友達 の ライン を 教える に は。 LINEで友達のアカウントを教える方法!勝手に送ることはできる?

LINEの連絡先を他人に教える方法

友達 の ライン を 教える に は

私の友達のLINEを相手に教えたい こんにちは、Applisionです! lineでは電話帳に登録された連絡先をline上でも友人関係にする事が可能です。 しかし電話帳に連絡先を登録しない方も増えています。 その場合でも自分のidを教える事により友人に追加される事がありますが、友人の連絡先を友人に教える場合にはどうしたら良いのでしょうか。 今日はその方法をご紹介します。 友達のlineのアカウントを友達に教える場合 lineユーザーであればidを便利に利用している事でしょう。 idを教えてあげれば簡単に友達のアカウントを別の友達に教えてあげる事が出来ます。 しかし、電話帳経由で友達追加された友達の場合、友達のidを知らないという事も多いのではないでしょうか。 idを知っていれば、idを教えてあげるのが簡単です。 では、idを知らなければ友達の合うカウントを別の友達に教えてあげる事は出来ないのでしょうか。 実は友達のidを知らなくても別の友達に友達のアカウントを教える事は可能なのです。 この場合であれば友達がid検索を許可していない場合であっても、友達にアカウントを教える事は可能です。 トーク画面で友達のアカウントを教えてあげよう idを必要とせずに友達のアカウントを別の友達に教えるためには、トーク画面を利用する事になります。 手順 1. 連絡先を伝えたい相手とトーク画面を開き「+」をタップしてメニューを開きます。 その中に「連絡先」がありますので、それをタップし、教えたい友人のアカウントを教えます。 トーク画面に選択した人物のアカウントが表示されますので、そこから友人に追加を選択します。 手順はこれだけですので、非常に分かりやすいものになっています。 idを教えるためにメールを行なったり、電話番号を入力するよりも簡単に友達のアカウントを教える事が出来ますね。 またこの方法では第三者にアカウントの情報を教える事も可能になってしまいますので、注意すべきです。 アカウントは個人情報であるという意識を持つと、そのidやアカウント情報へ関する認識も高まるはずです。 lineでアカウントを教える事のリスク lineは非常に便利なアプリですが、セキュリティ問題としてidの変更不可等を実施しているわけです。 しかし、この友人に連絡先を教えるという方法では、簡単に相手に連絡先を教えてしまう事になりますよね。 友人関係であればいいですが、ネットを利用し他人にidを教える事により、連絡先を交換するような事は気を付けなければなりませんので覚えて置いてください。 自分のlineのidが漏れてしまうという事は、様々な方に迷惑をかけてしまう危険性もあるのです。 また、上記の方法では友人のアカウントを別の友人に教えてしまう事は非常に簡単なものになっていますが、他の友達ではあっても他人に勝手にidを教えたり連絡先を教えてしまう事は控え、同意を得るようにするとトラブルが減るでしょう。 知らない人にidを教えてしまうのは危険性が伴うものですので、友達に一言、伝えてもいいかどうか尋ねるのがマナーです。 idは変更できないものですので、正しく利用するようにしてください。

次の

友達の紹介の人のLINEの文章は?ラインの連絡先やIDを教えるには?

