キムタク ハーレー。 「TBSドラマ「グランメゾン東京」でキムタクがカッコよく乗っていたバイクのお話!」イイ☆オッサン!のブログ | イイ☆オッサン!のページ

【グランメゾン東京】第2弾・キムタクが乗るハーレーのカスタム仕様とカスタムショップを紹介! [イナッキー]

キムタク ハーレー

工藤静香のハーレー 工藤静香さんのハーレーは、インスタグラムの写真で見るかぎり、 XL883(IRON883)で、ボディカラーは、 ブラックデニムだ。 フューエルタンクのロゴから、おそらく、 2018年モデルだと思う。 もしくは、2017年かもしれないが、新しそうなので、2018年モデルではないかと想像している。 2019年以降のフューエルタンクには、 鷲のマークがないので、2019年以前のモデルに間違いない。 XL883(IRON883)は、ハーレーの中でも、比較的、小柄で軽く、排気量も小さいので、女性でも扱いやすいモデルとなっている。 ちなみに、XL883(IRON883)は、 スポーツスターファミリーというカテゴリーのなかのハーレーだ。 XL883(IRON883)は、スポーツスターファミリーの中でも、ボディカラーに、 艶消しのブラックがあることでも、人気の車種となっている。 キムタクのハーレー 一方、キムタクのハーレーは、 XL1200NS(IRON1200)のビビッドブラックだ。 こちらも、おそらく 2018年モデルだろう。 フューエルタンクにあしらわれた、 レインボーグラフィックが印象的なこのモデルは、2018年モデルから追加された。 排気量は1200ccなので、工藤静香さんのXL883(IRON883)よりも大きいだが、こちらも同じスポーツスターファミリーの仲間で、基本的には、XL883(IRON883)とそれほど大きくは変わらない。 排気量はともかくとして、個人的には、キムタクもXL883(IRON883)のほうが、似合いそうなき氣がする。 (ドラマでは違うハーレーにも乗っているが) おわりに 芸能人というと、お金があるので、高級車に乗っているようなイメージがあるが、じつは、キムタクや工藤静香さんの乗っているスポーツスター(XL系)は、日本国内に置いては、ハーレー・ダビッドソン・ジャパン社の販売戦略で、ハーレーの中では、比較的、安めの価格設定(100万円台)となっている。 そのため、欲しいと思えば、誰でも買えると思う。 ただし、ハーレーに乗るためには、 大型自動二輪のライセンスが必要なので、ハーレーに乗っている人は、全員が大型自動二輪免許を持っているということになる。 ハーレーは、誰でも買えるが、大型自動二輪免許を取るためには、それなりの努力が必要になる。 個人的には、工藤静香さんがハーレーを持っているということよりも、大型自動二輪免許を持っているということの方に感心した。

次の

【グランメゾン東京】キムタクのバイク画像がイケメン!ヘルメットのブランドは?8話

キムタク ハーレー

画/彩賀ゆう (C)まいじつ 木村拓哉が大型自動二輪の免許を取得し、ハーレーダビッドソンの大型バイクを購入したと、一部の女性週刊誌に報じられた。 木村が購入したとされるのは『アイアン1200』という車種だ。 記事によれば、木村は東京都内の公式ショップに一人で現れ、前述のモデルのバイクを購入していったという。 「ハーレーというと前足を前方に投げ出すように置き、後ろにくつろいだように乗るアメリカンバイクが主流です。 でも木村が購入したバイクは、前足は体に近く上体を起き上げたように乗るタイプ。 よく見掛ける『ネイキッド』というタイプに近い。 長くて大きいアメリカンより比較的取り回しが容易で、街中でも気軽に楽しめます。 シングルシートに燃料タンクのレインボーカラーが特徴です。 大型自動二輪の免許を取ってすぐ買ったということは、最初から買うバイクを決めていたのでしょう」(バイクライター) 木村は車好きで、ジープ系の車種に乗っているところを、たびたび週刊誌に写真で報じられてる。 その彼が、なぜ今バイクを購入したのだろうか。 木村は草彅剛に触発されてバイク購入か 「木村は草彅剛に触発されたといいます。 草彅はハーレーのマニアで、ジャニーズから独立後にビンテージの車種に乗る写真がインターネット上に出回っていました。 そのときにバイク乗りから草彅の評価が上がった。 イメージが悪化したままの木村は、草彅にあやかりたいのでしょう」(ジャニーズライター) だが、木村が今回購入したバイクは似合っていないと言われてしまっている。 「木村なら、大きくてふんぞり返ったように乗るアメリカンのような巨大バイクが似合っています。 自由に乗れないのなら、そっちのほうが格好つけられるでしょう」(同・ライター) 車高が低いアメリカンは足の短い人でも大丈夫という話もある。 木村は無理をしてしまったのかもしれない。

次の

『グランメゾン東京』キムタク・ハーレーのレシピ~ベース車からカスタムポイントまで(モーサイ)

キムタク ハーレー

工藤静香のハーレー 工藤静香さんのハーレーは、インスタグラムの写真で見るかぎり、 XL883(IRON883)で、ボディカラーは、 ブラックデニムだ。 フューエルタンクのロゴから、おそらく、 2018年モデルだと思う。 もしくは、2017年かもしれないが、新しそうなので、2018年モデルではないかと想像している。 2019年以降のフューエルタンクには、 鷲のマークがないので、2019年以前のモデルに間違いない。 XL883(IRON883)は、ハーレーの中でも、比較的、小柄で軽く、排気量も小さいので、女性でも扱いやすいモデルとなっている。 ちなみに、XL883(IRON883)は、 スポーツスターファミリーというカテゴリーのなかのハーレーだ。 XL883(IRON883)は、スポーツスターファミリーの中でも、ボディカラーに、 艶消しのブラックがあることでも、人気の車種となっている。 キムタクのハーレー 一方、キムタクのハーレーは、 XL1200NS(IRON1200)のビビッドブラックだ。 こちらも、おそらく 2018年モデルだろう。 フューエルタンクにあしらわれた、 レインボーグラフィックが印象的なこのモデルは、2018年モデルから追加された。 排気量は1200ccなので、工藤静香さんのXL883(IRON883)よりも大きいだが、こちらも同じスポーツスターファミリーの仲間で、基本的には、XL883(IRON883)とそれほど大きくは変わらない。 排気量はともかくとして、個人的には、キムタクもXL883(IRON883)のほうが、似合いそうなき氣がする。 (ドラマでは違うハーレーにも乗っているが) おわりに 芸能人というと、お金があるので、高級車に乗っているようなイメージがあるが、じつは、キムタクや工藤静香さんの乗っているスポーツスター(XL系)は、日本国内に置いては、ハーレー・ダビッドソン・ジャパン社の販売戦略で、ハーレーの中では、比較的、安めの価格設定(100万円台)となっている。 そのため、欲しいと思えば、誰でも買えると思う。 ただし、ハーレーに乗るためには、 大型自動二輪のライセンスが必要なので、ハーレーに乗っている人は、全員が大型自動二輪免許を持っているということになる。 ハーレーは、誰でも買えるが、大型自動二輪免許を取るためには、それなりの努力が必要になる。 個人的には、工藤静香さんがハーレーを持っているということよりも、大型自動二輪免許を持っているということの方に感心した。

次の