グラン エース キャンピングカー。 「トヨタ グランエース」にキャンピングカーの居住性をプラスしたコンセプトモデル「アーバン・キャンパー」国内初登場|株式会社トイファクトリーのプレスリリース

「トヨタ グランエース」にキャンピングカーの居住性をプラスしたコンセプトモデル「アーバン・キャンパー」国内初登場|株式会社トイファクトリーのプレスリリース

グラン エース キャンピングカー

東京モーターショーには、何台かの市販予定車が出品されますが、最大級の注目を集めそうなのがトヨタの新型ミニバンであるグランエースでしょう。 2019年内の発売が予告されています。 東京モーターショーを前に報道陣に公開されたのでご紹介します。 プラットフォームは新規開発で、アンダーはストレートラダー構造、上屋は環状骨格が採用されていて、駆動方式はFRです。 トヨタ・グランエースのリヤビュー また、「グランエース」という車名から想像してハイエースの上級モデルなのでは? という見方もできると思いますが、「エース」というモデル名は確かに被っているものの、決してハイエースの上位モデルという位置づけではないそう。 あくまで、スペイン語で「大きな/偉大な」を意味する「GRAN」と英語で「第1人者・優れた者」を意味する「ACE」からの造語から命名したとしています。 また、真後ろから眺めると、空間効率を追求した超ボクシー(四角い)フォルムなのがうかがえます。 サイドから眺めると、撮影車両が黒ということもあってか、どことなくメルセデス・ベンツVクラスのようなイメージとも受け取れそう。 トヨタ・グランエースのインパネ パッケージはセミボンネットで、3列シート6人乗り、4列シート8人乗りの2タイプが設定されています。 トヨタ・グランエースの2列目シート 搭載されるエンジンは、2,754ccの「1GD」のクリーンディーゼルで、6速ATと組み合わされています。 なお、ディーゼルエンジンを積んでも会話明瞭度はアルヴェル並だそうで、タイヤの切れ角を大きくするなど、取り回しにも配慮したというグランエース。 トヨタ・グランエースの3列目シート 3列目の乗降は、2列目の電動スライドに加えて、手動ウォークインでも素早くできる 法人、フリート契約だけでなく、個人ユーザーからも熱い注目を集めそうな大型ミニバン。 キャンピングカーのベース車としても各ビルダーが手ぐすね引いてまっていそうな巨体になっています。

次の

ジャパンキャンピングカーショー2020ビルダー一押し情報|キャンピングカースタイル

グラン エース キャンピングカー

荷物搭載は難しい トヨタが世界に誇る1ボックス「ハイエース」をさらに大型化したモデルが「グランエース」です。 グランエースは2019年2月にフィリピンで輸出用ハイエースとして登場。 その後、各国で展開されてきました。 日本での発売開始は2019年12月で、乗用系のみの設定となります。 グレードは、上位が「プレミアム」で6名定員、ベーシックが今回試乗した「G」で8名定員の2つ。 比較的おとなしめの外観デザイン 道路事情もあり日本での主力はまだまだ200系と言われる現行のハイエースです。 商用モデルの現行ハイエースは基本が5(4)ナンバーで、ワイドボディの3(1)ナンバーが存在します。 一方乗用タイプのワゴンは基本が3ナンバーで、乗車定員が多くマイクロバス扱いのコミューターが2ナンバーとなります。 この200系ハイエースのワイドボディ全幅は1880mm、全長は最も長いもので5380mmです。 一方の日本仕様のグランエースは全幅が1970mm、全長は意外や意外、ハイエーススーパロングよりも短く5300mmとなります。 ハイエースと大きく異なる点は、エンジンの搭載位置です。 ハイエースは運転席の下にエンジンを置くキャブオーバー、グランエースはノーズにエンジンを縦置きにするFR方式であることです。 全幅は1970mm 全高は1990mmでほぼスクエア 全長は5300mm、ホイールベースは3210mmにもなる 真後ろから見ると、よりスクエアなパッケージングであることがわかる 運転席はかなり高い位置にあります。 メジャー計測ですが、フロアの高さが62cm、フロントシートの座面高は1mでした。 ドライバーズシートに乗った感覚は、ステアリングもドライバーと正対していて非常に乗用車的です。 ただし、シート高がかなり高いのでちょっと違和感があります。 運転してみると、この乗用車的なポジションはじつは運転しづらいことに気づきます。 ノーズのが短く、ポジションが高いクルマはある程度ステアリングがねていたほうが運転しやすいのでしょう。 ただし、衝突安全についてはおそらくこのポジションのほうがずっと高い性能を発揮できそうです。 フロントヒンジドア2枚 リヤスライドドア2枚、リヤゲートの5ドア構成 フロントシートのポジションは乗用車的 シート地上高は1mにもなる 2770kgという車重に組み合わされるエンジンは2. 8リットルの直4ディーゼルターボ。 最高出力は177馬力、最大トルクは450Nmと強力で、これに6速のATが組み合わされます。 トルクが分厚いだけに車重をものともしない発進を披露してくれます。 試乗は都内に限ってのものだったので、高速道路は試してませんがフラットなトルク感はイージーな高速巡航を実現するはずです。 この2. 8リットルのディーゼルターボは国内初導入 インパネデザインも乗用車的。 ポケッテリアやトレイはかなり充実している しかにさすがに1970mmという全幅はさすがに大きいです。 走ったのは都内の比較的広い道ですが、普段5ナンバー車に乗るヘタレドライバーにはなかなかの圧迫感です。 走った道の多くは大型バスやトレーラーなども走れる道なので、全幅1970mmのグランエースが道路幅に対して大きすぎるわけではないのですが、やはり気を遣うのは事実です。 そのほか気になるのは、わずかながらもノイズと振動が伝わることです。 キャブオーバーからFRになったので、エンジンの振動の伝わりとしてはいい方向にシフトしているはずですが、グランエースの豪華なインテリアを見てしまうと、この振動「あり?」と思ってしまいます。 2列目はオットマン付き 3列目は折りたたみ式アームレストを備えるシート 4列目は一般的なベンチシート。 サイズ的には3名可能そうだがシートベルトは2名分しか備えていない 試乗車は4列シート8名乗り定員でした。 セカンドシートにはオットマンが装備され、豪華なリムジンを思わせるものとなっています。 日本のいわゆるミニバンのように、シートアレンジが豊富ではありません。 後ろ3列は基本的には前後スライドとリクライニングするのみです。 最後部のシートはクッションのチップアップを備えていて、チップアップ&前方スライドすることで荷物を搭載するスペースを作れますが、それでもさほどの広さではありません。 事業用として空港からの送迎などを考えている方は、3列シート6名定員モデルを選んだ方がいいでしょう。 4列目はチップアップして分割前後スライド可能 4列目をチップアップ 2列目、3列目を一番前までスライドしてこのスペースが確保可能 日本では高級リムジン仕様として販売されるグランエースですが、アジア圏では商用のバンとしての存在。 日本でもバンモデルを発売して、その後の架装を業者に任せるようなシステムとしたほうがさまざまなバリエーションが登場しておもしろいでしょう。 とくにキャンピングカーや福祉車両、救急車などへの架装が行われるようになれば、かなりおもしろい展開になることだと思います。 (文・写真/諸星陽一) by カテゴリー : , , , タグ : ,.

