栄養士 向いていない。 管理栄養士に向いている人の5つの特徴!今のあなたはどのタイプ?|mafidoma

栄養士はこんな人にオススメ!栄養士の適性チェック!

栄養士 向いていない

食の専門家・栄養士としてバリバリ働いていたけれど、だんだん「こんなはずじゃなかった」と辞めたい理由を考える時間が増えて行く…。 どうやら想像以上に栄養士の仕事が辛い、大変だ、疲れた、辞めたい、転職したいと感じる方が多いようです。 では、なぜ食の専門家である栄養士の仕事を辞めたいと転職を考える方が多いのでしょうか。 栄養士を辞めたいと考える人の転職理由についてみていきましょう。 普通のサラリーマンの仕事量であれば、栄養士を辞めたいと考える機会もそれほどないかもしれません。 しかし、栄養士として老人ホームでに勤めている方は、毎月祝膳やデイサービス用の月1で行う特別おやつや、職員の食事の計算、毎月の食費の計算などの事務に栄養士は忙殺されます。 さらには、厨房業務もあるため栄養士は中々仕事が終わりません。 予想以上に仕事量を任される点が、栄養士が辞めたいと考えて転職を決意する理由のひとつになるのです。 仕事量の多さを考えれば、栄養士を辞めたいと考えても仕方がないかもしれませんね。 栄養士は献立を考えたりするため、人間関係はそれほど…と思っている方もいるかもしれませんが、実は意外に栄養士の人間関係というのは厳しいのです。 また、それが栄養士を辞めたいと考える理由にもなります。 保育園に勤める栄養士からすれば、子ども達には色々なものを食べれるようになってほしいという思いから献立を考えます。 しかし、保育士さんは子どもが食べやすいようにということを重視しているので、変わったメニューや嫌がりやすい野菜を取り入れようとすると反対されてしまいます。 さらに栄養士は、休憩時間が少なくひたすら動いています。 栄養士の考える献立については他と意見が食い違う事もしばしばあり、栄養士は精心的に追い込まれてしまうため、保育園の栄養士を辞めたいと考えてしまうきっかけにもなってしまいます。 栄養士は、調理師と業務の差があるのに給料はさほど変わりません。 その栄養士の職場にはよりますが、狭い職場環境のため人間関係の問題が上がります。 また会社自体が栄養士の仕事内容をきちんと理解していません。 委託会社だけではなく施設・病院がそうです。 栄養士=飯炊係と認識されているのがほとんどでした。 そのため、例え栄養士の仕事が忙しいとしても、給料はそれほど高くないという問題が出てくるのです。 そういった問題も、栄養士を辞めたいと、転職を考える理由になっているのです。 会社や病院などにも仕事内容の理解を得られないと、辞めたいと考えてしまうきっかけにもなってしまいますよね。 栄養士は専門職なのに「給料が安すぎる」 栄養士を辞めたいと考える理由の中には、その給料の安さがあります。 また、これは栄養士だけでなく医療業界、福祉業界全般の給料が安すぎるのです。 40歳、50歳になっても初任給から給与がほとんど変化しません。 おまけに昇給が年に数百円単位です。 給与の安さと専門職としての待遇の悪さから、栄養士たちは仕事を辞めたいと転職を考える方が多いのです。 人手不足なのに給料が少ない 栄養士を辞めたいと考える人も多いことから、人手不足の状況になることもあります。 そのため、栄養士の求人はかなり多いです。 しかし、求人の多さに関わらずその待遇の低さに驚かれるでしょう。 栄養士の求人の多くは調理の一員であり、栄養士の肩書は名前だけの職場です。 栄養士の仕事内容は調理のパートと変わりません。 給食委託会社では募集がたくさんありますが、調理の現場は過酷です。 早番・遅番があるところは、生活リズムが狂います。 そういった過酷さのため、栄養士を辞めたいという人が相次ぎ、求人も多くなってしまうのです。 また、管理栄養士として栄養相談などをしたい場合は、病院の常勤は募集が少ないのでパートなどの非常勤になります。 栄養士は初任給の額面月16ー18万、手取りは14ー16万くらいです。 給料の低さからも栄養士を辞めたいという人もいます。 栄養士は女性の多い職場!結婚と出産が転職理由に 仕事が辛い、辞めたい、疲れた、転職したいという栄養士がいる一方で、忙しい中にもやりがいを感じている栄養士もたくさんいます。 しかし、栄養士の多くは女性です。 辞めたいと思っていなくても、結婚や出産をきっかけに環境が変わり、栄養士ではなく転職して別の道を選ぶ人も存在します。 