金属バット 差別発言。 金属バット 芸人の人種差別ネタに批判殺到!Aマッソよりひどい!

「金属バット」の黒人差別も問題に! 日本のお笑い、メディアの差別性|LITERA/リテラ

金属バット 差別発言

結論 早口言葉に関する漫才の中で、人種差別をほのめかす発言をしており、ネット上で批判の声が多くあがりました。 お笑いコンビ 「金属バット」が披露したネタが、 差別を助長していると話題になりました。 人種などに艦るす差別的なネタを巡って、ネット上などで大炎上したのです。 差別的な発言と言えば、お笑いコンビ 「Aマッソ」が問題発言をしたとして批判が殺到し、所属事務所のワタナベエンターテインメントが謝罪しました。 「金属バット」は、その余波を受けたものと思われます。 批判を浴びている「金属バット」のお笑いネタは、どんなものなのでしょう? プロフィール 金属バットは ボケ担当が小林圭輔さんと、 ツッコミ担当が友保隼平さんです。 2006年4月、堺市立工業高等学校の同級生だった2人が、大阪NSCに入学してコンビを結成しました。 デビュー後はbaseよしもとのオーディションライブや数多くのインディーズライブに出演し、2012年5月には初単独ライブも行うなど、精力的に活動を開始します。 赤坂陽光ホテル! — 金属バット小林 kinzokubatKB 嬉しいだけよ — 金属バット友保 kinzokutomoyasu 2009年5月2日にはフジテレビの「マツケン・今ちゃん・オセロのGO! サタ」でテレビ初出演し、ネタを披露しました。 2013年にはYouTubeで自主ラジオ、「金属バットのラジオバンダリー」の放送を開始。 2016年には東京での単独ライブも行いました。 M-1グランプリでは、2018年に初の準決勝進出を果たしています。 差別をネタに!? 「大坂なおみに必要なものは?」「漂白剤」などという発言から 女性お笑いコンビ「Aマッソ」による、プロテニスプレイヤーの大坂なおみ選手に対する、差別とも取れるネタに批判が殺到しました。 その余波から、男性お笑いコンビの「金属バット」にも批判が殺到したのです。 問題のネタは 2018年12月16日に新宿のルミネ theよしもとで行われた、「余韻」というイベントで披露したもの。 ボケの小林さんが架空の早口言葉を読み上げ、ツッコミの友保さんが合いの手を入れるという構成の漫才です。 問題はその後半に、人種差別ネタがポンポンと飛び出すところです。 「生麦を食べるのは人間にあらず。 生米を食べるのは人間にあらず。 生卵を食べるのは日本人特有の文化だ。 すなわち日本人は人間にあらず。 イエローモンキーなのである」という調子で漫才は続いていきます。 ネタの最後に、 「キレイな早口言葉言おか。 キレイなみんな幸せになる早口言葉。 黒人、白人、黄色人種、みんな合わせて地球人」と小林さんが発言。 すると友保さんが 「いいねえ。 黒人も白人も黄色人種もね、差別なく地球っていう一つの星に住んでいるから 中略 山田くん、ちょっとコバちゃんに座布団40キロ持ってきて。 黒人に運ばせてよ」と発言。 そこで小林さんが 「なんで黒人に運ばすの。 なんで黒人に運ばすのよ、お前。 黒人が触ったもの座れるか」と叫び、友保さんが「おい、ポンポン! 」と突っ込んで終わります。 このネタに対して、人種差別への痛烈な風刺だと金属バットを擁護する意見もありますが、多くは人種差別ネタを批判するコメントが相次ぎネットを賑わせました。 金属バットは2012年にも、 双子のマナカナを「見分けがつかない」などと茶化す形で、エイズに対する差別発言をしています。 この時もネット上では、「聞くに耐えない最悪のコント」「お笑いの命である品性に欠けている」などと批判が殺到しました。 中には「金属バットより笑っている観客のほうが問題だ」という声も上がっており、コンビに対する批判が後をたたず、一時は大炎上するという騒ぎになりました。 お笑いは誰もが楽しく、笑えるものでなければならないと思います。 笑いの向こう側で傷つく人が出てしまっては、いけないのではないでしょうか? まとめ 金属バットは M-1グランプリの準決勝にも進出するほど、実力のあるお笑いコンビです。 しかし差別的なネタに対しては、ネット上で批判の声も多く上がっています。 「黒人の触ったもの座れるか」という人種差別のネタには、「聞くに耐えない」と批判が相次ぎました。 女性お笑いコンビ「Aマッソ」が、大坂選手の肌の色に言及したネタを披露したこともありました。 この時はイギリスのメディアBBCがAマッソの差別発言を報じ、所属事務所のワタナベエンターテインメントが謝罪する事態にまで発展しました。 Aマッソの加納愛子さんも「笑いと履き違えた、最低な発言であったと今更ながら後悔しています」と謝罪し、相方の村上愛さんも「勘違いしていました。 考えればわかるはずなのに多くの人を傷つける発言をしてしまいました」と謝罪しています。 金属バットの問題は、このAマッソの騒動の余波を受けたものと思われますが、それでも「黒人の触ったもの座れるか」は問題発言には変わりありません。 そんな中、最近になって金属バットの2人は4月9日に『アメトーーク! 』に出演しました。 コロナ騒動のためか、最近暇になったという小林圭輔さんはネットフリックスの動画を楽しんでいるそうです。 また「尊敬する先輩は?」との質問に、友保隼平さんは即座に「お母さん」と答え、小林圭輔さんは、「新喜劇の安尾信乃助さん」と答えるなど楽しい話をしていました。 差別発言と問題視される金属バットのお2人は、本当は差別とは関係ない楽しいお笑いコンビなのかも知れませんね。

