風邪 一日で治す。 プロ直伝!風邪で声が出ないのを一日で治す!即効性の対処法とは?

症状別!風邪をひいてしまったときにおすすめの食べ物とは?コンビニでおすすめの食べ物も紹介|からだカイゼン委員会|株式会社 明治

風邪 一日で治す

Sponsored Link 風邪の原因や症状を抑える成分などを知っておく 風邪は ウイルスによって起こる感染症です! 今だに風邪に効く薬は開発されていません。 だから風邪薬は、風邪自体を治すのではなく、風邪の諸症状を和らげる薬なんです。 熱・・・・・・・・ アセトアミノフェン、イブプロフェン、エテンザミド(解熱)• 頭痛や関節痛・・・ アセトアミノフェン(鎮痛)• 炎症・・・・・・・ イブプロフェン、トラネキサム酸• 鼻水や鼻づまり・・ クロルフェニラミン、マレイン酸塩、フマル酸• 咳・・・・・・・・ リン酸ジヒドロコデイン、dl-メチルエフェドリン塩酸塩 となりますが・・・、子供の服用をおすすめしない成分が入った薬もあります。 Sponsored Link 風邪を治すには自然治癒が一番 自然治癒力を育てよう! はぁ!?俺は早く熱を下げたいんだよ何言ってんの! と思いますよね。 でも、 後々のことを考えると薬を極力飲まない方がいいんです。 自然治癒力が育ちませんからね。 とりあえず、薬を使わない方法を試してから、どうしても熱が下がらないなら病院に行くか薬を飲むことをおすすめします。 で、子供も大人も早く風邪の症状から脱出したいのであれば、 3つのポイントを理解しておくことです!• 睡眠・・・ 体力回復。 あらゆる方法で睡眠をとる。 栄養・・・ 消化のいいものを摂る。 卵がゆがおすすめ!• 水分・・・発熱で水分が失われるので 水分補給は忘れない。 なぜなら、 身体が自力で治そうとしなくなるからです! こちらの も読んでみるといいと思いますよ。 Sponsored Link 熱を下げる荒治療 人それぞれですが、意外にやっている人が多く熱を下げる荒治療!を紹介します。 もちろん私もやってます。 実際に私は熱が出るとこの方法で次の日には熱が下がっています。 自分には合っているのかもしれませんが、この方法は批判的な意見も多くあることも知っておいてください。 それを踏まえてあえて紹介します。 ポイントは、 身体を温めること 汗をかくこと 水分を摂ることの3つです!• 42度~43度の熱い風呂に入る。 すぐ暖まる(熱い)ので約5分で出る。 ビタミンCが入った暖かい飲み物をすぐ飲む。 HOT蜂蜜レモンorゆず茶など• 部屋を暖かくして風呂から出たらすぐ布団に入る。 身体は冷やさない!• 汗をかいたら着替える(2~3回ほど)• 水分補給を必ずする(HOT蜂蜜レモンか常温のポカリ)• あれば 栄養ドリンクを飲む。 飲まなくてもOK どうしても 確実に風邪(熱を下げる)を治したいときは、この方法に栄養ドリンク と小児用ジキニンのシロップを飲むこともあります。 ジキニンの飲み方は、 でポイントや副作用について紹介されてますから読んでみてください。 この方法で過去に何度か飲んでみましたが、テキメンでした。 部屋を暖め加湿器などで 乾燥を防ぐ。 か、布団に入ったら暖房を切る。 布団に入ったら首までしっかり毛布でカバーする。 紹介した荒治療ですが、「やってみようかな」と思ったら試してみる価値はあるかもしれません。 どうしてものときは、病院に行くことをおすすめします。

