ドコモ光 終端装置。 ONU(光回線終端装置)って何? ルータやモデムと何が違う? 役割を解説

ドコモ光の機器まとめ!ONU・モデム・ホームゲートウェイの仕様を紹介

ドコモ光 終端装置

モデムとは? モデムとは「modulator-demodulator」の略語で、アナログ電話回線を利用してインターネットをする場合に必要な機器のことを指します。 デジタル信号をアナログ信号に変換する変調(modulation)と、その逆でアナログ信号をデジタル信号に変換する復調(demodulation)を相互におこなうため、日本語では「変復調装置」と訳されたりもします。 また主に電話回線(ADSL回線)を利用して、通信の仲介を行う機器なので「ADSLモデム」とも呼ばれます。 モデムとは相互変換を行う機器 近年ではアナログ電話回線用だけではなく、パソコンなどの機器と通信回線の間で信号の相互変換をおこなう機器全般を「モデム」と呼ぶようになりました。 例えば、インターネットには接続しませんが、パソコンで作成した書類などを、印刷せずにそのまま相手のFAXに送信できる機能を持つ機器は「FAXモデム」と呼んだり、ケーブルテレビ(CATV)の回線を利用して信号の相互変換を行う機器は「ケーブルモデム」と呼ばれます。 光回線の場合はモデムではなく回線終端装置 ONU を使う しかし、光回線の場合は、アナログではなく光信号を使って接続します。 そのためモデムではなく、ONU 回線終端装置 を使うことになりますが、モデムと同等の役割を持つものと考えてよいでしょう。 ルーター(Router)とは、複数の端末を同時にインターネットに接続するための機器です。 複数端末のデータの流れを整理して、ネット接続に支障をきたさないようにする「交通整備的な役割」も果たすため、道(Route)を指示する者(er)という意味から名付けられました。 複数の端末をインタネットに繋げるための機器がルーター 様々な端末を同時にインターネットに接続することが当たり前になった昨今、必要となるのが「ルーター」です。 ルーターは複数の端末に通信を分配することが可能になります。 モデムだけを設置する場合、LANケーブルで1台までしか繋げませんが、ルーターがあれば同時に何台も接続することが可能になるわけです。 スマホやタブレット、テレビなどもインターネットに接続することも増えてきている今は必須と言っても過言ではない機器です。 無線LANルーターと有線LANルーター 複数のLANケーブルを同時に接続することができるルーターは「有線ルーター」と呼ばれます。 近年では無線で通信できるパソコンやタブレット、スマホもありますが、その無線接続を可能にしたルーターを「無線LANルーター(Wi-Fiルーター)」と呼びます。 ちなみに、Wi-Fiルーターは家電量販店で購入できますが、ルーターの性能次第で値段は大幅に変わります。 例えばドコモ光の速度(下り)は最大1Gbpsとなりますが、その速度を完全に活かすためにはWi-Fiルーターも1Gbps以上に対応するものが必要で、価格は10,000円以上が平均になります。 モデムとルーターの違い 上記で、モデムとルーターそれぞれの役割を解説しました。 わかりやすくすると、 モデムはアナログ信号とデジタル信号を相互に変換するための機器であり、インターネット接続を可能にするために必要な機器です。 一方、モデムでインターネットの接続環境自体を作ったうえで、 複数の端末でインターネットに繋がるようにするために電波を飛ばす機器がルーターとイメージすればわかりやすいでしょう。 混同しやすいモデムとルーターですが、はっきりとした違いがあるのです。 ONU 回線終端装置 とは? 光回線の利用で必要となる機器が「ONU」です。 「ONU(Optical Network Unit)」とは、光信号とデジタル信号を相互変換して、インターネット接続するために必要な装置のことで、日本語では「光回線終端装置」とも呼ばれます。 モデムとの違いは「変換する信号の種類」だけです。 ONUとルーター一体型のものはホームゲートウェイ ちなみに光回線事業者が提供する機器の中には、「ルーター」と「ONU(モデム)」が一体になった機器もあり、こちらは「ホームゲートウェイ」と呼ばれています。 》 HUB ハブ とは? 「HUB(ハブ)」とは、同じ建物内にあるパソコンやプリンタなど複数の端末間で、相互のデータやりとりを可能にするネットワーク(LAN)を構成するための装置のことです。 例えば、社内の極秘書類を、社員がインターネットを経由してやり取りをしたら、情報が漏れる恐れがありますよね。 しかし社内のパソコンやプリンタなどを中継器でつなぐことでインターネットを介さなくても情報のやり取りができるようになります。 もちろんハブをルーターにつなぐことで、複数の端末でインターネットも利用できます。 このように複数の端末をつなげる中継器を、HUB(ハブ)と呼びます。 またハブの中でも複数の端末に情報の一斉送信をしてしまうHUBを「リピーターハブ」、送り先を指定できるハブを「スイッチングハブ」と呼びます。 現在ではスイッチングハブが主流となっていますので、ハブ=スイッチングハブと考えていただいても問題ありません。 こちらは家電量販店で購入が可能で、価格は2,000~5,000円程度になります。 ドコモ光を利用する際に必要・不要な機器 NTT東日本・西日本のフレッツ光回線を利用した光コラボである「ドコモ光」を利用する際には、光信号とデジタル信号を相互変換するための「モデム(ONU)」が必要になります。 またモデム ONU に続いて「ルーター」を接続すれば、複数の端末がインターネットを利用できるようになります。 ドコモ光はモデム ONU もルーターも無料で使える? ドコモ光の場合、ドコモ光を契約した時点で「モデム(ONU)」はドコモより無料で貸し出されます。 さらにインターネットを利用するためには、プロバイダを選ぶ必要がありますが、 プロバイダによっては「無線ルーター(Wi-Fiルーター)」を無料で貸し出ししてくれるところもあります。 この場合、ご自身で用意しなければならないものは、基本的には無いと考えて良いでしょう。 ただしテレビ視聴サービスの「ひかりTV」などを契約する場合は、スイッチングハブが必要になる場合もありますので注意しましょう。 関連記事: まとめ 今回はインターネットを利用するために必要な各機器の名称と、その役割を解説してきました。 家庭でインターネット環境を整えるためには、以上のように複数の機器が必要になります。 しかしドコモ光では、モデム(ONU)とWi-Fiルーターが無料で貸し出されるため、導入コストを最低限に抑えることが可能です。 現在、ドコモのスマホやタブレットを利用している方には、ドコモ光を利用することで、セット割引など、お得な特典がたくさんあります。 ぜひドコモ光を利用して、快適なインターネットをお楽しみください。