次の

Aマッソに金属バット…お笑い芸人から差別問題が相次ぐワケ

金属バット 差別発言

金属バット小林Twitterより お笑いコンビAマッソが、イベントで披露したネタで人種差別発言をし、問題となった。 村上愛が投げた<大坂なおみに必要なものは?>というお題に、加納愛子が<漂白剤。 あの人日焼けし過ぎやろ>と返したことが、白人至上主義に基づき黒人を差別する価値観を無意識に内包していて「笑えない」ということだ。 Aマッソの所属するワタナベエンターテイメントは謝罪文を出し、マッソの二人も謝罪と反省を記した手書きの文章を公表。 コンプライアンス、アンチレイシズム、ダイバーシティ……といった言葉が並ぶが、まずは歴史と人権について学ぶことなのだろうと思う。 他方、吉本興業に所属する金属バットにも「こっちも人種差別ネタがある!」と騒動が飛び火、炎上している。 Twitterでは「Aマッソの肌色漂白発言がダメなら、金属バットのほうがもっとダイレクトに差別発言をしている」と憤る声が増殖中で、「Aマッソもダメだし金属バットもダメ」「こんな差別をしていたら日本のお笑いは死ぬ」と断罪する向きが強い。 問題視されている金属バットの漫才は「早口言葉」。 舞台に出てきて、小林は友安の親が「極左」だとイジる。 「極左や。 やめろ。 親の思想をいじるな。 お前は片親やないか」(友保) 「やめろ」(小林) こうしたイジり合いのあと、小林は早口言葉が特技だといって、次のような架空の早口言葉をいくつか披露。 「坊主は上手に納税の義務を回避している」(小林) 「赤紙来た青ざめた希望を捨てた」(小林) そして友保に「生麦~のやつをやって」と、早口言葉の定番「生麦生米生卵」を言うよう促されて、小林はこう言う。 「生麦を食べるのは人間にあらず。 生米を食べるのは人間にあらず。 生卵を食べるのは日本人特有の文化だ。 すなわち日本人は人間にあらず。 イエローモンキーなのである」(小林) 全然早口ではなくテンポが遅いので、友保はまずそこをツッコむ。 そのうえで、「差別が入ったわ。 あんたムチャクチャやわほんとに~」と言い、畳み掛けるように最後のやりとりになる。 「入ってない、そんな意味はないから」(小林) 「意味しかなかったわ。 名誉白人ぶってるもん、お前」(友保) 「意味はない、じゃあ最後にキレイな早口言葉言おか。 キレイな、み~んな幸せになる早口言葉。 黒人、白人、黄色人種。 みんな合わせて地球人」(小林) 「……めっちゃ遅いな。 いいねえ。 黒人も白人も黄色人種もね、差別なく、地球っていうひとつの星に住んでんねんから。 地球人、差別なく、キレイに生きよ。 いーいこと言ってんのよ、本当にねえ。 山田くん、ちょっと~コバちゃんに座布団40kg持ってきて、うん。 黒人に運ばせてよ」(友保) 「なんで黒人に運ばすの! なんで黒人に運ばすのよ、お前。 黒人が触ったもの座れるか!」(小林) 「おいポンポンー!」(友保) このネタを見て筆者は、自分らもイエローモンキー(有色人種であり被差別群)であるにもかかわらず、白人気取りで黒人を嘲笑する日本人の滑稽さを揶揄するネタ、という解釈をした。 上から目線のキレイごとを述べた人物(小林)が、実は強い差別意識の持ち主だった、という結末だからだ。 少なくとも、政治的な知識が一切なく「配慮に欠ける」から無意識に出てしまった言葉、というわけではなく、敢えて日本社会を風刺するため練ったネタといえると思う。 その点では、Aマッソの「大坂なおみに漂白剤」発言とは全然違うものではないだろうか。 だがもちろん「その解釈は違う」という指摘もあるだろう。 あるいは、「だとしてもNGなこれだけの理由がある」といった批判もありえる。 この問題は言葉狩りで封じ込めるのではなく、議論が必要だ。 これまで「人種差別」の問題に鈍感でいられた日本国内においては、特に。 金属バットおよび吉本興業には、「配慮が足りなかった」などと言葉を濁した謝罪をしないでほしい。 開き直るのもまた違うだろう。 言葉を尽くして意図を説明してもらいたい。

