ファイル 拡張 子 変更。 ファイルの拡張子を変更する方法を教えてください。初心者過ぎてすみませんが...

拡張子がなぜ必要か?|拡張子とファイル形式

ファイル 拡張 子 変更

メールにファイルを添付して送信するとき、そのファイルが他に漏れてはいけない内容のものだった場合、ファイルを暗号化して送信することが普通になってきました。 その際に相手先で事前準備がなくても解凍できるよう、拡張子が「exe」の自己解凍ファイルにすることがあります。 ただ、拡張子が「exe」の場合、メールソフトやメールサーバーが危険なファイルと認識して隔離されたり、送信できなかったりするため、その拡張子を「ex」とか「txt」とか別のものにして添付します。 初めてそのようなファイルを受け取った場合、もう1通のメールにはパスワードと一緒に「拡張子をexeに変更してダブルクリックで実行して解凍してください」とか書いてあったりします。 この意味がわからないと最初は大変です。 以下の手順で拡張子を変更して解凍しましょう。 【拡張子を変更する】• 通常認識されない拡張子になっている場合は拡張子の途中までが表示されています。 この場合はファイルを選択して「F2」を押下するか、ファイルを右クリックして「名前の変更」を選択します。 ファイル名を変更することができるのでドット「. 」の後ろが「exe」になるように修正します。 拡張子を変更しようとすると確認メッセージが表示されます。 「はい」をクリックして拡張子の変更を確定します。 認識される拡張に変更されると拡張子は表示されなくなります。 このファイルをダブルクリックすると解凍するためのダイアログかウィザードが起動しますので指示に従い、パスワードを入力して解凍することができます。 【拡張子を表示して変更する】 Windows では標準では拡張子は表示されない設定になっていますので認識される拡張子で受け取ると簡単には変更できません。 拡張子を「txt」にしたものを受け取った場合、以下のようなアイコンになっています。 「txt」はテキストファイルの拡張子なのでそのファイルをテキストファイルとして認識しており、拡張子は表示されていません。 拡張子は「txt」(テキストファイル)であっても実体は「exe」ファイルですのでダブルクリックで開いても読めません。 先ほどの手順でファイル名を変えても実際には「お見積書. exe. txt」というファイル名になっているだけなので「テキストファイルである」という認識は変わりません。 まずは拡張子を表示します。 スタートメニューから「コンピューター」をクリックします。 画面左上の「整理」というボタンをクリックし、「フォルダーと検索のオプション」を選択します。 「フォルダー オプション」が起動します。 「表示」タブを選択し、「詳細設定」の一覧を一番下までスクロールすると、最後の方に「登録されている拡張子は表示しない」という項目がありますのでこの チェックを外します。 「OK」をクリックしてダイアログを閉じます。 ファイルの拡張子が表示されますのでファイルを選択して「F2」キーを押下するか、右クリックして「名前の変更」を選択して拡張子を「exe」に変えます。 拡張子を「exe」に変更したらダブルクリックして解凍します。 【バッチファイルで拡張子をexeにする】• 以下のコマンドを記載したバッチファイルを作成します。 exe バッチファイルを作成する方法はこちら(サイト内リンク)• 作成したバッチファイルをデスクトップなどに配置します。 拡張子をexeに変更したいファイルをこのバッチファイルにドラッグします。 一瞬でファイルの拡張子を「exe」に変更してくれます。 頻繁に拡張子をexeにする場合には便利かもしれません。 このバッチファイルをダウンロードする場合はこちら 【拡張子とは】 拡張子とはそのファイルがどんなファイルなのか、 ファイルの種類を表す識別子です。 「txt」だったらテキストファイル、「xlsx」だったら Excel ファイル(Excel2007以降)というように決まっています。 また、その拡張子ごとにダブルクリックしたときにどのアプリケーションで開くかが決まっています。 (変更もできます) 「txt」という拡張子のファイルをダブルクリックしたら「メモ帳を起動して開く」とか、 「xlsx」という拡張子のファイルをダブルクリックしたら インストールされているExcel で開く。 という動作をします。 そのファイルが本来の拡張子になっていないと開けなかったり、動作がおかしくなったりします。 今回の場合、自己解凍のファイルは拡張子が「exe」でないと本来の動作をしませんので拡張子を「exe」に変更する必要があるわけです。 通常、拡張子を自分で変更して操作することはあまりしないので Windows では標準では表示されません。 拡張子詳しく載っているサイトはいくらでもあるので拡張子の説明はこの辺で。 Wiki 拡張子.

