサーのチップの上前をはね、 常連客の妻を脅して体でツケを払わせるなどやりたい放題。 ピンはねがバレると、ムショ仲間の組織の麻薬取引現場を アネダとともに襲い麻薬と現金を横取り。 金額が少ないことにアネダが激怒すると、今度は現金輸送車を襲撃することになるが・・・。 アメリカ・アイオワ州に住む73歳のアルヴィン・ストレイトは、娘のローズと二人暮らし。 ある日。 10年来仲違いしていた76歳の兄ライルが心臓発作で倒れたという電話が入り、アルヴィンは和解するために、兄との再会を決心する。 しかし運転免許もなく、目も身体も不自由な彼の唯一の交通手段は時速8キロのトラクターだけ。 「たったひとりの兄と星空の下で話がしたい」という想い出、560キロ離れたウィスコンシンへ旅立つアルヴィン。 監督:デイヴィッド・リンチ 脚本:ジョン・ローチ、メアリー・スウィーニー 出演:リチャード・ファーンズワース、シシー・スペイセク 40歳になった日、詩人のジョーンは自分が講師を務めるダンス教室に、4人の恋人を呼び出す。 ロシアの巨匠ニキータ・ミハルコフ監督が放つ、渾身の戦争超大作! かつてスターリンによる大粛清に巻き込まれた父と娘は16年後、第二次世界大戦 対ドイツ戦の真っただ中にいた。 父・コトフ大佐は過酷な強制労働所を脱出後、一兵卒として戦場の最前線に。 最愛の妻と娘は処刑されたものと思い込み、絶望の日々を過ごしていた。 娘・ナージャも父は死んだものと悲しみの日々を送っていたが、ふとしたことからその生存を知り、父と会うために従軍看護師として激戦地に身を投じる。 だが彼はなぜか喜んでくれない。 数日後、訪ねてきたスティーブンの兄ロルフを見てキャロルは、その小ささにびっくり。 スティーブン以外の家族はみんな小人病なのだと聞き、ショックを受けてしまう。 生まれてくる子供も小人病ではないのか?募る不安に何も答えてくれないスティーブンに替わって、ロルフが叔父さん一家を紹介し、ともに親身に相談に乗ってくれた。 明るく前向きな彼らの姿に自分を恥じ、出産を決意するキャロル。 同時に彼女はロルフに惹かれる自分も感じていた・・・。 監督:マシュー・ブライト 脚本:ビル・ワイナー 出演:ケイト・ベッキンセール(『アンダーワールド』シリーズ『パールハーバー』)、 ゲイリー・オールドマン(『ハリー・ポッター』シリーズ『バットマンビギンズ』) マシュー・マコノヒー(『サハラ 死の砂漠を脱出せよ』『10日間で男を上手にフル方法』) ソフィー・マルソー&モニカベルッチ 豪華2大ヨーロッパ女優共演で贈る、 衝撃のエロチック・サスペンス ジャーナリストとして成功し、愛する夫と二人の子供にも恵まれたジャンヌ。 しかし初めて書いた自伝小説が編集者から酷評されてしまう。 やがて彼女は身の回りに違和感を覚え始める。 夫や子供の顔が他人に見え、 さらには自分の顔までも見知らぬ女に変化して見えるのだ。 ジャンヌは恐怖に怯えるが、周囲の人は執筆で疲れているのだと取り合わない。 誰も信用できなくなったジャンンは、一枚の写真を手がかりに旅に出る。 そこで彼女は、少女時代に隠されたある秘密を知ることに・・・。

次の

#32 EPISODE132:混乱する戦場と超大猿ベビーのパワー

セレスティーヌ・ド・オイリア

ケルベロス第五の首 The Fifth Head of Cerberus 著者 訳者 発行日 発行元 Ultramarine Publishing Company 言語 英語 形態 ページ数 331(国書刊行会版) コード [ ] 『 ケルベロス第五の首』(けるべろすだいごのくび、 The Fifth Head of Cerberus)は、がに発表した長篇小説。 日本では、の翻訳でから出版された。 ウルフの長篇第2作であり、やなど、その後も著者が取り上げるテーマが描かれている。 いくつもの形式や文体が織り込まれ、くわえて謎解きの要素をもつことから、読者からも評価されている。 題名にあるとは、においての入口でをしているとされる、3つ頭ののである。 概要 [ ] 連作中篇を1冊の単行本として発行したもの。 最初の中篇「ケルベロス第五の首」は、1972年にが編集したアンソロジー の第10号に掲載された。 物語は、地球から20光年離れたサント・クロアとサント・アンヌという2つの惑星を舞台とし、次の3篇で構成される。 ケルベロス第五の首( The Fifth Head of Cerberus) - サント・クロアの屋敷に住む男性の回想記• 『ある物語』ジョン・V・マーシュ作( "A Story," by John V. Marsch) - 少年を中心とした民話風の物語• V・R・T( V. ) - サント・クロアの囚人の尋問記録 各中篇の登場人物とあらすじは後述。 サント・クロアとサント・アンヌは、双子惑星となっている。 サント・アンヌには、「アボ」と呼ばれた原住種族がいた。 アボは変身能力をもち、手先が不器用で地球人の道具をうまく使えないと言われている。 通説によれば、アボは地球人の植民によって絶滅したとされるが、別の説も存在する。 アボは逆に地球人を絶滅させて取って代わったが、記憶を失ってしまったというもので、ヴェールの仮説と呼ばれる。 こうしたアボについての謎が、3篇をつなげる役割をはたしている。 主な登場人物 [ ] ケルベロス第五の首 [ ] 第五号(Number Five) 語り手。 文中では「わたし」。 サント・クロアの〈犬の館〉と呼ばれる屋敷に住み、館の主人である父に第五号と名づけられる。 茶色の髪と目、尖った顎をもつ。 デイヴィッド(David) 幼い頃から第五号とともに育つ。 館の主人の実の息子。 ブロンドでカールした髪と青い目をもつ。 ミスター・ミリオン(Mr. Million) 第五号とデイヴィッドの家庭教師であるロボット。 主人(Maitre) 〈犬の館〉の主人。 第五号には父と呼ばれているが、遺伝的には同一人物。 自らのを何度も作っている。 Aubrey Veil) 第五号の叔母と名乗るが、遺伝的には第五号の2世代前の人物の娘。 脚が弱いため特殊な装置で移動する。 アボに関する「ヴェールの仮説」を立てる。 フィードリア(Phaedria) 第五号やデイヴィッドの友人になる少女。 