湘南 リウマチ 膠原 病 内科。 リウマチ・膠原病内科

コンセプト|茅ヶ崎、辻堂の湘南リウマチ膠原病内科

湘南 リウマチ 膠原 病 内科

膠原病内科・リウマチ科の概要 当科は自己免疫疾患・リウマチ性疾患を専門とする名古屋地区、東海地区では数少ない内科系診療科です。 膠原病の症状は多彩で、皮膚、筋骨格、肺、心、腎、消化器、神経、血管など全身臓器に障害をきたす可能性があり、診断や治療に難渋することも少なくありません。 そのため、当科が膠原病診療の中心的役割の一端を担いながら、各専門科とも連携して診療を行っています。 H24年度からは関節エコーを導入し、関節リウマチをより早期に診断、早期の治療が可能となってきました。 活動性の高い難治性の関節リウマチ患者に対しては、抗サイトカイン療法として生物学的製剤による治療を積極的に行っています。 【詳細説明】 膠原病内科は、平成17年12月に開設された名古屋地区、東海地区では数少ない内科系診療科です。 名古屋地区のみならず、名古屋市外や近隣県からも診断や治療に難渋する症例を多数ご紹介いただいています。 膠原病は症状が多彩で、傷害される臓器が皮膚、筋、骨・関節、肺、心、腎、消化器、神経、血管など全身にわたる全身性自己免疫疾患です。 また、治療で使用するステロイドを中心とした免疫抑制剤は、治療効果が高い反面、その副作用(易感染性、糖尿病・高脂血症、骨粗鬆症、白内障・緑内障、皮膚障害など)にも十分注意して積極的な予防策をとっていく必要があります。 そのため、当科が膠原病診療の中心的役割の一端を担いながら、各専門科とも連携して診療を行っています。 代表的診療対象疾患には関節リウマチ、全身性エリテマトーデス SLE 、混合性結合組織病、強皮症、多発性筋炎/皮膚筋炎、抗リン脂質抗体症候群、シェーグレン症候群、血管炎症候群、リウマチ性多発筋痛症、ベーチェット病、成人スティル病、線維筋痛症などがあげられます。 また、膠原病に合併する肺高血圧症の早期発見・治療に力を入れています。 関節リウマチでは早期診断・治療が重要です。 当科では、H24年度より関節エコーも導入して早期診断に努めています。 また、活動性の高い難治性のRA患者に対しては、抗サイトカイン療法として生物学的製剤による治療を積極的に行っています。 膠原病の重要度は個々により異なるため、個々に応じた治療を心がけています。 ステロイドの副作用を軽減させるための免疫抑制剤の導入、感染症や骨粗鬆症などの治療に伴う合併症に対する予防対策も行っています。 また、関節リウマチについては整形外科と協力しながら治療しています。 関節リウマチに対する治療の進歩は著しく、早期治療による寛解に至る例もありますので、抗リウマチ薬の効果が乏しい患者さんには生物学的製剤(インフリキシマブ、エタネルセプト、アダリムマブ、トシリズマブ、アバタセプト)を積極的に導入しています。 連携医療機関へのメッセージ 当科では整形外科をはじめとする他科との協力のもと診断治療にあたっております。 診断治療困難症例について近隣の先生方からの要請に対応してくと同時に、患者さん一人ひとりに最善かつ安全な医療を提供できるよう努力してまいります。 臨床実績 外来患者数:平成26年度の月平均受診患者数は967名、初診患者の月平均患者数は44. 入院患者数:平成26年度入院患者数は314名。 セカンドオピニオン外来件数:平成22年度以降、年間5~10件の受診。

