足のむくみサプリ。 むくみサプリ最新ランキング!人気むくみ解消サプリを比較

足のむくみを取る方法|むくみの原因&10分でできる解消法も!

足のむくみサプリ

ドラッグストアや薬局で買えるおすすめむくみサプリ12選とその効果 むくみサプリを通販でなく近所のお店で買いたい、と言う方もきっといらっしゃいますよね。 手にとって、パッケージに書いてある文面や成分表示を見ながら買えたらやはり安心感があります。 実は市販品にもいろんなむくみサプリがあるんですよ。 調査してまとめてみました。 今回の記事のポイントは以下の2点です。 ドラッグストアや薬局で買えるものをピックアップ。 よく売れているおすすめのものを12個ご紹介。 サプリごとにいろんな成分や効果、注意点などがありますよ。 コンビニでも売っていたりしますよね。 メリロートとは、利尿効果のあるマメ科の植物のことで、ハーブの一種です。 体内に溜った余分な水分をスムーズに排出してくれる効果があります。 ただし、多量に飲むと副作用があるため注意が必要です。 主に腎機能における副作用になります。 何ごともほどほどが大切なので、むくみを改善したいからと言っても極端に走るのは止めたほうが良いでしょう。 主成分のメリロートに加え、ジャワティーエキス、トウガラシエキス、イチョウの葉など、天然の有効成分をブレンドしています。 立ちっぱなしや座りっぱなしで血の巡りが悪く、水分が溜りがちの方によいです。 少量のパックのものもあるので、まずはお試し感覚で気軽にトライしてみると良いでしょう。 また、水分のバランスを調整する作用もあります。 このため、水分を飲み過ぎる方、お酒などをよく飲む方に特におすすめと言えるでしょう。 ダイエット効果もあるため、むくみだけでなくスリムになりたい!という方によいですね。 生理中の不快感にも良く効くため、毎月のブルーデーにも活用できます。 3.エスエス製薬 アンチスタックス こちらはかなり有名なむくみ改善系のサプリです。 主成分は、赤ブドウの葉を乾燥させたエキスで、1粒に450ミリグラムも含有しています。 静脈の血行が悪くなっておこるむくみに特に効果があり、ふくらはぎのむくみや、むくみから来るだるさなどを改善してくれるサプリメントです。 冷え性や運動不足、長時間同じ姿勢をしているなど血行が悪くなるような生活習慣のある方におすすめと言えるでしょう。 医薬品ですが、要指導医薬品というカテゴリになるため、薬剤師が常勤しているドラッグストアのみで購入できます。 購入の際に服用方法や使い方など教えてもらえるわけですね。 20歳以下は服用が認められていません。 1日1回、朝に服用すれば1日中、快適に過ごせますよ。 夕方に足がパンパンになるなんて方にも良いでしょう。 なんと、国内の臨床実験では、12週間で82%以上の改善率が報告されています。 整脈環流障害の場合においては、日本で唯一のむくみ改善系の飲み薬になります。 4.ツムラ 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん) こちらはツムラが出しているむくみ改善系の第2類医薬品です。 かなり古くから女性たちに愛用されてきたサプリメントです。 ネーミングから分かるとおり、もちろん漢方系で、天然の生薬が使われています。 冷え性からくるむくみや、運動不足による血行不良、月経時期のむくみから、産前産後のむくみまで、幅広く対応可能です。 むくみ改善系サプリには妊娠中は活用できないサプリが多い中、こちらの商品は安心して飲むことが出来ます。 錠剤でなく顆粒なのが少々難ですが、慣れたら普通に飲めるようになるでしょう。 更年期障害の諸症状や頭痛、倦怠感などにも効きます。 医師の治療を受けている方と胃腸の弱い方だけは医師または薬剤師、もしくは登録販売者に相談が必要です。 月経痛や月経不順にも効くため、1つお家に置いておくと重宝するサプリと言えるでしょう。 顔のむくみにも良く効きます。 5.大正製薬 アニマリンL錠 こちらは直接のむくみ改善サプリと言うよりは、おだやかに効果が見込める関連サプリです。 主成分は、必須アミノ酸とビタミンB、ビタミンEです。 