ハイレゾ アーティスト。 【ハイレゾ再入門(1)】徹底解説!いまさら聞けない、ハイレゾ音源の入手法&選び方 (1/2)

<予約>ユニバーサル・ミュージック「ハイレゾCD ジャズ名盤シリーズ」9月2日発売|ニュース&インフォメーション|JAZZ|ディスクユニオン・オンラインショップ|www.eventagram.com

ハイレゾ アーティスト

豊洲野音CARNIVALの様子 (提供:豊洲野音CARNIVAL) 公園やキャンプ場で音との上質な時間をつくる ハイレゾ対応のヘッドホンを外に持ちだして、公園やキャンプ場にカラフルなタープやテントを張り、ハイレゾ収録のライブ音源を聴いてフェス気分を楽しむ。 これが私たちが提案するパークフェス。 移動中ではなく、屋外の楽しい場でハイレゾのライブ音源を聴くというのがポイントです。 楽器を演奏している位置やアーティストの息遣いまでを聴き取れるハイレゾ音源を感じながら、屋外の解放感を。 ライブ音源は、ただ楽曲のよさを深くハイレゾで楽しむだけではなく、その場を楽しいものにしてくれます。 その気分をさらに盛り上げてくれるのが、タープやテント。 ミニテーブルと折りたたみチェアも持ちだせば、さらに快適な音楽空間をつくれます。 持ち出すお酒はシャンパンを。 万能なのがウッドボード。 ただのまな板じゃなくて、ウッドボードの上でチーズをカットするだけで、簡単に大人な雰囲気を演出できます。 事前にルールを確認しておきましょう フェスのプロデューサーも納得「このままずっと聴いていたい」 このパークフェス、音楽好きはどのように感じるのか。 豊洲野音のプロデューサーである南兵衛 鈴木幸一さんに、実際に豊洲野音CARNIVALに出演するアーティスト、「Poralis」の楽曲を聴いていただきながら、おもしろさを紐解いていただきました。 Polaris 「Polaris Tour 2015 "Music"」 -----聴いていただいているのは、ライブ且つハイレゾという音源です。 例えば、Poralisの楽曲は、音の解像度が高いからこそ、演奏している楽器がどの位置にあるというのがわかる。 目をつぶるとライブ会場に実際にいる気持ちですね。 実際のフェスでは、会場の後ろに山があるか、森のなかなのかで音の聴こえ方が変わってくる。 それがフェスの醍醐味なのですが、音を気軽に聴きたいのなら、ヘッドホンなら音が安定するので、どんな場所であっても、ベストポジションで聴いているような気分になれます。 うーんやっぱりハイレゾっていいですね。 このままずっと聴いていたい。 -----そもそもフェスで音を聴くよさというのは、どんなところにあるんでしょうか? オープンエアっていうところだと思いますね。 日常的に音を外に聴きに行くってなかなかないじゃないですか。 閉鎖されていない空間で聴くって気持ちいい。 単純に空を見るだけでも気持ちが解放されるし。 このパークフェスっていうのも外で聴くので、そのへんの楽しさはフェスと通じるものがあるかもしれないですね。 なにせ音がいいので、このウォークマンとヘッドホンさえあればハッピーですよ。 近所の公園ででも、いい場所を見つけてやってみたいですね。 フミヤの円熟味を感じる 藤井 フミヤ 「FUMIYA FUJII SYMPHONIC CONCERT 豊洲野音CARNIVALには藤井フミヤさんも出演されるそう。 代表曲をということで『TRUE LOVE』を聴いてみたのですが、鼻腔に響かせて伸びる声や、声が喉のなかで転がっているような音がしっかり聴こえました。 歌いながらの吐息まではっきり。 さまざまな歌唱テクニックを駆使しているのがわかって、プロフェッショナリズムを感じます。 チェッカーズが解散して20年、円熟味を増した彼の声にあらためて聴き惚れそう。 また、曲を演奏しているフルオーケストラの音が、いくつもの旋律が重なっているというのがしっかりわかって、かなり深みを持って聴こえました。 ライブ音源のなかでも、以下のアルバムは野外での公演が収録されているので、フェス気分に浸るにはもってこいです。 「挑戦的であり反抗的」と表される彼らのライブこそ、ハイレゾで聴いてみたい楽曲のひとつです。 世界第二位の規模を誇るMontreux Jazz Festivalでの、joe lovanoとDave Douglasのセッションも聴いてみたいところ。 その場限りのアドリブを、まさに演奏が行われた瞬間に会場で聴いているかのような気分に浸れるでしょう。 自分のコーディネートに落とし込めるヘッドホンとウォークマン カラフルなコーデを楽しみたいフェスのファッション。 10月に新発売となった「h. ear」は、5色展開のハイレゾ対応のヘッドホン。 原色にはないような柔らかい印象なので、ふだんのコーディネートにもなじみやすく、デザインもシンプルなので取り入れた時に違和感もありません。 また、今回、h. earのカラー展開にあわせたウォークマン「Aシリーズ」も新発売!h. earと合わせたカラーコーディネートを楽しめます。 またインナータイプのヘッドホン同梱モデルも用意。 ハイレゾ音源を再生しながら、周囲の騒音を低減できる「ハイレゾ対応デジタルノイズキャンセリング機能」を搭載していて、付属のヘッドホンでその機能を体感できます。 気軽にコーデを楽しめるこのヘッドホンとウォークマンを携えて、週末の公園でパークフェスを楽しんでみませんか? 撮影協力:.