次の

ジャパンキャンピングカーショー2020ビルダー一押し情報|キャンピングカースタイル

グラン エース キャンピングカー

ざっくりした数値だが、アルヴェル比で長さ35㎝、幅12㎝、高さ5. 5㎝も大きい。 感覚的にはハイエースのスーパーロングに近いサイズだが、全幅に関してはそれをも上回るほどの、超が付くほどの巨漢だ。 一般ユーザー利用では、日本の住環境を考えると扱いに相当苦労するサイズであり、基本的にVIPや客人をもてなすための送迎車といった法人利用を見越した高級車となっている。 ちなみに車重は2. 7t越えのヘビー級。 乗員数次第では3tを越える。 point 02 SUSPENSION FRONT/ストラット、REAR/車軸コイル 海外販売中の新型ハイエースの姉妹車と目されるだけにサスペンションはリーフスプリング!? かと思いきや、さすがにそれはなし。 フロントストラット、リア車軸式と、前後ともにコイルスプリングであるなど、ワゴン的な足まわりとなっている。 ちなみに大型ボディかつボックス形状ゆえ、骨格の剛性確保も極めて重要だが、グランエースではデリカD:5などタフ系クルマで見られる、環状フレームを採用。 ボディも堅牢な仕様となっている。 リアサス=車軸式 point 03 ENGINE 2. 8Lディーゼル+6AT エンジンは直列4気筒2. 8Lのディーゼルターボ1択。 150ランクル・プラドやハイエースなどにも搭載されている「1GD-FTV」を専用チューニング。 馬力は177ps、トルクは46. 1kgf・mと太く力強い。 ミッションは6AT でレイアウトはFRとなる。 AdBlueと呼ばれる尿素液の補充が適時必要。 燃費はリッター10㎞。 注目すべきは2つあり、1つはP. 車重を考えれば6Hは当然と思えるものの、P. は主流の「139. 7」ではなく「130」。 130自体が外車などでもあるものの、130の6Hという組み合わせは新規格のようだ(ちなみにグランエースをいち早く仕上げたダイナスティでは、デモカー用にワンオフで穴を開けて対応したとのこと)。 もう1つはタイヤ。 これも車重が大きな要因だが、LT(ライトトラック)という小型トラック用タイヤが標準。 インチアップには注意が必要だ。 内装は豪華絢爛!! 魅せる、使う力も満点だ ベージュとブラックの2色を4通りの組み合わせから選べる内装色では、カスタム好きに人気の高いトレンドの黒天井も選択できる。 プレミアムでは内張りやピラー、木目加飾がさらに豪華となっており、もちろんムーディな間接照明も備わる。 スライドドアの開口幅は驚異の1m(! とても乗り降りしやすい! シートレイアウトは2択 上位のプレミアムは2+2+2の3列シートで6人、標準のGは2+2+2+2の4列シートで8人のみと、グレードで決め打ちとなる定員数。 プレミアムは上質なエグゼシートが2列目だけでなく3列目にも! プレミアム=6人乗り G=8人乗り 海外事情は!? 海外では日本に先行して販売が始まっており、国によって装備や仕様が異なる。 車名も異なり、台湾やオーストラリアでは「グランビア」、タイでは「マジェスティ」となっており、フィリピンでは「ハイエース」の1グレードとして「スーパーグランディア」として販売されている。 乗員数にも違いがあり、9人乗りや10人乗りも存在する。 フィリピン版は左ハンドルだ。 [スタイルワゴン・ドレスアップナビ].

次の