次の

「黒人が触ったもの座れるか!」吉本芸人のネタに批判 「Aマッソよりひどい」

金属バット 差別発言

金属バットの黒人差別発言は謝罪無し? 「大坂なおみに漂白剤が必要」という発言をしたAマッソが謝罪という事態になりましたが「黒人の触ったもんなんて食えるか」って言って笑いをとっている 金属バット はスルーなんでしょうか。 今後謝罪ということになりそうですね。 Aマッソは駄目で金属バットはお咎め無しなの?ってツイ見かけたから調べたけどもう全然違くて驚いたわ 前者は肌の色に対するシンプルな差別、後者は根本的な所で差別意識が抜けきってない奴に限って歯が浮くような綺麗事言うよな〜っていう痛烈な風刺 手当り次第叩く前に本質を見極めなきゃいかんよね — とい usotokireigoto ああいうネタが普通に笑える世の中になってきて、はじめて差別ってのがなくなるんだろうなっていう実感。 金属バットの黒人ネタとかもそうとうグレーだけど、ライブじゃ一番ウケてた部分だし、Aマッソって会場に応じてボケのテイストを変えないから、こういうことはいつか起こりそうだなとは思ってた。 — 汽笛の音で目を覚ます December505 メンバー:小林 圭輔、友保 隼平 事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー 結成:2006年 主な賞レース成績など ・『ZUMA vs 黒帯 vs 金属バット〜新旧地下No. 1決定戦〜』 — 優勝 ・2017年 M-1グランプリ 準々決勝進出 ・『スピードワゴンの月曜The NIGHT』 — 「奇人芸人レストラン」ナンバーワン奇人芸人 ・Yahoo! 検索トレンドマップ2018 ネクストブレイク芸人部門 — 2位 ・2018年 M-1グランプリ 準決勝進出(準決勝21位、敗者復活戦8位) よしもと所属の 金属バット。 坊主頭の方がボケの 小林圭輔さん、ロン毛の方がツッコミの 友保隼平さん。 続いてそれぞれの プロフィールを見ていきましょう。 友保 隼平(ともやす しゅんぺい) 生年月日:1985年8月11日(33歳) 出身地:大阪府堺市出身 身長:173cm 趣味:映画鑑賞(以前は映画監督を目指していた) その他:酒癖が悪い。 泥酔し、ある先輩芸人に8時間「おもしろくない」と言い続け絶交されたことがある。 金属バットは2006年、堺市立工業高等学校の同級生であった小林さんと友保さんがともに大阪NSCに入学し、コンビ結成となります。 デビュー後は当時のbaseよしもとで、オーディションライブや数多くのインディーズライブに出演。 M-1グランプリには2006年から出場していますが、当初はよくて三回戦止まりなどでした。 しかし2015年、5年ぶりにM-1グランプリが復活し、この年から3回戦・準々決勝の模様がGYAO! で配信されるようになると、その独特な風貌と芸風でお笑いファンを中心に徐々に知名度が上がっていきます。 2018年4月に行われた単独ライブでは、物販で利益を得過ぎたため吉本側から厳重注意を受け、ペナルティーとして同一時仕事がなくなるほど。 さらに2018年8月、東京・Loft9Shibuyaにて行われたイベント「渋谷バット9」では、Loft9Shibuyaの最大動員数・チケット最速完売の記録を作りました。 そして2018年12月に行われたM-1グランプリの敗者復活戦にて、8位で敗れたものの圧倒的な存在感でお笑いファン以外にも知名度を広げました。

次の