次の

Windows 7 でファイルの拡張子を表示して拡張子を変更する方法

ファイル 拡張 子 変更

この拡張子とは、ファイルの名前の後ろにくっついている 『 .(ピリオド) 』 の、 更に後ろにいる大体が3~4文字の謎の英数字のことです。 「 なんか良く分からないけど・・・まあいっか 」 と思って 警告メッセージを無視して拡張子を削除してファイルを保存すると、 次にそのファイルを開こうとしても 「 このファイルは開けません 」 と言われたり、 どのプログラムで開けば良いか分からず困った状態になることがあります。 知らなければ謎の記号でしかない拡張子ですが、正体はそんなに難しいものでもありませんので その取り扱い方法について簡単にご説明したいと思います。 txt. pdf. xlsx. doc. jpg. gif. png. 3gp. mp3. mp4. wav. gif. jpg. png. bmp. 特にWindows OSにおいては拡張子がプログラム動作の引き金になっているので、 Mac OSやUnix系OSよりも拡張子が重要になってきます。 拡張子が動作の引き金、ということはつまり、拡張子によって 『 このファイルの種類はコレです!あのプログラムで動くファイルなんです! 』と主張しているようなものです。 動画ファイルをExcelでは鑑賞できませんし、テキストファイルを音楽プレーヤーでは開けませんよね。 動画なら動画再生ソフトで、テキストならメモ帳やテキストエディタで、というように 適応するソフトでスムーズに開けるよう、正しい拡張子を付けておく必要があります。 また、拡張子によってファイルのアイコン画像も変わるので、 パッと見て何のファイルかを判断できる状態にしておくためにも拡張子は大切です。 ファイル名に拡張子を表示させる 設定によっては拡張子が隠され、ファイルの名前のみが表示されていることがあります。 これは拡張子が消えているわけではなく、目に見えないようになっているだけなので 設定を変更すれば拡張子を表示させることができます。 【 Windows7の場合 】 チェックを入れた状態では拡張子が隠れています。 チェックを外すとファイルに拡張子が付いて表示されます。 常に拡張子を表示させたい場合はチェックを外しておきましょう。 このようにファイル名の後ろの拡張子を表示させる以外にも、 フォルダ内でファイル詳細情報として拡張子の詳細情報を表示させることができます。 拡張子を自分で付ける うっかり拡張子を消してしまっても、ファイルを右クリックして 【 名前の変更 】を行い拡張子を付け足せば問題ありません。 もし対応する拡張子が分からなくなってしまった場合には、 対応しそうな拡張子を順番に試してみるという手もあります。 例えば画像ファイルを開きたいなら jpg、gif、png などですね。 何も手がかりが無いファイルを開きたい場合には、ファイルの種類を判別してくれる フリーソフトを使う方法もあります。 また、複数ファイルの拡張子を一気に付けたい場合にもそういったフリーソフトや ブラウザツールがあるので検索で使い勝手の良いものを探してみてください。 テキストファイルの拡張子. txt PDF文書の拡張子. pdf Excel文書の拡張子. xls もしくは. xlsx Word文書の拡張子. doc もしくは. docx これらは基本的にテキストならメモ帳などのテキストエディタ、 PDFならAdobe Acrobat ReaderなどのPDFリーダー、ExcelやWordならOfficeソフト、というように 対応する拡張子とプログラムが決まっているので、もしうっかり拡張子を消してしまっても 『 見積もりってファイル名からするとExcelファイルだから. xls だろう 』 『 あそこの会社のひとのメールに添付されてたやつだから. pdf かなー 』 というように 拡張子を推理して割とすぐに元に戻すことができます。 画像の拡張子. jpg. gif. png など 音声ファイルの拡張子. 