次の

ドコモ光で小型ONUに交換してもらう方法

ドコモ光 終端装置

光回線インターネットのONUって一体何なの?という疑問をお持ちの方のために、ONU・モデム・ホームゲートウェイ・ルーターとの違いを解説します。 ONUとルーターが無料レンタルされる光回線も紹介するので、光回線選びの参考にしてください。 目次:• ONUとは? ONUはOptical Network Unitの略で「光回線終端装置」ともいいます。 はONU無しではインターネット接続できないので、とても重要な装置です。 ONUとモデムやルーター、ホームゲートウェイなどの違いが分からない人のために、下記の表で簡単にまとめてみました。 光回線インターネットをするのに必須で、基本的には回線事業者から無料で貸し出されます。 ONUには、単体型(スタンダードなタイプ)と一体型(ルーター機能付きタイプ)とがあります。 単体型ONU ONUにあるLANポートとパソコンをLANケーブルで繋ぐとインターネットに接続できます。 ただし、 接続できるのは一台のパソコンだけです。 もしスマホやタブレット、プリンターなど他のデバイスもネット接続したいのなら、別途ルーターが必要になります。 一体型ONU 無線ルーターの一体型なので、LANケーブルによる接続に加えて、 無線WiFiで複数のデバイスに接続することができます。 後述しますが、NURO光はこの一体型ONUが無料でレンタルされます。 ONUとモデムは別の物 - 違いを解説 モデムという単語は知っている方も多いでしょう。 それもそのはず、モデムはADSLインターネットでは必須の装置でした。 モデムは、電話回線を通るアナログ信号と、パソコンや他のデバイスが理解できるデジタル信号を相互に変換します。 信号の変換機能という意味では、ONUとモデムは似た装置です。 違いは、 ONUが光回線用の装置、モデムは電話回線用の装置というもの。 そのためか、ONUは光モデムと言われることもあります。 ONUとホームゲートウェイは別の物 -違いを解説 ホームゲートウェイとは、インターネットに関連する複数の機能が1つになった装置のことを指します。 最近では、光電話を使用するために必要な機能が備わったONUのことをホームゲートウェイという場合がほとんどです。 つまり、 ONUとホームゲートウェイの違いは光電話に対応しているか否かということになります。 ホームゲートウェイにはルーター機能も付いているので、ホームゲートウェイさえあればインターネット関連の全てをまかなえます。 ONUとルーターは別の物 -違いを解説 ルーターは、複数のデバイスをインターネットに接続するための装置です。 ONUだけでもインターネットは可能ですが、ルーターのみではインターネットはできません。 ONUの主な機能が信号変換なのに対して、ルーターは複数機器のネット接続を仲介する機能という違いがあります。 ルーターはあくまで、インターネットをより便利に使うための装置といえるでしょう。 最近のルーター機種は、有線LANポートに加えて無線LAN機能を備えています。 そのため、スマホやタブレット、その他の周辺機器を何十台でも光回線に繋ぐことが可能です。 ONU+ルーターがレンタル無料の光回線 インターネットに必須のONU、色んな端末をネット接続できるルーター、そのどちらも無料で貸し出してくれるお得な光回線を紹介します。 ・(GMOとくとくBB) ・ ・ ドコモ光(GMOとくとくBB) ドコモ光は回線を使用する光インターネットです。 名前からも分かるように ユーザー向けとなり、ドコモの毎月の携帯電話料金が割引になります。 プロバイダーのGMOとくとくBBを通してドコモ光を契約すると、ONUとは別に最新WiFiルーターが無料レンタルされます。 ドコモ光(GMOとくとくBB)のキャンペーン内容 ドコモ光(GMOとくとくBB)にはどんなキャンペーン特典があるのかまとめました。 内容は変わる場合があるので、最新の特典については公式サイトでチェックしてみてください。 