黒い髪、アーチを描く黒い眉、紫色の目をもつ。 脚にギプスをしているときに第五号と知りあう。 マーシュ博士(Dr. Marsch) 地球から来たと名乗る男。 サント・アンヌで数年をすごしたのち、サント・クロアを訪れた。 黒い髪と明るい緑色の目をもつ。 『ある物語』ジョン・V・マーシュ作 [ ] 砂歩きのジョン(John Sandwalker) 物語の中心となる少年。 丘人の母から生まれる。 他の丘人たちと同じく緑色の目をしている。 東風のジョン(John Eastwind) 砂歩きと同じ母から生まれるが、川で流されて沼人の一員となる。 待ち受ける七人の娘(Seven Girls Waiting) 砂歩きと親しくなる少女。 〈ピンクの蝶々のメアリー〉という名の赤子を連れている。 影の子(Shadow Children) 砂歩きから見れば貧弱な種族。 影の子の老賢者によれば、自分たちは星を旅してこの地にきたが、毒草を口に入れる習慣を身につけたために今の姿になったという。 沼人(marshmen) 下流の沼沢地に住む。 砂歩きたちを捕らえて儀式の生け贄に捧げようとする。 V・R・T [ ] ジョン・V・マーシュ(John V. Marsch) 物語の中心人物のひとり。 20代後半。 サント・アンヌからサント・クロアを訪れ、〈犬の館〉を訪問したのちに囚人となる。 地球から来た人類学者だと主張するが釈放されない。 士官(officer) サント・クロアの士官。 囚人であるマーシュの資料を調べる。 R・トレンチャード(R. Trenchard) サント・アンヌの物乞い。 赤い髪、青い目、長い上唇をもつ。 ヴィクター・R・トレンチャード(V. ) トレンチャードの息子で、黒髪と緑色の目をもつ。 自称16歳。 自分の母親はアボだと語り、マーシュの助手となる。 泳ぎや喋りの物真似はうまいが、手先は不器用。 セレスティーヌ・エティエンヌ(Celestine Etienne) マーシュが逮捕された下宿にいた女性。 茶色く縮れた髪、尖った顎、アーチを描く黒い眉、青紫色の目をもち、ピンクのドレスを着る。 あらすじ [ ] ケルベロス第五の首 [ ] 語り手の「わたし」が住むのは、サント・クロアの都市ポート・ミミゾン、サルタンバンク通りの666番地。 ケルベロスが置かれていることから〈犬の館〉と呼ばれる屋敷だった。 兄弟のデイヴィッドと共に育った彼は、父に第五号と名づけられ、催眠治療を受けるようになる。 この治療のため、第五号は記憶に欠落が生じるようになる。 第五号は、ジーニー叔母さんと名乗る女性から、「ヴェールの仮説」を教わる。 また、地球から来たというマーシュ博士からは、自分が父のクローンである可能性を教えられる。 第五号は、奴隷のなかに自分に似た者がいることに気づき、父が失敗作のクローンを売っていたことを知る。 ある日、第五号は父の殺害を決心する。 彼は外科用のメスを隠し持って父に会うが、ちょうどマーシュ博士が訪問する。 第五号は、マーシュ博士がアボだと主張し、そののちに父は死亡する。 『ある物語』ジョン・V・マーシュ作 [ ] 丘人の〈揺れる杉の枝〉という女は、〈砂歩き〉と〈東風〉という2人の男児を生んだ。 全ての男児は、男を意味する言葉である「ジョン」を名づけられるため、2人は砂歩きのジョンと東風のジョンと呼ばれる。 東風のジョンは生まれてすぐに川で流され、生き別れになる。 少年となった砂歩きのジョンは、狩りの最中に〈影の子〉たちと出会い、友人になる。 砂歩きは、〈待ち受ける七人の娘〉と出会い、彼女と暮らす。 しかし母や仲間が沼人に捕まったと知り、湿地へ向かう。 砂歩きは仲間を助けようとするが失敗し、囚われの身となる。 沼人は砂歩きたちを生け贄に捧げようとしており、沼人のなかには東風の姿もあった。 待ち受ける七人の娘や影の子も沼人に捕まり、砂歩きの仲間は、沼人の儀式で次々と犠牲になる。 かつて自分たちは星から来たと語る影の子は、助かるために星船を呼ぶ。 V・R・T [ ] マーシュは、サント・クロアで囚人となっていた。 サント・クロアの士官は、警察から送られた資料を確認する。 そこには、サント・アンヌでの調査記録、表紙にV・R・Tと書かれた英作文練習帳、囚人が独房で書いた文書、尋問の記録が含まれている。 マーシュには殺人とサント・アンヌのスパイ容疑がかかっていた。 サント・アンヌでの調査記録によれば、マーシュはアンヌ人(アボ)の存在について聞き取りをしていた。 マーシュは、自分がアボだと主張するトレンチャードという男に会うが、彼はアボには見えなかった。 マーシュは、トレンチャードの息子でアボとのハーフだというV・R・Tを助手にする。 V・R・Tは、自分の母はアボであり、かつて野外でアボに会ったと語る。 マーシュは、アボを求めてサント・アンヌ奥地を調査するが、少年が川に落ちて死んだと記していた。 マーシュは、〈犬の館〉を訪問後に逮捕される。 彼は他の囚人と壁を叩いて会話をしつつ、ペンと紙を借りて文章をつづる。 そこには、〈犬の館〉でヴェールと会ったことや、幼い頃の体験が書かれていた。 やがてマーシュは自分が捕まった理由を知る。 〈犬の館〉の主人を捜査に協力させてはどうかと提案するが、館の主人がすでに死んだことを知るのだった。 年表 [ ] 以下は、本作の記述をもとにした年表。 「ケルベロス第五の首」の最後の記述を基準とする。 ページ数は、国書刊行会の初版による。 