栄養士の仕事をライフスタイルに合わせよう 栄養士を辞めたいと思っていなくても、環境が変わり辞めてしまう人もいますが、結婚や妊娠を機に栄養士を一度辞めたとしても、資格職ですから栄養士は再就職しやすい状況です。 また自分のライフスタイルに合わせた栄養士の仕事の仕方があります。 栄養士の仕事をしたいと思ったときには、求人を見て自身のライフスタイルや休日に合わせられる、栄養士の職場を選びましょう。 例えば、小学校や保健所の公務員栄養士は、5時頃に帰宅可能なところが多いですから、栄養士の勤務時間を固定したい人にはこれらの求人が向いているでしょう。 栄養士の転職理由は仕事量と給料!結婚後のライフスタイルに合わせよう 栄養士の転職事情とその理由、いかがでしたでしょうか。 栄養士の転職理由にはシビアな現実と、厳しい声が多数ありましたね辞めたいと考える理由も多数ありました。 今回は栄養士が転職を考える理由を中心にまとめたため、栄養士の方にとってはネガティブな記事になりましたが、もちろん栄養士の魅力や働くメリットもたくさんあるんですよ。 現在栄養士を辞めたいと思って転職を考えている方、栄養士に転職したいなと思っている方、求人情報をよく見て自分の将来をよく考えてみてくださいね。

次の

栄養士求人でよくある募集内容や、働き先、向いている人の傾向を解説します!【ジョブール】

栄養士 向いていない

「栄養士」は、学校や病院、福祉施設などで、栄養に関する指導・助言や食事の管理をおこなう仕事です。今回は「栄養士」に転職する人向けに、「栄養士」の仕事内容、平均年収・給与、また現在働いている人から「栄養士」に向いている人向いていない人について解説いたします。 ぜひ転職活動の参考にしてください。 「栄養士」とは 「栄養士」は、学校や病院、福祉施設などで、栄養に関する指導・助言や食事の管理をおこなう仕事です。 勤務先によって学校栄養士、病院栄養士、福祉施設栄養士と呼ばれます。 学校であれば生徒、学生、病院であれば患者の健康や栄養状態、材料の種類、予算を考えながら献立を作ります。 小学校6年生向けのメニュー、糖尿病患者向けのメニューなど年齢層や病状に応じてきめ細かく考えるほか、味気ないものにならないように季節感や彩りを取り入れ、食べる楽しみも考慮します。 そのほかにもカロリー計算などの栄養価の計算をしたり、材料の発注などもおこなう職場もあります。 近年は「食育」をスローガンに「食事をおいしく、バランスよく」摂ることの重要性が再評価されていることから、「栄養士」の仕事もいっそう重要になってきています。 「栄養士」の仕事は、ハローワークなどでの職業分類は、高度な技術、専門的な技術を要するの中の、中分類「その他の保健医療の職業」に属しています。 「栄養士」の就業者数 現在「栄養士」として働く人はどれくらいいるのでしょうか。 「平成27年国勢調査」(総務省)によると、 「栄養士」として働いている人は全国で約11. 8万人で、男女の割合は男性が約3,800人、女性が約113,800人となっています。 大部分が女性で、とくに若年層が多くなっています。 また雇用形態については、正規雇用(正社員)は約9. 2万人、パートアルバイトなどの非正規雇用が約2. 4万人となっています。 全就業者数 性別 人数 栄養士全体で 11. 8万人 女性 約11. 4万人 男性 約4千人 「栄養士」の就業場所 厚労省の市町村保健活動に関するデータによると、「栄養士」の就業場所としてもっとも多いのは病院の約32,000人、次いで学校給食施設の約13,000人、3番目が老人福祉施設の約12,000人、4番目5番目が児童福祉施設と個人開業、そのあとは介護老人保健施設、事業所、社会福祉施設、栄養士養成施設・研究所となっています。 栄養士・管理栄養士の配置は、学校給食法、医療法施行規則、児童福祉法などによって定められており、1日何食以上の食事を提供する施設に何人、病床100以上の病院で1人と明確に決まっています。 各事業者や施設が任意で雇用しているわけではないのです。 高齢化社会を迎え社会福祉施設は増えていくことが予想されますので、今後も一定のニーズがある仕事だといえます。 またこの資格の特徴として、「食」という生活する上で欠かせない分野であることから、栄養コンサルタントや料理教室のオーナー、フードコンサルタントなど独立開業する道も開けています。 「栄養士」「管理栄養士」になるには 「栄養士」になるには、厚生労働大臣指定の大学や短大の栄養専攻、栄養系専門学校(2年制)の卒業が必要です(卒業と同時になれます)。 厚生労働大臣指定の学校は現在、全国に約170校あります。 