申込みキャンペーン特典• 新規工事費無料• WiFiルーター無料レンタル• インターネットセキュリティ1年間無料• キャッシュバック• dポイントプレゼント 無料レンタルWiFiルーターの種類 - ドコモ光(GMOとくとくBB) メーカー 機種名 無線LAN最大速度 特徴 BUFFALO WSR-2533DHP3 1. 7Gbps• 3階建て 戸建て 対応• 4LDK マンション 対応• 最大18台接続• IPv6接続対応 BUFFALO WXR-1900DHP3 1. 3Gbps• 3階建て 戸建て• 4LDK マンション• 最大18台接続• IPv6接続対応• 電波の向きを住宅環境に合わせて最適化できる3本アンテナ NEC Aterm WG2600HS 1. 7Gbps• 3階建て 戸建て 対応• 4LDK マンション 対応• 最大18台接続• IPv6接続対応 ELECOM WRC-2533GST2 1. 7Gbps• 3階建て 戸建て 対応• 4LDK マンション 対応• 最大24台接続• に対応しているので、ユーザーなら毎月の料金が割引されお得になります。 So-net光プラスに申し込むと、対応の高速ルーターの無料レンタルを含め、豊富なサービスを無料で受けられますよ。 So-net光プラスのキャンペーン内容 So-net光プラスのキャンペーン内容を見てみましょう。 最新の情報については公式サイトで確認することをおすすめします。 申込みキャンペーン特典• 新規工事費実質無料• ネット料金2年間割引• WiFiルーター永年無料• インターネットセキュリティ無料• 訪問設定サポート無料• 11ac 特徴 ZXHN F660A 1. 3Gbps 対応• 最大10台接続• IPv6接続対応 HG8045Q 1. 3Gbps 対応• 最大32台接続• IPv6接続対応 FG4023B 1. 3Gbps 対応• 最大32台接続• IPv6接続対応 ZXHN F660T 450Mbps 非対応• 最大10台接続• IPv6接続対応 HG8045j 450Mbps 非対応• IPv6接続対応 HG8045D 450Mbps 非対応• 最大32台接続• ONUとモデムの違いは光回線用かADSL用かということ• ONUは機種によってルーター機能が付いている• ONUは光回線に必須のため無料で貸し出される.

次の

お引越し(移転)のお手続き

ドコモ光 終端装置

「ドコモ光 タイプA/B/単独タイプ」をご利用のお客さま お手続き前に、お引越し(移転)先のNTT東日本/西日本サービス提供地域のご確認をお願いいたします。 移転事務手数料、工事料が必要です。 原則、工事完了日の翌月にご利用料金とあわせてご請求させていただきます。 移転事務手数料 (税抜) 移転事務手数料の表 移転事務手数料 2,000円 工事料 工事料については、お客さまのお引越し(移転)先の工事内容によって異なります。 「ドコモ光電話」「ドコモ光テレビオプション」をお引越し(移転)先でご利用される場合は、工事料が別途発生いたします。 「ドコモ光電話」「ドコモ光テレビオプション」をお引越し(移転)先でご利用される場合は、工事料が別途発生いたします。 お申込み方法 ドコモ光のお引越し(移転)はドコモ光お引越し受付フォームまたはドコモショップまたはお電話にてお申込みになれます。 Web申込でdポイント(期間・用途限定)プレゼント! お申込み方法の表 お申込み方法 特徴 Web フォームで受付後、翌日以降にご指定いただいたお時間に担当オペレーターからご連絡します。 事前に情報をご登録いただいているので、お手続きもスムーズです。 受付時間:24時間受付 お電話 オペレーターと直接対話しながら、お手続きができます。 混雑状況によっては、つながりにくい場合がありますので、をご活用ください。 受付時間:午前9時~午後8時 ドコモショップ ショップスタッフと相談しながら、お手続きができます。 待ち時間が発生しますので、をご利用ください。 受付時間:各店舗の営業時間内 お手続きの流れ お申込み方法により、お手続きの流れ、ご準備いただくものが異なります。 詳細は、下記よりご確認ください。

次の