アメリカ 産 牛肉 ホルモン 剤。 豚肉の産地による違いまとめ!【抗生物質・ホルモン剤・まとめ編】

健康被害が問題視される米国産牛肉、使用する大手外食チェーンの見解

アメリカ 産 牛肉 ホルモン 剤

外国産と国産豚肉の違い 抗生物質 なんだか聞くと不安になるワード上位の「 抗生物質」。 初めに言っておきますが、これは 世界中どこの国でも使用されています! え!最悪~。 じゃあ豚肉食べるのやめよっと! と思われるのも嫌なので、抗生物質についてご紹介しておきますね。 抗生物質は元々カビから発見された成分で、細菌の繁殖を抑える効果がある物質です。 私たちも炎症を起こしたりすると病院で処方されます。 錠剤だったり点滴だったりするあれです。 生まれたてのブタさんたちは、エサや注射で抗生物質を摂取して、細菌の感染・増殖を未然に防いでいます。 病気になったブタさんだけで良いのでは? と思う人もいるかもしれませんが、養豚場ってものすごい高密度で飼われているので、一頭病気にかかったらあっという間に広がるんですよ。 人間でいえば、幼稚園とか子ども病院の更にたくさん集まるような場所だと思ってくれれば良いです。 体育館に幼児がギッチギチに詰め込まれて一緒に暮らしている感じです。 病気が流行りそうですよね。 もちろん抗生物質がお肉に残留しないよう、出荷前には抗生物質を一切与えてはいけないという法律があり、お肉の検査もされています。 抗生物質の残留についての規制は、世界中どこの国も厳しく決められているので、あまり心配する必要はないかな、と個人的には思います。 (ただし中国はあまり信用できないかな…前例があったし) というわけで、抗生物質の使用は今のところ全世界共通です。 ただ最近、オランダで抗生物質を一切使わない養豚に成功したというニュースが出ていたので、今後は変化があるかもしれませんね。 気になる方は読んでみてください。 ホルモン剤(肥育ホルモン) ホルモン剤についてはあまり聞き馴染みがない人が多いかもしれません。 これは何かと言うと、 子豚の成長スピードを速めて早く出荷させるために使用する薬剤のことです。 成分は人間の女性ホルモンや男性ホルモンに似ています。 アメリカではホルモン剤の使用は許可されていて、ブタはもちろんのこと肉牛にも使われています。 大丈夫だよ!と言ってはいますが、アメリカ国内でも心配の声がかなり大きいらしく、今後は規制の流れになりそうな雰囲気ですね。 その他オーストラリアでも使用可能です。 一方、 ヨーロッパやカナダではホルモン剤の使用は禁止されています。 日本でも肥育ホルモンの使用は禁止されています。 ホルモン剤が気になるけど、外国産の安い豚肉も買いたい! という人はカナダ産やヨーロッパ産の豚肉を買うと良いかもしれませんね。 ソースはこちら。 だいぶ煽るような口調ですが、ここに書いてあることがすべてお肉に残留したホルモンの影響かどうかは確証がないので、あまり心配し過ぎるのも良くないかな、と思います。 防疫対策や生産性、アニマルウェルフェア、、、まだまだ課題は多くあります。 また、品種改良については 欧米諸国から新しい品種を買っている状況なので、和牛と異なりそれほどオリジナリティはありません。 日本の豚肉を世界に!というプロジェクトも動いていますが、国産豚肉を輸出するには品質だけでなく、味や品種の特徴といった売りも必要になるので、課題は山積みですね。 この記事をきっかけに、お肉について興味を持っていただけたら嬉しいです。 最後までお読みいただきありがとうございました。 それではまた。

次の

【肉工場経験者が語る】外国産牛肉の恐ろしい実態とおすすめの選び方│バカだけど、本気

アメリカ 産 牛肉 ホルモン 剤

この連載の一覧は 筆者は、野菜などの農産物と、肉や卵といった畜産物のマーケティングに関わる仕事をしている。 ここ10年は特に牛肉に関する仕事が多くなり、また個人的に牛を所有(もちろん農家に預託しているのだが)し、自分の牛の肉を販売したりもしている。 多くの牛肉産地と関わり、外国における肉牛生産の実情も見てきた。 その中で私が「輸入牛肉はちょっとなぁ」と思うその大きなポイントのひとつが、成長促進を目的とした肥育ホルモン剤である。 「肥育ホルモン」の正体とは!? 米国やカナダといった北米産の牛肉には、肉牛を育てる初期の段階で成長ホルモンを投与し、通常よりも短期間で身体を大きくするのが普通だ。 私が米国の関係者に尋ねたところ「99%が肥育ホルモンを投与している」と回答した。 この、米国では広く使用されている肥育ホルモンを危険視する人、いや人に留まらず危険視する国が多く、すでに国際紛争にまでなっている。 この件に関して、日本では単発的な報道は見られるものの、取り上げるメディアは多くはない。 そこで、この肥育ホルモン問題に関して解説を試みたい。 ホルモンというと、焼肉屋でよく見かける牛や豚の内臓肉を思い出すかもしれないが、実際にはあれはホルモンではない。 ホルモンとは、本来は生物の体内で生成される、特定の生理作用を持った物質だ。 ホルモンバランスが崩れると体調や精神に影響が出ることが知られているように、生物にとってとても重要なものである。 そこで、そのホルモンを抽出または合成し、それを投与することで、医療などの分野でさまざまな効果が得られるようになっている。 ホルモンには、成長を促進したり、肉の主たる要素であるタンパク質の生成を促進する作用を持つホルモンもある。 こうした成長促進に関わるホルモン、つまり肥育ホルモンは畜産業において有用に働くことがある。 たとえば、牛や豚、鶏や羊など、肉を食べるための家畜は、身体が大きくなってくれるに越したことはない。 また、通常よりも早い期間で大きくなってくれるなら、餌代を削減できるので、これまたありがたい。