次の

「堀江由衣LIVE TOUR 2019文学少女倶楽部」ライブ音源のハイレゾ配信がスタート!特設ページにて試聴動画&プレイリスト企画公開!(エムオンプレス)

ハイレゾ アーティスト

ハイレゾ音源を手に入れるには音楽配信サービスを利用するのが一番の早道だが、最近はハイレゾ配信サイトの数が増えてきたので、どこから買えばいいのか迷うこともある。 そんな悩みを解決するために、楽曲のラインナップや使い勝手など、各配信サイトの特徴をまとめて紹介しよう。 聴きたい作品やアーティストの音源が買えるかどうかを知るには、各配信サイトの検索機能を利用し、アルバム名やアーティスト名を入力するのが基本だ。 また、所属レーベルがわかる場合は、そのレーベルが参加している配信サイトを絞り込むという方法もある。 大半のハイレゾ配信サイトは複数のレーベルを取り扱っているが、多くのサイトではレーベル名で作品を絞り込むことができる。 曲の探しやすさや買いやすさでは日本のサイトが圧倒的に有利だが、ハイレゾ音源のなかには海外サイトでなければ購入できない作品もある。 原則として英語表記なので登録時などに迷うことがあるかもしれないが、配信とは言っても基本はオンラインショッピングなので、基本的なステップを踏めば操作自体は決して難しくない。 海外サイトならではの難点は、販売対象地域が限定された作品が少なくないことと、海外発行クレジットカードが必要な例があることだ。 ここで紹介するサイトにも一部そうした制約があるので、具体例は個別に紹介することにしよう。 購入手続きが完了した後のダウンロードに要する時間は海外サイトと日本のサイトでそれほど変わらず、1アルバム当たり10〜30分程度で完了する。 同じ作品を複数のサイトで扱っている場合、ファイル形式、価格、付属データの3点をチェックしてから購入を決めることをお薦めする。 ハイレゾ音源化の際のマスターの違いなどが原因でサンプリング周波数が異なる例は珍しくないし、価格は国内サイトと海外サイトで大きな違いがあるのが普通だが、ポイントやクーポンが利用できる場合はその点も考慮して判断しよう。 ブックレットや画像データの有無もサイトによって条件が異なるので、そこにこだわる場合は必ずチェックしておきたい。 それらの条件がすべて同じなら、ダウンロードソフトの有無など、使い勝手で判断すれば良い。 配信サイトによっては、同じアルバムに複数のファイル形式が用意されているケースもある。 e-onkyo musicは同価格でWAVとFLACが選べる例が多いし、LinnRecordsはハイレゾ相当のスタジオマスターに限ってもFLACとALACの2種類を揃えている。 HQMはサンプリング周波数によって価格が異なるタイトルがあり、そこでも迷ってしまう。 筆者のお薦めはFLACまたはALACなどのロスレスコーデックだ。 ネットワークプレーヤー、パソコンどちらで再生する場合も曲順や曲名の表記がぶれにくく、ストレスが少ないことに加え、データのサイズもWAVの半分程度で済むため、ダウンロードが速くストレージのスペースも節約できるからだ。 非圧縮によほどのこだわりがある場合以外は、再生環境の選択肢が広いFLACを選ぶのが順当だろう。

次の

動画配信の更なる高みへの挑戦!ミュージシャン向け高音質動画配信サービス『MUSIC/SLASH』でのハイレゾ配信対応プラットフォーム構築へ向け、株式会社SPOONとの共同開発を発表|ラディウス株式会社のプレスリリース

