クリスマスイブ いつ。 クリスマスイブはいつからいつまで?クリスマスはなぜ12月25日?

クリスマスプレゼント!子供にはいつ渡す?当日?イブ?それとも…

クリスマスイブ いつ

クリスマスイブの予定あり・なし 12月に入ると、テレビでやたらと予定あり・なしで、クリスマスイブの過ごし方の話題を盛り上げようとします。 予定なしの人は、プレッシャーを感じて焦って慌てだす!• 予定ありの人は、優越感に浸るとともに、その日に向けて気持ちをUPしていきます。 毎年恒例ですね。 「予定なし=彼、彼女いない」 ということで、ぼっち(ひとりぼっち)の場合どう過ごすか? これをいじるネタですね。 サンタが夜に部屋の暖炉の煙突から入ってきてプレゼントをこっそり置いていくのは24日?それとも25日? 24日の夜ですよ! だって、25日の夜だと、日没後なのでクリスマスが終わってます! 子供にプレゼントをあげるのは、24日の夜にしてくださいね。 現実的には、その年の曜日によって 家族が集まれる日や、パーティのときにプレゼントを渡すのがいいですね。 そんなふうに絵本やテレビで教え込まれてしまいますからね。 子供が信じ切っているなら、24日の夜寝てからサンタさんがプレゼントを持ってきてくれたふうにしましょう。 他の日にすると、幼稚園や近所の友達とのお話で、クリスマスプレゼントの話題になったとき、「なんで自分だけサンタさん持ってきてくれないんだろう」なんて悩んでしまうかもしれません。 24日の夜は、いつサンタさん来るんだろうなんて眠る時間が遅くなったりします。 安全なタイミングは、25日の朝、 子供が起きる前に枕元に置くのがベスト。 クリスマスツリーがあるなら、ツリーの下ですね!! スポンサーリンク アメリカのクリスマスは大変 サンクスギビング(収穫の感謝祭11月の第4木曜日 別名、七面鳥を食べる日)が終わるとクリスマスシーズン。 道端の広くなったところでモミの木の市場が開かれるので、生のモミの木を買ってくる。 クリスマスツリーは1月始めまで飾ったまま。 これが普通。 デパートには巨大なクリスマスツリーとクリスマスソング。 クリスマスカードを送る。 (日本で言えば年賀状みたいなもの) 一番大変なのは、クリスマスプレゼント。 子供だけでなく、大人どうしでもプレゼントし合ったりします。 買うのが楽しい人はいいんですが、頭を悩ませて憂鬱になる人も。 本心では、めんどくさいと思っている人もたくさんいるとか? クリスマス商戦(Christmas sales で年間売上の1/4も売れるそうなのでお店は、あの手この手で迫ってきます! セールがあり安く買えるので、 自分のためのプレゼントをここで一気に買う人もいるようです。 他人より自分です。 イルミネーション クリスマスシーズンになると、いろんなお店でツリー、サンタやトナカイを飾りますが、個人の家の庭と家の飾りほど楽しいものはないですね! 最近、日本でも家の外に大掛かりな電飾を見かけます。 アメリカですと、気合が入ってるな~って思える作品があちこちにありますよ。 見学ツアーなんか勝手に組んでいるところもありますね。 日本でもどんどんやってほしいですね! スポンサーリンク アメリカで有名なクリスマスの映画 「A Christmas Story」1983年に公開。 日本では有名ではないので残念ですが、アメリカではよく知られているクリスマスの定番映画なんです。 アメリカのちょっと前の時代の典型的なクリスマスのシーンがたくさん出てくるので、みんな懐かしんでしょうね。 字幕がないので雰囲気だけ味わってください。

次の

クリスマスは何日?イブはいつ?パーティーは何時なの?

クリスマスイブ いつ

そこで今回は 「クリスマスプレゼントを渡すベストな日」について書いていきたいと思います。 スポンサーリンク クリスマスプレゼントを渡すベストな日をズバリ! 基本的に、 24日がクリスマスイブで25日がクリスマスと言われていますよね。 海外では、 24日の夕方から25日の深夜にかけてクリスマスパーティーをするのが一般的ですが、日本では、24日も25日も独立したクリスマスとして考えています。 こうなった場合に、23日の深夜にプレゼントを子供に渡すべきか? それとも24日の深夜にプレゼントを渡すべきなのか? 迷うこともありますよね。 やはり25日がクリスマスということもあり、 24日の深夜にそっと子供の枕元にクリスマスプレゼントを置いておくのがベストだとおもいます。 厳密には欧米の本場のクリスマスは 「24日深夜から25日にかけて」というもので日本のように「2日間」も期間がないと考えているんです。 なぜかといいますと、サンタクロースのモデルとなっているという人物の誕生日だからだそうで、一部の地域はかなり早めにクリスマスプレゼントを受け取る習慣があるそうです。 あまりにも、日本とかけ離れているのでオドロキですよね。 ちなみに、先ほどのドイツやオランダのようにクリスマスの文化も違えばクリスマスを祝う習慣さえない地域や国だったあるのです。 日本でもクリスマスという文化が根付きはじめたのも100年以内です。 ですが、国や地域は違えど、クリスマスは世界中から愛されているイベントです。 こう考えるとこれだけ世界を共通して行われるイベントは少ないですよね。 最後に 子供にとっては、クリスマスという1日はたくさんの希望や夢があり非常に楽しいはずです。

次の

クリスマス・イブ (山下達郎の曲)

