ビヨン ボルグ。 ビヨン・ボルグ本人の息子レオ・ボルグが演じる幼少時代のボルグ 『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』

ビヨン・ボルグ本人の息子レオ・ボルグが演じる幼少時代のボルグ 『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』

ビヨン ボルグ

有名なライバル関係であった実在のプレイヤーのとが対戦したの男子シングルス決勝戦を描く。 監督は ()、脚本はロニー・サンダール、出演は、、、 ()、 ()ら。 のオープニング作品となった。 を演じる 演 - スウェーデンの元世界1位のテニスプレイヤー。 脚本家のロニー・サンダールはスウェーデンの新聞 と のインタビューにおいて、「彼(スヴェリル)はこのスウェーデンのテニススターに外見がとてもよく似ている」と述べている。 また、グドナソンはインタビューで役作りについて「1日2時間のテニスと4回のパーソナルトレーナーとの練習など、週に15時間のトレーニングを6か月間続けた」と語っている。 また彼はボルグ本人に会っていないことを明かし、「まだ会ってはいないが、撮影終了後にいずれ会うだろう」と述べた。 彼の9歳から13歳の時代は、ビヨン・ボルグの実の息子が演じており、14歳から17歳の時代は俳優のが演じている。 演 - アメリカの元世界1位のテニスプレイヤーでボルグのライバル。 脚本家のロニー・サンダールはインタビューにおいて、シャイア自身が映画の話を聞いてプロダクションに連絡してきたことを明かし、その理由について「彼(シャイア)がマッケンローの性格を深く理解し、マッケンローが誤解されていると感じたからだろう」と述べている。 シャイアは誌のインタビューにおいて、脚本を見事だと称賛し、「初めて読んだときに泣いた」とも語った。 また彼は、マッケンロー本人に会っていないことを明かし、「まだ会ってはいないが、撮影終了までに会いたくてたまらない。 彼に対しては愛と敬意しかない」と述べた。 演 - スウェーデンのテニスプレイヤーでボルグのコーチ。 彼がに出演するのは『 ()』『 ()』以来となる。 スカルスガルドは、ベルゲリンとボルグとの関係について、1984年の映画『』のとを引き合いに出しながら、「人々はサリエリがモーツァルトに嫉妬していると思っているが、私はそれが正しい言い方とは思わない。 天才への完全な魅力と愛、そして自分ができないことへの自信喪失だと思う」と語った。 () 演 - () ルーマニアのテニスプレイヤーでボルグの婚約者。 ジョン・マッケンロー・シニア 演 - イアン・ブラックマン 演 - () アメリカのプロテニスプレイヤーでプレイボーイ。 演 - () () 演 - () 演 - スコット・アーサー 演 - トム・ダトナウ ケイ・マッケンロー 演 - ジェーン・ペリー () 演 - () 製作 [ ] 企画 [ ] 5月、テニスのライバル同士であるとについての映画の企画が発表された。 デンマーク出身の ()が監督を、脚本をスウェーデン出身のロニー・サンダールが担当することも明らかになった。 メッツはの『 ()』とのドラマ『』の1エピソードの監督として知られる。 製作は、スウェーデンのアニメーション映画『 』で知られるジョン・ノーステッドと、2010年の映画『 』のプロデューサーとして知られる ()が担当する。 