約310年以上前:アンヌ人(アボ)が聖地に木を植える(p248)• 約150年前:〈犬の館〉が建てられる(p53)• 約90年前:ブラント夫人、子供時代にアボと遊ぶ(p192)• 約60年前:サント・クロアの人口が減少をはじめる(p53)• 約60年前:ロベール・キュロの祖父がアボを目撃(p195)• 約60年前:〈犬の館〉の主人が生まれる(p94)• 日付不明:ジーニー叔母さんが生まれる(p33、90)• 約57年前:ロベール・キュロの祖父が死去(p195)• 約40年前:〈犬の館〉の主人、父を殺そうと決心する(p90)• 37年前 :ハグスミス博士、フレンチマンズ・ランディングに住む(p197)• 約33年前:V・R・Tが誕生(p296)• 30年前:第五号が誕生(p100、101)• 日付不明:〈犬の館〉の主人、子供のブローカーをやめる(p83)• 日付不明:第五号、ピンクのドレスの女性に会う(p13)• 約23年前:第五号、〈犬の館〉の主人に会う(p23)• 17年前:マーシュ、サント・アンヌに到着(p262)• 17年前 3月13日:マーシュ、ブラント夫人の話を聞く(p191)• 17年前 日付不明:マーシュ、D氏の話を聞く(p194)• 17年前 日付不明:マーシュ、ロベール・キュロから祖父の話を聞く(p194)• 17年前 日付不明:マーシュ、ハグスミス博士の話を聞く(p197)• 17年前 日付不明:マーシュ、ド・F氏の話を聞く(p201)• 17年前 3月21日:マーシュ、トレンチャードやV・R・Tと会う(p235)• 17年前 3月22日:マーシュ、トレンチャードの案内でアボの聖地を見る(p235)• 17年前 4月5日:マーシュ、V・R・Tを連れてサント・アンヌ奥地の調査に出発(p203、269)• 17年前 4月6日:マーシュ、最初の夜営(p203)• 17年前 4月7日:マーシュ、入植地を越えてサント・アンヌ奥地へ入る(p203)• 17年前 4月8日:マーシュ、自分たちをつけてくる猫を発見(p203)• 17年前 4月10日:マーシュ、V・R・Tにインタビュー(p209)• 17年前 4月11日:マーシュ、水牛に似た動物を狩る(p212)• 17年前 4月12日:マーシュ、V・R・Tが女と会っていると疑う。 ハカアラシグマにラバを襲われる(p292)• 17年前 4月13日:マーシュ、ラバの死体のまわりで人間の子供のような足跡を見る(p294)• 17年前 4月15日:マーシュ、丘陵地帯へ到着(p294)• 17年前 4月16日:マーシュ、V・R・Tにインタビュー(p295)• 17年前 4月21日:マーシュ、高さ30フィートほどの樹上で見張り。 V・R・Tがアンヌ人の女と会っていると考える(p299)• 17年前 4月22日:マーシュ、ハカアラシグマとオイカケドラを射殺(p308)• 17年前 4月23日:マーシュ、猫に手を噛まれる(p309)• 17年前 4月25日:マーシュ、キャンプを畳む(p310)• 17年前 4月26日(後日のマーシュの指摘では6月1日執筆):マーシュ、V・R・Tが死んだと書く。 V・R・Tは高さ200メートルの峡谷で登攀に失敗し、川に落ちた(p310)• 17年前 4月29日:マーシュ、少年の死体を洞窟に隠す。 猫を殺す(p311、315)• 17年前 6月3日:マーシュ、丘をのぼる(p313)• 17年前 6月4日:マーシュ、少年の死後、1ヵ月以上火を起こしてきたが止める。 地球人が来る前の自由の民の生活を推測する(p313)• 17年前 6月6日:マーシュ、川沿いに山へ向かう(p316)• 17年前 6月7日:マーシュ、服を身につけず靴だけをはいて進む(p316)• 17年前 日付不明:マーシュ、裸の人間に囲まれる夢を見る(p317)• 13年前 4月2日:マーシュ、サント・クロアに到着(p318)• 13年前 4月:第五号、フィードリアと出会う(p42)• 13年前 49の翌日:第五号、〈犬の館〉でポーターを始める(p47)• 13年前 50の2、3日後:マーシュ、第五号やヴェール博士と会う。 この時は冬服(p48、303)• 13年前 51の後日:マーシュ、夏物の衣服を買う(p287)• 13年前 51の後日:第五号、フィードリアにマーシュやヴェール博士について話す(p55)• 13年前 53の翌日:第五号、ミスター・ミリオンの秘密を知る(p58)• 第五号は当時18歳(p100、318)• 12年前 6月6日4時頃:マーシュ、逮捕される(p221)• 12年前 日付不明:第五号が逮捕される(p100、318)• 12年前 57の数週間後:マーシュ、エティエンヌと面会する(p307)• 11年前 夏:サント・クロアの士官、マーシュの取り調べ資料を確認(p181、233、317)• 3年前:第五号が釈放される(p101)• 1日前:フィードリアが子供を連れて〈犬の館〉を訪問(p101) 書誌情報 [ ] 英語版• 1972年, HB, USA版, Ultramarine Publishing Company,• 1973年, HB, UK版, ,• 1975年, PB, UK版, Quartet Books,• 1983年, PB, UK版, ,• 1994年, PB, USA版, ,• 1999年, PB, UK版, Gollancz, 翻訳• 『ケルベロス第五の首』 柳下毅一郎訳、国書刊行会〈〉、 - 訳者あとがき「失われた作家を求めて」 参考文献 [ ]• 「ジーン・ウルフ特集」『』2004年10月号 日本における評価 [ ]• 「」2005年版 第4位• 「」2005年版 第19位 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (英語)• (英語)• (本作についての事典や地図などがある。 英語)• (ultan. net) この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

異世界居酒屋「のぶ」|最新話【54話】あらすじ・ネタバレ(ヤングエース7月号)漫画を無料で読む方法

セレスティーヌ・ド・オイリア

