センシティブ twitter。 Twitter:センシティブな内容とは?解除の設定方法を徹底解説

Twitterのセンシティブを解除する設定方法

センシティブ twitter

アプリのアカウントとモバイル版Twitterでログインするアカウントが同じであることを確認しましょう。 既に別のアカウントでモバイル版Twitterにログインしていた場合、そのアカウントのセンシティブを解除してもアプリのアカウントのセンシティブは解除されません。 ログインしたら「設定とプライバシー」から「プライバシーとセキュリティ」へと進みます。 これでセンシティブが原因でタイムラインに表示されなくなっていた画像や動画が表示されるようになります。 ツイート検索を行っている最中にセンシティブが原因で見れないツイートがある場合はプライバシーとセキュリティ内にある「検索フィルター」から設定を変えられます。 こちらの「センシティブな内容を含むものを表示しない」にチェックが付いている場合はチェックを外しましょう。 Twitterのセンシティブ解除方法【Android編】 Android版の場合はアプリ内からセンシティブを解除することができます。 まずは「設定とプライバシー」から「プライバシーとセキュリティ」へと進みます。 この中の「センシティブな内容を表示しない」に付いているチェックを外すとツイート検索時のセンシティブを解除することができます。 Twitterが英語でセンシティブを解除できない場合 ブラウザ版Twitterにアクセスした際に、Twitterが英語表示になってしまう場合は以下の手順で解除できます。 日本語表示にして操作したい方は以下の記事を参照ください。 関連記事 解除してもセンシティブが直らない(見れない)場合 別アカ(サブ垢)のセンシティブを解除している iPhoneからセンシティブを解除する項目で注意書きしておりますが、iPhoneはアプリからではなく、ブラウザからセンシティブを解除する必要があるので、 以前ログインしていた別垢(サブ垢)のセンシティブを誤って解除していないかご確認ください。 解除設定の反映にラグがある 本来、センシティブを解除すると画像や動画はすぐに表示されるようになるのですが、まれに解除設定の反映に時間がかかることがあります。 数十分程度、時間を置いて改めて確認してみてください。 こちらにチェックを入れてしまうとフォロワーがセンシティブを解除していない場合、自分の投稿した画像や動画が「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです」と表示されてしまいます。 Twitter側の画像解析やセンシティブな画像を表示しているという通報が入っていなくても問答無用でセンシティブにされてしまうのでお気を付けください。 センシティブな内容と判断される基準 によると暴力的な描写や成人向けコンテンツ、ヘイト表現を含む内容などがセンシティブの対象とされています。 これらに全く当てはまらない投稿であっても過去にセンシティブな画像や動画を投稿して通報が寄せられていたアカウントはセンシティブな内容と判断される傾向にあります。 その他には推測ですが、設定した生年月日から18歳未満のアカウントに対してはより厳しいフィルターをかけているのではないかと思われます。

次の

Twitterの「不適切(センシティブ)な内容」の解除方法|できない時の対処法も

センシティブ twitter

もくじ• 「このツイートは、センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません」と表示され、ツイートが読めない!! ツイッターを見ていると、「このツイートは、センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません」と表示され、ツイートが読めない場合があります。 上記みたいな感じで、ツイートが読めなくなっています。 ツイートを表示させるボタンなどが付いていて、読む読まないは読み手側に任せるならまだしも、表示させるボタンなどは見当たりません。 読み手側からすると、「センシティブな内容って何?」「何でツイートが読めないの?」とついつい疑問に感じてしまいますね。 ツイートを読めるようにする方法 実は、「このツイートは、センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません」と表示された場合でもきちんとツイートを読むことは可能です。 まずは、「このツイートは、センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません」と表示された部分をタップしてください。 上記のような画面に切り替わるので、「設定を変更」をタップします。 「設定を変更」をタップすると、ブラウザで「モバイル版Twitter」が表示されます。 電話、メールまたはユーザー名• パスワード を入力して、「ログイン」をタップします。 「プライバシーとセキュリティ」の画面が表示されるので、下にスクロールします。 これで、「このツイートは、センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません」と表示されたツイートが読めるようになります。 ツイッターのアプリを再読み込みすれば、すぐにツイートが表示されるはずです。 そもそも「センシティブな内容」って、どういう意味? 「センシティブ」は英語で「Sensitive」、直訳すると「敏感な、感じやすい、傷つきやすい」といった意味になります。 英語が得意でない人にとっては、「センシティブな内容」と言われてもちょっとわかりずらい感じです。 「センシティブな内容」について書かれているのは、この部分だけになっています。 著作権違反や禁止行為などが具体的に細かく記載されているのに比べ、やや抽象的な感じです。 また、ツイートが「このツイートは、センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません」と表示された人の中には、「ごく普通のことをツイートしただけなのに、なぜこんな表示がされるのか、よくわからない!!」という意見を述べている人を数多く見かけます。 実際に「センシティブな内容」と表示されたツイートを確認してみると、本人の言う通り、ごく普通の文章が書かれているだけだったりします。 この辺りについては、Twitter社が「センシティブな内容」について、明確な基準を公表しているわけでないため、外部からはよくわかりません。 誤って自分のツイートを「センシティブな内容」に設定してないか注意!! モバイル版ツイッターの「プライバシーとセキュリティ」の画面を確認してみると、面白い項目があります。 あえて、過激な文章や画像、動画をツイートしたい人向けの機能ですね。 リアルの知り合いにも教えているアカウントでこの間違いをしてしまうと、「あいつのツイート、センシティブな内容ばっかで読めないよ。 」と知り合いから誤解を受けてしまうため要注意です(笑) 関連記事•