アミノ酸の力とビタミンの力で体調を整え、水分バランスを良くし、むくみを改善してくれます。 妊娠中の方でも安心して服用することができ、滋養強壮や虚弱体質改善効果も得られます。 むくみによる倦怠感や疲労感にもよいでしょう。 1回2錠を、1日2回服用します。 7歳未満は服用できません。 カラダの内部から根本的に改善したい場合に良いです。 ビタミンBにより、糖質を多く摂る方、甘いものが好きでむくみやすい方、などに特におすすめといえるでしょう。 6.興和 パニオンコーワ錠 コーワが発売しているむくみ改善系の第2類医薬品です。 主に血流を改善してむくみを解消するもののため、むくみによるだるさやどんより感なども改善してくれます。 主成分は、アデノシン三リン酸二ナトリウム水和物(ATP)と、4種類のビタミンB群です。 アデノシン三リン酸ニナトリウム水和物は血の流れをスムーズに整えて、ビタミンB群が疲労回復をバックアップします。 細胞や代謝の活性にも良く効きます。 1回1錠を1日3回服用します。 妊娠中や妊娠の疑いのある方、もしくは高齢者は医師や薬剤師、登録販売者に相談する必要があります。 15歳未満は飲むことが出来ません。 むくみからくるだるさで、どうも体調が優れない、なんて方におすすめと言えるでしょう。 7.ゼリア新薬 プレフェミン ゼリア新薬が出しているむくみ改善系のサプリです。 主成分は、チェストベリーの乾燥エキスで、1粒に40ミリグラム含有されています。 月経前のむくみに特に効くため、生理前がむくんで辛いと言う方には超お勧めのサプリメントです。 医薬品ですが、要指導医薬品なので、薬剤師がいる薬局のみで購入でき、服用方法などの指導を受けて購入する形になります。 18歳以下は飲むことが出来ません。 乳房のはりやイライラ、頭痛にも効きますが、こちらも主に生理前の症状の場合といえるでしょう。 生理前に怒りっぽくなるタイプの方にもよいので、気分的なコントロールがどうしても難しくなって困る、という場合にも活用できます。 月経は女性にとってなかなか不快感を伴う期間ですが、こういうお薬も発売されているのですね。 むくみだけでなく、さまざまな効果が見込めるので、積極的に使い方を薬剤師に質問すると良いでしょう。 8.改元 ムクトレール 改元が出しているむくみ改善系のサプリで、漢方系のものです。 9つの天然の生薬が、特に血の巡りをよくすることによってむくみを改善してくれます。 冷え性や代謝不全、長時間の同じ姿勢が多い方から、運動不足の方まで、改善が見込めるでしょう。 むくみの原因は血行不良が多いので、本来は生活上で対処法を図るのが一番ですが、効果を早める手段として漢方系サプリでサポートするのも一案です。 天然のもので副作用がないので安心ですよね。 水分を強制的に排出するものではなく、体内の水分バランスを整えるおだやかなものです。 根本的なことから改善し、体調を整えてくれます。 血行不良から来る倦怠感にも有効といえるでしょう。 9.タケダ ルビーナめぐり タケダのむくみ改善系サプリです。 特に冷え性でカラダがだるくなる方にうってつけのサプリメントです。 冷え性で疲れやすい方は多いと思いますが、体内の血と水のめぐりを改善するために作られたお薬です。 弱った胃にもよいため、胃腸や消化不良などから来る体調不良にも良く効きます。 不眠や便秘解消などの効果もあるので、ちょっとした女性向けの万能薬みたいなイメージもありますよね。 むくみは睡眠不足でも引き起こるため、不眠症の方には特に有効です。 カラダを冷やすことがどれだけ体調に影響するものかを痛感するようなサプリです。 漢方系の成分がメインで、第2類医薬品です。 更年期障害やめまいにもよいので、親子で活用することもできるでしょう。 独特の香味をもつサプリメントです。 10.ツムラ 防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん) 薬局に行くと、ツムラの漢方系商品がズラリと陳列されていたりしますが、こちらもそれらの商品の1つです。 購入しやすい漢方系サプリメントです。 漢方の古典にも記載があるくらい古くから飲まれているお薬です。 