味の素 冷凍 食品 関東 工場。 【工場見学】味の素冷凍食品関東工場(冷凍食品)

味の素冷凍食品関東工場

味の素 冷凍 食品 関東 工場

-省エネ型自然冷媒機器を導入するに至った経緯についてお聞かせください- 味の素冷凍食品株式会社では、環境への取組を重視しており、3つの重点テーマを掲げています。 そのひとつに『フロン冷凍機全廃計画』があります。 これは「平成32(2020)年までに大型の冷凍機器で使用されているフロン類を自然冷媒に転換する」という会社としての宣言です。 以前より国内の4工場(関東工場の他、中部工場、四国工場、九州工場)、関係会社(株式会社フレック関東、株式会社コメック)では、製品を冷凍するために冷凍機を使用していますが、冷凍機には冷媒としてフロン類が含まれています。 フロン類はオゾン層破壊や地球温暖化に影響を及ぼす物質です。 フロン類を環境に優しい自然冷媒に転換し、平成32(2020)年のフロン類の全廃に向けて計画を進めています。 平成27(2015)年時点で17の冷凍機器において自然冷媒を使用した機器へと更新され、さらに更新は進んでいます。 -どの製造工程で自然冷媒機器を導入していらっしゃるのでしょうか- 冷凍機は、商品の凍結に関わる工程で使っています。 例えば、餃子の生産工程では、前処理工程として、原料を加工して具を混合し、成型機で皮と具を成型する工程があります。 そのあと蒸し器で蒸した後、予冷をし、凍結を行います。 その凍結工程において冷凍機器が使用されています。 これまで、「揚げないフライ(過熱蒸気ロースター)」ライン、「デザートのフリーカットケーキ」ラインなどの5ラインで自然冷媒を使用した機器を導入してきました。 一方、「カップイングラタン」ライン、「焼売」ライン、「業務用焼売」ライン、それに「餃子」ラインの合計4ラインでは、フロン類を使用した機器を使用しています。 この4ラインを平成32(2020)年までに更新していかなくければなりません。 なお、冷凍機器で消費するエネルギーは工場全体の7割程度を占めますので、冷凍機器の省エネ対策も非常に重要なテーマとなります。 -省エネ型自然冷媒機器を導入する際に課題はありましたか- 「アンモニアと二酸化炭素」を使用した機器が開発されたことによって、これまで自然冷媒の主流であった「アンモニア(単体)」ではなくなり、安全性における課題はずいぶん緩和されました。 一方で、冷凍食品の製造プロセスにおいて使用される全ての冷凍機器において、自然冷媒を使用した機器を導入したいという気持ちはありますが、小型の冷凍機器や24時間冷却が必要な機器では、いまだ自然冷媒を使用した良い機器が販売されておらず、一部代替フロンを使用せざるを得ません。 今後、さらに環境にやさしく安全性の高い自然冷媒機器が開発されることを期待しています。 なお、自然冷媒機器に更新する場合、従来機よりも、設置スペースを多めに確保しなければなりません。 「アンモニアと二酸化炭素」を使用した機器はユニットタイプを選定していますので、機器を置くスペースそのものはこれまで使用したフロン類(HCFC-22)機器とさほど変わらないのですが、万が一、冷媒が漏洩することを想定し、きちんと管理できるための十分なスペースの確保が必要となります。 また、機器の構造も複雑ですので、メンテナンスはメーカーのエンジニアにお願いしなければなりません。 -新しい機器を導入するにあたって、社内の決裁を取るのは大変でしたか- 既存の冷凍機を更新する際、まず生産ラインを停止しなければならない期間や設置予定スペースの確保など、全てにおいて詳細な計画を立て、決裁権限者含め、関係者に提出する必要があります。 ただし、会社をあげて計画的に投資計画が検討されていますし、フロン冷凍機全廃計画もあります。 どの工場にどのような機器をどのタイミングで改修するかという計画も策定されておりますので、事前説明もさほど大変ではありませんでした。 -投資回収年はどの程度を見込んでいらっしゃいますか- 投資回収年は20年以上、補助金を活用しても10年はかかってしまいます。 しかし、金銭的な価値以外に、環境に配慮した企業活動を実践していることのPRにもつながると思います。 地域に根差したファン作りをしていこうという工場の方針の一環として、会社説明の資料などでも、わずかではありますが省エネ型自然冷媒機器について紹介しています。 また、現在、工場見学を受け入れており、工場見学のプログラムには、フロン類を使用しない機器を導入していることについての説明も行なっています。 ただし、こういった取組はあくまで副次的な効果です。 自然冷媒を使用することは会社としての方針であり、また、社会や時代も、自然冷媒を使用することや環境に配慮した取組を実践することについて、もはや当たり前のこととして捉えているという印象を持っています。