次の

Twitter 「センシティブな内容」ってなに!?

センシティブ twitter

Twitterの「センシティブな内容」の基準とは? センシティブとは「傷つきやすい、敏感な」といった意味の言葉で、簡単にいうとTwitter側から「閲覧にあたって注意が必要」と判断されたツイートであることを意味します。 テキストではなく画像や動画の投稿に対して表示されるもので、具体的には以下の様なものに該当する画像・動画がセンシティブな内容と判断されます。 ・暴力的な内容 ・アダルトな内容 ・誹謗中傷やヘイト表現を含む内容 ・グロテスクな内容 例えば、人間の裸体や血を流すシーンなどもセンシティブな内容としてあげられます。 未成年や、一部のユーザーに閲覧しては悪影響になるものばかりですよね。 しかし、このツイッターのセンシティブな内容の判断は曖昧で、時になんてことのない投稿が基準に引っかかってしまうケースもあります。 ここからは、以下の2つのケースで「センシティブな内容」への対処法を解説していきます。 ・自分の投稿がセンシティブな内容と表示されてしまう場合 ・他人のセンシティブな投稿を見たい、もしくは見たくない場合 まずは前者から見ていきましょう。 センシティブな内容が含まれているという警告が出てしまう場合の解決方法 先述の通り、センシティブの基準は曖昧なため、普通の画像や動画を投稿していても警告メッセージが出てしまうケースがあります。 この設定はiPhone・AndroidのアプリやPC等のブラウザどれからでも変更可能です。 具体的な手順は次の通りです。 プロフィール画面から「設定とプライバシー」を開く 2. 「プライバシーとセキュリティ」の項目に移動 3. 自身の投稿内容をチェックする 自身の投稿がセンシティブな内容と判断された場合は、今一度投稿をチェックしてみましょう。 前述でもありましたように、センシティブと判断するのは曖昧な内容であることも多いです。 意外な部分で判断されてしまうケースも多々あります。 自身の投稿を見直すことでよりよい発信をする心構えをする機会にもなるでしょう。 センシティブな内容を含む動画・画像に対する設定方法は、iPhoneとPCはブラウザから、Androidはアプリから変更できるため、それぞれの詳しいやり方を解説します。 そのため、SafariやGoogle ChromeといったブラウザからTwitterにログインして設定を変更する必要があります。 なお、PCも同じくブラウザからのログインとなるため手順は同じです。 iPhoneアプリからセンシティブな内容と表示されている投稿をタップして開く• 設定画面に飛ぶので「セキュリティ」の項目をクリック• なお、警告メッセージが出ている投稿からではなく、ブラウザからログインして直接設定画面から同様に変更することも可能です。 センシティブな投稿を見たくないのに表示されてしまっている場合には、設定画面から直接非表示設定にしてください。 それぞれの手順を紹介します。 アプリ内のプロフィール画面から「設定とプライバシー」をタップ 2. 「プライバシーとセキュリティ」をタップ 3. その様な場合には、頻繁にセンシティブな投稿を行うユーザーをミュートしてしまいましょう。 全ての投稿が見えなくなってしまいますが、本当に困っている場合には最も確実な方法です。 また、リアルでの付き合いがないユーザーの場合には、フォローを解除したり、ブロックしてしまうことをおすすめします。 まとめ 以上、センシティブな内容を含む投稿への対処方法を解説しました。 ぜひこの記事を快適なタイムライン作りの参考にしてみてください。

次の