アルコール 消毒 液 スプレー 容器。 【通販モノタロウ】

アルコール 【通販モノタロウ】

アルコール 消毒 液 スプレー 容器

ボトルやポンプのプラスチック面や名札の材質表記に記載があるのでチェックしてみましょう! PETとは「ポリエチレンテレフタラート」の事でアルコールに対応していません。 PE(ポリエチレン)やPP(ポリプロピレン)、PVC(ポリ塩化ビニル)などの材質や使用素材ではアルコール対応もありますが、100均などで売っている安く作られている物には注意事項に「水以外は使用しないで下さい」などの記載がある事もあり、アルコール対応不可の場合も多いので確認が必要です。 アルコール対応不可の容器(ポンプ・スプレー)を使用するとひび割れ?変色?溶ける? 上記で説明した通り、PET(ポリエチレンテレフタラート)やPE、PP、PVC材質(使用素材)でもアルコール対応不可の容器にアルコール消毒液を入れるとどうなるか?気になりますよね・・・。 アルコール対応不可の容器にアルコール消毒液を入れると次第に 溶けたプラスチックが混ざったアルコール消毒液で手の消毒を知らずとしていると手荒れする事は間違いなさそうですね~。 危険! アルコール消毒液の容器代用はアルコール対応を買う事!100均でも売っている!? アルコール消毒液を入れる代用の容器を購入する場合は必ずアルコール対応可能な容器を購入するようにしてください。 100均(100円ショップ)でも、現在ではアルコール対応と記載されたスプレー容器やポンプ式容器が置いてあるようです。 必ずアルコール対応と記載されている事を確認してから購入しましょう! また、大手通販ショップだとさらに精度が高いアルコール対応の容器が購入出来ます。 一番は大手通販がおすすめ。 大手通販内のアルコール対応容器(スプレー・ポンプ) ここでは大手通販内で購入出来るアルコール消毒液を入れる事が出来るしっかりとした代用容器の紹介をしています。 アルコール対応が出来るスプレー式の容器(アルコール消毒液代用容器) アルコール消毒液を入れる事が出来るスプレー式容器です。

次の

エタノールはペットボトルで保存できるか調べました【PET資料まとめ】

アルコール 消毒 液 スプレー 容器

背景 2020年5月現在、家庭用や携帯できる消毒スプレーやジェルを購入できるようになりましたが、その多くが海外製でちょっと懸念があります。 一方で、消毒液の代用となる酒造メーカー系のお酒が入手しやすくなったので、オフィスや持ち携帯用の消毒スプレーを準備してみました。 海外製の消毒液に対する懸念 2020年5月現在、マスクや消毒液が多少買えるようになりましたが海外製のものが主で、私的には含有成分やアルコール濃度が偽装されていないかが気になります…• オフィス等に置かれている謎の消毒液 オフィスの管理者の方が入り口に消毒液を置いてくれているのですが、100均の入れ物に入れられており、どういう目的で何を入れているのかちょっと心配。 自分で納得したものを使いたい…• 日本製消毒液の新型コロナウイルスへの効果 日本のメジャーなメーカーの消毒液系の製品=新型コロナウイルスに効果がある、と勝手に思い込んでいました。 ですが、新型コロナウイルスに対する効果が確認されていないものもあったりします。 結局、当初から有効性が認められている「医薬品及び医薬部外品たる手指消毒用のエタノール」、またはそれに類するものがが分かりやすく安全(外れづらい)だと考えています。 入手しやすくなった消毒用エタノールの代替品 2020年4月にが可能になりました。 手指消毒用のエタノールの代替品として、アルコール77、アルコール60等のアルコール度数を高めたお酒を使用できます。 ネットでは競争率が高く購入しづらいのですが、意外に近くのスーパーやドラッグストアで制限なしで販売している場合があります。 衛生用品ではなくお酒売り場で販売しているせいか、結構売れ残っている場合があります。 準備方法 高濃度アルコールの入手• 最寄りのドラッグストアやスーパーのお酒売り場で購入 私は埼玉の住宅街に住んでいるのですが、最寄りのドラッグストアやスーパーのお酒売り場でのアルコール77を購入できました。 ネットでも予約していたのですが送料がかからない分、こちらの方がお得です。 なお、菊水酒造さんの販売サイトは次の通りです。 リンク 容器の入手• 100均での容器購入を断念 ぱっと思い浮かぶのは100均で売っているようなプラスチック容器ですが、100均に行っても品切れで売っていませんでした。 より安全なガラス容器を使用 アルコール77のような高濃度アルコールを入れるにはPP, PE等を素材としたものを選択する必要があります。 PETでも高濃度アルコールを入れられるものもあるそうですが少々心配。 そもそも、このようなプラスチック容器は安く大量生産するものなのでほとんど海外製じゃないか?素材の偽装はないのか?とか考え始めるとキリがない…高濃度アルコールに対してプラスチックより安全なガラス容器を選択しました。 容器の使用実績が多そうなショップで購入 密林のよく分からないショップより、この手の容器の使用実績が多そうなショップを考えました。 私の場合、下記のアロマクラフトショップで購入しました。 (スプレー部分はPP素材とのこと。 仕事用のバッグやポケットに入れて持ち運ぶための10mlのガラス容器スプレー• オフィスの自席に置いておくための50mlのガラス容器スプレー 容器への移し替え 50mlの容器は、小さめのがあれば移し替えできると思います。 10mlの容器はかなり小さいので化粧用のスポイト(先が尖っていない注射器)を使っています。 どちらも100均で購入できると思います。 その他• 50mlの容器はオフィスのデスクに置いたままにするので良いのですが、10mlのものに関しては持ち運びするので、落として容器を割ってしまう可能性があります。 これは、マスキングテープを貼って割れづらくしています。 私の場合、胸ポケットに入れたりするのですが、これからの暑い時期は汗が付きやすいので、ビニール製のマスキングテープにすればよかったと後悔しました。 出社、昼食、トイレ等の結構な頻度で消毒液を使います…そもそもの正しい消毒液の使い方について調べてみました。 一般の人は、丁寧に流水+石鹸で手洗いすれば大丈夫だが可能であれば消毒した方が良い、手洗いできないなら消毒液を使用する、と理解しました。 厚生労働省の「」では、「手洗いを丁寧に行うことで、十分にウイルスを除去できます。 さらにアルコール消毒液を使用する必要はありません。 」とあります。 同じく厚生労働省の「」も参考のこと。 (「手洗い」で検索)• 手洗いには「日常的手洗い」「衛生的手洗い」「手術時手洗い」という種類があり、それぞれで手の洗い方が異なるそうです。 ネットの情報だと新型コロナウイルス対策として、手洗い+消毒が必要となる「衛生的手洗い」が必要、という情報もあります。