特に肥満気味な方や便秘症でむくみがちな方に良いでしょう。 高血圧や肥満からくる症状によく効くため、そのあたりにむくみの原因があるにちがいない、と言う場合に良いですよね。 食べるのが好きな方、運動不足の方、便秘気味の方、などが対象といえそうです。 逆に、冷え性とはあまり関係がないかもしれません。 妊娠中の方や胃腸の弱い方は医師や薬剤師に相談が必要です。 年齢的には2歳以上であれば飲んでも良いというくらいソフトなもののため、安心感があります。 錠剤ではなく顆粒ですが、1包みずつパウチに入っていて携帯にも便利。 目安は1回1包みを1日2回です。 11.クラシエ漢方 五苓散(ごれいさん) こちらは漢方系のサプリメントです。 なんと顔のむくみに良く効くタイプのものなのです。 特にまぶたのむくみに最適です。 まぶたは皮膚が薄いため、ちょっとしたハプニングがあっただけでも、とたんに朝起きたらむくんでいる、なんてことが多いですよね。 お酒を飲み過ぎたり、たくさん泣いたりしたときには翌朝アウトでしょう。 そんな時に頼りになるお薬です。 のどが乾きやすい方や、トイレの回数が少なくて尿量が少ないと思われるタイプの方に特によく効きます。 このサプリメントには利尿効果もあるため、全身のむくみにもよいです。 漢方なので、もちろん天然の生薬です。 ただし、妊娠中や妊娠の疑いのある方は飲むことが出来ません。 1日3回、食前または食中にお水で飲みます。 白湯などでも良いです。 5歳未満は服用不可になっています。 12.ジェーピーエス製薬 温経湯(おんけいゆ) こちらも漢方ベースのサプリメントです。 医薬品に認定されています。 ネーミングからも分かるとおり、体を温めて血行を良くし、むくみを改善してくれます。 また、ホルモンのバランスを整える効果もあるため、幅広い年齢の方におすすめです。 天然の生薬を抽出して、錠剤にしたものなので、安心できて飲みやすいです。 胃腸の弱い方や妊娠中の方は、医師または薬剤師に相談が必要です。 高齢者の場合も相談したほうが良いでしょう。 要指導医薬品ではありませんが、せっかく購入するのなら薬剤師などに積極的に相談したほうが良いです。 医師や登録販売士に相談するのもOKです。 冷え性の方に特におすすめのサプリです。 まとめ 今回はお店で売っている市販品サプリをご紹介しました。 たくさんありますよね。 ドラッグストアに行ったらぜひ手に取ってみて下さい。 冷え性向けの方から肥満気味の方まで、サプリによって対象も異なるため、ご自分の症状に会わせて狙って購入すると良いでしょう。 せっかく対面で買えるのですから、薬剤師や登録販売者に相談すると良いです。 本気で取り組むことが出来ますよ。 また、むくみ専用のサプリで確実にむくみ改善をしたい方は当サイトでも、専門家の視点からをまとめています。

次の

ドラッグストアや薬局で買えるおすすめむくみサプリ12選とその効果をプロが解説!

足のむくみサプリ

脚を細くするのに効果的と言われている「脚痩せサプリ」。 確かに「脚痩せサプリ」は、高い脚やせ効果があると言われています。 ただし、それは自分のタイプに合った効果のある種類を選び、正しい飲み方で飲んだ場合に限ります。 間違えた飲み方をしてしまったり、自分の足のタイプに合っていない種類を飲んでしまっては、十分な効果は見込めないのです。 そこで今回は、足のタイプ別にオススメの「脚痩せサプリ」をランキング形式で紹介します。 脚痩せサプリ摂取時の注意点や効果を高める方法なども紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 「脂肪太り」・「筋肉太り」・「むくみ太り」セルフチェックの基準 太い足というのは、主に「脂肪太り」・「筋肉太り」・「むくみ太り」の3種類に分かれています。 自分がどのタイプに当てはまるかで、オススメのサプリが変わってくるので、まずはセルフチェックをしてみましょう。 「脂肪太り」が原因で足が太いタイプ 脂肪太りは、言葉通り、「脂肪の蓄積」が原因で下半身が太くなってしまっている方です。 