ハイレゾ アーティスト

ハイレゾリューションオーディオ形式を含む各種デジタル音楽データのダイナミックレンジと帯域幅 具体的にはおよびのうち片方がスペック(44. 1 kHz, 16bit、もしくはスペック 48 kHz, 16bit )相当 を超えている(かつもう片方も超えているか、同程度)ということ。 2014年3月26日に、一般社団法人 JEITA によって呼称と定義について周知がされ 、2014年6月12日には、一般社団法人 JAS がハイレゾ音源の定義や推奨ロゴを発表した。 定義 [ ] JEITAによる定義 [ ] 換算でサンプリング周波数、量子化ビット数の少なくとも一方がCDスペックを超えていて、もう一方がCDスペック以上であればハイレゾリューションオーディオの定義に合致する。 なお、JEITAはCDスペックを44. 1~48 kHz, 16bitと定義している(CD-DAスペックとは異なるので注意)。 ハイレゾ音源に該当するかを示す表は以下の通り。 サンプリング周波数 量子化ビット数 16bit未満 16bit 16bit超過 44. 下記の定義に示されるリニアPCM WAV およびその可逆圧縮フォーマット 、、など 以外にも、フォーマット DSF、DSDIFF、WSD によるデータもハイレゾ音源として扱われる。 推奨ロゴマークは、が2013年から使用していたハイレゾ音源再生・録音対応機器のロゴマーク、もしくは(ブランド含む)、および(・の各ブランド)がまで使用していたハイレゾ音源再生対応機器のロゴマークである。 アナログ機器• 録音マイクの高域周波数性能 - 40kHz以上。 アンプ高域再生性能 - 40kHz以上。 ・・の各種高域再生性能 - 40kHz以上。 デジタル機器• 自己録再機は、FLACまたはWAVのどちらかのみでも良い。 2018年11月28日、日本オーディオ協会がスマートフォンやを使用したワイヤレスヘッドホン、ワイヤレススピーカーなどのワイヤレス機器の普及に伴い、無線接続での音質を担保する新カテゴリーのライセンスとして「ハイレゾオーディオワイヤレスロゴ」を定義した。 「ハイレゾオーディオワイヤレスロゴ」ライセンスは、下記の条件を満たす無線接続を持ち、かつ無線接続以外は「ハイレゾオーディオロゴ」の規定を満たす、主にBluetoothを念頭において策定されており、 無線LAN は十分な帯域を持つため対象外としている。 なお、左右独立イヤホンや2台1組で2chとして使用できるBluetoothスピーカーのような製品内部で無線通信を行うものについては、「技術的・音質的評価を行う方法や指標が検討しきれていない」として、ライセンス開始直後は認証の申請を受け付けず、今後、評価方法や指標の検討が完了次第、ライセンス対象に組み込むとしている。 ワイヤレス機器• 上記伝送路上でJASが認証したオーディオコーデックを用いデジタル・オーディオ信号を伝送するもののうち、所定の性能、品質を有する製品にロゴ使用を許諾する。 認証コーデック• 日本オーディオ協会が提供するテスト信号と評価ツールで検証し、十分な性能であることを検証する。 日本オーディオ協会が定める方法、評価者、場所において試聴評価を行い、十分な音質であることを確認する。 コーデックのライセンス条件などビジネス面での条件が明確であり、すべてのハイレゾオーディオのライセンシーにライセンス可能であること。 コーデックの提案者は、日本オーディオ協会会員であり、コーデックのIP保持者かその代理人であること。 技術 [ ] この節のが望まれています。 ハイレゾリューションオーディオ音源を制作するためには様々な技術が使われている。 録音 [ ] 高性能 ADC 高性能ADCは信号雑音比 を高くすることが可能となる。 ハイレゾの録音は基準レベル -18 ()付近で行われている。 編集・ミキシング [ ] 演算精度 いくつかのDAWには 64-bit float 処理に対応するエンジンが搭載されており、高い演算精度での編集が可能となっている。 特に、32bit整数音源を作成するためには64bit float演算が必須となる。 SONAR 、Logic Pro X 10. 3以降 、Cubase 9. 5以降 などが64-bit float処理のエンジンを搭載している。 また、オーディオプラグインにおいても64-bit floatでのやり取りに対応するものがある VST3プラグインの一部 など。 高品質サンプリング音源 プラグインなどのサンプリング音源は、ものにより収録時の量子化ビット数やサンプリング周波数が異なっている。 そのため、音源の品質にも気を配る必要がある。 sf2 の仕様では、2. 04以降24bitサンプルに対応している ものの、50kHzより高いサンプリングレートは「再現できないハードウェアが存在することから避けるべき」とされている。 () DLS では16bitより深い量子化ビット数のサンプリングデータを内包するためにDLS 2. 2以降のWave Codec Extensionsが必要となる 対応するかは実装による。 高品質 192kHzで録音・編集したものを96kHzにダウンサンプリングする場合などにリサンプラーが必要となるが、リサンプラーによって性能が異なっている。 リサンプラーの性能比較サイトとして「」が存在し 、その比較結果においてFinalCD、 () RX、Voxengo r8brain PROが上位のリサンプリング性能となっている。 