またキャリアップとして、厚生労働大臣の免許を受けた国家資格である 「管理栄養士」になるには、栄養士免許を取得した後に「管理栄養士国家試験」に合格する必要があります。 受験資格は4年生大学(管理栄養士養成課程)卒業の場合はすぐに、短大や専門学校の場合は現場(条件あり)で3年以上の実務経験を経て、受験資格が得られます。 「管理栄養士国家試験」は毎年2、3月に実施され、試験科目は、社会・環境と健康、人体の構造と機能及び疾病の成り立ち、食べ物と健康、基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理論(詳細は必ず厚労省の管理栄養士国家試験を確認のこと)を受けます。 気になる受験者数と合格率は平成28年の場合で、出願者数約20,000人、受験者数約19,000人、合格者数約8,500人、合格率は44. 7%となっています。 約半数しか合格できない、比較的ハードルの高い国家資格です。 「栄養士」の有効求人倍率は1. 55倍 「栄養士」の転職状況、働きやすさはどうでしょうか。 、 その他の保健医療の職業の有効求人倍率は1. 55倍となっています。 特に3大都市圏(東京、大阪、名古屋)は、学校、病院、保育園などからそれなりの求人があるようです。 「栄養士」の平均年収・給与 それでは次に「栄養士」の平均給与、平均年収をみてみましょう。 「平成24年就業構造基本調査結果」(総務省統計局)をもとにみると、 女性は34. 7歳の場合で給与が23. 4万円、ボーナスが57. 6万円、平均年収は約338万円。 男性が35. 6歳の場合で給与が25. 2万円、ボーナスが58. 2万円なので平均年収は約360万円となっています。 栄養士の平均年収・給与 性別 年齢 月額賃金(手当含む) 年間賞与、その他特別給与額 女性 34. 7 23. 4万円 57. 6万円 男性 35. 6 25. 2万円 58. 自分の立ち位置がおおよそ理解出来ると思います。 「栄養士」に向いている人、向いてない人 では「栄養士」はどのような人が向いているのでしょうか。 実際に「栄養士」で働いている人に「求められる資質、向いている人、向いてないと思う人」を尋ねてみました。 転職に当たっての参考にしていただければと思います。 「栄養士」に向いている人 栄養士は働く現場によって向いてる能力の違いはあります。 栄養士でも、 臨床の現場に携わる人は、対象者に対しての栄養の知識と知識を高めたいと思う積極性をを要します。 また、他部署との連携も必要になってくるため、誰とでの積極的にコミュニケーションをとれる人材が向いていると思います。 給食業務に携わる人は、まず現場をまとめる統率力が必要になってきます。 現場の雰囲気は、提供する料理にも表れてくるし、おいしいもの提供したいという気持ちがない、ただ食事を出すだけの機械的な作業しかできない現場になってくるからです。 どの職種でも、同じになってしまうかもしれませんが、人間関係が上手に築ける人材と向上心のある人材が向いていると思います。 反対に向いていない人は もちろん、栄養の知識はとても大切ですが、一人でしか仕事のできないような人材は向いていないと思います。 対象者のために栄養状態の向上や食生活の改善に努めることが優先されてきます。 そのためには、一人ではなく、他職種を巻き込んで業務を行っていかないと仕事になりません。 コミュニケーション能力は必要不可欠です。 また、相手に安心感を与えられる印象も大切です。 栄養というのは、即効性のあるものではありません。 時間をかけて、ゆっくりと指導を行っていくものなので、指導したことを実行してもらわなければ意味がありません。 説得力をもって、誠実に対象者に向き合えることも重要になってきます。 (女性 33歳 奈良県 現在管理栄養士) 「栄養士」に向いている人 献立作成から発注、納品確認、給食の提供など常に時間との戦いなので、スケジュールをきちんと立てられる人でないと勤まりません。 締め切りに間に合わないことは許されません。 栄養指導をするときには患者さんもインターネットで調べられるので知識を持っていることをふまえて、さらに勉強していないと患者さんの役に立つ栄養指導はできません。 勉強をすることが苦にならない人に向いている仕事だと思います。 また病院ではチーム医療の一員として医師や看護師、薬剤師などとコミュニケーションを取らないといけないので、コミュニケーション能力があるほうが仕事がしやすいです。 食材など重いものを持つことが意外と多いので体力がないときついかもしれないです。 