次の

長引かせない! 風邪のひき始めの対処法

風邪 一日で治す

私って、職業柄かもしれないけど、結構な健康オタクです。 なので、風邪をひいたら一晩でも1日でも早く治したいし、そもそも風邪をひきたくもありません。 10年ぐらい前から、薬やサプリ、食品の知識や私の体験をいかして、風邪を早く治す方法や、風邪をひかない方法を研究というか、自分で試しています。 「風邪を早く治す方法」というと、『薬を飲む!でしょ』と思ったかもしれませんが、残念がら「ハズレ」です。 ドラッグストアの薬やお医者さんが処方する薬は、基本的に全部、対処療法の薬です。 つまり、咳(セキ)がでるなら、咳止め。 熱があるなら、解熱薬、 のどが痛いなら抗炎症剤(痛みを鎮める薬)なわけです。 実は、どの薬にも風邪自体を治す成分は、入っていません。 つまり、あなたが通常飲んでいる薬は、咳や熱などのツライ症状を押さえる効果を期待するものなので、風邪自体は自然に治るのを待っているだけなのです。 (ただ、漢方薬の『葛根湯』だけは別。 葛根湯は体を温めて、風邪自体を早く治す効果があります) だから、お医者さんの薬や薬局の薬を飲んでも、症状が軽くはなりますが、風邪自体が早く治るってことはありません。 (薬剤師の私がこんなこと書いていいのかなー、と思いますが、誰でもちょっと調べれば分かる事実だから問題ないですね。。 ) 風邪をやっつける薬はまだ世の中にありませんので、風邪を早く治すには、体の免疫力を高めるのが今のところ一番です。 風邪を早く治すために免疫を高める3つの方法 風邪を早く治すことを目的に、免疫を高める方法をお話しします。 これらの方法は、「風邪に効く」とか、「免疫を高める」と言われている方法を調べ、色々と自分で実体験しながら、一番効果があるものだけを集めた方法です。 私や私の家族は、風邪をひきかけたとしても、これらの方法を1つ、2つ行えば、風邪をひかないし、もし風邪をひいても1日、2日でほぼ治ってしまいます。 それも、風邪薬を飲まないで治っていますので、効果は明らかにあると思っています。 風邪を良くひく人や、そもそも風邪をひきたくない人は、ぜひ試してみてください。 風邪を早く治すために、私がやっている免疫力を高める方法は、次の3つです! ビタミンCを多めに飲む 「ビタミンCを 多めに飲む」と、ひかえめに書きましたが、風邪の予防や風邪を早く治すためには、一定量以上を飲む必要があります。 私は、風邪予防のために毎日、ビタミンCのサプリメントを1回1,000㎎、朝晩の1日2回飲んでいます。 (1日のビタミンC量は2,000㎎) で、風邪をひいてしまった時には、朝昼晩と、昼の1回増やして、1日3回飲むようにしています。 (1日のビタミンC量は3,000㎎) ちなみに、ビタミンCの一般的な一日最低必要量は100mgとされています。 そんなたくさん飲むと副作用があるのでは? と思われるかもしれませんが、ビタミンCは過剰にとっても、尿として流れ出てしまうので、たまに下痢気味になる人がいるぐらいで、ほとんど副作用はありません。 それよりも、ビタミンCが不足したときは、壊血病になったり、風邪をひきやすくなったり、老化が進むことになってしまいます。 特に、ストレス時や病気になった時にはビタミンCの必要量が増加します。 このことは重要な割には、あまり一般には知られていません。 でも、ちゃんと学術的にも、世界的にも証明されていることです。 ビタミンC 3,000㎎は、一回に全部飲まずに、1日3回、1000㎎ずつ飲むようにしてください。 朝食後1000㎎、昼食後1000㎎、夕食後1000㎎とできるだけ分けるのがポイントです。 そうすれば、ビタミンCの血中濃度が常に高まるので、あなたの体が力強く風邪菌をやっつけてくれますよ(免疫力が高まる)。 ビタミンCの購入場所ですが、ドラックストア等で売っているビタミンCのサプリメントでOK(錠剤でもカプセルでも同じ)です。 「ビタミンCの粉末を買う」という方法もありますが、飲むときに必要な量を量るのが手間だし、溶かす必要もあります。 体を温める 次に、「体を温める」必要性についてお話します。 風邪というのは、体が冷えるとかかりやすくなります。 