ウィンディ 育成 論。 【ポケモン剣盾】マスボ級1位!すず式ウインディ構築【ソードシールド】|ゲームエイト

【ピカブイ】ウインディの入手方法と育成論

ウィンディ 育成 論

第8世代からは、特性『きもったま』『せいしんりょく』『どんかん』『マイペース』の相手には無効。 『ほのお』タイプの技のダメージや効果を受けず、以後自分の『ほのお』タイプの技の威力が1. 5倍になる。 /『ほのお』タイプの野生のポケモンと出会いやすくなる 第8世代から。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダイマックスしている相手には無効。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 自分が『ほのお』タイプではない時は失敗する。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 第8世代からは、音系の技。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 交代しても効果は続く。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『ほのお』タイプには無効。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 威力は20〜200 レコ. そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 10 USUM〜BW2 ,ガーディ:Lv. 相手が『ゴースト』タイプの時、『ノーマル』『かくとう』タイプの技が当たるようになる。 [ガーディ:Lv. 31 BW ,ガーディ:Lv. 『フェアリー』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技が第7世代のZワザの場合は失敗する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 手持ちのポケモンと入れ替わる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。

次の

ウインディの育成論・調整|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

ウィンディ 育成 論

ダイマックスを消費することで、こだわりはちまきの効果を気にせずに別のタイプの攻撃もできるので、非常に多くのポケモンに対して役割を持てます。 また、他のポケモンにこだわりハチマキを持たせている場合は、火力は少し「」をもたせるのもありです。 もくたんの場合は、こだわりはちまきより威力が低くなることと、炎技以外の威力は上がらないことには注意しましょう。 ウインディの広い技範囲も相まって、本来は不利な岩タイプや水タイプにも大ダメージを与えられます。 特性の「いかく」や持ち物の「とつげきチョッキ」の効果も相まって、多くの技を受けられます。 また、一応「ようきギャラドス」の「たきのぼり」や「こだわりメガネ」以外を持った「ウォッシュロトム」の「ハイドロポンプ」も耐えることができます。 素早さは最速の「ジュラルドン」「ゴリランダー」準速の「サザンドラ」「ミミッキュ」より先に行動できるように調整しました。 ウインディの役割と立ち回り バランスの良い炎タイプアタッカー 「ウインディ」は種族値の全体的に高く、アタッカーも耐久もできる優秀なポケモンです。 また、「」や「」「」などの優秀な他タイプ攻撃技も覚えるので、多くのポケモンに対して効果抜群の技をうつことができます。 ウインディの対策 タイプ相性の良い防御の高いポケモンで受けよう 「ウインディ」は物理型が多いので、防御の高い岩タイプやドラゴンタイプ、水タイプのポケモンで対処するのがおすすめです。 鎧の孤島攻略ガイド 注目記事• お役立ち• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の