[chapter:本編を読む前の注意事項] この小説は今までの過去作とは違い、初のオリジナル小説です 章によってはクロスオーバーする事があり、その作品のキャラが出るかもしれない。 本作は学園版『正義の心と仲間達の絆』の続編 完結後から約5年後が舞台 にあたる作品。 本作はあくまでフィクションです。 実在の人物・作品・団体・その他様々な存在を貶める意図はありませんので、その辺に関しましてはご注意ください。 この小説は基本的に以下の要素が含まれる事があります。 まずは次ページの注意点を読んでご愛読ください。 [newpage] 1.本作は基本、オリジナルで進んで行く 章によってはオリジナルでない場合がある。 新たな作品のキャラクターが登場する場合もある。 2.学園版『正義の心と仲間達の絆』の続編の為か、色々紛らわしい設定になっている。 3.基本的には全年齢対象小説。 4.新たなオリキャラが多数登場する予定。 味方側は勿論、敵側にもオリキャラが出る。 5.主人公達はカオスペース団と言う組織を立ち上げ、仲間達と協力して敵に挑んでく。 6.オリキャラの募集は勿論、カオスペース団に頼みたい仕事の依頼内容を常時募集中。 7.この小説はバトルあり、シリアスあり、恋愛あり、ギャグあり等の混沌要素があります。 メインはバトルやシリアスですが、恋愛やギャグ等も入れるので安心して読めます。 8.本編ストーリー中に過去の回想をする場合もありますが、その際に『こんなのあったか?』と思う方もいらっしゃるかもしれません。 ですが、その点は予めご了承ください。 尚、次ページにある『本編直前にコレだけは必ず読んでおく事』も必ず目に通す様、お願いします。 [newpage] [chapter:本編直前にコレだけは必ず読んでおく事] 絆学園がある伝説町、ゼパレスト学園がある近未来都市ヴェルアクードは勿論、他の世界でも有名と言われ、歴史に名を刻み込もうと世間に名を轟かせる集団があった。 その集団は一癖も二癖もある、強者揃いの一味だった。 皆のお姉さん的存在の竜騎士と大昔の龍の巫女、惑星スペクテリア出身の姉妹揃って忍び一族の忍宇龍姉妹、同じく右手に銃と左手に剣を持つ二刀拳銃の少女、ジュラシック惑星の恐竜達に懐かれている巫女姉妹、ディストリエ王国の姫君にして、砂漠の聖女と呼ばれている少女、黒き龍姫と呼ばれる二刀剣士の少女、天使の歌姫と死神の歌姫と呼ばれているアイドルのフレットガーノ姉妹、皆のムードメーカーで爆炎の槍を自在に使う少女。 その彼女等が好意を抱く爆炎二刀流少年は、その集団のリーダーでもあった。 世間に名を轟かす彼等の団体名は、カオスペース団!! [newpage] 神海佳「ねぇ、貴方」 仁郎「何だ?」 神海佳「少し休憩しない?丁度良い所を見つけたの」 仁郎「どんな場所なんだ?」 神海佳「行列が絶えない人気店なの。 ある新作メニューが話題沸騰で、それがキッカケで取材班、インタビュー、マスコミが来るぐらいよ」 仁郎「そうなのか。 なら、行ってみるか。 克多達への良い土産話になりそうだしな」 神海佳「あら、それも良いわね。 【性格】男勝りでサバサバしているが、根は乙女一直線で可愛いモノ好き。 それはどんな難解な公式であろうと、3分も経たない内に解いてしまう程。 但し、その分頭に回すエネルギーが大量に要る為食費が馬鹿にならない 汗。 現在は克多逹の協力者として主に技術者逹の統括やメンテナンスを受け持っている。 幸村とは彼が小学生からの知り合いであり、彼女にとって幸村 オリ は『可愛い弟』みたいに接しているが、最近は『1人の男性』として意識しつつあるらしい。 束とは同じ天才頭脳同士で親交があるが、束に『人との繋がりのありがたみ』を説いている為か束にとって彼女は『頭の上がらない存在』だったりする。 因みに、絆学園にいた頃は本名で呼ばれるのをあまり好まなかった 本人曰く『本名で呼ばれるのは照れ臭くて恥ずかしい』との事 苦笑 が、現在は幸村と数名の人にだけだが本名で呼ばれても大丈夫になっている と言っても、愛称の方は幸村だけだが 苦笑。 【武器】現状不明。 [newpage] [chapter:前回までのあらすじ] 気絶した克多達を見て嘲笑うベビーに、ヴァルナは黒獅子のオーラを纏い、怒りを爆発させた。 ヴァノラもベビーに対する怒りを爆発させ、ヴァルナと共にベビーに反撃を開始する。 彼女達の生まれ故郷、フレットガーノ王国をベビーによって侵略された怒りが、彼女達に力を与えていた。 ベビーが気を高めた事で吹っ飛ばされるも、間一髪の所で克多が駆け付け、逆にベビーを吹っ飛ばした。 再び立ち上がった克多達が、ベビーに総攻撃を仕掛ける。 リーナ達は編み出した姉妹奥義を放ち、炸裂させた。 ベビーを後1歩の所にまで追い詰めるも、洗脳されたラルガとアクシリアが超ブルーツ波を浴びせた事で、ベビーは巨大な大猿へと姿を変えてしまった。 果たして、克多達はベビーを倒す事が出来るのか!? [newpage] 天狼 何なんだ?この胸騒ぎは 惑星ドルステリアにある施設では、その指揮官である天狼が何かを感じていた。 天狼 良く分からないが、何か嫌な予感がするな 彼がそう思っていると、数人の少女達が部屋に入って来た。 プリンツ「指揮官?如何かしたのかしら?」 ベルファスト「ご主人様。 何か悩み事でも?」 三笠「何か嫌な夢でも見たのか?」 イラストリアス「私達に何か出来る事は?」 エンタープライズ「何か困り事か?」 アドミラル「アンタが考え事なんて、珍しいわね」 彼を慕ってくれている、艦娘達だった。 天狼「ああ。 まだ具体的には分からないが、何かの陰謀が蠢いてるのかもしれない」 エンタープライズ「陰謀?また、この間の様な奴等が来るのか?」 エンタープライズの質問に、天狼は違うと首を横に振った。 天狼「いや、そうじゃない。 それとは違う、何かだ」 艦娘達は皆、天狼が何を感じているのかは分からなかった。 三笠「一体、何が起きようとしてるんだ?指揮官」 天狼「さぁな。 俺も其処までは分からない」 嫌な予感はしているが、それが何なのかは分からないままだった。 イラストリアス「指揮官様。 何を考えておられたのですか?」 何を考えていたのか気になった艦娘達は、天狼にそう聞いた。 天狼「先程から、妙な胸騒ぎがするんだ」 プリンツ「胸騒ぎ?何なのよ、それは」 天狼「まだハッキリとは言えないが……俺達が住む惑星ドルステリアではない何処かで、何か良からぬ事が起きようとしてる。 俺はそう思った」 アドミラル「成程ね。 それなら、指揮官が悩みを抱えるのも納得出来るわ」 天狼「それならって……俺だって悩みを抱える事ぐらい、あるんだぞ?」 ベルファスト「お疲れの様でしたら、私がマッサージをしましょう」 天狼「マッサージをしてもらう程じゃないんだが……」 天狼が数人の勘娘達と話をしていると、 [newpage] 山城「殿様~。 お客さん達を2人、此方に連れて来ました~」 天狼「そうか。 此処に入って来て良いぞ、客人達よ」 山城が天狼に、客人を2人連れて来た事を報告した。 部屋に入って来た客人達は、 仁郎「いきなりの来客で悪かったな」 克多の義理の両親、仁郎と神海佳だった。 