友達 の ライン を 教える に は

LINE(ライン)を使っていて意外と少なくないのが、自分のLINE友だちAに対して、別の友だちBの連絡先(LINEアカウント)を紹介したいというシーンです。 LINEで友達を追加する方法は非常に多く用意されており、このシーンでもLINE IDを教えて検索してもらえば済みそうですが、そもそもIDは本人に訊かなければわかりません。 また人によっては、LINE IDによる検索を許可しない設定にしていたり、IDを登録していなかったりもします。 それでは、どうするのが最も手軽でしょうか。 案外見落としがちなのが、LINEのトーク内にあるメニューから連絡先を共有するという方法です。 1 トーク画面のメニューで「連絡先」を選択 まず、AさんとのLINEトーク画面を開いたら、メッセージ入力窓の左側にある[+]ボタンをタップします。 メニューが表示されるので、[連絡先]を選択します。 2 共有方法から「LINE友だちから選択」を選ぶ 共有方法から[LINE友だちから選択]を選択します。 3 友だち一覧から紹介するアカウントを選択 Aさんに紹介したい人(=Bさん)を選んでチェックを入れ、[送信]ボタン(iOS版LINEの場合)または[転送]ボタン(Android版LINEの場合)をタップ。 なお、複数の友達を選択することはできません。 4 トーク相手に連絡先がシェアされる Aさんとのトークルームに、Bさんのアイコンと名前で連絡先が送信されます(相手にはLINEの名前で表示されます)。 これで連絡先の送信は完了です。 連絡先を紹介されたら 紹介された側が友だち追加する方法 連絡先を紹介された側(Aさん)は、友だち(Bさん)のアイコンをタップし、[追加]をタップすることでBさんを友だち追加できます。 ここでのユーザー名は、Bさん自身が登録している名前が表示されます(当然、本名と異なる場合もあり)。 PC版LINEでも連絡先を共有できる 連絡先の共有はPC版LINEでも可能です。 1 友だちリストを選択 まずは、PC版LINEで友だちリストを開きます。 連絡先を共有したい連絡先(ここではBさん)を右クリックしてください。 2 共有する友だちの「連絡先をシェア」を選択 メニューから[連絡先をシェア]を選択します。 3 送信先を選択 連絡先の送信先となる友だちまたはグループを選択(ここではAさんを選択)し、[転送]をクリックします。 4 連絡先の送信が完了する AさんにBさんの連絡先が紹介された 選択した友だちまたはグループのトーク画面に連絡先が共有されました。 友達に追加すると相手には通知が届くのか? 結論から言えば、前述のような「紹介」による友だち追加では、 追加された相手に通知が届くことはありません。 ただし、相手の「知り合いかも?」には表示されます。 つまり、先ほどの例ではBさんの「知り合いかも?」欄にAさんが表示されるというわけです。 AさんがBさんを友だち追加すると、Bさんの「知り合いかも?」にAさんが表示される 通常、「知り合いかも?」には自分が友だちとして追加された理由が表示される仕様ですが、トーク上で紹介されて追加されたケースでは理由は表示されません(理由の欄は空白になります)。 このため、実際に知っている者同士ならよいのですが、事前に紹介することを伝えておかないと、トラブルになったり、相手が不審に思ってブロックしてしまったりする可能性があることに注意が必要です。