反対に向いていない人は 医師や看護師、薬剤師、調理師など様々な職種の人と関わる仕事なのでコミュニケーションが苦手な人には向かないかもしれません。 栄養士は一人でできる仕事ではないからです。 献立作成にしても周りの意見を聞かないといい献立はできません。 例えいい献立ができたとしても現場で調理ができないと意味がないので現場の調理師とのコミュニケーションは特に大切です。 また覚えなくてはいけないことがたくさんあるので常に勉強をしなくてはいけません。 勉強をしたくないという人には向いていません。 また栄養士は地味な作業が多くて裏方というイメージがあるので仕事で目立ちたいというかたには向いていないと思います。 (女性 37才 京都府 専業主婦(以前栄養士)) 「栄養士」に向いている人 栄養士(管理栄養士)には現場(調理場)をまとめる能力・リーダーシップが必要です。 それは一番年下として入っても、管理職である事が多いからです。 親よりも年上の、栄養学的な知識がない、所謂おばちゃんたちをまとめて行くのは大変です。 現場との良いコミュニケーションと的確な指示がなければ仕事が回りません。 そして、料理が好きである事から目指す人が多いですが、医療現場においては全く違う役割です。 栄養学だけではなく、医療的な知識もなければなりません。 医療はチームとして行う事も多く、他職種と対等である為にも日々の勉強と向上心が必要だと思います。 調理現場と医療現場どちらとものバランスが必要です。 反対に向いていない人は 知識はあっても現場(調理場)とうまくいかない人、現場は良くても知識がない人など、どちらか片方でもできない人は栄養士は向かないと思います。 調理現場と医療現場は仕事内容のギャップが大きいので大変ですが。 あと、衛生面や栄養学的数値などきっちりできない人は論外です。 どちらも命にかかわってくるので、その辺がずぼらな人は向いていません。 料理が好き程度の人は医療現場は無理だと思います。 学ぶ場が女子大であることが多い為女性が多い職種ですが、仕事内容での男女の差は無いと思います。 調理現場は経験だと思いますが、医療現場では年齢が若いほど最新の知識を学んでいるので良いと思います。 (女性 38才 福岡県 管理栄養士非常勤) 「栄養士」に向いている人 栄養士として働くには、常に向上心が大切です。 栄養士の世界は医療の世界と同じく終わりがありません。 医学や研究の進歩で様々な組み合わせの食材が人間に有益だと認められるものが増えたり、逆に自分で追及して発見することもあります。 人の栄養や健康を考えて働き、常に新しい知識を獲得していき研究していかなければならない。 同時に、その人にあった提案の引き出しをたくさん作らなければならない。 また、「知らない」ということが許されずそれが時としてその人の回復を阻害してしまい害になることもあるため、この職種には責任感ある熱いタイプの人が向いていると私は常日頃感じています。 反対に向いていない人は 諦めがはやい人や、想像力の無い人だと考えます。 看護師などとは異なり常に問題を抱えている人のそばに入れる職種ではありません。 もっと言ってしまえば、資料だけを渡されて、あったことのない人の栄養問題や今後の回復に向けての計画を立てていかなければならないときもあります。 そう言ったときには、限られた資料を基にどこまでその人のことを想像してプランを立てれるかが勝負になります。 諦めがはやい人は、この職業は地道に継続していき効果が出るといった時間のかかることをしている職業です。 時には一回目で建てたプランが成功せず、何度も再考して挑戦を続けます。 その中で諦めの速い人は、続かない傾向にあります。 (男性 22歳 北海道 栄養士(非常勤)) 医療技術職と医業関連職の分類 「医療技術職」は、医師、歯科医師、獣医師のほかにも、多くの職業があります。 人の生命に直接関わる医療の仕事は、高度な技術と専門性が求められるため、そのほとんどは国家資格が必要となります。 中分類 小分類 臨床工学技士 視能訓練士、言語聴覚士 中分類 小分類 医師、歯科医師、獣医師、薬剤師 医師 歯科医師 獣医師 保健師、助産師、看護師 助産師 保健医療職 あん摩指圧師、はり・きゅう師 柔道整復師 その他の保健医療職 「栄養士」に転職を考えている人へ 「栄養士」は料理を作るのが好きな人におすすめの職業です。 国が推進する「食育」は、食事や食物に関する知識と選択力を身につけ、健全な食生活が送れるようにするための教育であり、そのなかで「栄養士」の仕事は重要なポジションを占めています。 