寒い冬にコートも着ずに外に長時間いたり、風呂上りに体を冷やしたりすると、風邪ひいてしまったりします。 これはどうしてなのか、知っていますか? 体温が低下すると免疫が低下する 体が冷える(体温が低くなる)と免疫が低下するからです。 体温が低くなると、風邪菌をやっつける免疫細胞の活動がにぶくなるのです。 では、次に逆のことを考えてみましょう。 4度と37. 4度の比較)も上がるのです。 だから、私たちの体は、風邪をひくと、熱が37度とか、38度にあがって、自分の免疫力を高めることにより、風邪菌をやっつけようとするわけです。 なので、自分で体温を上げることができれば、免疫力を500倍に上がるので、悪い菌をやっつけてしまうことができるのです。 じゃあ、どうやって、自分の体温を上げるか? 体温を上げて免疫を高める2つの方法 体温を上げて免疫を高めるにはいくつか方法がありますが、今回は、簡単で効果が高い2つの方法を紹介します。 カイロを背中に貼る! これだけ。。 風邪をひいて寒気がする時などは早めに背中にカイロを貼れば、体温が上がって免疫力が急上昇するので、1日もしないうちに体が元気な状態にもどりますよ。 これは、やっている人はやっている方法なので、やったことが無ければ、一度やってみてください。 効果テキメンですよ。 効果の速さでは、ビタミンCを飲むより、即効性がある方法です^^ 葛根湯を飲む 風邪薬の「葛根湯」を飲むことも、免疫を高めて風邪を早く治す方法の一つです。 「葛根湯」は、日本で販売されている風邪薬としては、風邪を根本から治すという点で、唯一、風邪を早く治す効果がある薬です。 ですから、私は初めに「風邪薬を飲んでも風邪が早く治るわけではない」と書きましたが、例外が、この葛根湯です。 葛根湯は、漢方薬の一つで、「体温を上げる」働きがあります。 つまり、体温を上げることによって、体が持っている免疫力を高めて風邪を治すことを狙っているのです。 葛根湯は、カイロのようにソッコーで体温を高めるわけではないのですが、風邪のひき始めや体がゾクゾクするときに飲んで寝れば、体がポカポカ状態で寝ることができます。 朝起きてみると、だいたい風邪は治っていることが多いです。 私の家族は、ここ10年ぐらい、通常の風邪薬は使ったことが無く、飲むとすればこの葛根湯です。 安全性とコスパ的に私が買っているのは、「クラシエ薬品 葛根湯エキス顆粒S」です。 睡眠時間を長くする 免疫を上げるための、最後の一つが、睡眠時間を長くする(寝まくる)こと。 体の免疫を高める方法として、今まで、「ビタミンCを飲む」、「体温を上げる」と二つの方法を紹介してきましたが、もう一つの免疫力を高める方法が、「睡眠時間を長くする」ことです。 「昼寝をしたり、よく寝ている人はあまり風邪をひかない」とか、「仕事が忙しくて睡眠時間が減った時に限って風邪をひいた」という経験があると思います。 この理由は「睡眠時間と免疫力はある程度、比例しているから」。 一般的に、睡眠時間が少ないと免疫が低くなるので風邪をひきやすくなり、たくさん寝ている免疫が高まり風邪をひきにくくなります。 ですから、風邪をひいたときは、早めに寝るのが一番です。 まあ、早めに寝るといっても、眠くなければ寝れないわけですが、私のとっておきの方法をご紹介しておきます。 名付けて、「寝る前のミルクバナナ」です。 寝る前に、ミルクバナナを作って、それを食べて寝ます! 体がポカポカしてきて、すごく眠くなりますので、夕方からでも寝れるぐらいです。 ホントに寝れますから、だまされたと思ってやってみてください。 まとめ 免疫を高めて風邪を早く治す方法を大きく3つ説明してきましたが、1、2個やるだけでも、かなり効果があります。 私は、風邪の予防法も研究、実践しているのでほとんど風邪をひかなくなりましたが、風邪をひいたときもこの方法を実践するだけで、1日ぐらいで治ってしまいます。 簡単だけど、本当に効果がある方法なので、風邪をひいてしまったときや風邪かな?と思った時はすぐにやってみてくださいね。 でも、本当は風邪を引かないようにするのが一番。 そもそも風邪を引かなくする方法があるので、ぜひ、チェックしてみてください。