【ダブル】ウインディの育成論と対策【ポケモン剣盾】

ウィンディ 育成 論

の解説はこちらです。 基本データ No. 059 分類 でんせつ 英語名 Arcanine タイプ ほのお H90 A110 B80 C100 S95 高さ 1. 9m 重さ 155. ・バークアウトによる特殊アタッカーの特攻半減 役回り• 威嚇と鬼火による物理アタッカーの機能停止役• 特殊アタッカーの弱体化役• 味方が守る等をしている間に相手を弱体化させて味方の耐久を擬似的に底上げして味方の起点作り 特性・調整 前提なので味方の補助コンセプトの威嚇で確定 最速にするため臆病S252振り。 耐久を上げるためにHにも極振りし、余りはCに振る。 持ち物 風船 環境に多いバンドリュ、スカーフ霊獣ランドにやから入らせないために今回はほぼ確定。 防塵ゴーグル のキノコの胞子無効化しつつ、怒りの粉を無視してガルーラ等の物理アタッカーに鬼火が撒ける。 霰や砂嵐の影響を無効化する。 技構成 確定技 鬼火 物理機能停止のため。 霊獣やの岩雪崩、バンギの岩雪崩でも耐えるので鬼火を撒いて機能停止の仕事ができる。 守る ガルーラの等を空かす。 ダブルの基本技。 オーバーヒート 役割対象にが高乱数、を確定1。 鬼火巻き役割対象のやには横にがいることが多く、オーバーヒート2発が乱数となる。 H252 ダメージ:156から186 99. H4 ダメージ:198から234 140. H252D204(HPは221)(補正なしC252メザYの熱風耐え調整) 1発目ダメージ:140から168 63. 2発目(C2段階降下) ダメージ:72から86 32. 命中95。 相手がみがわり状態でも命中。 ダメージには期待しない方が良い。 燃え尽きる 威力130。 命中100。 攻撃後、炎タイプではなくなる。 自分が炎タイプではない時は失敗する。 つまり、命中安定だが連打はできない。 自分が氷状態の時でも使う事ができ、使うと氷状態が治る。 命中率100と安定しており、地面・岩・水から弱点を突かれることがなくなるが、Z技のある高火力時代では等倍でも耐えるのは厳しいので今回は候補技止まり。 ちなみに、の威嚇後のじゃれつくの被ダメは• 炎タイプ時、ダメージ:131から154 66. 無属性タイプ時、ダメージ:262から309 132. 手助け 味方の技の火力を1. 5倍することができる優先度+5の技。 神秘の守り 5ターンの間味方の状態異常を防ぐ。 被ダメ 物理耐久(威嚇込み)• A補正霊獣 岩雪崩 ダメージ:62から74 31. A補正 岩雪崩 ダメージ:56から68 28. A補正なし 岩雪崩 ダメージ:78から92 39. A補正 叩き落とす(負けん気でA上昇考慮) ダメージ:106から126 53. A補正 捨て身タックル ダメージ:88から105 44. 補正なし (サイコフィールド・スカーフや最速考慮) ダメージ:139から165 70. Cダウン(バークアウト込み) C補正 (サイコフィールド考慮)• ダメージ:102から121 51. ダメージ: 122から146 61. それなりの範囲の物理アタッカーを対面から倒すこと。 弱点がなくなるため、後出しが予想される有利対面で燃え尽きるという一貫する選択肢が生まれる。 また、物理技の代表であるが弱点でなくなるのは大きな利点。 S:無振り(準速60属+3) 持ち物 ホノオZ 火力の底上げができ、燃え尽きるの効果を発動させずに炎技を撃ちたい場合に使うことができる。 技構成 確定技 燃え尽きる コンセプトにより確定。 使用後はノーマルタイプではなく無属性になる。 H振りやを一撃で倒すにはZ燃え尽きるの火力が必要。 晴れ以外の天候、特に雨に注意。 毒だけだと本当に起点にされてしまうので、どれか一つは採用しなければならない。 目覚めるパワー氷はややピンポイントだが、現環境では十分この目的での採用価値がある。 バークアウト やなどが炎技を受けに来る場合に、後続のために負担を軽減することができる。 半端な特殊アタッカーならそのまま突破も可能。 毒毒 鋼を呼ばず、などが受けに来るので採用価値はある。 火炎放射 安定した炎技としてもう一枠採用の余地がある。 神速 などの襷つぶしに使用。 被ダメ 物理耐久• 対妖鋼性能 カプ系統を牽制する鋼タイプ(、、など)に打点を持てる。 さらに、妖への耐性もある炎タイプはそれだけで需要が高い。 汎用性の高さ 炎タイプの中でもは技範囲が広く、先制技や補助技も豊富に持つためパーティの補完として入りやすい上に腐りにくい。 さらに特性威嚇により味方の耐久を擬似的に上昇させることが出来る。 先発から威嚇を入れることが出来るため、やなど有利な相手だけでなく、やなど不利な相手にも威嚇を入れやすい。 物理型、特殊型の比較 1. 遂行速度と技範囲 の特化フレドラの指数32040に対し、特化火炎放射の指数は22545しかない。 ダメージレースを意識する構築なら火力の高い物理型を採用したい。 また、物理技にはワイボ、インファ、神速などの豊富なサブウェポンがあるのに対し、特殊型にはソラビ、めざパ程度しかない。 Aが高いため特殊型の神速でもある程度の火力は出るが、物理型ほどの火力は出ないため縛れる範囲が狭い。 補助性能 はバクア鬼火といった火力を下げる補助技を持っている。 しかし物理型の場合、バクアや鬼火といった火力を下げる補助技はフレドラの反動と相性が悪いため、で補助をしたい場合は特殊型で採用したい。 炎タイプを失った後にも補助技を打てる上、耐性を変化させることで苦手な相手にも居座りを狙えるため、燃え尽きるとも相性が良い。 との相性 レと呼ばれる並びだが、この並びで採用する場合はレのにより鬼火が不発になってしまうため、物理型で採用する。 特に眼鏡レとの並びで採用する場合はダメージレースに有利になることを意識するため、より物理型の優先度が上がる。 調整 H:16n-1 S:最速70族抜き A:残り B:乱数2つ切りA252ガブ耐え D:乱数1つ切り特化テテフPFサイキネ耐え スリップの多い環境なのでH16n-1、Sは最速抜き。 Aをできるだけ落とさないためBDは乱数で妥協。 持ち物 各種Z 一度だけノーリスク高火力炎技を相手に押し付けられるホノオZの汎用性が高い。 ポリ2、、レに鉢巻並みの火力を出しつつ守るを採用したい場合はその他Zの採用が候補になる。 最も火力効率の良い鉢巻、守れるようになる珠が候補。 幾度も反動技を使用する関係上、混乱実でも発動圏内に入る確率が高い。 突撃チョッキ オボンや混乱実に比べて特殊耐久を大きく上げられるため、雨展開やテテフレに強く出たい構築の場合候補となる。 縛りを解除するために採用する。 鉢巻型なら確定技、その他では選択技。 ポリ2、ポリZ、、を意識して採用する。 H244ポリ2 51. H4ポリZ 110. H244 56. B252 57. レ、ギャラ、を意識して採用する。 H252レ 50. H252ギャラ 81. A252ガブ 86. 特化テテフPFサイキネ 84. お読みいただきありがとうございました。 KOKUBANLEMON.

次の