次の

いまさら聞けない!3分で理解するLINEで連絡先を教える4つの方法

友達 の ライン を 教える に は

LINEは2011年の東日本大震災の際、安否確認という重要な役割を果たしたいという思いから開始された、簡単で使いやすいメッセンジャーサービスアプリです。 学校の友達や会社の同僚に異性の友達を紹介してほしい、グループを作成しなくてはならない時、メンバーのLINEが友達にいない、など様々な状況でLINEの友達を別の友達に紹介(教える)することがあると思います。 そんな時LINEは他の友達に友達のLINEアカウントを紹介(教える)する方法があります。 ここではLINEで友達のアカウントを別の友達に紹介 教える する方法をいくつか紹介します。 それぞれの紹介(教える)方法はPC版LINE、スマホ版LINEそれぞれで操作方法が違います。 なので、PC版LINE、スマホ版LINEで操作方法が違う点は分けて紹介します。 タップすると上の画面と同じQRコードリーダー画面が表示されます。 真っ暗ですがカメラ機能が作動し他のLINEアカウントのQRコードを読み取ることができるようになっています。 他の機能として下のバーに「ライブラリから読み込む」「マイQRコード」というボタンがあります。 「ライブラリから読み込む」を押すとスマホに保存されたLINEアカウントのQRコードを読み込み友達追加することができます。 LINEアカウントそれぞれにあるQRコードは「マイQRコード」をタップすることで表示することができます。 PC版LINEのほうでQRコードでのLINEアカウントの紹介はできないです。 QRコードはカメラで読み取るのが基本です。 おそらくPCにカメラ機能がそもそもないものが多いのでQRコードで友達を紹介する機能が備わっていないと思います。 自分のLINEアカウントがID検索やらで知らないところで友達追加されていた時通知がないと怖いです。 友達追加しても通知がないとちゃんと友達追加してくれたか不安にもなったりすると思います。 しかし、LINえは友達追加しても相手に通知は届きません。 しかし、通知は届かなくてもLINEには友達追加されたという報告のようなものが届きます。 相手は友達追加していなくて自分が相手のLINEアカウントを友達追加すると、相手のホーム画面に「友達」「グループ」のほかに「知り合いかも?」という欄が追加されてその下に自分のLINEアカウントが入ってるはずです。 それが通知代わりに「あなたのアカウントを友達追加した人がいますよ」っていうメッセージになります。 プロフィールをタップすると上の画面のようにプロフィールについての設定画面が表示されます。 下にスクロールすると赤枠にあるようIDとIDに関する設定が行えます。 「ID」はその右側に表示されています。 「IDによる友達を追加を許可」はON・OFFの切り替えで設定できます。 ONにしておくと自分のIDを誰かが検索したとき自分を友達を追加することができます。 「ID」はLINEアカウント作成時に設定することができます。 設定の際、IDはLINE上のIDは唯一のものでなくはいけません。 人と同じIDだと検索した際、他の知らないLINEアカウントが検索されてしまいその友達追加したいLINEアカウントをが見つけづらくなってしまいます。 そのためにIDはLINE上で唯一のものでなくはいけないのです。 「次へ」をタップすると、上の画面が表示されます。 左上の丸いアイコンの中にカエルのキャラクターがある部分はグループのアイコン画像となります。 そのグループにあった画像を挿入するといいですね。 その右隣には「グループ名」を入力することができます。 ここで、そのグループにあった名前をつけましょう。 その下にはそのグループに追加される予定のLINEアカウントのトップ画像が表示されます。 ここで、追加予定のLINE友達に間違いはないか確認することができます。 もし何か間違いがあればLINE友達を追加したり削除したりすることができます。 LINE友達の人数・相手、グループに関する情報に問題がなければ右上の「完了」ボタンをタップしてください。 「招待」をタップすると上の画面のように自分のLINE友達の一覧が出てきます。 ここで招待するLINE友達を選択しタップしてください。 選択すると選択したのがわかるように選択したLINE友達の右に緑のチェックが入ります。 それと同時に下に選択したLINE友達のアイコンと名前が表示されます。 ここでちゃんと選択できているか確認しましょう。 何も問題がなければ画面右上の「招待」をタップしてください。 招待の右にあるかっこで囲われた数字は選択した人数です。 人数が多いと先ほどの確認は大変なのでここで、人数があっているかも確認しましょう。 トーク画面に自分が招待した問うことが通知され、招待された人にも招待されたグループとして通知が届きます。 これで招待の完了です。 次に説明するのは招待したときに間違えて違う人を招待してしまった時の対処方法です。 すると、そのグループのメンバーと招待中のLINE友達が表示され、今そのグループのメンバー状況を確認することができます。 招待中とは、招待したLINE友達がまだそのグループに参加するかしないかを選択していない状態であることを示しています。 そこで間違えて招待したLINE友達を左にスライドすると、赤い削除ボタンが表示されます。 それをタップすると招待がキャンセルされます。 いかがでしたでしょうか、日本中でLINEは離れたところから友達との連絡に使われています。 スマホではメールを使うより通知がわかりやすくメッセージが送りやすいので使う人が多いです。 友達の紹介の際は必ずその紹介したい友達に事前に確認をとって紹介しましょう。 通知は届きませんが急に連絡がないと紹介された側は驚き恐怖感じると思います。 グループへの招待も同じです。 通知は届きますが、なんでそのグループに招待されたかを連絡しておかないと恐怖を感じます。 どんな紹介方法でも必ず紹介される人には通知がくるこないにかかわらず事前に許可・確認をとっておきましょう。

次の