次の

喉の痛みを早く治すには?私が実践して1日で治った方法! | 日々是好日

風邪 一日で治す

なんだかのどが痛いなあ……。 もしかして風邪? いやだなあ、ひどくならないうちに治したい。 風邪を長引かせずに、早めに治す方法ってあるのかな? 風邪という病気はない!? 病院で医師に「風邪でしょう」と言われた経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。 しかし実は「風邪」は通称で、正式な病名ではありません。 風邪とは、のどの痛みや鼻水、咳、場合によっては発熱などを伴い、多くは命に別状がなく、数日で治る症状をいいます。 正式名称は「風邪症候群」「感冒」「急性上気道炎」などです。 原因はほぼウイルスであり、そのウイルスの数は数百種類にものぼるとされています。 多くはライノウイルスで、「ライノ」とは「鼻」という意味。 つまり、鼻水が出るような風邪を引き起こすウイルスをこう呼んでいるのですが、このライノウイルスにも、100種類以上あるといわれています。 なお、症状は風邪と同様なものの、重篤となるインフルエンザは、別名「流行性感冒」ともいい、別扱いにしています。 医師は、風邪のような症状で受診された患者さんが、別の病気でないと判断したとき、消去法で「風邪ですね」と診断しているのです。 風邪では症状緩和の薬を使う 風邪と似たような症状を引き起こすものとして「肺炎」、「扁桃炎」、「溶連菌感染」、「副鼻腔炎」などがあります。 咳やのどの痛み、鼻水、発熱などの症状が出るものですが、風邪との違いは原因。 これらは、おおむねウイルスでなく、細菌が原因で起こっています。 こうした細菌が原因の症状は、抗生物質で改善します。 しかし、風邪の原因となるウイルスには、抗生物質は効きません。 風邪のときに抗生物質を出してほしいという患者さんがいますが、むやみに抗生物質を使うと耐性菌を増やすことになります。 風邪に効く抗ウイルス薬はいまだ開発されていません。 それは、原因ウイルスが多すぎること、また、命に関わるケースがほぼなく、たいていは数日で治るために緊急性が低いことなどが理由です。 そのため、風邪で処方される薬は、あくまで症状を緩和するための薬。 つらい症状をやわらげて、できるだけ快適な生活を送れるようにし、体力の消耗を防いで回復を早めることを目的として処方されています。 風邪の症状が起こるしくみ 風邪のウイルスが体内に入っても、体の免疫力が高く、ウイルスの増殖を食い止められれば、風邪はひきません。 ウイルスが増殖して初めて「風邪をひいた」ということになるのです。 風邪のウイルスは、まず鼻や口内、のどなどに付着します。 このときにウイルスが増えていくと、のどや鼻の粘膜が傷つき、のどの痛みや鼻水が生じます。 さらに進行して気道までウイルスが広がると、咳や痰が出るように。 さらにウイルスが増えると、体は熱を出します。 ウイルスは熱に弱いので、人間が耐えられるギリギリまで熱を上げて退治しようとするのが、発熱のしくみです。 風邪をこじらせやすい人とは? 風邪をひかないようにするためには、普段から規則正しい生活、バランスのとれた食事、十分な睡眠を取り、免疫力を高めておくことが大切です。 また、風邪をひいたかな、というときでも、初期段階で早めに正しく対処すれば、ひどくなる前に治ることもあります。 しかし、このときの対処を誤ると長引きがちに。 次のような過ごし方をしている人は、風邪を引いたときにこじらせやすいといえます。 チェックしてみてください。 風邪の初期症状の一つである悪寒は、熱が上がる前のサイン。 生体反応として、体が熱を上げるシステムを作動させようと、筋肉を震えさせて熱を生み出そうとしているのです。 この段階で体を温めてあげると、免疫力が高まり、ウイルスを撃退しやすくなります。 大きな血管が集まっている3つの首=「首・手首・足首」を温めると効率的に体温が上がるので、ここをカバーできる服装をしましょう。 しょうが湯など、体が温まるものを飲むのも効果的です。 また、「風邪のとき、お風呂に入ってもいいの?」とよく聞かれますが、38度以上の熱があったり、体がぐったりしているときを除けば、入っても問題ありません。 体を温めるという意味では、風邪の回復を早めることにもつながるでしょう。 ただし、高い温度の湯に長く浸かると体力が消耗するので控えて。 また湯冷めしないよう、十分気をつけてください。

次の