ディズニー リゾート キャスト。 ディズニー帝国を支えるオリエンタルランド流キャスト教育とは

ディズニーの新人キャストが15分で悟る本質

ディズニー リゾート キャスト

アルバイトの研修風景。 新人キャストは3日で現場に出る(撮影:今井 康一、写真は2012年10月) 春休み真っただ中。 読者の皆さんの中で「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」のいずれか、ないしは両方を訪れているという人もいるでしょう。 1度でもディズニーランドやディズニーシーへ行ったことがある人なら、そこで働いているキャスト(スタッフ)を見て、「どうしてあんなに楽しそうに、前向きに働けるんだろう」と思ったことはありませんか? 結論から言いましょう。 どんな職場でも、ちょっとしたコツさえ押さえれば、メンバーをディズニーキャストのような人たちに変身させることができます。 みんなのモチベーションが高まり、成果が上がり、チームとしてより輝くことができるようになるのです。 私は、東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドに17年間勤め、人材トレーナーとして10万人以上のキャストを指導してきました。 実は、キャストたちは、たった3日の研修で表舞台にデビューします。 普通の学生や主婦がいかにして、ディズニーキャストになっていくのか。 にも詳しくまとめていますが、ディズニーには、単に褒める、しかるだけではない、「魔法の育て方」が存在します。 メンバーが担うべき、本来の「役割」を伝える ディズニーの教育では、キャストに本来の役割を理解してもらうため、努力と工夫を惜しみません。 私が新入社員の頃に実施され、いまだに忘れられないOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)があります。 それは開園時に「パートナーズ像の前に15分間立っている」というものです。 東京ディズニーランドのワールドバザールの大屋根をくぐると、目の前にシンデレラ城が見えてきます。 その正面に立っているのが、ウォルト・ディズニーとミッキーマウスの「パートナーズ像」です。 ある日、トレーナーの先輩は、開園直前に私をその像の前に連れて行きました。 そしてそこでなにもしゃべらず、ただゲストがこれから来園するであろう入場ゲートの方角を見つめています。 私は不思議に思いながらも先輩の横に立ち、ただただ同じ方向を見ていました。 朝8時。 ゲートが開くと、さっそくゲストがこちらに向かって足早に歩いてきました。

次の

【シー編】ディズニーキャストのコスチューム30種類!制服写真で比較!アラビアンコーストキャストの階級は○○で見分けられる?!

ディズニー リゾート キャスト

ディズニーリゾートではスタッフをキャストと呼ぶ理由 ディズニーリゾートはひとつの巨大なステージで、観るものすべてをショーとして提供している。 ディズニーリゾートに訪れるお客さんはショーに参加する「ゲスト」であり 、ゲストを迎えるスタッフはショーに出演する「キャスト(役者)」であるという考えから、スタッフをキャストと呼んでいる。 キャストはゲストに魔法をかける存在で、キャストがそれぞれ役割を演じることで夢の国、魔法の国が作られている。 観るものすべてがショーであるということは、キャストの対応もショーのひとつであり、ディズニーリゾートという場所に魔法がかかっているのではなく、演者であるキャストが魔法をかけてくれているのである。 (緊急を要する場合は行うとのこと) 子供の行動範囲は狭いため、目立つ服装をしているキャストが迷子の手を引いていれば目に留まりやすく、保護者が見つかりやすいという。 もし周辺を探して見つからなければ迷子センターで保護し、迷子センターが引き継ぐという流れになっている。 迷子センターでは、迷子対策のために無料で迷子シールを配布している。 名前と連絡先を書いてシールの上にイラストが書かれたシールを子供の服に貼るので、外からは名前と連絡先が見えない状態になっており、もし迷子になったらキャストがシールを剥がして保護者に直接連絡をするという仕組みになっている。 一本指は失礼にあたる文化の地域もあるが、二本指ならまだ失礼にならないという考えがある。 また、二本指差しは創始者のウォルト・ディズニーに対する敬意を表しているという逸話がある。 ウォルト・ディズニーが二本指でタバコを挟んでアトラクションを指している古い写真が残っていたが、ディズニー社がタバコとの関係を断つために写真を加工してタバコだけを消したそう。 そのため、ウォルト・ディズニーが二本指で何かを指している写真となり、ここからキャストは二本指差しをする決まりが生まれたという。 映画のようにストーリーを順序立てて楽しんでもらうために、ひとつの入り口からディズニーの世界が始まるようになっている。 演出上の理由もあるし、アトラクションの機械や排水溝などを見せなくするためでもある。

次の

【必見】東京ディズニーリゾートでアルバイトがしたい!キャストならではのルール&特典まとめ!

