お盆休み 銀行。 [清水銀行]お盆休み2020の窓口営業はいつからいつまで?ATM手数料も調査!

お盆の銀行窓口2020!営業時間とATM手数料についても詳しく!!

お盆休み 銀行

銀行の休日は… 銀行の休日は銀行法という法律によって…• 土曜日• 日曜日• 年末年始の12月31日~翌年の1月3日 と定められています。 つまり銀行にはこれといった「お盆休み」はありません。 カレンダーを見ると分かるのですが…お盆と言っても特に祝日とかにはなっていませんよね。 その為 銀行はお盆でも通常通り営業(平日は営業・土日祝は休み)となります! そしてこれは大手銀行だけでなく 都銀や地銀・信用金庫や労金などでも同じです!! 以前、銀行に勤めている友人に聞いたら「もちろんお盆期間中も通常どおりで特に休みはないよ。 」と言っていました。 ただしその分別の日に長期休暇を取得出来るそうです。 また同時にこんな悩みはありませんか?• 最寄りの銀行・ATMの場所を知りたい!• 1.みずほ銀行のお盆の営業時間 ・お盆期間の 銀行窓口は8月8(土)・8月9日(日)・8月10日(月)山の日が休業になります。 そして〇が付いている平日は通常通り営業しており、窓口営業時間は午前9時~午後3時までになります。 ・ 銀行ATMは基本的に 年中無休で稼働しています。 そして〇が付いている平日は通常通り営業しており、窓口営業時間は午前9時~午後3時までになります。 ・ 銀行ATMは基本的に 年中無休で稼働しています。 そして〇が付いている平日は通常通り営業しており、窓口営業時間は午前9時~午後3時までになります。 ・ 銀行ATMは基本的に 年中無休で稼働しています。 そして〇が付いている平日は通常通り営業しており、窓口営業時間は午前9時~午後5時までになります。 ・ 銀行ATMは基本的に 年中無休で稼働しています。 そして〇が付いている平日は通常通り営業しており、窓口営業時間は 午前9時~午後4時まで・午前9時~午後6時までなど 郵便局は店舗よって窓口時間が異なります。 ・ ゆうちょ銀行ATMは基本的に 年中無休で稼働しています。 ネット銀行だと窓口に並ばなくてよく、自分のパソコンやスマホからいつでも送金・振込が出来るのでとても便利ですよ!(また引き出しもコンビニATMで出来ます。 ) 多くのネット銀行も他の金融機関と同様…• 土・日に振り込んだ場合は月曜日• 祝日に振り込んだ場合は翌営業日 に相手方に反映される所がほとんどです。 ただ一部の場合のみですが…同一銀行間(同一銀行口座間 同士)であれば 24時間365日振込・反映してくれる場合があります。 例えば…• ネット銀行の場合はパスワード管理やセキュリティーなどをしっかりと気をつけて利用さえすればとても便利です。 もしご自身にあうネット銀行があれば今後の為に口座を作っておくのもいいと思います。 その為お金の引き出しもいつでも可能です。 そして 特別必要なものはありません。 ) あっそうそう…とっても便利なコンビニATMですが注意すべき点が2つだけあります。 コンビニATMの注意点2つ• 1.コンビニATMは日中でも 手数料がかかる事! 銀行ATMであれば日中は手数料0円で引き出し出来ますが、コンビニATMは手数料がかかります。 2.必ずしも 24時間利用できるとは限らない事!(土日の深夜・早朝は利用出来ないこともあります。 ) 深夜や早朝は銀行側のシステムメンテナンス等で利用出来ない時間帯もあります(使うキャッシュカード・利用するコンビニATMによって、利用できる時間帯が異なる)のであらかじめ注意して下さいね。 コンビニATMにキャッシュカードを入れると案内が表示されます。 そこで利用時間帯や手数料を確認することも出来ますし、ネットで 予め利用時間と手数料を見ておくという方法もあります。 お盆期間と言っても普段と変わらずに窓口業務もATMも通常営業しています!銀行はカレンダー通りに営業しているので、平日は通常通り営業していて土日祝日は休業になります。 なのでお盆期間の 8月11日 火 ・8月12日 水 ・8月13日 木 ・8月14日 金 も昼間なら通常通りお金の引き出しはもちろん、振込や預入も休日手数料がかからずに利用出来ますよ。 【関連記事】.