次の

【社食訪問記】味の素冷凍食品株式会社 関東工場

味の素 冷凍 食品 関東 工場

東日本支社• 営業企画部 〒108-0074 東京都港区高輪4丁目10番8号 京急第7ビル4階• 北海道営業部 〒063-0801 北海道札幌市西区二十四軒1条4丁目6番11号• 東北リテール営業部 東北フードサービス営業部 〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉2丁目3番11号• 関東リテール営業部 関東フードサービス営業部 〒330-0081 埼玉県さいたま市中央区新都心4番地3 ウェルクビル2F• 広域リテール営業部 広域フードサービス営業部 メディカルフーズ営業部 首都圏リテール営業部 首都圏フードサービス営業部 〒108-0074 東京都港区高輪4丁目10番8号 京急第7ビル4階 関係会社• Ajinomoto Frozen Foods Thailand Co. , Ltd. (タイ味の素冷凍食品社) 59 Moo 2, Tambol Banpo, Amphoe Bang Pa-in, Ayutthaya 13160, Thailand• Ajinomoto Betagro Frozen Foods Thailand Co. , Ltd. (タイ味の素ベタグロ冷凍食品社) 218 Moo 1, Tumbon Chongsarika, Amphur Patthananikom Lopburi 15220, Thailand• Ajinomoto Betagro Specialty Foods Co. , Ltd. (味の素ベタグロ・スペシャリティフーズ社) 217 Moo 1, Tumbon Chongsarika, Amphur Patthananikom Lopburi 15220, Thailand• 中華人民共和国江蘇省連雲港市新浦丁字路東首• 中華人民共和国江蘇省連雲港市新浦丁字路東首• 厦門味之素来福如意食品有限公司 (アモイ味の素ライフ如意食品社) 中華人民共和国福建省厦門市翔安区馬巷鎮亭洋村•

次の

省エネ型自然冷媒機器導入企業担当者インタビュー集:食品業界/味の素冷凍食品株式会社 [環境省_冷やすワザでおいしいを未来に!公式サイト]

味の素 冷凍 食品 関東 工場

工場見学の内容 1. 工場概要説明(30分) 味の素冷凍食品(株)と関東工場についてわかりやすくご説明します。 見学者通路からのライン見学(60分) 見学者通路から「ギョーザ」と業務用スイーツの製造ラインを見学します。 試食・質疑応答・写真撮影(30分) 「ギョーザ」をはじめ、人気商品のご試食をご用意しております。 お申し込みの流れ• 1 「ご注意事項・当日のお持物」をご確認いただき、 「工場見学受付システム」より 見学希望日の90日前から14日前までにお申し込みください。 2 お申し込み日~1週間以内に 味の素冷凍食品(株) 工場見学受付担当から 可否を含めご連絡いたします。 ご注意事項・当日のお持物 下記の点、あらかじめご了承ください。 代理でのお申し込みは承っておりません。 必ず、参加されるご本人がお申し込みください。 見学コースには、階段や長い通路がございます。 スロープ等の設備が十分ではございませんので、松葉杖、車椅子、ベビーカーでのお客様をご案内する体制が整っておりません。 未就学 小学生未満)のお子様の見学は、安全確保上、お断りさせていただいております。 工場内に入場できません。 生産状況、予約状況により、ご希望の日にご見学いただけない場合もございます。 旅行会社からのお申込みは承っておりません。 駐車場は限りがございます。 自家用車でご来場の場合、お乗り合わせにご協力をお願いいたします。 小学生のお子様は上履きをお持ちください。 他団体との合同見学会になる場合がございます。 工場への飲食物のお持ち込みはお断りさせていただいております。 学校等の年間行事をご計画の方は別途お問い合わせください。 90名を超える団体様の見学は別途お問い合わせください。 競合会社、同業者の方の見学はお断りさせていただいております。 本工場見学は日本語でのご案内となります。

次の