また老人ホームや介護施設は増えて来ており、今後も栄養士のニーズは高くなっていくでしょう。 ただポイントは、法令により各施設に栄養士、管理栄養士の配置を義務づけられていいるものの、それほど求人数が多くないことです。 今後新たに栄養士を目指す方は学校経由の就職、また転職を考えている人は、医療系の転職サイトや各都道府県の栄養士協会のホームページこまめに確認しておきましょう。 いずれにしても好条件求人を見逃さないように日頃からチェックをして、いざという時にすぐ動ける心構えを持っておくことが重要です。 転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ 転職活動、 特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。 採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。 転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。 たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。 自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。 さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥! 一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。 ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。 女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。 無料です。 掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。

次の

栄養士に向いてないと感じる人の悩みとは?向いている人の特徴とは?

栄養士 向いていない

管理栄養士の仕事とはどんな仕事? では管理栄養士の仕事とは具体的にどんな仕事なのでしょうか? 簡単に説明していきたいと思います。 献立作成 まず管理栄養士と言えば、献立作成を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか? 献立は栄養バランスの整った食事を基本として作成すると同時に年中行事や旬の食材を盛り込み、対象者に飽きられることのないバラエティーに富んだ内容にしなければなりません。 また厨房での調理作業が煩雑になりすぎないよう配慮し、想像力を働かせながら献立作成を行います。 なぜなら、調理作業が煩雑になりすぎると衛生管理が疎かになり、厨房での事故や食中毒の発生などに繋がってしまうからです。 献立の理想と厨房での調理作業の実態の兼ね合いを考えながら献立作成を行うことはなかなか難しく、管理栄養士は日々試行錯誤しながらより良い献立作成ができるよう努力しています。 食材発注・検品 献立に沿って食材の発注を行うことも管理栄養士の仕事です。 場合によっては、納品された食材に不備がないか検品し食材を所定の場所へ保管することも管理栄養士が行います。 管理栄養士は事務作業のイメージが強いかと思いますが、対応食数が多くなればなるほど食材が増えるので、検品し食品をしまう作業は肉体労働で体力勝負の仕事となってきます。 衛生管理・指導 食事に関わる管理栄養士にとって、この業務が一番神経を使う重要な仕事です。 厨房の衛生管理責任者である管理栄養士が対象者に安全な食事が提供できるよう調理職員が衛生的に調理を行うことができているかをチェックし、場合によっては指導していきます。 食事を提供する上で一番怖いのは食中毒です。 万が一食中毒が起きてしまった場合、食事を喫食する方の命に関わることがあります。 そんな最悪な事態が起こることがないよう未然に防ぐことも大切な仕事です。 調理 職場によって様々ですが、管理栄養士自らが調理業務に携わることもそう珍しくはありません。 献立を思っていた通りに実現するべく、円滑なコミュニケーションを図りながら調理職員と協力して業務を行います。 栄養マネジメント 栄養相談・栄養指導 食事に関する問題を抱えた対象者一人一人に寄り添った栄養指導やマネジメントを行います。 