3gp. mp3. mp4. wav など 自分で付けた名前や、そのファイルが保存されているフォルダなどから拡張子を推測することができます。 「 デジカメから移動した画像だから. jpg のはず 」 「 音声ファイルだから. mp3 っぽい 」 といった感じですね。 また、画像の拡張子をjpgからgifにしてしまっても問題なく画像として開くことができますし、 音楽ファイルの拡張子をmp4からmp3にしてもある程度は適応します。 ただし拡張子によって画像の色調や画素数、音質が変わってしまうこともあるので注意が必要です。 拡張子による画像の違いについて詳しくは の項目をご覧ください。 実行ファイルの拡張子. exe など 何らかのプログラムを実行するためのファイルが実行ファイルと呼ばれます。 普通にPCを使っていて一番目にするのは、プログラムのインストールを行う実行ファイルでしょうか。 実行ファイルは基本的にダブルクリックすると自動で動作が始まります。 迷惑メールに添付されている実行ファイルに注意!! 迷惑メールに添付されている. exe などの実行ファイルは ほぼ全てがウイルスのインストールプログラムを動作させるものですから 不用意に開かないようにしましょう。 また、最近では姑息なことに実行ファイルの拡張子を書き換えてPDFファイルのフリをさせていたりと 敵もちょっと考えて送ってくるようになりました。 会社でメールを使っていると取引先とPDFファイルで見積りなどをやり取りすることもあるため うっかり間違えてクリックして開かないように、メールの送り主や内容を よく確認するようにご注意くださいね。 迷惑メールを見分ける方法については以下の記事も合わせてご覧ください。 icon-arrow-circle-right icon-arrow-circle-right 圧縮ファイルの拡張子. zip. lzh など 何らかのファイルをダウンロードした際に、そのままの形ではなく 圧縮されたアーカイブ(書庫)の状態でダウンロード保存されることがあります。 そのままの形だとデータ容量が大きいので小さくしたい場合や、 複数のファイルを一つずつダウンロードするのは大変だからひとまとめにしたい場合に使われるファイル形式です。 ダウンロードや保存に掛かる時間や負荷を出来るだけ減らすことができる便利なものです。 一般的に出回っている圧縮ファイルの拡張子は大体が. zip か. lzh なので、 うっかり拡張子を消してしまった場合にはどちらかをとりあえず入れて解凍を試してみると良いでしょう。 また、世の中にはあまり人の目に触れさせたくないが故に わざと拡張子を消して簡単には開けないようにしている圧縮ファイルもあります。 それは18歳未満が見てはいけないファイルだったり、違法コピーされた音楽や映画だったり、 大体があんまりお天道様の下で開けないようなファイルです。 そういったファイルのせいで逮捕されたり、コンピュータウイルスに感染したりすることもありますから、 もしそういったファイルをダウンロードしたら、頑張って開こうとせずにそっと削除してくださいね。 圧縮ファイルと解凍について 圧縮ファイルは、小さな箱にギュッとデータを詰めて冷凍保存しているようなものなので 解凍して箱から出してあげないと何もできません。 そこで必要になるのが、圧縮ファイルを解凍するための電子レンジ代わりのソフトです。 フリーソフトで使いやすいソフトが色々出ているのでお好みで選んでいただくと良いと思います。 また、ファイル形式の対応可能範囲がソフトによって異なったり、 相性によって同じファイル形式でも開けるソフト、開けないソフトがあったりするので いざという時のために2つくらい解凍ソフトをインストールしている方も多いですね。 以下にご紹介するものは、私がWindows XPを使っていた頃からずっと使っているものなので 今ではちょっと古いソフトかもしれません。 新しく使いやすいソフトが出来ているかもしれませんので、評判などを検索してみてくださいね。 