次の

アルコール消毒液の詰め替え容器100均のボトルで大丈夫?素材や材質の選び方は?

アルコール 消毒 液 スプレー 容器

アルコール消毒液の容器の選び方!100均で売られている容器の「PET」とは? アルコール消毒液の容器の選び方についてお伝えします。 もちろん容器の素材や材質さえ大丈夫なら、100均で売られている物でも使用できます。 ただし、材質や素材の確認が必要になります。 アルコール消毒液の市販の容器の素材や材質 市販のアルコール消毒液の容器の素材や材質を確認してみますね。 アルコール消毒液の容器を確認すると。 キャップは、PP「ポリプロピレン」でパッキンはPE「ポリエチレン」とPP「ポリプロピレン」。 ボトルは、PE「ポリエチレン」になっています。 アルコール消毒液保存するために必要な素材になっているようです。 つまりアルコールへの耐性があるということですね。 ちなみにアクリルやPS「ポリスチレン」にアルコールを入れると容器が白くなったり、膨張したりします。 また、お醤油やお酒など食品で使用されている容器はPET(ポリエチレンテレフター)と呼ばれているものが多く使用されています。 PETは、低濃度のアルコールに対応している物もあるようですが、 高濃度のアルコール には対応していないため溶けてしまいます。 100均で売られている PETは、アルコール消毒液の詰め替えには使えない場合があるということですね。 100均で売られている多くの詰め替え用のボトルやスプレーボトルは、PETです。 そのため購入の際には、細心の注意が必要になります アルコール消毒液の容器!市販の100均で代用できる?PETでも使用できる? 復習しておきますね。 現在、プラスチック容器の材質や素材に使われている、プラスチックには5種類あります。 PE(ポリエチレン)• PP(ポリプロピレン)• PET(ポリエチレンテレフタレート)• PVC(ポリ塩化ビニル)• PS(ポリスチレン) この中で安心してアルコール消毒液の詰め替え用に使用できるのは、PE・PPです。 しかしPE・PPと表記されていても、中にはアルコール消毒液には使えないと書かれている物やアルコールの濃度によっても使えないものもあります。 アルコール消毒液の詰め替え容器を買うときは、容器の素材や材質だけでなく容器の使用上の注意も必ず読み、高濃度アルコールを入れても大丈夫か確認することが必要ですね。 市販されている アルコール消毒液が入っている容器と同じ素材を選ぶということですね! 100均で売られている容器でも「アルコール液 対応」と書かれている物もありますが、容器の確認は忘れず行いましょう。 中にはPETでもアルコール対応と書かれたものもあります。 PETでも使用できる理由が知りたいですよね。 実はPETでも素材の表面をコーティングすることによって、アルコール保存できるようになります。 しかし、購入の際には 「アルコール対応」と記載がなければなりませんので、注意しましょう。 ちなみにダイソーで売られているアルコール対応の容器の素材や材質にはPPとPEが記載されていました。 100均で売られている容器でもキチンと確かめれば使用できそうです。 こまめにチェックする必要がありますね。 高濃度アルコールとは? 高濃度アルコールとは、80%以上の濃度があるアルコールのことを指します。 つまり、78%とか77%は、対応可能範囲なんですね。 例えば、1000mlのうち約780mlがアルコール分だと78度のアルコールということになります。 78%のアルコール度数ですね。 アルコール消毒液や次亜塩素酸水の業務用はどこで買える?通販ショップは? アルコール消毒液や次亜塩素酸水の業務用を探してみました。 次亜塩素酸水も優れもだと話題になっていますね。 ちなみに次亜塩素酸ナトリウムとは違います。

次の