次の

お盆休み2019期間いつからいつまで?役所・銀行・病院・郵便局│海外通販のトリセツ

お盆休み 銀行

お盆とは? お盆とは仏教用語の 「盂蘭盆会(うらぼんえ)」の省略です。 日本古来の祖霊信仰(それいしんこう・すでに亡くなっているご先祖様が、生きている人の生活に影響を与えることができるという信仰)と仏教が融合した行事で、8月15日を中心とした期間に行われることが多いです。 地域によっては、旧暦の7月15日や、新暦の7月15日に行うこともあります。 ここでは、8月15日を中心にしたお盆休みについて書いていきます。 お盆は、8月13日を「ご先祖様を家に迎える日」とし、8月16日を「ご先祖様を送り出す日」としています。 地域によって迎え方や送り方は様々で、盆踊りをしたり、花火や爆竹で賑やかにしたり、灯篭流しをする地域もあります。 中でも、京都の五山送り火はとても有名ですね。 お盆休み、2020年の期間はいつからいつまで? お盆休みは、国民の祝日になっているわけではありませんが、 一般的に「お盆」とは、8月13日から8月16日までの4日間を指します。 2020年8月カレンダー ということで2020年のお盆休みは・・・ 8月13日(木) お盆 休日 8月14日(金) お盆 休日 8月15日(土) お盆 休日 8月16日(日) お盆 休日 土日祝日と繋がって連休が増えることはなく、 8月13日(木)~8月16日(日)までの4日間ということになります。 役所・銀行・郵便局・病院のお盆休み ここで気になるのが、 官公庁(国や地方公共団体の役所、市役所など)や郵便局、金融機関、病院などですよね。 これらは 基本的には土日祝日しかお休みがありません。 ですから、お盆は祝日ではありませんので、 8月13日(木)、8月14日(金)は 通常通りの業務を行っています。 旅行やお出かけの予定を早め早めに立てて、楽しいお盆休みを過ごしてください。 2016年から山の日が加わったことで、お盆休みの期間が長くなったという方もいらっしゃるかもしれませんね。 「8月12日が山の日だったらよかったのに!」と思いませんか? そうすれば、土日と重ならない年にも連休が増えるのに・・・と。 実は、山の日は8月12日にするという案があったそうです。 そうすることでお盆休みと連続で休みになりますよね。 ですが、8月12日は日航機墜落事故が起きた日なのです。 多くの方が犠牲になった事故の日を祝日にするのは違和感がある・・・ということで、8月11日が山の日になったのだそうです。 関連: 関連: 関連: -.

