株式 会社 エクサ ウィザーズ。 株式会社 エクサウィザーズの採用/求人

エクサウィザーズ /

株式 会社 エクサ ウィザーズ

代表取締役社長石山 洸 東京工業大学大学院総合理工学研究科知能システム科学専攻修士課程修了。 2006年4月、株式会社リクルートホールディングスに入社。 同社のデジタル化を推進した後、新規事業提案制度での提案を契機に新会社を設立。 事業を3年で成長フェーズにのせ売却した経験を経て、2014年4月、メディアテクノロジーラボ所長に就任。 2015年4月、リクルートのAI研究所であるRecruit Institute of Technologyを設立し、初代所長に就任。 2017年3月、デジタルセンセーション株式会社取締役COOに就任。 2017年10月の合併を機に、現職就任。 静岡大学客員教授、東京大学未来ビジョン研究センター客員准教授。 取締役会長春田 真 京都大学卒業。 1992年4月、株式会社住友銀行に入行。 同行退職後、2000年2月、株式会社ディー・エヌ・エーに入社、同年9月に取締役に就任。 2008年7月、常務取締役に就任。 2011年6月、取締役会長に就任。 DeNAの上場を主導するとともに大手企業とのJV設立や横浜DeNAベイスターズの買収等M&Aを推進。 2011年12月、横浜DeNAベイスターズのオーナーに就任。 2016年2月、株式会社エクサインテリジェンス(現・株式会社エクサウィザーズ)設立。 2017年10月の合併を機に代表取締役会長に就任。 2018年11月より現職。 取締役大植 択真 2013年、株式会社ボストンコンサルティンググループに入社。 事業成長戦略、企業変革、DX推進、新規事業立上げなどの多数のプロジェクトに従事した後に、2018年に株式会社エクサウィザーズに入社。 2020年6月より取締役に就任。 京都大学工学部卒業。 京都大学工学研究科修了(AI・データサイエンスの研究)。 取締役坂根 裕 大阪大学大学院工学研究科情報システム工学専攻博士前期課程修了。 2002年1月、静岡大学情報学部助手。 2004年10月、デジタルセンセーション株式会社を設立し代表取締役社長に就任。 2017年10月、合併にて現職就任。 父の影響で3歳からプログラミングを始める。 ユマニチュード認定インストラクター。 社外取締役桑原 優樹 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻修士課程修了。 2012年4月、株式会社日本総合研究所に入社。 通信・メディア・ハイテク産業等における事業戦略策定・研究開発戦略策定・新規事業創出などに関するコンサルティング業務に従事したほか、国の研究開発型ベンチャー支援プログラムの運営にも従事。 2018年8月より株式会社産業革新機構に参画し、スタートアップへの投資や大企業との共同投資による新会社の設立などのベンチャー・グロース投資および投資先のバリューアップに携わる。 社外取締役新貝 康司 京都大学工学研究科電子工学専攻修士課程修了。 1980年、日本専売公社(現・日本たばこ産業株式会社、以下JT)に入社し、1989年、同社ニューヨーク事務所所長代理就任。 1990年、JT America Inc. 社長に就任。 以後6年にわたり、米国の製薬・バイオベンチャーと数々の共同研究開発案件を発掘し、提携を推進。 1991年から6年間、米国NASDAQ上場バイオベンチャー企業Cell Genesys,Inc. 社外取締役を兼任。 2005年、JT取締役執行役員財務責任者に就任。 2006年、JT International社副社長に就任。 2011年、JT代表取締役副社長就任。 2018年3月、同社取締役退任、アサヒグループホールディングス株式会社社外取締役就任。 2018年6月、三菱UFJフィナンシャル・グループ社外取締役就任。 2019年6月、第一生命ホールディングス株式会社社外取締役、株式会社オープンエイト社外取締役就任。 その他、株式会社リクルートホールディングス社外取締役など歴任。 社外取締役火浦 俊彦 東京大学教養学部卒業、ハーバード大学経営大学院修士課程(MBA)修了。 1983年4 月、株式会社日本興業銀行(現 株式会社みずほ銀行)入社。 同行退職後、1986年2月、ベイン・アンド・カンパニーに入社。 30年以上にわたり、様々な分野における日米欧の企業に対するコンサルティング活動に携わり、2008年1月同社東京オフィス代表パートナー、2014年4月会長に就任。 ベイン・アンド・カンパニー東京 アドバイザリーパートナー、アルヒ株式会社 社外取締役も務める。 執行役員石野 悟史 慶應義塾大学経済学部卒業。 学生時代は体育会水球部所属。 国内市場における電動歯ブラシのマーケティングを担当。 2018年、アソシエイトパートナー就任。 国内消費財メーカーの成長戦略、新規事業立ち上げ、組織変革、コスト削減を主に、大手商社の海外戦略策定、アセットマネジメント、および国内金融機関と産業バリューチェーン再構築等にも幅広に従事。 その中で、日本の新しい成長の在り方に貢献したい想いが芽生え、2019年1月、エクサウィザーズに入社。 2019年4月より執行役員 社長室長、コーポレート統括部長 就任。 執行役員安田 幸代 1992年、株式会社リクルート入社。 中途採用者媒体「就職情報BING」のメディア営業からスタートし、企業向けの新卒採用・中途採用・組織活性に関わる様々な営業やプロジェクトに従事。 一般社団法人日本人材紹介事業協会理事、NPO法人J-Winにてダイバーシティーマネジメント支援活動も務めたのち、2019年5月、株式会社エクサウィザーズへ入社し、現職就任。 執行役員松下 伸行 慶應義塾大学大学院開放環境科学専攻博士課程修了。 1998年、ソニー株式会社に入社。 Cyber-shot・Xperiaの戦略・研究・開発に従事。 2015年、ベンチャーで事業立ち上げを経験。 2016年、株式会社トライアルホールディングスCTOに就任。 AIカメラによるリアル店舗のDXを主導するとともに、日本・中国でAIセンターを設立し、2019年、株式会社リテールAI取締役に就任。 2019年7月、株式会社エクサウィザーズに入社。 2019年10月より現職。 モバイルデバイスやカメラなどを大量に設置することで、人の生活を豊かにするシステムの社会実装に従事。 2020年4月より、立教大学大学院人工知能科学研究科特任教授。