再生 [ ] OS標準ミキサーのバイパス アプリケーションのオーディオ出力は通常、OS標準のミキサー カーネルミキサー等 により劣化してしまう。 そのため、OS標準のミキサーをバイパスする手法が存在する。 Windowsであればやのがこれに当たる。 対応機器 [ ]• で再生• (光接続が多い)経由や経由でハイレゾ対応の・等に接続。 (一部の低価格モデルを除きその大部分がハイレゾ対応)経由で対応ヘッドホンに接続するか、若しくはUSB-DAC本体の背面にあるアナログライン出力(または)を利用して(ほぼ据置型がこれに該当)アンプやに接続。 で再生• LAN上のDMS(サーバー)と接続。 ハイレゾ対応のやで再生• 対応ヘッドホンがあれば単体で可能。 ただし、再生可能なフォーマットや音源スペックは機器により異なる。 また、についてはDLNA経由で再生する場合に対応フォーマットや音源スペックに制限が掛かる場合もある。 なお、機器がハイレゾ音源に対応していたとしても、それが即ち音質を保証するという訳ではない。 機器によってやアンプの方式などが異なるため、それぞれ再現できるダイナミックレンジや、再生で生じるが異なっている。 この節のが望まれています。 ( 2018年2月) ハイレゾリューションオーディオに対する論争 [ ] 科学的な批判 [ ] 現在までの所、適正に制作された従来のCD-DA音源とハイレゾリューションオーディオ音源を明確に聞き分けることができなかったとするによる試験結果も報告されている。 ボストンオーディオ協会による報告の論文によると、違いは聞き分けできないとの結果となっている。 ブラインドテストの結果作曲者やミュージシャンですら16ビット48 kHzの音とハイレゾリューション音源を区別できなかった。 2014年の論文では、時代遅れの古いや手法ではアーティファクトが聴覚できるとしている。 ただし、マスター音源からCDへマスタリングされる際などは、によって適切な手法でディザリングが施されるため、この論文の示す通りにならない可能性があることに注意が必要である。 やなどの開発元であるに所属している、はオーディオ技術一般によく見られる、ある種のオカルト的効力を掲げた販売手法であると批判している。 実際にハイレゾリューションオーディオが標準的なオーディオと違いがあるか確認するために、の一種であるABXテストによる検定も有用である。 また、高いサンプリング周波数では、非可聴域のがの形で可聴域に影響を及ぼすことにより、元の音源にない音が再現されてしまう場合もあり、高すぎるサンプリング周波数は音質に悪影響を及ぼすこともある。 このほか、イヤホンでハイレゾ音源を再生する場合(あくまでも架空の空間での鑑賞で)、スピーカーでハイレゾ音源を再生する場合と異なり、リアルな空間での体験は得られないとされる ヘッドホンにおいてはそうはいいきれない。 CD-Rの音質と2chステレオ音源が実現した時点で、これを超える質や量を伴うディスクの製造は可能でも、「がそれを必要としない」という問題は依然として解決できていない。 マーケティングへの批判 [ ] ビジネス誌、はハイレゾリューションオーディオに注意を促している。 コンシューマ向けのエレクトロニクス企業は、新しいガジェットを買わせることを良しとしてきた過去があることを考えると、用心が必要です。 マスター音源を標準音質とハイレゾリューション音質で作り分け販売する手法があるが、ハイレゾリューション音源であっても、ダイナミックレンジを無視したマスタリングがされることもある。 脚注 [ ] []• いわゆる1ビットオーディオの場合に、総合して考えて超えていると考えられれば良いという扱いになるため、ここでは「相当」としている。 2014年6月12日. 2014年6月15日閲覧。 2014年3月26日. 2014年6月15日閲覧。 2014年6月12日. 2014年6月15日閲覧。 2014年6月12日. 2015年6月20日閲覧。 PHILE WEB. 2018年12月21日閲覧。 45 Stephane Elmosnino 2018年2月12日• XiVero GmbH 2015年4月22日• Steinberg• Cakewalk• Apple• Steinberg• Steinberg• 1 FreePats 2006年• 29 FreePats 2006年• MIDI Manufacturers Association• 49 Gebre Waddell 2013年7月16日• comマガジン 2017年1月13日• comマガジン 2017年1月23日• Audio Engineering Society 2007年9月15日. 2015年1月24日閲覧。 Audio Eng. Soc. 2015年3月24日閲覧。 Audio Eng. Soc. 2015年11月9日閲覧。 xiph. org 2013年4月4日. 2015年1月24日閲覧。 Xiph. org. 2015年11月2日閲覧。 2016年11月. 2016年11月12日閲覧。 Brustein, Joshua. BLOOMBERG BUSINESSWEEK. BLOOMBERG L. 2014年3月17日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の