神海佳「急に来ちゃって、ご免なさいね」 天狼「誰だ?お前達は」 天狼は何者かと聞いた。 それを聞いた神海佳は、こう答えた。 神海佳「私達はコレから、ある惑星に向かうの。 悪い奴を懲らしめる為に」 2人は悪い奴を懲らしめる為、その惑星に向かうそうだ。 天狼「悪い奴?誰だ、それは」 神海佳「時間が無いわ。 説明は私達の宇宙船の中でしてあげるから」 彼等の宇宙船が、すぐ近くに置かれていた 許可は貰っている。 仁郎「そう言う事だ。 すぐに出発の準備をするから、アンタは此処の連中を集めてくれ」 仁郎と神海佳は、天狼に艦娘達全員を集合させろと言った。 天狼「別に構わないが、何故艦娘達も?」 神海佳「人数は多いに越した事無いでしょ」 仁郎「モタモタしてると、置いて行っちゃうぞ」 天狼「……分かった、すぐに準備をする。 少し時間は掛かると思うが、我慢してくれ」 仁郎と神海化の頼みに、天狼は承諾した。 仁郎「別に構わないって。 そんじゃ、俺等は宇宙船で待ってるぜ」 神海佳「何時でも行ける様、発射準備は済ませておくわ」 2人はそう言って、自分達の宇宙船に戻って行った。 天狼「さてと。 コレから皆を集めて、事情を説明してやるか」 [newpage] 〈第17章〉復讐の邪悪生命体編 【OP】ノーポイッ!/Petit Rabbit's [chapter:EPISODE132:混乱する戦場と超大猿ベビーのパワー] 超大猿ベビー「フハハハハ!!アハハハハ!!ギャハハハハ!!」 仁郎&神海佳と天狼が赴こうとしているフレットガーノ王国では、カオスペース団と戦っているベビーが超ブルーツ波を浴びた事で、黄色い大猿へと姿を変えていた。 リーナ「ちょっ、何スか!?アレ!!」 ベビーがいきなり変身&巨大化した事に、リーナはギョッとした。 龍鐙「オイオイ、こんなのありかよ!?」 美乃「何が如何なってるんですか!?」 カオスペース団は勿論、ゼパレスト学園と冬夜ファミリーも驚いていた。 超大猿ベビー「如何だ?大猿化した俺の凄さは」 不気味な笑みを浮かべたまま、ベビーは克多達にこう言った。 超大猿ベビー「例え貴様等が束になって来た所で、今の俺に勝てる訳がない。 お前達がまだ全力で無かったとしても、大猿化した俺を倒す事は出来ないからだ!!」 絶対に勝てない。 そう言ったベビーに、 フォルトナ「調子に乗るな、ベビー!!」 フォルトナが怒鳴り声を散らした。 更に、 リア「大猿化だが何だか知らないが、図に乗るな!!」 ゼファーダ「デカくなったぐらいで良い気になるな、貴様!!」 他の皆も、ベビーに向かってそう言った。 ミルファ「倒せないですって?ふざけないで!!」 ミフェノ「そんなの、やってみなきゃ分からないよ!!」 レミア「姿形が変わろうと、私達は貴方を倒す!!」 龍華「大猿になったからって、怯えないんだから!!」 健太郎「ワイ等の調子を狂わそうとしても、そうは行かへんで!!」 アミルダ「大猿化したからって、何だって言うのよ!?」 ブーイングの嵐を吹き荒ぶカオスペース団に、 [newpage] 超大猿ベビー「ホウ。 ならば、試してみるか?実際に」 ベビーは不敵な笑みを浮かべた。 すると、 銀時「ヤベェ!!俺達の方に来たぞ!?」 冬夜「克多達に気付かれる事無く、一瞬で!?」 岩陰に隠れていた彼等の所に、一瞬で辿り着いた。 壱弥「皆、急いで逃げろ!!」 其処にいた全員に逃げろと指示を出すも、時既に遅し。 超大猿ベビー「バカめ。 今更逃げた所で、もう遅いわ!!」 幸村達は別の所に隠れていたので、ベビーには気付かれていない。 だが、 ゼパレスト学園「「「「「「「「「「グワァァァァァァァァァァ!!」」」」」」」」」」 冬夜ファミリー「「「「「「「「「「ウワァァァァァァァァァァ!!」」」」」」」」」」 ゼパレスト学園と冬夜ファミリーは見つかり、ベビーの強大な一撃を喰らってしまった。 七種「ちょっ、嘘でしょ!?」 パワーアップしたベビーの一撃を見て、七種は驚いていた。 ティスタ「コレが、大猿化したベビーのパワーなのか!?」 幸村「しかも、前よりも一段と上がっているぞ!!」 アリッサ「此処に来て、こんなのが出て来るなんて……」 閃「オイオイ、こりゃヤベェんじゃねぇか?」 幸村、閃、七種、ミスティ、ソルビアンコの5人は前にも見ているが、やはり強過ぎる。 ミスティ「前にも見ましたけど、アレはヤバいですよ!?」 ソルビアンコ「此処でアレが来るなんて、最悪だわ!!」 しかし、彼等の発した声は少し大きかった。 そのせいか、 超大猿ベビー「……やはり、其処にもいたか」 幸村達の所も、ベビーに気付かれてしまった様だ。 [newpage] 黒架「ベビーが其方に向かいましたわ!!」 ヴァルナ「アンタ達、其処から早く逃げて!!」 早く逃げろと促すも、此方も遅かった。 超大猿ベビー「今更気付いた所で、もう遅いわァァァァァァァァァァ!!」 ドゴォォォォォォォォォォン!! 幸村 閃「「グワァァァァァァァァァァ!!」」 ミスティ 七種 ソルビアンコ「「「キャァァァァァァァァァァ!!」」」 ティスタ「グアァァァァァァァァァァ!!」 アリッサ「嫌ァァァァァァァァァァ!!」 大猿化したベビーの一撃を喰らい、幸村達も吹っ飛ばされて行った。 ヴァノラ「ベビーの奴、大猿化しただけであそこまで……」 アーシャ「パワーもスピードも、先程より桁違いに上がってますね」 先程までとは比べられないぐらい、ベビーのパワーとスピードは上昇していた。 超大猿ベビー「見たか!?コレが大猿化した、俺の力だ!!」 それでも尚、カオスペース団は退く事無く立ち上がった。 メリカ「コレぐらいで退く訳無いでしょ!!」 克多「お前が大猿化しようと、僕達は絶対に負けない!!」 しかし、そんな克多にベビーは腹が立っていた。 超大猿ベビー「貴様……!!ホントにムカつくんだよ、そう言う事を言う奴は!!」 ベビーの豪腕が振るわれ、克多に襲い掛かる。 克多「グッ!!ヌゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ……」 克多は何とか抑えるも、少しずつ後ろに押され始めていた。 リーナ「克多!!」 黒架「ご主人様!!」 リーナと黒架が克多の元に駆け付け、一緒にベビーの豪腕を抑え込んだ。 