次の

エクサウィザーズと北原病院グループ、共同開発したオンライン遠隔リハビリサービ..(株式会社エクサウィザーズ プレスリリース)

株式 会社 エクサ ウィザーズ

株式会社エクサウィザーズ• 石山 洸• 東京都港区浜松町1-18-16住友浜松町ビル5階• 資本金 1,312百万円• 会社規模 101-500人• インターネットサービス ソフトウエア その他• SAS Humanitude社と日本国内で唯一の提携となり、 35年の歴史を持つケア技法「ユマニチュード」の研修を企画・運営しております。 また、コーチングAIを活用したサービスや、健康状態を予測するデータ解析サービスを提供しています。 どんな産業・業種の人事担当者でも使える人事サポートサービスです。 また、様々なコアとなる技術シーズの横展開により、類似の課題を持つ他業界における生産性向上にも取り組んでいます。 京都大学と理化学研究所と共同で、低分子化合物の性質を学習・予測するAI技術を開発し、創薬の大幅な生産性向上を目指してAIコア技術の開発に成功しました。 主要な取り組みとして、三菱UFJフィナンシャルグループと資本業務提携し、新たな与信モデルの開発等の新サービス企画・開発中です。 従来のロボットシステムでは不定形物を扱う複数作業をロボットに実行させるのに膨大な量のプログラミングが必要としましたがマルチーモーダルAIロボットでは複雑なプログラムを組むことなく ディープラーニングとVR(バーチャルリアリティ)技術を用いることで、 人に作業を教えるのと同じようにロボットに作業を覚えさせることが可能となりました。 各業界個別の課題に対して、AIを活用した解決策立案をサポートします。 また、プラットフォームとして、データ解析、画像・動画解析、テキスト解析、音声解析などの様々なモデルを無償・有償で提供しています。

次の

エクサウィザーズの評判・社内の雰囲気について|AIベンチャーで働いています。|note

株式 会社 エクサ ウィザーズ

企業紹介 AIを用いた社会課題解決を通じて、幸せな社会を実現する 様々な業界やテーマにおいて、AI技術を活用したオープンイノベーションを支援するスタートアップ。 顧客との共同プロジェクト事業を通して、企画~リサーチ~PoC~プロダクト化まで全てのフローにおいてAI活用のサポートを行う。 取り扱う事業領域は広く、ロボット・金融・インフラから、介護・人事にまで及ぶ。 採用・育成・評価・配置などのHR人事業務をAIでまかなう「HR君」、AIに対する理解と活用を向上させるための教育サービス「AIトレーニング」、人工知能モデルのプラットフォーム「exaBase」などを提供する。 社会におけるAIを活用したサービスの拡大や、AIを活用した社会問題の解決に取り組む。 2019年7月にはパーソルグループと資本業務提携。 豊富な知見やデータ、AIソリューション力という両社それぞれの強みを生かし、既存サービスのAIによるデジタル化や、「HR君」をベースとした人事部門の生産性向上や従業員の働きがいを支援するサービスの共同開発を進める方針だ。 また、2020年1月16日には、FAQ検索エンジン「Qontextual」の提供を開始した。 同サービスは、ホームページ内の検索高度化・コールセンターの業務支援・窓口業務支援・ChatBotの回答精度の向上・社内マニュアル等の検索高度化・技術職のマニュアル代替など、さまざまな業務に活用することが期待される。 サービス 資金調達日 資金調達金額 リード出資 出資元 備考 2019. 2006年4月、株式会社リクルートホールディングスに入社。 同社のデジタル化を推進した後、新規事業提案制度での提案を契機に新会社を設立。 事業を3年で成長フェーズにのせ売却した経験を経て、2014年4月、メディアテクノロジーラボ所長に就任。 2015年4月、リクルートのAI研究所であるRecruit Institute of Technologyを設立し、初代所長に就任。 2017年3月、デジタルセンセーション株式会社取締役COOに就任。 2017年10月の合併を機に、エクサウィザーズ代表取締役社長に就任。 静岡大学客員教授、東京大学未来ビジョン研究センター客員准教授。

次の