クリスマスイブ いつ

日本のクリスマスの始まりは? 1552年、山口県にキリスト教の宣教師としてやってきたフランシスコ・ザビエルが信徒を集めて12月24日にミサ(カトリック教会で行われる祭儀)を行ったことが始まりだと言われています。 1560年ごろ、京都にキリシタンら100人ほどが集まり、盛大な降誕祭(こうたんさい・聖人や偉人などの誕生日を祝う祭典)を行ったという記録があります。 また、1568年にはイエズス会士ルイスフロイスによって「織田信長と松永久秀がクリスマスに一時休戦した」という記録も残っていることから、日本でも各地でクリスマスが行われていたと考えられます。 しかし、江戸幕府が1612年に禁教令(キリスト教禁止令)を発令し、一旦クリスマスは姿を消してしまいます。 その後、明治6年(1873年)に禁教令が解かれ、クリスマスも復活します。 そして、信徒以外にも少しずつ、クリスマスにちなんだお話や歌などが広まっていったようです。 明治37年(1904年)に、銀座の「明治屋」が商業用のディスプレイとして初めてクリスマスツリーを店頭に飾り、大きな話題を呼んだことで一般的に広く知られるようになりました。 明治43年(1910年)には「不二家」がクリスマスのデコレーションケーキを発売し、大正8年(1919年)には「帝国ホテル」が一般客向けのクリスマスパーティを開催。 その後も次々とデパートやホテルでクリスマスの装飾や販売が始まり、日本中に広まっていきました。 昭和になってから、銀座や渋谷、浅草などの喫茶店やレストランがクリスマスに因んだメニューを取り入れるようになりました。 第二次世界大戦が始まり、クリスマスは一時下火になったものの、戦後になると再び活気を取り戻し、現在では、テーマパークやデパートなど早いところでは11月初旬からクリスマスの装飾が施され、クリスマスイベントやクリスマスセールを開催しています。 このように日本では宗教的な理由ではなく、商業イベントとして盛大に行われるようになり、国民的行事として定着しました。 クリスマスの起源と歴史は? クリスマスは、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う日です。 12月25日がイエス・キリストの誕生日というわけではなく、キリスト教では「キリストの誕生を記念する日」と位置付けられているそうです。 (キリストの誕生日は不明とされています。 ) 「クリスマス」という言葉は、「クリスト Christ ・マス mass 」という意味です。 クリストはキリスト、マスはミサのことで、キリストの「降誕祭」のことです。 なぜ12月25日なのか・・・古代ローマ帝国では「ミトラ教」というものが信仰されていたそうで、その主神が「ミトラス」でした。 ミトラスは、太陽神の性質をもっています。 この「ミトラ教」の大事な催しが「冬至」のお祭りで、12月25日でした。 冬至を境に日が長くなっていくことから、ミトラ教では12月25日を「太陽神が再び生まれる日」としてお祝いし、祭典を行っていたのです。 その後、ローマ帝国がキリスト教を導入した時にミトラ教やほかの土着の宗教と争うことなく平和的に融合しようと考え、325年に開かれた教会会議で正式に12月25日をキリストの誕生を祝う日と決定したそうです。 そして、キリスト教が世界中に広がるとともに、12月25日のクリスマスはキリストの誕生を祝う日としてクリスマスは広がっていき、盛大にお祝いをするようになりました。 日本と外国の違いとは? 日本では一般的に、クリスマスにはケーキやチキンを食べたり、サンタさん(親)が子供たちにプレゼントを持ってきてくれます。 家族だけではなく、パートナーや友人たちとパーティをしたり、プレゼントを交換したり、ロマンチックな雰囲気で過ごす人たちも多いですね。 日本では、クリスマスよりも12月24日のクリスマスイブがメインなっているようです。 では、キリスト教徒の多い欧米諸国ではどうでしょうか? クリスマスのメインは12月25日です。 その前後でクリスマス休暇というのもあります。 普段は離れて暮らしている家族や親戚が集まり大勢で盛大にお祝いをします。 七面鳥や牛肉、羊肉などたくさんのご馳走を準備し、24日から25日にかけておしゃべりを楽しむそうです。 12月25日はお店はほとんど閉まっているので、自宅で過ごすのが一般的だそうです。 12月10日ごろからクリスマスカードを送ったり、12月いっぱいはクリスマスの装飾をしたりします。 クリスマスプレゼントは、クリスマスツリーの下に家族全員分置いておき、25日の朝に家族全員で一斉に開けます。 プレゼントの数も一人に1個ではなく、2個~3個、多い人は10個以上もらうなんてこともあるそうです。 そして、クリスマスはキリスト教の行事とされているため、キリスト教徒ではない人たちは普段とかわらない休日を過ごすそうです。 クリスマスの過ごし方が、日本と外国では随分違うので、日本のクリスマスをみた外国人はみなさん不思議に思うことがあるそうですよ。 それは「七面鳥ではなくチキン(鶏)を食べる」「ショートケーキを食べる」「プレゼントは一人ひとつ」「クリスマスイブがメインの日」「家族ではなく恋人と過ごす」「クリスマスが過ぎればすぐにお正月準備」などです。 日本では七面鳥ではなくチキンを食べるのは、実は、ケンタッキー・フライド・チキンの企業戦略なのだそうですよ。 日本ではクリスマスにはケンタッキー・フライド・チキンが大行列ができるほど売れますが、アメリカでは一年で最も売り上げが下がる時期なんだとか。 日本も海外も元々は同じ「クリスマス」だったはずなのに、日本では時代の流れとともに独自の進化をとげ、今のように日本全体が盛り上がるイベントになったのです。 さまざまな宗教を受け入れ、他宗教の行事も楽しんでしまうのは、いかにも日本人らしいですね。 関連: 関連: 関連: -.

次の