むくみ太りのチェック項目• 靴下跡がなかなか取れない• 夜になると手足がパンパンと感じることがある• 冷え性もしくは便秘がち• 足のストレッチやマッサージをあまりしない• 塩分高めの食生活を送っている 迷ったら脂肪太りの足痩せサプリを選べば間違いない! 3種類の足太りタイプを紹介しましたが、実際のところ、むくみもあり脂肪もありという場合も少なくないので、どれに該当するかは判断が難しいところです。 もしどれに該当するか微妙という場合は、「脂肪太り」タイプにお勧めの足痩せサプリを選べば間違いないでしょう。 「脂肪太り」タイプにお勧めの足痩せサプリは、足の脂肪を燃焼する成分だけでなく、むくみを改善する成分も基本的に入っていて、これ一つで足痩せダイエットができるようになっています。 逆に、脂肪太りや筋肉太りが原因の方が、むくみ太りの方向けのサプリを飲んでも、あまり効果はないでしょう。 この辺りがしっかりと区別され、専門家の意見を踏まえたランキングは、当メディアだけなので、間違えたサプリを選ばないようにしましょう。 脂肪太りの方におすすめ!脚痩せサプリランキングTOP3 それでは、いよいよ「脂肪太り」・「筋肉太り」タイプの方向けにオススメの脚痩せサプリをランキング形式で紹介していきます。 口コミ評価・専門家評価・料金と効果を含めたコストパフォーマンスの高さという観点からランキングを作成しています。 自分がむくみ太りなのか、脂肪太りなのか、どのタイプに該当するか分からないという方も、総合的に足痩せ成分が入っているこちらから選ぶようにしましょう。 1位 ビューティーレッグ セルライトスリム 脂肪太り・筋肉太りの方だけでなく、あらゆる下半身太りにお悩みの方にオススメしたい脚痩せサプリが「ビューティーレッグ セルライトスリム」です。 セルライトスリムという商品名通り、口コミではセルライトが改善したいという方も数多くおり、「お客様満足度が96. 「ビューティーレッグ セルライトスリム」は、主に3つの効果があります。 1、余分な水分を排出する 体内の余分な水分の排出を促進し、巡りを良くするといわれる「L-シリトリン」や「メリロート」を中心に、明日葉や難消化性デキストリンと言ったむくみ解消に最近注目の成分まで含まれています。 2、下半身の脂肪燃焼を促進 生コーヒー豆抽出物やL-カルニチンフマル酸塩、ガルシアガンボジアエキスなど、脂肪の燃焼を促進する成分が配合されています。 3、糖分・脂分・塩分など余分なものをコントロールする 糖をコントロールする「ギムネマシルベスタ」、糖と脂をコントロールする「白インゲン豆抽出物」、脂・塩をコントロールする「キトサン」などが凝縮されています。 これら3つの効果だけでなく、美容面に良い成分もたっぷり配合されており、この「ビューティーレッグ セルライトスリム」で美脚を目指せるようになっているのです。 価格の面でも、毎月300名限定にはなりますが、公式サイトでは初回が送料無料の「980円 税込 」になるキャンペーンを行なっており、お得になっています。 また、もちろんコースの休止・解約・再開なども出来るので、効果を実感したら続けていけば良いので、初めての方にもオススメです。 「防風通聖散」の場合、サプリメントとは異なり、効果効能が認められた満量処方のお薬です。 配合されている18種類の製薬が代謝を高めて、便通を促し、こもっている熱を発散させることで、脂肪が燃えてむくみも排出されていくという仕組みなっています。 この防風通聖散の凄いところは、脚やせ効果だけでなく、お腹の脂肪を燃焼させる効果もあり、全身の総合的なダイエットまで可能という点です。 価格に関しては、公式サイトの定期コースで、初回が送料無料の「3,900円 税抜 」と、1位で紹介した脚痩せサプリより高めですが、防風通聖散は医師もおすすめする方が多いだけある効果の高さです。 サプリメントでは脚やせ・脂肪燃焼効果などが実感できなかったという方はぜひ試してみてください。 脂肪燃焼系の成分については、1位の脚やせサプリに含まれている成分とほとんど同じような内容ですが、酵素に関してはコレスリムのみになっています。 