ディズニー リゾート キャスト

東京ディズニーリゾートの好調ぶりはとどまることを知らない。 2013年度の総客数は、開演から30周年の節目でディズニーランドとディズニーシーを合わせて3130万人、売上は4735億円で記録を更新した。 2014年は30周年の反動で大きく落ちると見られていたが、好調が続き、3138万人と総客数が前年を超えた。 この高い業績をたたき出している最大の要因は、現場最前線で働く人たちの9割を超える、アルバイトなどの準社員のスタッフが提供する優れたサービスである。 ディズニーリゾートのサービスは、アルバイトとして短期に入れ替わる人が多いにもかかわらず、働く全員が「キャスト」として高い意識を持ち続けているからこそ実現できている。 しかしながら、キャストに応募してきた若者全員が、最初から特別なサービス能力を持ちあわせてはいない。 この「東京ディズニーリゾートの強み」であるキャスト教育では、一体どのような訓練が行われているのだろうか。 次にディズニーランドでは、新人キャストに徹底して「体験」をさせるという教育を施す。 研修途中に、研修生をパークに連れ出し、実際にゲストやキャストの状態を見せ、様々なことに気づかせるという教育方法である。 何か困っていそうなゲストについて、 「今、どんなことに悩んでいると思いますか?」 「あなたなら、あのゲストに、どのような対応をしてあげたらよいと思いますか?」 などと質問して考えさせる。 オペレーションに就く前から、高い実践意識を持たせる。 アトラクションもできるだけ多く体験させ、早い段階でゲストの立場からパークを見られるようにしているそうだ。 ゲストの立場を実感として想像できるようになれば、パーク内の問題点にも自然に気づけるようになるからである。 この経験を通して、新人キャストでもサービスやオペレーションの改善も自ら進んで工夫できるようになるという。 さらに、サービスやオペレーションを日々改善していく意識を持ち続けるために、「マニュアルの意義」に対する考え方をしっかり理解させるようにしている。 もちろん、マニュアルを順守する習慣はとても重要である。 しかし、その内容を単に頑なに守らせるだけでは、時代や状況に合わせた進歩がない。 時代や状況の変化に合わせ、改訂し続けなければ、情報化によって意識の高まったお客様にすぐに飽きられる。 そこで、マニュアルは、その時点では最高のものであっても、「常に70〜80%のもの」という認識を持ち、キャスト自身が自分で考え、改訂をしていかなければならない。 そのため、現場のキャストがゲストと直に接して感じた不自由なことについて、マニュアルの訂正、修正、加筆といった改善依頼をディズニーランド本社に承認してもらえるシステムを構築しているという。 最後に東京ディズニーリゾートに来場したゲスト1人あたりの売上高である。 一人あたりの単価が1万円を超えていることがわかる。 ここで注目すべきは「商品販売収入」。 2004年から約1,000円近くグッズ販売売上が伸びている。 1年あたりの総来場者数約3000万人中、何割がリピーターが占めるのか集計はできないが、多くの割合でリピーターが来場していると考えられる。 データを見ても分かるように、「チケット収入」と「商品販売収入」に差がないのは、年間パスポートの所有者が1年間に複数回来場し、頻繁にグッズを購入しているからと推測できる。 キャストとって、必要なポイントはわかりやすく丁寧に教えるものの、"重箱の隅をつつく"ような細かなところまで教えるようなことはしない。 前述した「マニュアルは70〜80%」にも、この考え方が出ている。 つまり、このような教育スタンスの違いが「一般的な企業」と「伸びていく企業」との、決定的な差になるのではないだろうか。 スタッフに権威的に接し、指示を与えるような企業では、単純に「知識や技術のある人」を評価する。 そして、教育や訓練をする時は、知識や技術を詰め込むようにする。 その結果、知識や技術を持つ人は、それだけで安心するようになり、それ以上伸長しようとする意識にはならない。 知らない、できないことには手を出さないようになるため、「待ち」の姿勢の受動的な環境になりやすい。 一方、スタッフの自主性を大事にする企業は、基本になる考え方や、企業のコアになる理念など、重要なことをまずしっかり伝え、それ以上のことは自由に考えさせる。 自分でできるだけ、「考える力」を付けさせるようにする。

次の