配給はではNordisk Film、国際的にはが行う。 キャスティング [ ] 5月、とがそれぞれとの役としてキャスティングされたことが発表された。 ラブーフはでの誌のインタビューで、脚本やスカンディナヴィアの監督と仕事をすることに興奮していることを述べ、「良い映画を作っている。 スカンディナヴィアの映画は作り方が違う。 ペースも違うし、クルーの関係性も違う。 絆の形も違う」と語った。 また同記事で、がボルグのコーチのの役にキャスティングされたことが明らかになった。 、 ()と ()がそれぞれ ()との役としてキャスティングされたことが発表された。 撮影 [ ] 撮影は8月に開始し、、、、で行われた。 ボルグが子供時代を過ごし、テニスを始めた場所でもあるでも撮影が行われた。 また、のスタジオでのが再現された。 の ()のテニス競技場は、のに見立てられ、の決勝戦のシーンが撮影された。 グドナソンは「更衣室からセンターコートと見紛う場所へ、何百人ものエキストラの前を私とシャイアが歩いたとき、巨大な真実味を感じた」と語った。 同年10月、とがそれぞれとを演じている写真が初公開された。 公開 [ ] 本作は、9月のスウェーデンでの劇場公開と併行して、のオープニングを飾った。 イギリスではに公開、アメリカでは2018年に公開された。 5点となっている。 Films. 2017年10月18日閲覧。 2016年9月22日. 2016年10月9日閲覧。 The Numbers. 2018年6月6日閲覧。 Debruge, Peter 2017年9月7日. 2017年9月8日閲覧。 Screen Daily. 2016年8月16日. 2016年10月7日閲覧。 Vlessing, Etan 2017年7月31日. 2017年7月31日閲覧。 2016年5月26日. 2016年10月7日閲覧。 SVT Nyheter. 2016年5月11日. 2016年10月7日閲覧。 2016年9月29日. 2016年10月8日閲覧。 2016年5月15日. 2016年10月9日閲覧。 SVT Nyheter. 2016年10月6日. 2016年10月8日閲覧。 2016年10月10日. 2017年5月26日閲覧。 2016年9月22日. 2016年10月7日閲覧。 2016年10月5日. 2016年10月7日閲覧。 2016年10月4日. 2016年10月7日閲覧。 2016年10月8日. 2016年10月9日閲覧。 Folkbladet. 2016年10月7日閲覧。 SVT Nyheter. 2016年5月4日. 2016年10月7日閲覧。 2016年10月4日. 2016年10月7日閲覧。 2016年10月5日. 2016年10月7日閲覧。 2018年5月10日閲覧。 2018年5月9日閲覧。 2018年4月10日閲覧。 International FIlm Festival. 2018年1月5日閲覧。 Haimi, Rebecca 2018年1月4日. スウェーデン語. SVT Kultur. 2018年1月4日閲覧。 2018年1月22日. 2018年1月22日閲覧。 Talsma, Jantina 2017年11月12日. オランダ語. Noordelijk Film Festival. 2018年1月5日閲覧。 外部リンク [ ]• (日本語)• - (英語)• - (英語).