だが、 [newpage] 超大猿ベビー「うっとおしいんだよ、どいつもコイツも!!」 ベビーの怒りが更に増してしまい、克多達3人は吹っ飛ばされてしまう。 克多「グワッ!!」 リーナ「ウワッ!!」 黒架「キャア!!」 共に吹っ飛ばされた3人は、後ろにあった岩崖に激突する。 ゼファーダ「克多!!」 ミルファ「リーナ!!」 龍鐙「黒架!!」 すると、今度は狙いを別の者に変えたベビー。 超大猿ベビー「貴様等も吹っ飛べェェェェェェェェェェ!!」 その強烈な一撃は、ミルファ達を吹っ飛ばすには十分過ぎた。 ミルファ「アアッ!!」 ゼファーダ「グッ……!!」 龍鐙「グアッ!!」 アーシャ「ミルファさん!!ゼファーダ君!!龍鐙君!!」 先程まで優勢だった状況が、ベビーが大猿化した事で一変してしまった。 リア「クソッ……何て事だ!!」 愛夜「さっきまでは私達が優勢だったのに、大猿化しただけで……」 リアが舌打ちをし、愛夜が震えそうになっていた。 超大猿ベビー「まだだ!!俺の力は、まだこんな物ではない!!」 大きな声で言葉を発したベビーは、 アーシャ「ウグッ!!ウウゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ……」 フォルトナ「グアッ!!グウゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ……」 次の狙いをアーシャとフォルトナに向けていた。 そんな彼女達のピンチに、 [newpage] 美乃「アーシャさん、フォルトナさん!!」 龍華「急いで2人を助けないと!!」 リア「ベビーの奴、次から次へと……」 レミア「面倒な事になる前に、倒さなくちゃ!!」 愛夜「絶対に、ベビーを止めてやるわ!!」 メリカ「アイツを止めるわよ!!」 健太郎「コレ以上、奴の好きにさせへんで!!」 ミフェノ「何が何でも止めなくちゃ!!」 他のメンバー達も駆け付けるが、それを見たベビーは更にキレた。 超大猿ベビー「貴様等も纏めて、吹っ飛ばしてくれるわァァァァァァァァァァ!!」 ベビーは空いた片手だけで、駆け付けようとした者達全員を吹き飛ばした。 リア 健太郎「「グアッ!!」」 メリカ 愛夜「「ウッ……!!」」 ミフェノ 美乃「「アウッ……!!」」 龍華 レミア「「ウグッ!!」」 吹っ飛ばされた仲間達を見て、フォルトナは怒りを露わにした。 フォルトナ「クソッ!!ベビーの奴、皆を……」 アーシャ「フォルトナさん!!仲間の心配も分かりますが、今は……」 ベビーに怒りを向けるフォルトナを、アーシャは叱咤する。 超大猿ベビー「仲間の心配をしてる場合があるなら、自分の心配をしたら如何だ!?」 そんな彼女達にも容赦なく、ベビーの強烈な一撃が放たれた。 アーシャ「ウアッ!!」 フォルトナ「グハッ!!」 カオスペース団のメンバーが次々と吹っ飛ばされるも、彼等が諦める事は無かった。 [newpage] アミルダ「ベビー!!アンタ、私の元同僚だけじゃなく、あの子達まで……」 アミルダは握り拳を固め、ベビーに対する怒りを込み上げた。 アミルダ「何でアンタは其処まで皆を痛めつけるの!?それがアンタのやり方なの!?」 超大猿ベビー「当然だ。 コレが、俺に相応しい戦い方だ!!」 不気味な笑みで答えるベビーを見て、彼女はワナワナと握り拳を震えさせていた。 アミルダ「許せない……絶対に、許せない!!」 元同僚と現在の仲間達を痛めつけるベビーに、アミルダは気を更に高めた。 アミルダ「私はアンタを許さない!!目に物を見せてやるわ!!」 超大猿ベビー「ホウ。 やれるモンならやってみな、小娘が」 ニヤリとするベビーに、アミルダはこの一撃を浴びせる。 アミルダ「喰らいなさい!!天水双剣!!」 2つの斬撃を連続で放ち、水属性の一閃を立て続けに喰らわせようとする。 だが、 超大猿ベビー「そんな小細工が、俺に通用すると思うか!!」 ベビーは2つの斬撃を気功波で簡単に弾き返し、誰もいない所にある岩を切り裂かせた。 アミルダ「嘘!?私の斬撃を2つ共、気功波で弾き返した!?」 超大猿ベビー「貴様には、コイツを喰らわせてやる!!」 驚くアミルダに、ベビーは気功波を放とうとしていた。 超大猿ベビー「喰らえ、スーパーギャリック砲ォォォォォォォォォォ!!」 ベビーの大きな一撃が放たれ、アミルダに炸裂して行く。 アミルダ「キャァァァァァァァァァァ!!」 大きな一撃を喰らったアミルダは、フレットガーノ姉妹の近くに吹っ飛ばされる。 ミフェノ「おっ、お姉ちゃん……!!」 ミフェノは起き上がろうとするも、戦いのダメージが響いて上手く立ち上がれなかった。 [newpage] ヴァルナ「アミルダ、大丈夫!?」 アミルダ「わっ、私は何とか無事よ。 だけど……」 ヴァノラ「分かってるわ。 けど、私達のすべき事は変わらない。 ベビーは倒すわ」 アミルダ「……そうね。 ベビーは倒さなきゃならないわ」 ヴァルナ「行くわよ、ヴァノラ。 奴に目に物を見せてやりましょう」 ヴァノラ「そのつもりでいるわ、お姉様。 さぁ、行きましょうか」 ヴァルナとヴァノラは、ベビーを倒そうと勇猛果敢に挑んだ。 ヴァルナ「はあああああああああ~……」 超大猿ベビー「そうはさせるかァァァァァァァァァァ!!」 ヴァルナが気を高めようとするも、ベビーがそれを邪魔しようとする。 ヴァノラ「貴方に、お姉様の邪魔はさせないわ!!」 姉の邪魔はさせないと、ヴァノラが闇属性の魔術を詠唱し始めた。 ヴァノラ「闇の空から漆黒の戦場に降り注ぐ、無数の黒き雨よ。 ヴァノラ「その身で味わえ、闇の雨を!!アシッドスロウ!!」 先程のベビーを、一定時間の間だけ動きを鈍足状態にさせた魔術だ。 超大猿ベビー「……っ!!」 それにより、ベビーの動きが一時的に遅くなった。 ヴァルナ「ナイス、ヴァノラ!!コレならイケるわ!!」 ヴァノラ「お姉様。 何と、ベビーは自身の気だけで、ヴァノラが掛けたアシッドスロウの効果を打ち消したのだ。 [newpage] ヴァノラ「何ですって!?」 ヴァルナ「ヴァノラのアシッドスロウを、自力で解いた!?」 流石のフレットガーノ姉妹も、コレは想定外だった様だ。 超大猿ベビー「貴様は1度……俺の動きを一定時間の間だけ、鈍足状態にさせたからな。 ヴァノラ「ウアッ!!