100種類の植物を2年かけて熟成発酵させた「植物発酵エキス」と、64種類の野草をブレンドした「野草発酵エキス」の2種類を贅沢に配合し、酵素の力で足痩せをサポートします。 価格の面では、公式サイトの2個特別定期便で申し込むと、2個の価格で「7000円 税抜 」になります。 また、自信があるからこそ、いつでも休止・変更が可能となっており、一定期間の商品代金返金保証も付いています。 これまで酵素系のサプリと相性が良かった方で、足太りを改善したいという方には、特におすすめです。 むくみ太りの方におすすめ!脚痩せサプリランキングTOP5 ここからは、脂肪の蓄積が原因で足が太っている方ではなく、慢性的なむくみによって足が太っている方におすすめのサプリランキングです。 これから口コミ評価・効果の高いサプリTOP5を紹介するのですが、注意して欲しいのが「脂肪もむくみも両方ある」「むくみが原因で太いのかは定かでない」という方々は、先ほど紹介した『脂肪太りの方におすすめサプリランキング』から選ぶようにしましょう。 1位するるのおめぐ実 数あるむくみ改善サプリの中でも、最も有名なのが「するるのおめぐ実」です。 成分としては、カリウムが豊富な「トウモロコシのヒゲ コーンシルク 」、ポリフェノール・カルコンが豊富な「明日葉」、ポリフェノールがたっぷりの「赤ぶどう葉」と、むくみ改善サプリの中では定番のものなのですが、しっかりとむくみ解消効果を出すための試作研究された割合になっています。 また、他の脚痩せサプリでは珍しい「乳酸菌」も配合されており、実際の口コミでは整腸作用や冷え性改善効果もあったという声がありました。 また、サプリでよくある回数縛りがなく、いつでも解約が可能な上、「30日間の返金保証」まで付いており、初めての方でも気軽にお試し頂けるのではないかなと思います。 『Tie2』は、血管のアンチエイジングとして働く機能があり、これによって血流がスムーズになり、老廃物が血管外へと染み出すのを防いでくれるので、むくみを防ぐことができるのです。 『Tie2』が血管自体を強化してくれるので、そもそもむくみづらくなり、セルライトまで予防することができるという仕組みになっています。 むくみが原因の方にはオススメのサプリです。 4位 アシスラ アシスラは、カリウムでのナトリウム 塩分 排出を目的とした脚やせサプリです。 厚生労働省のデータによると、日本人のカリウム摂取量は、平均すると1日約780mgも不足していると言われています。 30代女性のデータの場合 これに対して、日本人は漬物文化があるので、1日の塩分摂取目標量を軽くオーバーしていることが多く、どうしても日本人はむくみが生じてしまっているのです。 この脚やせサプリ「アシスラ」は、不足するカリウムを補い、発酵クエン酸で巡りを促進し、Wスチーム生姜で体を温めてくれます。 これによって、むくみが原因で足が太くなってしまっている方は、効率よく脚やせが可能となります。 また、よくダイエットサプリである回数縛りなどの制限がなく、初回が送料無料の「2,200円」で始めれるので、とてもお得になっています。 5位 DHC メリロート【ドラッグストア・市販サプリ】 むくみ太り系の方にオススメの脚やせサプリの最後は、ドラッグストア・薬局などの市販でも売っているDHC「メリロート」です。 メリロートは、静脈の血液の流れを改善して、余分な水分を排出し、むくみを解消する効果があると言われている薬用ハーブの一種です。 DHCのメリロートは、30日分の量で「950円 税抜 」と圧倒的な安さがウリです。 ただし、注意して欲しいのが、ほとんど脚痩せサプリにメリロートもしくは同様のむくみ解消効果のある成分が含まれているという点です。 さらに他の脚痩せサプリは、より効果を高めるために様々な成分が配合されていますが、DHCのメリロートは、基本的には沢山の成分は入っておらず、そのため低価格を実現できているのです。 効果の高さよりも、値段重視で、安く試してみたいという方におすすめと思うようにしましょう。 足痩せサプリ摂取時の注意点 1、塩分の過剰摂取はNG いくら足痩せサプリで、塩分 ナトリウム を排出するカリウムを摂取していると言っても、その効果以上に塩分を摂取してしまっては意味がありません。 