次の

【テニスシューズ】英雄ビヨン・ボルグのインスパイアモデル|テニスを人一倍楽しむ方法

ビヨン ボルグ

ストローク戦術論 テニスで一番大切なのは、「ミスをしない事」があらゆる場面で当てはまる勝利への大原則。 ギリギリのコーナーに決まるショットは、成功すれば鮮やかだが、危険率がはるかに高い。 出来るだけミスをしないやり方で、勝つ。 相手がミスするまで、じっと我慢する、これには忍耐力がいる。 けれで、どうやって勝とうとか常に神経を焦ら立たせる必要はない。 より安全に、より確実にと、ストロークを繰り返せばいい。 「考えているのはただ一つ。 ネットを越えて相手コートに入るボールを打つ事だけ。 より安全に、より確実に、我慢を重ねて・・・」 ストローク戦では「相手をコート奥深くにクギ付けにしておく事」が、最大の目標。 もし相手がベースラインから打ってくるならば、たった3歩だけ左右に動くことで、ほとんどのショットをリターンできるため。 バウンドしたすぐのボールは、スピードに乗っているし、パワーも充満していて、コントロールするのが難しい。 自分のリズム、タイミングがあり、それを保つ事が大切。 「ベースラインギリギリを狙うなんてナンセンス。 常に「安全性」のためにサービスボックスを越えたあたりだけを狙ってグラウンドストロークを打っている」 ストロークの成功の第一条件は充分な時間的余裕を持つ事。 なので、ベースラインから最低でも1メートル(相手よっては、1.8メートル下がる事もある)は離れて打つ。 そうすれば、充分に時間的余裕を作る事ができる。 出来るだけストロークに時間をかけて打ち続ける。 勝とうとするのではなく、あくまでもラリーを続ける事を目的にプレイする。 もちろん、ベースラインからウイナーを放つ事もあるが、それは結果であって、狙うものじゃない。 「我慢する」または「安全に徹する」これが、奇跡的な進歩をやってのけられる秘訣。 「一気に攻め込む」「一発で勝負を決めてしまう」誘惑を抑えて、我慢すればするほど、実際に勝つチャンスは増えてくる。 100%「ネットに行けば勝てる」と確信を持った時だけしか、前には出て行かないし、ウイニングショットも狙わない。 何より我慢が大切。 当然、決め球ではなく安全球だけを打つ事になる。 「待つこと、待つこと、さらに待つこと。 相手がミスしてくれるまで、永遠にラリーを続けるつもりで打つ。 この我慢が僕に本当の歓びを与え続けていてくれる」 集中力とは心のピントをボールに絞り込む能力。 集中力を失うきっかけは「勝てるぞ」とか「負けじゃないか」と言った、未来の予測が心の中に忍び込む事が圧倒的に多い。 集中力とは、心を「今、目の前にある事」に絞り込んで、過去や未来、または目の前に無いこと(雑念)にわずらわされない能力の事。 高性能カメラのように、ピントを「今、目の前にあるもの」即ちボールに、極限近くまで絞り込む、心のパワーの事。 この力がないと、いかに技術や体力があっても、試合には負けてしまう。 普段の練習から集中を心がける事が大切。 頭でプレイするものじゃない。 ボールとゲームに集中していれば、本能的に「次に自分が何をしたら一番いいか」は、体が先に感じ取ってしまうもの。 本能を発揮させるためには、考えすぎをやめる事。 どの場所を狙うかをだけに、心を集中してプレイするのがベスト。 試合前に不安になるのは、出来ない事をやらねばならないと思うから・・・。 