グッ……」 防御する間も無いヴァノラは攻撃を喰らってしまい、後ろにあった岩崖に激突する。 ヴァルナ「ヴァノラ!!」 岩崖に激突したヴァノラを心配して、ヴァルナが彼女の名を叫んだ。 すると、 ヴァルナ「ベビー、アンタよくも私の妹をやってくれたわね!!」 実の妹に傷を付けたベビーに、ヴァルナは怒りの言葉を発した。 ヴァルナ「この怒り、アンタにぶつけてやるんだから!!」 アミルダ「気を付けて、ヴァルナ!!アイツの攻撃がまた来るわ!!」 アミルダから気を付けろと言われたヴァルナは、ベビーの接近に気付いた。 超大猿ベビー「次は貴様の番だァァァァァァァァァァ!!」 ベビーは強烈な拳を放ち、ヴァルナに命中させようとした。 ヴァルナ「フッ!!ヌウゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ……」 彼女は自慢の鉄拳で、何とかベビーの攻撃を食い止めた。 超大猿ベビー「何!?俺の拳を、食いとめただと!?」 ヴァルナ「今度は私の拳を喰らいなさい!!」 ヴァルナは両手から風圧を掛けた龍の拳を放つ。 ヴァルナ「龍皇滅拳-古風天砲-!!」 手の甲から砲撃の様なパワーを放ち、其処から攻撃を喰らわせに行った。 超大猿ベビー「グオォォォォォォォォォォ!!」 大猿化したベビーに、初めて攻撃が炸裂した。 ヴァルナ「やったわ!!今のは流石に効いた筈よ!!」 やったとガッツポーズをするヴァルナだが、 [newpage] 超大猿ベビー「残念だったな。 それぐらいで倒れる俺では無い」 ヴァルナ「そんな!?何で今の攻撃を喰らってもピンピンしてるの!?」 ダメージを与えたものの、ベビーが倒れる事は無かった。 超大猿ベビー「大猿化した俺は、パワーもスピードも桁違いに上がってるんだよ!!」 不気味な笑みを浮かべて言うベビーに、ヴァルナは心底腹が立っていた。 ヴァルナ「アンタって奴は……!!」 超大猿ベビー「次は俺の番だ。 貴様に、目に物を見せてやろう」 すると、ベビーは此方にとって見覚えのある攻撃を繰り出した。 超大猿ベビー「喰らえ、スーパーガイアツイスト!!」 ベビーはそう言うと、凄まじい一撃を持つ強烈な巨腕術を発動した。 ヴァルナ「ちょっ!?」 ヴァルナは咄嗟に躱すも、予想外の攻撃でヒヤヒヤしていた。 ヴァルナ「その魔術って確か、レックスが使ってた奴じゃない!!何でアンタが!?」 超大猿ベビー「俺は寄生した奴の技を、自分の技として使えるのさ」 ヴァルナ「何よそれ!?アンタどんだけ能力持ってんの!?」 超大猿ベビー「俺は寄生型生命体だ。 能力を複数持ってても可笑しくは無い」 不敵な笑みを浮かべるベビー。 すると、ヴァルナは気になった事を聞いた。 ヴァルナ「じゃあ、何でさっきは大猿化した訳!?」 超大猿ベビー「サイヤ人は満月を見る事で、大猿へと姿を変える」 ヴァルナの質問に、ベビーは否定する事無く答えた。 超大猿ベビー「大猿化したサイヤ人のパワーは、計り知れない程の強力なパワーを持つ」 ベビーは攻撃を一旦取り止め、ヴァルナに詳しく説明する。 ヴァルナ「計り知れない程の強力なパワーって、具体的に言いなさいよ!!」 超大猿ベビー「俺の故郷であるツフル星を滅ぼしたぐらいだ」 ベビーの故郷、ツフル星がサイヤ人によって滅ぼされた事は、克多から聞いていた。 超大猿ベビー「その時、俺は誓った。 必ずサイヤ人に復讐してみせると」 サイヤ人を憎いと思うベビーは、握り拳を固めていた。 [newpage] ヴァルナ「それは克多君から聞いたわ。 でも、復讐なんて馬鹿じゃないの」 超大猿ベビー「なっ!?貴様……今、何と言った!?」 ヴァルナが言った言葉を聞き逃さなかったベビーは、彼女に対する怒りの表情を向けた。 ヴァルナ「復讐が馬鹿げてるって言ったのよ」 超大猿ベビー「何が言いたいんだ!?貴様は!!」 ヴァルナ「復讐したら、また新たな復讐が生まれるだけ。 何の意味も無いわ」 超大猿ベビー「意味が無いだと!?如何言う事だ!!」 ヴァルナ「1つの復讐が終わると、今度は別の復讐が始まるの。 繰り返されるだけよ」 超大猿ベビー「構わん!!俺はサイヤ人を憎んでいる!!」 ヴァルナ「サイヤ人が何したか知らないけど、ソイツ等への復讐は止めなさい」 超大猿ベビー「サイヤ人に復讐するな、だと!?ふざけるなァァァァァァァァァァ!!」 彼女に復讐を止めろと言われた途端、ベビーは怒りのパワーを放出した。 ヴァルナ「此処に来て、まだパワーを上げるつもりなの!?」 大猿化したベビーのパワーは、彼女の想像を超えていた。 超大猿ベビー「勿論だ!!サイヤ人への復讐を果たし、全人類をツフル人化させるまで、俺は止まらない!!誰にも邪魔はさせんぞォォォォォォォォォォ!!」 大声で叫んだベビーは気功波を複数、ヴァルナに向けて放った。 ヴァルナ「アンタの野望は絶対に阻止するわ!!シャイニング・ブラスター!!」 ヴァルナは対抗する為、マイクを翳した。 すると、翳したマイクから超速スピードを誇る光属性の気功波が無数に放たれ、複数の敵同時に強烈な閃光弾をお見舞いする。 ヴァルナ「如何?コレなら、流石のアンタも無傷じゃ済まない筈……」 しかし、それを物ともしないベビーが次の一手を打って来た。 ヴァルナ「やらせはしないわ!!マイクレーザー!!」 ヴァルナはマイクからレーザー砲を発射した。 彼女が放つレーザー砲の威力は凄まじい。 彼女が放つマイクレーザーを、侮ってはいけない。 だが、ベビーが放ったスーパーギャリック砲も威力は凄まじかった。 どちらの技も押したり押されたりと、接戦が続いていた。 このままでは押し返される。 そう思ったヴァルナは、ある一手を取った。 [newpage] ヴァルナ「正直……アンタ相手にやりたくは無かったけど、やるしかないわね」 彼女はそう言って、もう1つのプリンセスマイクを取り出した。 ルクス「マイクをもう1本持ってたの!?」 遊矢「マイクで攻撃しただけでも驚いたのに……」 ココア「ポケットに隠し持ってたって事!?」 黄瀬「そんなのありなんスか!?」 可奈美「幾等何でも、あんなの有り得ないよ!!」 斉木『あんな事が出来るなんて、僕は聞いてないぞ!?』 ヴァルナはそのマイクを、ライブで使用する音量に調整した。 準備を終えると、 ヴァルナ「さぁ、聞きなさい!!私の歌で、アンタを止める!!」 