次の

輸入牛肉の危険性!米国産と豪州産牛肉どちらがおすすめ?話題の安全な牛肉・グラスフェッドビーフについて | フードラボ

アメリカ 産 牛肉 ホルモン 剤

アメリカの牛が食べている餌は… 牛の餌と言えば、広い牧場に放し飼いにされた牛が牧草を食べているシーンを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 もちろん中にはそのように育った牛もいますが、アメリカ牛の中にはちょっと違うのもいるようです。 米国FDAは動物に非反芻動物のタンパク質を牛の餌に与えることを許容している。 例えば、鶏糞や畜粉を牛に与えることは許容されており 鶏糞飼育 、牛や豚の肉骨粉は鶏の餌として与えられている。 しかし、現実的に牛の肥育、飼育施設は中西部に、養鶏場は南部中心に立地していることから、鶏糞を与えるのは現実的ではない。 また、遺伝子組み替え技術を利用した大豆トウモロコシなどの植物性たんぱくを給仕するほうがコスト安であり、畜糞給仕は極めて稀なケースと言える。 Wikipediaより ん?鶏の糞??牛豚の肉骨粉??遺伝子組み換えの餌??? ここでは「糞を餌にすることは稀」とされていますが、果たしてそうなのでしょうか。 遺伝子組み換え品・農薬まみれのトウモロコシ… 本来牛などの家畜は草を食べて生きているのですが、アメリカの食肉牛生産者はコストをカットするために遺伝子組み換え品や農薬が大量に使用されたトウモロコシなどを食べさせ、さらにはトウモロコシで牛が具合を悪くしないように抗生物質までも投与しているとのこと。 これに加えて早く出荷できるように肥育ホルモンまで投与されているのだから、人間は危険な要素がたっぷりな肉を作り上げそれを人間に食べさせているわけです。 抗生物質が大量に含まれていることの恐ろしさ 私達が病気になった時、回復を促すために抗生物質が使用されることがありますが、近年抗生物質が効かない耐性菌が増えつつあります。 家畜の成長を促す目的で抗生物質が投与された肉を人間が取り込むことにより、人間の中に少しずつ抗生物質が蓄積し、抗生物質が少しずつ体内に入ることで身体の中にいる菌も徐々にその環境に慣れてどんどん耐性化していくことが原因とも言われています。 2013年には耐性菌による死亡者数は世界で年間70万人以上と言われており、このまま手をうたなければ2050年には年1000万人以上の犠牲者が出るのではないかと懸念されています。 EUでは2006年に成長目的で抗菌薬を家畜に使用することを禁止し、WHOも「人や動物に抗生物質が効かなくなる危険性が高まっている」として成長目的での抗生剤の使用をやめるよう畜産農家に2017年に勧告しています。 耐性菌は人が生み出した自業自得の結果なのかもしれません。。。 世にも恐ろしいミンチ肉 食用の牛が肉となり市場に出されるとき、売り出せるのは牛1頭の重量のうちの約半分。 つまり食肉部分は半分で、残りの半分が食べることのできないゴミになります。 この残った半分はどうなるのでしょうか。 これらのものはレンダリング・プラントという動物性脂肪精製工場に運ばれ、ぐちゃぐちゃのミンチ状にされます。 そしてこれを乾燥させたものを食肉牛の餌として食べさせるそうなのです。 しかもこの残り半分だけではなく、病気で死んだ牛は1頭丸々、安楽死させられたペットや野良の犬や猫、車に轢かれて死んだ動物、サーカスで死んだ象等々がここへ連れてこられ、攪拌されて一つのミンチとなり、乾燥させられ、また家畜の餌へと戻る…。 死んだ動物の糞便を混ぜるのは当たり前、養鶏場で集められた鶏の糞も大量に混ざっているとの資料もあります。 これらを餌として育ったアメリカ牛…。 人間が食べて病気にならない方が不思議に思えてしまいます…。 内海聡先生のFBより引用 医師である内海聡先生が去年Facebookでこのようなことをおっしゃっていました。 アメリカ牛 私は基本的に雑食家であってベジタリアンではありません。 しかし現在の肉はそーとーにやばいということだけは知っておいて損はないでしょう。 どこの牛がやばいというのはいいにくいし、ある意味ではすべてやばいともいえますが、その中でもアメリカ牛はあらゆる点においてやばすぎるかもしれません。 抗生物質、ホルモン剤が入っているのは当たり前のことですが、こういうのは序の口といったほうがよいかもしれません。 アメリカ牛の何が問題というか、一つは肉骨粉です。 肉骨粉とは何か、皆さんはご存じでしょうか? これは死んだ動物をミンチにして粉にしたものであり、病死した牛、豚などの家畜、死んだ犬、サーカスで死んだ象、スカンク、ネズミ、ヘビなど、あらゆる死体が運ばれてきて処理されます。 