キャプテン 翼 バルセロナ。 キャプテン翼でバルセロナから招待?現実離れした威力の必殺技も魅力!高橋陽一はどんな人気漫画家?

大空翼

キャプテン 翼 バルセロナ

日本のサッカーアニメ「キャプテン翼」 その人気は日本国内だけに留まりません。 世界各国の名プレーヤー達にも影響を与えているという伝説的アニメです。 そんな絶大な影響力を持ち続けているキャプテン翼はサッカーの本番スペインではなんて呼ばれているのでしょう。 どうやら、スペインにおけるキャプテン翼は「オリベルとベンジ」 主人公・大空翼は、オリベル・アトム 日本人初のバルセロナプレーヤーは 本番スペインでは、こう呼ばれてました。 では、主要登場人物はなんて呼ばれているのでしょう。 続いて、親友の翼と切磋琢磨し世界的名GKへと成長する若林源三。 彼はベンジ・プライス。 翼とともに仲間達を世界に目を向けさせ、日本が世界で飛躍するきっかけを作った功労者です。 後にドイツのビッククラブ、バイエルン・ミュンヘンへ。 日本のサッカー少年たちにドイツのサッカー環境を教えてくれました。 現実の世界では、連載当時では想像も出来なかった日本人のビッククラブ移籍。 2011年に、現在日本代表の宇佐美貴史選手が日本人初のバイエルンミュンヘンプレーヤーの仲間入りをしました。 チャンピオンズリーグの決勝戦の舞台で日本人として初めてのベンチ入りも果たしました。 マンガ・アニメの世界が現実に。 素晴らしい時代ですね。 今はバイエルンから移籍し、紆余曲折の末、同じドイツのアウクスブルクに所属する宇佐美選手。 日本代表ハリルホジッチ監督が惚れ込む、日本一の才能のこれからの活躍にも期待ですね。 そしてキャプテン翼に欠かせない三枚目キャラクターである石崎了はブルース・ハーパー。 二枚目ハリウッド俳優のような響きに聞こえるのは私だけか…彼は ドジも多いが、ピンチの時に頼りになる存在。 翼の成長には欠かせない存在だった。 顔面ブロックはブルースの必殺技。 忘れてはいけないのが、岬太郎。 翼とゴールデンコンビを組むベストパートナーであり親友。 彼はトム・ベイカー。 翼の 良き理解者で、後にツインシュートを生み出す。 サッカー少年なら一度は試したことがあるのでは。 ジャンピングボレーは彼の代名詞。 芸術家の父と全国各地を転々とする生活の中で、翼ら仲間達と出会う。 フランス・エッフェル塔下での翼との再会は感動的。 翼の永遠のライバルである日向小次郎。 彼はマーク・ランダース。 努力型の天才ストライカーであり、強引かつ力強いプレーヤーの反面、仲間や家族想いの心優しい人柄。 後にセリエAのビッククラブ・ユベントスに所属します。 最後に翼の師匠であり良き理解者・ロベルト本郷。 彼 はロベルト・セディーニョ。 ブラジルの 元スター選手であるが、アルコール依存などの側面も。 自暴自棄になりやすいが、翼との出会いによって救われ変わっていく。 翼を世界の最高峰・リーガ・エスパニョーラのバルセロナプレーヤーへと成長するまでに至ったのはこの出会いがあってこそ。 いかがでしたか。 オリベルとベンジ。 世界中で読まれ、世界中のサッカー少年たちに影響を与え続けているこの作品が日本生まれというのは誇らしく嬉しいですね。 日本サッカーの成長もキャプテン翼の物語に年々近づいてます。 今後が楽しみです。 機会があったら是非読んでみて下さいね。