次の

お盆休み 2020年の期間はいつからいつまで?役所・銀行・郵便局・病院

お盆休み 銀行

雨の日が多くじめじめしがちな梅雨の時期が明けると、多くの方が楽しみにしているお盆の時期はもう目前です。 世間一般ではお盆とは1年の中でも有数の長期休暇の時期であるため、お盆の時期を利用しての帰省や旅行の計画を立てるなどして楽しい気分になるでしょう。 ところで、お盆とははたして祝日なのでしょうか? たしかにカレンダーを見てみると、お盆の時期にあたる8月中旬のあたりは祝日を示す赤色で日付が書かれているわけではありません。 もしお盆が祝日ならば役所などもお休みのため、必要な手続きもしにくいことになるでしょう。 そこで今回「終活ねっと」では、1年でも有数の長期休暇である お盆の時期が祝日なのかどうかについて見ていきます。 お盆とはどのような時期であり、いつからいつまでなのか? お盆という時期について、由来や期間を中心に簡潔に見ていきます。 お盆は祝日扱いなのか、それとも普通の平日なのか? お盆が近づくにつれて気にされがちな、お盆が祝日なのかどうかについて詳しくご説明します。 お盆が休みになる理由とは? カレンダーに祝日としての表示がないにもかかわらず、なぜお盆が休みになるのかについて見ていきましょう。 お盆期間中は銀行も市役所も休みなのか? 生活していくうえで欠かせない存在である銀行や市役所も、お盆期間中は休みなのかどうかについてご説明します。 お盆近くの山の日がなぜ制定されたのか? 近年新しく制定された祝日である山の日の理由について見ていきます。 お盆が祝日なのかどうかについて毎年のようにやきもきしている方にとって安心できるようにまとめてありますので、最後まで読んでいただければ幸いです。 お坊さんを 安く手配したいという方は、をぜひご利用ください。 お盆が祝日なのかどうかについて見ていく前に、まず お盆の時期とはどのようなものなのかについて簡潔に見ていきましょう。 お盆の由来 お盆とは正確には 盂蘭盆会といい、夏の時期に迎える先祖供養のための時期を意味します。 仏教では、ご先祖様の霊が私たちの元に里帰りし一緒に過ごすための時期とされていることから、私たちの方はご先祖様の冥福を祈ったり感謝したりするのが一般的です。 お盆はお釈迦様(仏教の開祖)の弟子であった目連尊者が母親の魂を救ったという故事によるものです。 母親が死後に地獄で逆さづりになって苦しんでいる状態を救うために、お釈迦様に教えられて修行を終えた僧侶におもてなしをしたことが由来となっています。 なお、お盆の風習は仏教伝来(6世紀)とほぼ同時に日本に伝わり、古来の祖先崇拝の風習と結びついたことで定着するに至りました。 お盆の期間 お盆の期間は世間一般では、8月中旬と考えられています。 正確には、国内の多くの地域で 8月13日から16日に迎えられますが、東京や神奈川など一部地域では1ヶ月ほど前の7月13日から16日がお盆です。 このほか沖縄では、旧暦7月13日から15日の3日間(現在の暦でいう期間は毎年のように変動)がお盆で、2018年は8月23日から25日となります。 なお、2018年の場合は、13日の前が土日であることから、11日(土曜日・山の日)から16日(木曜日)の6日間がお盆の期間です。 お盆は祝日扱いなのか平日なのか お盆がどのような時期なのかを簡単に見てきたところで、ここからはお盆の時期が祝日なのか、それとも平日なのかについて詳しく見ていきましょう。 祝日ではない 結論から先に書けば、 お盆の期間は祝日ではありません。 そもそも祝日というものは、国が定めた「祝日法」という法律で定められているお休みの日のことを指します。 そして、祝日として定められていないことからカレンダーの中でもお盆の期間にあたる日は赤く書かれてはいません。 お盆休みが祝日ではない理由については、次の項目で見ていきましょう。 なぜ祝日にならないのか お盆休みは一般的に非常に多くの方が取っているというのが現状であることから、中には「国も法律できちんとお盆休みを祝日にすればいいのに」という意見を持つ方もいるでしょう。 ここで注目していただきたいのが、先ほども見たお盆の期間です。 お盆の期間は確かに世間一般には8月中旬というイメージが強いですが、地域によって新暦または旧暦の7月にお盆を迎える場合もあります。 言い換えれば、国内でも 地域によってお盆を迎える時期が異なるため、国としても8月中旬のお盆を祝日にすると不公平が生じる問題が発生するでしょう。 