そしてその肉骨粉を食べているのは牛であり豚であり鳥なんですね。 つまり彼らは基本的に共食いをさせられていると述べてよいかもしれません。 和牛とて例外ではない部分があるが、そこは日本の畜産のほうがまだましはましかもしれません。 たとえばアメリカ産牛肉のホルモン剤による残留エストロゲン濃度は、和牛に比べて140倍~600倍も高いというデータがあります。 アメリカ産牛肉では五倍の発がん性があるという報告もあります。 さらにいや~な話もあります。 アメリカでは養鶏のごみでもある糞、要するに養鶏場の床にたまった大量の糞をかき集め、少量の大豆(もちろんGMO)を混ぜ合わせて牛に食べさせているという話があります。 そうやって育ったありがたいアメリカ牛を、日本では多くのチェーン店で使い、スーパーでも安売りされているわけです。 そりゃ安くできますよね。 現行の医学研究では焼き肉を週1. 5回以上食べると前立腺がんのリスクが30%増える、精巣がんも増えるなどの研究が認められています。 そりゃこんな肉なんですから当たり前かもしれません。 これが真実だとすれば、アメリカ牛を食べるのが恐ろしくなりますね…。 というか、食べる気がしない…。 国産牛にも外国製の飼料が使用されている!? 日本で育成されている牛はどのような餌を食べているのでしょうか。 牛の餌には大きく分けて2種類あり、一つは牧草やそれを元に作られた餌 粗飼料)、もう一つはトウモロコシや大豆を砕いて粉末状にしたもの 濃厚飼料)があります。 足りない分の餌は全て輸入頼りとなっているのが現状です。 tohto-coop. html 上記の図を見てもわかるように、国産の牛や豚でも国産の飼料を食べて育っているものはこんなにも少ないです。 ちなみに、海外で生まれたとしても、飼育期間が日本での時間の方が長ければ「国産牛」として店頭に並びます。 品種に関わらず、飼育・育成された期間が最も長い場所を原産国として表示できるそうです。 ついでに「和牛」は明治時代以前から日本で独自の基準をもって交配、肥育された牛のことを言い、黒毛和種、褐毛和種、日本短角種、無角和種、上記を交配させた種に限定されます。 外国生まれ外国育ちでもこれらの品種であれば「和牛」と名乗ることができるのです。 これらすべてを合算すると、日本で生まれ、日本の飼料で育った家畜は極端に少ないと言え、肉を食す私達が自分や家族のために食の安全に関する知識を身につけ、食べて問題のない物かどうかを判断しなければならないということです。 食に関しては特に、無知ほど怖いものはないです。 後から気付いたところですでに危険物質が体内に蓄積されてしまっているでしょうから…。 おわりに 今の日本の食肉は、その多くを輸入に頼っています。 輸入肉の方が国産肉に比べると安くて量が多く手が出やすいのは確かですが、輸入されているものがなぜ国産のものよりも安価で量が多いのか疑問を持たなくてはなりません。 日本では成長目的で家畜へのホルモン剤の投与を禁止しているので成長が遅く、その分コストもかかっています。 しかし輸入肉にはホルモン剤が投与されていたとしても輸入が認められており、多くの消費者が知識がないためにその肉を食しています。 スーパーで売っているものは産地が表示されているのでまだわかりやすいですが、怖いのは表示義務のない外食産業で提供される肉類です。 安さでおわかりの通り、国産牛はほぼ使われてはいません。 自ら出向き、お金を払って、わざわざ危険なものを食べに行っているのです。 前回の記事でもお伝えしましたが、アメリカ牛は特に規制が緩く薬剤等の残留数値が高かったとしても検査すらされておらず、野放し状態で全国に拡散されています。 日本の規制が曖昧かつ緩いことをアメリカもわかっているため、アメリカ牛の中でも特に粗悪なものが日本には流れてきているとの情報もあります。 これらの肉を食べた成長期の子供の身体に異変が生じたり、ホルモン系の癌を引き起こしている可能性があったり、病気の際に抗生剤が効かなくなる恐れがあったり…。 もちろんすべてがアメリカ牛のせいだとは言えませんが、可能性は限りなく高いのではないかと疑っています。 牛肉を食べるのであれば、アメリカ牛は避け、国産若しくは残留基準値の規制対象となっているアメリカ以外の国の肉の方がまだマシだと思います。 私達消費者が食に賢くなることが健康への一番の近道。 必要な知識をどんどん身につけ、家族の健康をしっかりと守りましょう。 これを読むとますます考えさせられます…。

次の