ゲームプランはシンプルに、単に「ストロークを一球一球打つ」事だけをテーマにして、後は相手のミスを待つ「我慢」のテニス。 出来ない事をごちゃ混ぜにして「何とかなるかもしれない」と思ってゲームする、その漠然とした態度が良くない。 「やれる事を出来るだけ100%に近く、やってのけよう」と目標をはっきり定める事。 これも一つの心を目標に絞り込む「集中力」。 個人の性格や趣味によって、ゲームのタイプも戦略の傾向が異なるのは当たり前で、その好みを大切にしたい。 ただ、テニスのゲームメーキングで本当に大切なのは、貫き通すのではなく、相手のいかなる戦略にも対応できる柔軟性である。 自分の好みではない、不得意な戦略こそ充分に研究し、それを身に付ける。 この努力は、ビギナーにもプロにも必要な事。 短いボールを前進しながらリターンし、そのままさらに前へ出る。 これが「ネットへ出て行く基本パターン」。 それ以外の時に強引に前進したら、ネットに行き着く前にサイドまたは頭上を抜かれる確率が圧倒的に高くなる。 そのため、ネットラッシャーには常に相手コートの深い位置にストロークを返す事がネットプレイを封じる唯一の手になる。 逆に言えば、「ネットに出たいなら、充分に短いボールが来るまで待つ」となる。 では、どんなボールを「短いボール」と呼ぶのか・・・、それはサービスラインの前後でバウンドするボールは「短い」と考えていい。 アプローチショットはたった一つの目的を持ったショット。 途中で止めることはできない。 ネットへ出るというたった一つの目的を秘めて放つ。 そのため、常に「相手コート深く打ち込む」事がキーになる。 生半可なショットでは、すぐに相手に抜かれてしまう。 初めの内は、とにかく「深く」打つ事に専心する。 それが充分にできるようになったら今度は「相手のバック側を突く」というセオリーに着目する。 アプローチショットは、そのものがポイントを狙ったショットではない。 いいアプローチとは、次に打つボレーを有効に打てるよう、お膳立てするショット。 つまり、アプローチが成功したか否かは、相手のリターンによって決まる。 組み立て方が鍵になってくる。 ネットへ向かう途中で、相手の動きをよく観察して「何をリターンしてくるか」を見抜く。 ある程度のプレイヤーなら「ロブを返す」「横を素早く抜くパッシング」「正面に球をぶつけてくる」の3つの内のいずれかを選ぶ。 一般的にロブを放つ時は、ラケットの先端が下がってテイクバックする。 パッシングならラケットが持ち上がる。 パッシングなら、前進続け、ロブと見たら後退する。 充分な準備の上で放たれたアプローチショットは、相手に一か八かのプレッシャーを与える事ができるが、生半可なアプローチショットを打てば、危険率はすべて自分が負う事になる。 アプローチショットを成功させるには、本当のチャンスになり得ると判断する「分析力」と、そのチャンスを待ち続ける「我慢という勇気」が必要。 アプローチショットが成功したら、後はポイントを取るだけ。 ネットに出たら100%、必殺のボレーに集中していないといけない。 ボレーの極意は「このボレーで決める」という事。 時にはギャンブルも必要になる。 相手のコースを見極めてからでは、どんな反射神経のもってしても出遅れる。 時には、右か、左か、予め決断する。 少なくとも50%はリターンできる事になる。