次の

大空翼

キャプテン 翼 バルセロナ

しかし、翼、若林、岬、日向、若島津ら黄金世代の獅子奮迅の活躍により、激闘の末この3か国を次々に撃破。 見事3連勝を果たし、グループ1位という最高の成績で決勝にコマを進めた。 五輪決勝トーナメント一回戦、日本と当たるのはドイツ。 「皇帝」カール・ハインツ・シュナイダー率いるドイツと、翼率いる日本。 世界が注目する大舞台で、因縁の死闘が今、始まる! キャラクター紹介 Characters• 大空 翼 (おおぞら・つばさ) U-23日本代表のキャプテン。 現在のポジションはMF(ミッドフィールダー)。 日本を離れたあと、ブラジル・サンパウロFC、スペイン・FCバルセロナに所属し活躍していた。 一度見た敵の技を自分のものにする特技を持つ。 「ボールは友達」が信条。 岬 太郎 (みさき・たろう) 日本代表のMF。 翼とは小学校時代からの親友で、数々の試合で「黄金コンビ」を組んできた。 現在は翼との新しい合体技を模索中……!? ファン・ディアス アルゼンチン代表のMF。 「アルゼンチンの至宝」と呼ばれる。 翼とは「ジュニアユース編」予選リーグで初対戦。 五輪グループリーグでは日本を相手に100m独走ドリブルなど、天才的な個人技を見せた。 カール・ハインツ・シュナイダー ドイツ代表のFW(フォワード)。 「ドイツの若き皇帝」と呼ばれる。 翼とは「ジュニアユース編」大会決勝で初対戦。 「ファイヤーショット」を武器に、五輪グループリーグではブラジルから一人で4点を奪う大活躍。 サンターナ&ナトゥレーザ ブラジル代表のFW。 サンターナは「サッカーサイボーグ」、ナトゥレーザは「若きサッカー王」の異名を持つ。 2人の合体技「フルメタルファントム」はドイツのGKミューラーの左手を粉砕した。 ミカエル スペイン代表のMF。 教会で神父も務めている。 彼のパスは「エンゼルパス」と呼ばれ、観客からは偶然としか思えないほどのゴールチャンスを生み出す。 自分が蹴ったボールの上に乗って横すべりするなどの神技的なプレイも。 ホームページに関するお問い合わせは、 株 集英社グランドジャンプ編集部 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-13 Tel. 03-3230-6281 Copyright (C)2017 Shueisha Inc. All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission. このホームページに掲載の文章・画像・写真などすべての著作権は株式会社集英社が保有します。 無断で複製することは法律で禁じられています。 ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す 登録商標 登録番号 第6091713号 です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら.

次の

キャプテン翼でバルセロナから招待?現実離れした威力の必殺技も魅力!高橋陽一はどんな人気漫画家?

キャプテン 翼 バルセロナ

サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会とともに、新シリーズの連載がスタートした高橋陽一さんの人気マンガ「キャプテン翼 ライジングサン」(「グランドジャンプ」で連載中)。 作品が生まれたきっかけや、主人公・翼のモデル、翼がスペインの名門クラブ・FCバルセロナに入団した理由などを作者の高橋陽一さんに聞いた。 当時は選手の名前も分からなかったけれど、面白かった。 野球にはない自由さに引かれましたね。 それからプロのマンガ家を目指すとき、野球とサッカーのマンガを交互に描くようになりました。 主人公の名前は「翼太郎」でしたが、連載時には、より夢を追う作品にしようとして名前を「大空翼」に変えました。 「太郎」の名前は「岬太郎」に受け継がれています。 (主要キャラクターの)若林、石崎も(そのころから)いますよ。 いきなり話をとばしてW杯を描こうと思ったけれど、五輪もちゃんと描きたかったのです。 前のシリーズはクラシコ(バルセロナとレアル・マドリードが直接対決する試合のこと)の1試合だけでコミックス15巻分もかかったし、今回はサクッといくつもりです。 初代シリーズの小学生大会のイメージで、原点回帰ですね。 街の雰囲気もよかったし、(バルセロナの本拠地)カンプ・ノウに入ったら「このスタジアムで翼をプレーさせたい。 欧州に移籍するならスペインが合う」と思ったんですよ。 当時は日本にプロがなかったので、水島さんの生い立ちは参考になりました。 もちろん、当時活躍していたマラドーナやジーコ、プラティニも参考にしていますから、交ざり合っているという感じでしょうか。 自由な発想でプレーでき、手を使わず、紳士的なプレーなら何をやってもいい。 ドラマチックなスポーツだと思います。

次の