拡張子を付けてはいけない. htaccess 基本的に全てのファイルに付いている拡張子ですが、中には拡張子を付けてはいけないものもあります。 ホームページを作成・運営している方ならご存知かもしれない. htaccess(エイチティーアクセス)ファイルがそれです。 ファイルをテキストファイルで作った場合は当然『. txt 』という拡張子が付いていますが 拡張子を削除して. htaccess だけにしておかないと正常動作しないので アップロード後に『. txt 』を削除する必要があります。 htaccess. txt 』ファイルを作る (. から始まるファイル名で保存できない場合は ひとまず htaccess. htaccess 』 に名前を変更する 画像の拡張子 ・風景写真だから出来るだけ綺麗に保存したい ・メールに添付するから多少荒くなってもいいので容量を小さくしたい ・サイトで表示するからWEB上で推奨されるカラー表示にしたい などなど、 その画像ファイルの使い道によって最適な拡張子も変わってきます。 普段何気なく編集・保存している画像も、もっと綺麗に軽くできるかもしれませんので 以下のご説明をご参考ください。 GIF (ジフ). gif 256色まで対応可能、透過色の指定可能。 イラスト、アイコン、ロゴなど、線のはっきりした画像に向く代わりに 使用色が多く精密な写真などにはあまり向いていません。 可逆圧縮方式ですので画質の劣化が起こらないのが利点です。 JPEGに取って変わろうとした辺りでGIFより優れたPNGが普及し始めたので、 結局画像形式の頂点は取れないままのちょっとかわいそうな形式です。 JPEG (ジェイペグ). jpg. jpeg GIFとは異なり非可逆圧縮方式なので、開く度、保存する度に画質の劣化が起こるため 鮮やかな画像や細かい画像にはあまり向いていません。 ファイルの容量を少なくすることができるため、あまり画質にこだわらず たくさんの画像をまとめてUSBメモリなどに保存したい場合や、メール添付する際には便利です。 昔々、ピーガーピーガーとモデムが鳴きながらダイヤルアップ接続でWebに接続していた頃には GIFやPNGよりも使い勝手が良く人気があり、広く普及していた形式です。 今ではほぼ全てのブラウザがPNGに対応したこともあり、 Web上ではGIFとPNGが一般的に使われるようになりました。 PNG (ピング). png 色数は事実上制限がなく、半透明画像の作成可能。 そもそもWeb上でJPEGやGIFに取って変わることを目的に開発された形式なので JPEGやGIFよりも全ての点において優れています。 WWWに関する標準化団体W3Cによって推奨されていることもあり、 現在Web上では急速にPNGが広く利用されるようになっています。 ちなみにこのブログで使用している画像はGIFとPNGが混在しているのですが、 を入れたので、あまり容量も気にしなくていいんじゃないの、と気づき これからはPNGで統一しようかなと考えているところです。 BMP (ビットマップ). bmp Windowsが標準でサポートしている画像形式。 自分で指定をしない限りは無圧縮で保存されてファイル容量が大きくなるので、 BMPでなければならない理由が無い限りはあまり使われない形式です。 画素(ピクセル)という点の集まりとして画像を処理するので、 逆にドット絵を描く時などはBMP形式の出番ですね。 これはイラストを拡大した状態ですが、この四角のひとつひとつが画素です。 画素について更に詳しく知りたい方は、PC液晶の選び方【2】 画面解像度編の記事内の の項目でもご説明していますので合わせてご覧ください。 TIFF (ティフ). tif. tiff 圧縮されることがないため、画質が荒くなることもなくフルカラーで保存でき、 特に印刷に向いている形式です。 容量が大きくなる上に基本的にWeb上で使用できない形式なのであまり普段は使いませんが、 入稿する際にはこの形式で!と指定している印刷屋さんは多いですね。