高い理想だけを掲げても実現することが難しい場合が多く、実現できそうな目標を掲げ達成することを回数重ねていくことで食事に関する問題解決に導いていきます。 対象者やご家族などと円滑なコミュニケーションを図り信頼関係を築き上げることでより効果的な栄養指導を行うことができます。 食品の企画や開発、営業等 食品メーカー等の仕事に就くと、管理栄養士は食事の提供に直接関わる仕事だけではなく食品の企画や開発、自社製品の営業に回ることもあります。 管理栄養士が向いてない人の8個の特徴 では管理栄養士が向いていない人とはどのような人なのでしょうか? 現役管理栄養士として働く筆者が思う、管理栄養士として向いていない人の8個の特徴を簡単にまとめてみました。 自分の栄養管理ができない人 これが一番の向いていない特徴であると感じます。 管理栄養士は対象者からの栄養相談を受けたり、栄養指導を行う機会が多くあります。 例えば、見た目が不健康そうな管理栄養士から栄養指導されたところで何も心に響きませんよね… 痩せすぎて顔色が悪い管理栄養士から、健康的な食生活をしましょう!と栄養指導を受けたところで「いや!あなたもね」と対象者から言われてしまいそうですし、見るからに肥満の管理栄養士から健康を維持増進するためにはバランスの整った食生活が大切です!と言われたところで「いや!だからあなたもね」と対象者から言われてしまいそうです。 (笑) その乗り越え方とは? 自分自身が健康的な食生活を送れるよう努力する! これに尽きるかと思います。 また、自分が食生活改善を実践をして上手くいけば、その経験をもとに対象者により現実的な栄養指導が行えるという強みにもなります。 これを機会に、ぜひご自身の食生活を見直してみて下さい! 料理が得意ではない人 管理栄養士として働く上で料理に対する知識や技能は必要となることが多いです。 料理が得意かそうでないかで、日々の献立作成業務のはかどり方や調理職員への調理指導など大きく変わってくるかと思います。 管理栄養士は一日中食事のことを考える仕事です。 メニューを決めるだけでなく、献立内容が厨房で実際にどんな調理法で、調理にかかる時間や、提供時間に間に合う献立内容なのかなどをイメージし、実現可能な献立を立てていきます。 料理が得意でないと上記業務が難しくなってしまいます。 その乗り越え方とは? まずは、簡単な料理からで良いのでトライしてみましょう! 自分で作れる料理が増えていくことで料理も自ずと得意になっていくはず。 まずは料理=苦手という意識から変えていきましょう! 食べ物の好き嫌いが多い人 管理栄養士の業務内容には、献立作成が含まれることが多いです。 メニューや食材に偏りなく、レパートリー豊富な献立作成を行うには食べ物の好き嫌いが多いことはプラスには働きません。 プライベートと仕事は割り切っているという人であっても、毎日の業務で献立の味見や検食などをするときに食べ物の好き嫌いが多いと困ることもあるかと思います。 (食物アレルギーの場合は、食べ物の好き嫌いではありません。 食物アレルギーがある場合は相談しましょう。 ) その乗り越え方とは? 食べ物の好き嫌いが多い人の中には、食わず嫌いな食材が多いこともあります。 まずは、食べたことがないけれど避けていた食材を食べてみましょう。 また、苦手な食材でもこの調理方なら食べることができる!という料理を見つけてみましょう。 食べ物の好き嫌いが克服できたなら、管理栄養士として嗜好の偏りがある対象者へ栄養指導を行う場合にも対象者の気持ちに寄り添った指導を行うことができるでしょう。 人への配慮に欠ける人 管理栄養士は基本的に人と接することが多く、人と人の間に挟まれることも多いです。 その中で、円滑なコミュニケーションを取ることが仕事を進める上で重要となります。 人への配慮にが足りないと、人間トラブルが起こりやすくスムーズに仕事を進めることが難しくなってしまいます。 また職員間だけではなく、栄養相談や栄養指導を行うこともあります。 対象者と接する上で配慮が足りないと、対象者との信頼関係を築くことができずに栄養相談や栄養指導の内容が上手く伝わらなくなってしまいます。 その乗り越え方とは? まずは自分の話を伝えることを優先するのではなく、相手の話を傾聴するよう心がけましょう。 また相手の話を傾聴した上で、自分の意見は述べずに相手の話の中から知り得た情報をもとに相手の心情を理解するよう日頃より努めましょう。 日頃から相手の話を傾聴するくせを付けることで、相手のことが理解できるようになり自然と人への配慮が身についてくると思います。 