次の

リウマチ・膠原病内科

湘南 リウマチ 膠原 病 内科

感染流行期における当院の方針 当院は関節リウマチ、膠原病の患者様が多く通院しています。 その中にご高齢の方やステロイド、免疫抑制剤等の治療の影響で抵抗力が低下している方も多数含まれます。 当院ではリウマチ膠原病内科を専門とするクリニックとして感染症に対してはより慎重に対応せざるを得ません。 感染症対応の診察室・動線の確保、感染防護具の確保が困難な状況です。 かかりつけの患者様で上記症状がある方は、事前に電話連絡をお願いいたします。 ご依頼する事項が多く恐縮ですが、予めご了承下さい。 院長 お知らせ 開院2周年を迎えました [2020. 07更新] 令和2年6月6日をもちまして当院は開院2周年を迎えました。 振り返って見れば昨年9月の台風被害、そして今年春から続く新型コロナウイルスの流行と、ここに至るまでの道のりは必ずしも平坦ではありませんでした。 そんな困難な状況下でも、開院時から変わらない気遣いでサポートしてくれているスタッフに支えられ何とか3年目に突入することが出来ました。 「地域のリウマチ膠原病専門医」、「かかりつけの総合内科医」という初心の目標を堅持しながらこれから次の1年間もスタッフ一同頑張りたいと思います。 どうぞご指導のほど宜しくお願いいたします。 院長 白岩秀隆 感染流行期のおける電話再診について [2020. 01更新] 感染流行期に限り、電話でのご病状確認の後、診察なしで処方(いつも使用中の薬剤に限る)を承っております。 かかりつけの患者様で電話再診をご希望の方はまずお電話でご相談ください。 午後受付時間変更のお知らせ [2020. 13更新] スタッフの適正配置の都合で当面午後の診療受付を17:15までとさせていただきます。 状況が改まり次第、適宜原状回復して参りますので、しばらくの間ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解の程宜しくお願いいたします。 院長 新型コロナウイルス感染症 COVID-19 について 当院の対応方針 [2020. 11更新] 当院は関節リウマチ、膠原病の患者様が多く通院しています。 その中にご高齢の方や治療の影響で抵抗力が低下している方も多数含まれます。 当院ではリウマチ膠原病内科を専門とするクリニックとして感染症に関してはより慎重に対応せざるを得ません。 コロナウイルス感染症を疑った場合 下記の内容をご参考になさって下さい。 5度以上の発熱が4日(高齢者、持病のある方は2日)以上続く、強いだるさや倦怠感、息苦しさ(呼吸困難)がある、または新型コロナウイルス感染症の感染者と接触があった等、新型コロナウイルス感染症の疑いがある場合は、 必ず事前に下記の「最寄りの保健所」あるいは「厚生省都道府県の電話相談センター」に電話で相談し指示を受けていただきますようお願いいたし ます。 [2019. 08更新] 開院1周年を前にホームページをリニューアルいたしました。 ホームページを通して当クリニックのお知らせや、医療情報などを発信できればと思います。 休診日: 火曜日 日曜日 祝日 紹介先・提携病院 当クリニックは、下記医療機関と緊密な診療連携を結んでいますので、入院や精密な検査が必要な際には、適切なタイミングでのご紹介が可能です。

次の

【公式】リウマチ科|湘南鎌倉総合病院

湘南 リウマチ 膠原 病 内科

感染流行期における当院の方針 当院は関節リウマチ、膠原病の患者様が多く通院しています。 その中にご高齢の方やステロイド、免疫抑制剤等の治療の影響で抵抗力が低下している方も多数含まれます。 当院ではリウマチ膠原病内科を専門とするクリニックとして感染症に対してはより慎重に対応せざるを得ません。 感染症対応の診察室・動線の確保、感染防護具の確保が困難な状況です。 かかりつけの患者様で上記症状がある方は、事前に電話連絡をお願いいたします。 ご依頼する事項が多く恐縮ですが、予めご了承下さい。 院長 お知らせ 開院2周年を迎えました [2020. 07更新] 令和2年6月6日をもちまして当院は開院2周年を迎えました。 振り返って見れば昨年9月の台風被害、そして今年春から続く新型コロナウイルスの流行と、ここに至るまでの道のりは必ずしも平坦ではありませんでした。 そんな困難な状況下でも、開院時から変わらない気遣いでサポートしてくれているスタッフに支えられ何とか3年目に突入することが出来ました。 「地域のリウマチ膠原病専門医」、「かかりつけの総合内科医」という初心の目標を堅持しながらこれから次の1年間もスタッフ一同頑張りたいと思います。 どうぞご指導のほど宜しくお願いいたします。 院長 白岩秀隆 感染流行期のおける電話再診について [2020. 01更新] 感染流行期に限り、電話でのご病状確認の後、診察なしで処方(いつも使用中の薬剤に限る)を承っております。 かかりつけの患者様で電話再診をご希望の方はまずお電話でご相談ください。 午後受付時間変更のお知らせ [2020. 13更新] スタッフの適正配置の都合で当面午後の診療受付を17:15までとさせていただきます。 状況が改まり次第、適宜原状回復して参りますので、しばらくの間ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解の程宜しくお願いいたします。 院長 新型コロナウイルス感染症 COVID-19 について 当院の対応方針 [2020. 11更新] 当院は関節リウマチ、膠原病の患者様が多く通院しています。 その中にご高齢の方や治療の影響で抵抗力が低下している方も多数含まれます。 当院ではリウマチ膠原病内科を専門とするクリニックとして感染症に関してはより慎重に対応せざるを得ません。 コロナウイルス感染症を疑った場合 下記の内容をご参考になさって下さい。 5度以上の発熱が4日(高齢者、持病のある方は2日)以上続く、強いだるさや倦怠感、息苦しさ(呼吸困難)がある、または新型コロナウイルス感染症の感染者と接触があった等、新型コロナウイルス感染症の疑いがある場合は、 必ず事前に下記の「最寄りの保健所」あるいは「厚生省都道府県の電話相談センター」に電話で相談し指示を受けていただきますようお願いいたし ます。 [2019. 08更新] 開院1周年を前にホームページをリニューアルいたしました。 ホームページを通して当クリニックのお知らせや、医療情報などを発信できればと思います。 休診日: 火曜日 日曜日 祝日 紹介先・提携病院 当クリニックは、下記医療機関と緊密な診療連携を結んでいますので、入院や精密な検査が必要な際には、適切なタイミングでのご紹介が可能です。

次の