次の

ビョルン・ボルグ

ビヨン ボルグ

有名なライバル関係であった実在のプレイヤーのとが対戦したの男子シングルス決勝戦を描く。 監督は ()、脚本はロニー・サンダール、出演は、、、 ()、 ()ら。 のオープニング作品となった。 を演じる 演 - スウェーデンの元世界1位のテニスプレイヤー。 脚本家のロニー・サンダールはスウェーデンの新聞 と のインタビューにおいて、「彼(スヴェリル)はこのスウェーデンのテニススターに外見がとてもよく似ている」と述べている。 また、グドナソンはインタビューで役作りについて「1日2時間のテニスと4回のパーソナルトレーナーとの練習など、週に15時間のトレーニングを6か月間続けた」と語っている。 また彼はボルグ本人に会っていないことを明かし、「まだ会ってはいないが、撮影終了後にいずれ会うだろう」と述べた。 彼の9歳から13歳の時代は、ビヨン・ボルグの実の息子が演じており、14歳から17歳の時代は俳優のが演じている。 演 - アメリカの元世界1位のテニスプレイヤーでボルグのライバル。 脚本家のロニー・サンダールはインタビューにおいて、シャイア自身が映画の話を聞いてプロダクションに連絡してきたことを明かし、その理由について「彼(シャイア)がマッケンローの性格を深く理解し、マッケンローが誤解されていると感じたからだろう」と述べている。 シャイアは誌のインタビューにおいて、脚本を見事だと称賛し、「初めて読んだときに泣いた」とも語った。 また彼は、マッケンロー本人に会っていないことを明かし、「まだ会ってはいないが、撮影終了までに会いたくてたまらない。 彼に対しては愛と敬意しかない」と述べた。 演 - スウェーデンのテニスプレイヤーでボルグのコーチ。 彼がに出演するのは『 ()』『 ()』以来となる。 スカルスガルドは、ベルゲリンとボルグとの関係について、1984年の映画『』のとを引き合いに出しながら、「人々はサリエリがモーツァルトに嫉妬していると思っているが、私はそれが正しい言い方とは思わない。 天才への完全な魅力と愛、そして自分ができないことへの自信喪失だと思う」と語った。 () 演 - () ルーマニアのテニスプレイヤーでボルグの婚約者。 ジョン・マッケンロー・シニア 演 - イアン・ブラックマン 演 - () アメリカのプロテニスプレイヤーでプレイボーイ。 演 - () () 演 - () 演 - スコット・アーサー 演 - トム・ダトナウ ケイ・マッケンロー 演 - ジェーン・ペリー () 演 - () 製作 [ ] 企画 [ ] 5月、テニスのライバル同士であるとについての映画の企画が発表された。 デンマーク出身の ()が監督を、脚本をスウェーデン出身のロニー・サンダールが担当することも明らかになった。 メッツはの『 ()』とのドラマ『』の1エピソードの監督として知られる。 製作は、スウェーデンのアニメーション映画『 』で知られるジョン・ノーステッドと、2010年の映画『 』のプロデューサーとして知られる ()が担当する。 配給はではNordisk Film、国際的にはが行う。 キャスティング [ ] 5月、とがそれぞれとの役としてキャスティングされたことが発表された。 ラブーフはでの誌のインタビューで、脚本やスカンディナヴィアの監督と仕事をすることに興奮していることを述べ、「良い映画を作っている。 スカンディナヴィアの映画は作り方が違う。 ペースも違うし、クルーの関係性も違う。 絆の形も違う」と語った。 また同記事で、がボルグのコーチのの役にキャスティングされたことが明らかになった。 、 ()と ()がそれぞれ ()との役としてキャスティングされたことが発表された。 撮影 [ ] 撮影は8月に開始し、、、、で行われた。 ボルグが子供時代を過ごし、テニスを始めた場所でもあるでも撮影が行われた。 また、のスタジオでのが再現された。 の ()のテニス競技場は、のに見立てられ、の決勝戦のシーンが撮影された。 グドナソンは「更衣室からセンターコートと見紛う場所へ、何百人ものエキストラの前を私とシャイアが歩いたとき、巨大な真実味を感じた」と語った。 同年10月、とがそれぞれとを演じている写真が初公開された。 公開 [ ] 本作は、9月のスウェーデンでの劇場公開と併行して、のオープニングを飾った。 イギリスではに公開、アメリカでは2018年に公開された。 5点となっている。 Films. 2017年10月18日閲覧。 2016年9月22日. 2016年10月9日閲覧。 The Numbers. 2018年6月6日閲覧。 Debruge, Peter 2017年9月7日. 2017年9月8日閲覧。 Screen Daily. 2016年8月16日. 2016年10月7日閲覧。 Vlessing, Etan 2017年7月31日. 2017年7月31日閲覧。 2016年5月26日. 2016年10月7日閲覧。 SVT Nyheter. 2016年5月11日. 2016年10月7日閲覧。 2016年9月29日. 2016年10月8日閲覧。 2016年5月15日. 2016年10月9日閲覧。 SVT Nyheter. 2016年10月6日. 2016年10月8日閲覧。 2016年10月10日. 2017年5月26日閲覧。 2016年9月22日. 2016年10月7日閲覧。 2016年10月5日. 2016年10月7日閲覧。 2016年10月4日. 2016年10月7日閲覧。 2016年10月8日. 2016年10月9日閲覧。 Folkbladet. 2016年10月7日閲覧。 SVT Nyheter. 2016年5月4日. 2016年10月7日閲覧。 2016年10月4日. 2016年10月7日閲覧。 2016年10月5日. 2016年10月7日閲覧。 2018年5月10日閲覧。 2018年5月9日閲覧。 2018年4月10日閲覧。 International FIlm Festival. 2018年1月5日閲覧。 Haimi, Rebecca 2018年1月4日. スウェーデン語. SVT Kultur. 2018年1月4日閲覧。 2018年1月22日. 2018年1月22日閲覧。 Talsma, Jantina 2017年11月12日. オランダ語. Noordelijk Film Festival. 2018年1月5日閲覧。 外部リンク [ ]• (日本語)• - (英語)• - (英語).

次の