本当に細い足を手に入れたいのであれば、なるべく減塩を心がけ、野菜も多く摂るようにして、規則正しい食生活を送るようにしましょう。 間違えても、ポテトチップスやカップラーメンと言った、塩分だけでなくカロリー・糖質も多い食品は食べないようにしましょう。 2、あなたの足太りはむくみが原因じゃない可能性も 足太り=むくみが原因と思う方も多いようですが、必ずしもそうとは限りません。 単純に脂肪が付いている場合もあります。 脂肪によって大根足になってしまっているのに、むくみを排出する成分ばかりを摂っても高い効果は期待できないので、脂肪燃焼系成分+むくみ排出成分のあるサプリを選ぶようにしましょう。 今回の記事で言うと、脂肪太りの方におすすめの脚痩せサプリで紹介した「ビューティーレッグ セルライトスリム」が最もオススメです。 3、脚痩せは短期間では難しい おすすめの脚痩せサプリを試す方の中でも、効果を実感できなかったという方は、やはり少なからず存在します。 ただし、効果を実感できなかった人の多くは、3ヶ月未満で使用を中断しまっている人です。 下半身はお腹の脂肪と比べて落ちづらいと言われており、しっかりとスリムな体型に改善するには、個人差はあるものの「最低3ヶ月」は見て欲しいところです。 脚やせをするなら長期戦になると言うのを、あらかじめ覚悟しておきましょう。 ここからは、足痩せ効果を高める習慣やアイテムを5つ紹介します。 1、足痩せ効果の高いマッサージを習慣にする 動画のような手順で、なるべくお風呂上がりに専用のクリームを使用してマッサージするようにしましょう。 2、足痩せローラーを使用する 先ほど足痩せマッサージの方法を紹介しましたが、自分の手では上手くマッサージができないという方は、脚やせローラーを使うのがおすすめです。 専用の「セルライトローラー」を使えば、簡単にマッサージが行えてしまいます。 3、予算が許すなら痩身エステもアリ これは予算が許すならという形なので絶対ではないのすが、部分痩せ専門の「痩身エステ」に通うという方法は、最も効果が高くおすすめです。 ダイエットエステ専門のプロのエステテシャンが施術をするので、当日でも効果が実感できるでしょう。 モデルやスタイルの良い芸能人のほとんどの方は利用していると言われていますが、デメリットとしては値段が高いということ。 値段が気になるという方は、まずは500円で体験できる痩身エステから始めてみることをお勧めします。 4、寝る時用の着圧ソックスを使用する サプリに併せて、寝る時用の着圧ソックスを履くことで、脚やせ効果を高めることができます。 ただし、着圧ソックスは、足首・ふくらはぎ・太ももなど部位ごとに計算された着圧構造になっているものにしないと効果が見込めません。 「有名商品=効果が高い」ではなく、有名なものでも、むしろ人によってはサイズが合わず逆効果になってしまうことさえあるので、注意しましょう。 5、体温を上げることを積極的に行う むくみを作らないためにも、脂肪を蓄積しないためにも、冷え性を改善して、体温を上げるということは重要です。 体温を上げることは実は難しいことではなく、日頃の生活習慣をちょっと変えるだけでも、簡単に改善していきます。 できる範囲から始めていきましょう。 体温を上げる運動・生活習慣• シャワーではなくお風呂に浸かる• 水はなるべく常温で飲む• 朝に白湯や生姜湯を飲む• 定期的に運動する• ホットヨガに通う このように、体温を上げること=温活は、ちょっとしたことでも良いのです。 ホットヨガのように本格的に行うことに越したことはないのですが、買い物まで自転車でなく歩きで行ったり、エスカレーターやエレベーターを使わず階段を使うなどでもOKです。 脚痩せサプリは様々な種類がありますが、ご自身の足のタイプに合わせたものを選択しなければ十分な効果は見込めません。 まずは足首・ふくらはぎ・太もも・お尻など、下半身のどこに悩みがあり、どういう風に痩せたいのかをしっかりと知ることから始める必要があります。

次の

むくみにおすすめのサプリメント3選!原因や効果的な成分は?