メンタルが弱い人 管理栄養士として働くには強い責任感と、きとんと意見を述べることができる勇気が必要となってきます。 管理栄養士は食事関係の責任者を任されることも多く、施設に管理栄養士が一人しかいない場合は一人で責任を背負うこととなります。 また、少人数体制であることが多いゆえに、他職種に対して自分の見解をきちんと述べることも必要となってきます。 食事関係のことは良いことも悪いことも管理栄養士が窓口となることが多いです。 また、調理職員の方たちとのコミュニケーションの点で考えても、メンタルが弱いととても苦労するのではないかと思います。 その乗り越え方とは? メンタルを鍛えましょう!! メンタルが弱い人は、感受性が高い人や人に対して優しく自分の意見を飲み込んでしまう人などが多いように感じます。 日々生活する中で、今まで我慢していたことに対しても、ちょっと自分の意見を言ってみるだとか相手にきちんと自分の思いを伝えられる努力してみて下さい。 もしかしたら私だけなのかもしれないですが、次の日には失敗したことや嫌な出来事を忘れています。 (笑) 全然、次の日に感情を持ち越しません。 いつまでも悩まず早く切り替えることができるようになると、メンタルも強くなっていくのではないかと感じます。 責任感のない人 先ほど少しお話しましたが、管理栄養士は食事関係全体の責任者として扱われることが多く、一人体制で仕事をする職場もあるため、場合によっては一人で責任を担うこともあります。 自分の言動に自信が持てなかったり自分が動かずに人に物事を委ねてさせようとする人だったりすると、管理栄養士は向いていないと感じます。 責任感がないと他職種に迷惑をかけてしまいますし、何より栄養指導を行うことが難しいと思います。 その乗り越え方とは? 自分の言動や業務に責任を持ちましょう。 小さなことからコツコツと。 日々責任感が生まれるよう努力しましょう。 3日坊主(何をしても続かない)な人 管理栄養士は、ある程度継続的に対象者の栄養ケアマネジメントを行っていきます。 定期的に対象者のモニタリングを行い、目標に向かって進めていくという形です。 何をしても続かない人には、対象者を長期的にモニタリングしサポートしていくことは難しい業務内容ではないかと感じます。 その乗り越え方とは? 乗り越え方は、植物でも動物でも良いので毎日観察日記を付けてみて下さい。 小さな変化にも気づき、観察日記に書きとめてください。 小さな気づきが、その後大きな変化をもたらすこともあります。 継続的にモニタリングできるようになれば、それは管理栄養士の業務にも必ず役に立ちます。 パソコン作業が苦手な人 管理栄養士として仕事をするには、パソコン作業が必須です。 献立作成も、食材発注作業も、食数の管理も、計画書やモニタリング書なども、全てパソコンで行います。 働いていて一日たりともパソコンを扱わなかったことはないです。 パソコン作業が苦手な人にとって、管理栄養士として働くことは苦痛に感じるかもしれません。 その乗り越え方とは? まずはパソコンに触れてみることから始めましょう。 身近にパソコン作業が得意な人がいるのであれば、教えてもらうのも良いかもしれません。 探してみるとパソコン教室なども数多くあります。 少し触っただけで分かった気になるのではなく、正しい使い方を学ぶことが必要です。 パソコン作業に慣れてしまうと、文字を書いたり手計算をしたりするより作業の効率化を図ることができ、書類もデータ化して整理しやすいので手放せなくなります。 それでなくても管理栄養士は一日の業務内容が多いため、パソコンは使えないと仕事が終わりません。 求人にも必ずと言って良いほど条件に「パソコン作業が可能な方」と載せてあります。 何とか基本的なパソコン操作ができるくらいの技能は習得しましょう。 技能を習得するとパソコン作業も楽しいですよ。 まとめ 今回は、管理栄養士が向いてない人の8個の特徴と向いていない場合の乗り越える方法を紹介しました。 いかがでしたか? どの特徴も、努力次第で改善できそうな内容であったと思います。 管理栄養士は、とても高度な技術や知識が求められそうなイメージを持たれていた方は、「えっ?こんなことで良いの?」と拍子抜けしたかもしれません。 そうです。 なりたいと思えば、特別なことは何も必要ありません。 管理栄養士は誰でもなれる職業であるということです! この記事を読んで管理栄養士のイメージが少しでも変わることを祈っています。 最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

次の