ライブ会場の様な大きな声で、歌を歌い始めた。 そして、 超大猿ベビー「ヌアァァァァァァァァァァ!?」 邪悪な気を持つベビーに、効果は抜群だった。 綾斗「凄い!!結構効いてる!!」 和真「スゲェ、マジでか!?流石はアイドルだ!!」 ヴァルナの歌に、外野で見守っていた者達は歓喜の声援を挙げた。 それに対し、 超大猿ベビー「なっ、何だ!?耳に響く、この歌はァァァァァァァァァァ!!」 ベビーは邪悪な気を持つ為、精神的ダメージを受けていた。 即ち、 超大猿ベビー「……しまった!!グワァァァァァァァァァァ!!」 ヴァルナが持つもう片方のマイクによるマイクレーザーが、ベビーに炸裂した。 [newpage] ヴァルナ「ふぅ。 コレで、戦況を元通りに戻せた筈だわ」 彼女の奏でるメロディを聴いて、他のカオスペース団達も身体を起こし始めた。 健太郎「やっぱ最高やな。 歌っちゅーモンは」 フォルトナ「ああ。 実に心地良い歌だな」 龍鐙「最高に気持ち良いぜ、フレットガーノ姉妹の歌は」 アーシャ「僕も、彼女達の歌を何度も聴きたいです」 先程まで受けたダメージが嘘の様に、彼等は次々と立ち上がり始めた。 ゼファーダ「キングを目指す者なら、心地良い歌も出来なければならんな」 メリカ「ホント、良い響きね。 あの子達の奏でるメロディは」 ゼファーダも両腕を組みながら納得し、メリカも心地良く聞こえていた。 リア「やはり、彼女達の歌はこうでなくてはね」 リアもウンウンと頷き、フレットガーノ姉妹の歌を称賛した。 美乃「何度聴いても、歌は私達を癒してくれますね」 レミア「お姉さんも感激しちゃうよ、あの子達の歌には」 他の皆には当然、ヴァルナの歌が心地良い物となっていた。 ミルファ「綺麗な歌声ね。 何回も聴きたくなっちゃうわ」 ミルファもホッと胸を撫で下ろし、安心していた。 良い姉妹アイドルだ」 リーナ「私も同意見ッスね。 克多「なっ!?」 超大猿ベビー「お前達の中で1番に殺したいのは、貴様だ!!克多!!」 そう言うや否や、ベビーは克多を握り潰そうとし始めた。 克多「グワァァァァァァァァァァ!!」 握り潰されそうになった克多は、苦痛の悲鳴を上げた。 ヴァルナ「克多君!?」 リーナ「克多!!」 ヴァノラ「旦那様!!」 黒架「ご主人様!!」 克多を心配する少女達を余所に、ベビーは不気味な笑みを浮かべながら叫んだ。 超大猿ベビー「フハハハハ!!そのまま握り潰してくれるわァァァァァァァァァァ!!」 克多「やっ、止めっ、ろ……!!」 このまま行けば、克多を握り潰せる。 ベビーはそう思っていたが、 超大猿ベビー「止めるものか!!貴様をこの手で……っ!!」 掴んでいた右手が止まった。 いや、動かせなくなった。 超大猿ベビー「右手が動かない!?如何言う事だ!!」 何故右手が動かないのか。 ベビーが慌てふためいてる時、 克多「ベビー。 お前、いい加減にしろよ」 超大猿ベビー「なっ!?」 握り潰されそうになっていた筈の克多が、ベビーの丸めた右手を開こうとしていた。 [newpage] 克多「僕の力はこんなモンじゃない。 コレで握り潰せると思ったら、大間違いだ!!」 次の瞬間、克多は己の気を更に高めて始めた。 克多「はああああああああああ!!」 気を高めた事により、丸めていた右手が開かれて行く。 超大猿ベビー「なっ、何だと!?」 克多「喰らえ、神滅炎拳-爆凰龍月-!!」 克多は右の拳に爆炎を纏わせ、それを相手に放つ事で爆発的ダメージを与えた。 超大猿ベビー「グワァァァァァァァァァァ!!」 ベビーに大ダメージを与えると、克多は更に追撃した。 克多「まだだ!!もう1発行くぞ!!」 今度は左手にも爆炎を纏わせ、同じ様に爆発的ダメージを与える。 超大猿ベビー「ガアァァァァァァァァァァ!?」 克多「さっきの分の、お返しだ!!」 克多は爆炎の拳を無数放ち、ベビーに炸裂させた。 超大猿ベビー「グアッ!!ガアッ!?ゴハッ!!グワッ!!」 ベビーが連続でダメージを受けていた。 すると、 克多「次はコレだ!!僕の怒りを思い知れ!!神滅炎拳-怒号の連弾-!!」 彼は怒りを力に変え、更なる強烈な爆炎の拳を連打で放った。 その威力は、 超大猿ベビー「ドワァァァァァァァァァァ!!」 ベビーに効果抜群だった。 仲間達は皆、開放された克多の新たな力に驚いていた。 克多はベビーに、こう叫んだ。 』 望月冬夜 福原かつみ 『クオリディア・コード』 朱雀壱弥 斉藤壮馬 『学戦都市アスタリスク』 天霧綾斗 田丸篤志 『この素晴らしい世界に祝福を!』 佐藤和真 福島潤 『黒子のバスケ』 黄瀬涼太 木村良平 『アズールレーン』 イラストリアス 雨宮天 エンタープライズ 石川由衣 プリンツ・オイゲン 佐倉綾音 ベルファスト 堀江由衣 アドミラル・ヒッパー 山岡ゆり 三笠 大原さやか [chapter:今回の敵] 『ドラゴンボール』 ベビー 沼田祐介 [newpage] [chapter:次回予告] アミルダ「ホント、凄かったわね。 ヴァルナの歌は」 ミフェノ「ヴァノラの歌も凄いよ。 今度歌ってもらう様に頼んだ方が良い?」 アミルダ「お願い!!あの子の歌も聴いてみたいわ!!」 ミフェノ「分かった。 じゃ、頼んでおくね」 アミルダ「天使の歌姫の歌声も心地良かったし、死神の歌姫の歌声も期待出来そうだわ」 ミフェノ「期待してて良いよ。 あの人の歌も心地良いと思うから」 克多「……あのさぁ、2人共。 僕がいる事、完全に忘れてるよね?」 アミルダ ミフェノ「「……サーセン」」 克多「気にしてても仕方ないし、そろそろ予告に行こうか」 ミフェノ「そうだね。 予告しようよ、お姉ちゃん」 アミルダ「時間も無いし、早く済ませましょう。 せ~の」 克多 アミルダ ミフェノ「「「今回の次回予告、如何ぞ」」」 超ブルーツ波を浴びたベビーが大猿化した事で、戦況は一変した。 カオスペース団が吹っ飛ばされる中、1人奮闘するヴァルナ。 彼女の拳と心地良い歌で、ベビーにダメージを与えられた。 更に、再び立ち上がった克多が、ベビーに再度反撃を開始する。 次回、カオスペース・アドベンチャー。 EPISODE133【奮起する克多達とパワーアップした実力】 克多「良し、コレぐらいで良いだろ」 ミフェノ「予告も済んだし、今回は此処までだね」 アミルダ「それじゃ、皆。 次回でまた会いましょう」.

次の