足のむくみサプリ

むくみとは余分な体液が溜まり、指で押すとへこんだようになったり、いつもよりも腫れぼったくなったように感じられる状態です。 夕方になると足がむくんで辛い• 最近足がむくみやすいし、なんだか疲れやすい気がする• 靴がきつく感じるくらい足がむくんでよくならない このような足のむくみの原因にはどのようなものがあるのでしょうか。 足のむくみに関係のある病気 病気が原因で足がむくんでいることもあります。 足のむくみの原因となる、主な病気は以下の通りです。 足のむくみを起こす注意の必要な病気 足のむくみの原因となる病気のうち、早期の治療を必要とするなど注意の必要な病気には以下のようなものがあります。 深部静脈血栓症 しんぶじょうみゃくけっせんしょう は、長時間同じ姿勢でいることで足の静脈に血の塊(血栓)ができる病気です。 むくみ、ずきずきとした痛み、脚が片方だけ腫れるなどの症状が主です。 血栓がはがれ、血流にのって肺や脳などの血管につまると命に関わることもあるため注意が必要です。 足のむくみを起こすそのほかの原因 他にもこのような原因で足のむくみが現れることがあります。 月経前症候群 とは、月経の3~10日前から現れる心身の不快な症状のことです。 月経の開始とともに症状が消えることがほとんどです。 精神的な症状は、イライラ、眠気、不眠、集中力の低下、憂鬱、不安感、情緒不安定などがあげられます。 身体的な症状は、下腹部の痛みや張り、乳房の張りや痛み、、腰痛、肩こり顔や手足のむくみなどが挙げられます。 薬の副作用 薬の副作用のひとつとして足のむくみが現れることがあります。 飲んだ事のない薬・新しく処方された薬を飲み始めたときに足のむくみが現れた際には、まず処方された病院で相談しましょう。 リンパ浮腫 とは、リンパ管の機能が低下して腕や足にむくみが出る状態です。 感染や、生まれつきなどさまざまな原因で起こりますが、多くは手術やがんの放射線治療後などに起こることが多いといわれています。 受診の目安とポイント すぐによくなり他の症状を伴わないむくみであれば、さほど心配はいらない場合がほとんどですが、いつまでもむくみが引かない、痛みや熱を持っている、体全体の症状があるなどの場合には早めに受診した方がよいでしょう。 特に片足だけがむくんでいるような場合にはより早めの受診がすすめられます。 原因によって専門科目は異なりますが、まずは近くの内科やかかりつけの病院などで相談してみましょう。 受診の際にはいつから、何かきっかけがあるか、他にはどのような症状があるかなどを医師に伝えるようにしましょう。 日常生活上の原因と対処法 日常生活の中にも足がむくむ原因は潜んでいます。 よくある原因とその対策について知っておきましょう。 立ち仕事などが続いた 血液や体液は、足の筋肉のはたらきで重力に逆らって身体の中心の方へ戻されています。 しかし、立ち仕事などが続くと、このはたらきが弱くなり、むくみの原因となることがあります。 立ち仕事が続くときは 立ち仕事の合間にも簡単な運動やストレッチを取り入れましょう。 足首を回す、かかとを上げ下げするだけでも効果的です。 また立ち仕事の後にはマッサージをする、湯船につかる、枕やクッションを使って足を高くして寝るなどもよいでしょう。 筋力不足 ・運動不足 脚の筋力や運動が不足していると血液を戻すはたらきが弱くなり、足がむくみやすくなりがちです。 筋力不足によるむくみを予防するには 適度な運動を取り入れ、継続して行うことが大切です。 特に女性や高齢者の場合筋力そのものがアップすることはすぐには難しいかもしれませんが、筋肉を動かす・使う事自体がむくみの予防になるといわれています。 また、着圧ストッキングなどを利用するのもひとつの方法です。 冷えもむくみやすくなる原因の1つであるため、ひざ掛けなどを利用して足が冷えないようにするのもよいでしょう。 水分や塩分の取りすぎ 水分を取りすぎると、体の中に水分が蓄積されてむくみにつながりやすくなります。 また塩分の取りすぎは必要以上に水分を取ってしまう原因にもなります。 水分や塩分を取りすぎてしまったら 水分を取りすぎてしまった場合は、運動やストレッチ、入浴などで血流を良くすることでむくみを解消しやすくなります。 塩分をとりすぎてしまった場合は、カリウムを多く含む野菜などを積極的にとるとよいでしょう。 カリウムは塩分の排出を助けてくれます。 ただし、腎機能に問題がありカリウム制限を受けている人はこの限りではありません。 医師の指示に従い、正しく摂取しましょう。 よくならないときには 日常生活でできる対処法を行っても症状が改善しない場合には、一度受診してみましょう。

次の