ほかにもお盆は仏教の行事であることから、国としてお盆を正式な祝日にすれば、憲法に定められている政教分離原則を侵してしまいかねないという事情もあります。 以上のことから、お盆休みは正式な祝日とされてはいません。 ただし、お盆休みは祝日にはなりませんが、1年でも有数の行楽シーズンであるため、交通機関や宿泊施設などでは祝日料金が適用されて割高になります。 お盆が休みになる理由 それでは、法律で祝日とみなされていないにもかかわらず、なぜ8月中旬になると多くの方が長期休暇を取るのでしょうか? 実はお盆休みの起源は、 藪入りと呼ばれる風習にあるとされています。 藪入りとは、商家や裕福な家に住み込みで働いている奉公人や、嫁いでいるお嫁さんなどが年に2回、1月16日と7月16日(ともに旧暦)にお休みをもらって実家に帰ることです。 もちろん、藪入りの間は日頃の仕事のことなどを忘れて実家の家族と楽しいひと時を過ごしました。 加えて、仏教でも藪入りの時期には地獄でも休暇があるとされている地獄の賽日(さいじつ)とされていることも関係していました。 藪入りの風習は高度経済成長期(1960年代)頃まで見られましたが、それが変化して現在のお盆休みになったとされています。 銀行や市役所もお盆休み? お盆休みといえば、多くの方がお仕事を休んで帰省や旅行などで思い思いに過ごします。 しかし、いくらお盆の時期であっても、私たちが生活するうえで大きな影響を与える市役所や銀行まで休んだら大変と思う方も多いでしょう。 しかし、心配する必要はありません。 なぜならば、 銀行や市役所は基本的にお盆休みはないためです。 実は銀行も市役所もカレンダー通りに営業・開庁することが法律で定められています。 加えて、お盆休みが祝日法で正式な祝日とされていないこともあるため、お盆休みであっても銀行や市役所は通常通りに利用できますので、安心してください。 ただし、お盆期間中でも土日にあたる日は銀行や市役所もお休みですので、間違えないようにしましょう。 お盆近くの山の日はなぜ制定された? お盆休みは確かに祝日とされてはいませんが、お盆休みの少し前の8月11日は山の日という祝日があります。 この山の日が正式な祝日として制定されたのは2016年のことです。 なぜ山の日という祝日がお盆休みの直前の8月11日にできたのかを不思議に思う方もいるでしょう。 山の日が8月11日になった理由としては、お盆の直前で 企業活動にそれほど悪影響を及ぼさないことや夏山登山のシーズンにあたることが理由とされています。 ちなみに、山の日は当初は8月12日にすることになっていましたが、1985年8月12日に日航機が御巣鷹山に墜落する事故があったため、亡くなった方のご遺族に配慮する形で現在の日となりました。 お盆は祝日なのかについてまとめ• お盆とは毎年夏に迎える先祖供養のための時期で、お釈迦様の弟子であった目連尊者が母親の供養のために僧侶の方をおもてなしした故事が由来となっている。 お盆の時期は全国の多くの地域で8月13日から16日だが、地域によっては新暦または旧暦の7月に迎える場合もある。 お盆は国の法律で正式な祝日とされていないため、祝日ではない。 理由としては、お盆の時期が地域によって異なることや、仏教行事であるお盆を祝日とすることが憲法に定める政教分離原則に触れかねないことが挙げられる。 なお、交通機関や宿泊施設などは行楽シーズンであるため祝日料金となる。 お盆がお休みになる理由としては、藪入りと呼ばれる商家や裕福な家の奉公人や、嫁ぎ先のお嫁さんなどの里帰りのための休みの風習が関係している。 加えて、仏教でも藪入りの時期は地獄でも休暇とされており、これらの風習が高度経済成長期に変化して、現在のお盆休みになったといわれている。 お盆の期間中は銀行や市役所はお休みにならない。 銀行も市役所も営業日や開庁日が法律で決まっていることから、お休みはカレンダー通りとなるためである。 お盆直前の8月11日が山の日となっている理由としては、企業の活動にそれほど悪影響が及ばないことや夏山登山のシーズンにあたることが挙げられる。 お盆休みは多くの方にとっては長期休暇のシーズンではありますが、国によって正式に祝日とされていないため、普通の平日という扱いになります。 このため、お盆の期間中であっても銀行や市役所は土日を除いて普通通りに動いており、お盆期間中に手続きが必要だったり、お金を下ろしに行きたかったりする場合に安心です。 読者の皆さんもぜひともこの点は心配なくお盆休みを楽しく過ごしていただくと良いでしょう。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の