次の

【Windows10】ソフト不要! 拡張子を一括で変更【意外に簡単】

ファイル 拡張 子 変更

mtsファイルを再生するには3通りの方法がある! mtsファイルを再生できずに悩んでいる方も多いでしょう。 再生方法としては、大きく3つあります。 再生ソフト• ドライバー(WindowsMediaPlayerで再生できるようにするもの) などが付属していませんでしたでしょうか? まずはその点をチェックしてみて下さい。 それらはmtsファイルを使いこなすためのツールですので、基本的にそれらを使えば見ることが出来ます。 しかしこれらが無いのであれば、この後の2つの方法を試すしかありません。 ただしこれはデフォルト(標準機能)では再生できません。 そのため「」という、様々なコーデック (データを圧縮するための考え方)に対応するための「プラグインのようなもの」をインストールしなければなりません。 ただし、 そもそもパソコンに詳しく無い方にはややハードルの高い方法とも言えます。 以下のページで簡単に手順を説明されている方もいらっしゃいますので、参考までに確認してみて下さい。 フリーソフトには色々ありますが、わけの分からない片言の日本語で説明しているソフトも多く、個人的には要注意だと考えています。 そこでオススメとしては、日本語でのレビューもしっかりとついているが良いです。 以下のサイトでは、「ダウンロード方法」から「再生方法」まで説明されているため、参考になります。 >> mtsファイルをそのまま再生するには、以上のとおり 何らかのダウンロード・インストールが必要になります。 この後は「他の拡張子への変換方法」を説明していますので、そちらも併せてご確認頂ければと思います。 スポンサーリンク mtsファイルを他の拡張子に変換する4つの方法! 上記のとおり、mtsファイルをそのまま再生する場合、基本的には 何らかのソフトやコーデックのインストールが必要となります。 そのため、できれば拡張子をほかのものに変換して、既存環境で再生できるようになればベスト。 ここでは変換する4通りの方法を紹介します。 Windowsムービーメーカーは、マイクロソフトからの正式な提供が終了しています。 ネット上でダウンロードできる怪しいサイトもあるようですが、マルウェアやウイルスなどが含まれている可能性があるためオススメしません。 変換する方法は超カンタンでして、以下のサイトでも紹介されています。 >> ムービーメーカーが入っている場合には、ベストな方法です。 「フォト」は文字通り、写真の編集ソフトですが、動画も扱えます。 と比べるとやや面倒ではありますが、慣れればパパッと変換出来るようになります。 以下ページで分かりやすくまとめてくれていますので、「フォト」がインストールされている方は参考にしてみて下さい。 もちろん 一旦ウェブ上に動画データをアップすることになりますので、「個人を特定されてしまうような動画」の変換には向いていません。 しかし「インストール不要」かつ「無料」なので、ちょっとした動画の変換にはかなり便利。 mtsファイルに限らず色んな種類のファイルを変換できるので、私もたびたびお世話になっているサイトです。 グーグルなどで「mts 変換」と検索すると、よくわからない日本語で書かれたサイトがいくつも散見されます。 この多くは、この「変換ソフト」を作っている会社ですが、中国などの海外製品がほとんど。 しかもパッと見は無料で使えそうでも、シェアウェア (一時的に無料、継続利用で費用が発生)の可能性が圧倒的に高いです。 というわけで、「完全無料」かつ「日本語も使える」ソフトであるXMediaRecodeを紹介します。 XMedia Recode• mtsは、ソニーおよびパナソニック製のビデオカメラで撮った動画の拡張子である• 同封されていたソフトやドライバーによって、再生できる可能性がある• コーデックをインストールすれば、WindowsMediaPlayerでも見ることが可能• 無料再生ソフトとしては、がオススメ• Windowsムービーメーカーがインストールされているのであれば、無料でフォーマット変換できる• ムービーメーカーの正式な配布は終了しているため、よく分からないサイトからダウンロードするのは危険• Win10の「フォト」ソフトでも、フォーマット変更できる• はかなり便利だが、ネット上に一時的にファイルをアップするため、動画の中身に気をつけること• 無料変換ソフトとしては、日本語化にもしっかり対応している「」がオススメ 以上、参考になりましたら幸いです。 スポンサーリンク.

次の