オーディオ と は zoom。 Zoom会議の画面共有で、Youtubeなどのオーディオ再生音が聞こえない時の対処法

はじめてZoomのWeb会議に参加する人のための事前準備手順

オーディオ と は zoom

はい!私も、くしゃみをする時とか、ミュートにしています。 そうですね。 ミュートの使い方をご存じの方もいると思いますが、簡単に説明しますね。 ミュートは消音という意味で、マイクを「オン」または「オフ」にするかを選択することができます。 大切なのはミュートの横にある山形マークのボタンです。 この山形マークをクリックすると、色々な選択肢が出てきます。 選択肢が多いのは、私がいろいろパソコンに入れているからです。 音声の設定(オーディオ設定)をここから選べます。 自分が使いたいマイク、聞きたいスピーカーなどを選択できていないと、音が聞こえないことがあります。 例えば、内臓スピーカーで流しているつもりが、外付けマイクをしていた時に外付けマイクのスピーカーになっているとイヤホンでしか聞こえない状態になっていたら、相手の声が聞こえないことになりますよね。 内蔵スピーカーに変えたとたん、「音が聞こえるようになりました!」というのはこれが原因です。 Zoomの音声(オーディオ)設定を確認するには? マイクとスピーカーはここで簡単に設定ができます。 下のほうにいくと、「オーディオ設定」というのがあります。 「オーディオ設定」をクリックすると、Zoomの起動画面の設定にいきます。 そこの「オーディオ」をクリックして、使用したいスピーカーや使いたいマイクを選ぶことができます。 ここで内臓スピーカーにしたいのか、外付けのものにしたいのかなどを選択できます。 上下マークをクリックすると選べます。 音が聞こえない場合は、「使用したいスピーカー」「使用したいマイク」を選べているかを確認します。

次の

ZOOMの音声をコントロールする方法

オーディオ と は zoom

オーディオ設定画面の見方 まずは、オーディオ設定画面の見方から、各機能を理解しておきましょう。 Zoomサインインをします Zoomホーム画面の右上の設定ボタンをクリックします。 そうすると画面が変わります。 左側のダッシュボードから「オーディオ」をクリックすると・・・ 画面がオーディオ設定画面に変わります。 スピーカーのテスト• スピーカーの選択と変更• スピーカーの音量 について設定することができます。 マイクのテスト• マイクの選択と変更• マイクの音量 について設定することができます。 オーディオ設定詳細画面の諸機能 オーディオ設定画面の右下にある ボタンをクリックすると・・・ このように『詳細画面』が表示されます。 それでは、詳細画面の説明をしていきますね。 抑制レベルを 4段階から選ぶことができます。 抑制レベルを 4段階から選ぶことができます。 除去レベルを 2段階から選択できます。 楽天では、パソコン Bluetoothヘッドホン ブルートゥース イヤホン ワイヤレス ヘッドフォン イヤフォンが販売されています。 スピーカーのテストをする まずは、『スピーカーのテスト』ボタンをクリックして、音声が聞こえるかどうかをチェックしましょう。 すると、スピーカーから着信音のような音声が鳴り、『出力レベル』のバーが左右に動きます。 音量が小さすぎたり大きすぎたりする場合 スピーカー音量を変更してください。 スピーカーの音量を調節しても、 全く音声が聞こえない場合・『出力レベル』に動きがない場合 使用するスピーカーを変更してください。 スピーカー音量の変更方法 スピーカーの音量が小さすぎたり大きすぎたりするときは、次のやり方で調節してください。 『スピーカーのテスト』をクリックして確認しながら、『音量』のバーのポイントを左右に動かします。 オーディオ設定でオンラインのイベントを成功させよう! オーディオ設定画面の見方 まずは、オーディオ設定画面の見方から、各機能を理解しておきましょう。 Zoomサインインをします Zoomホーム画面の右上の設定ボタンをクリックします。 そうすると画面が変わります。 左側のダッシュボードから「オーディオ」をクリックすると・・・ 画面がオーディオ設定画面に変わります。 スピーカーのテスト• スピーカーの選択と変更• スピーカーの音量 について設定することができます。 マイクのテスト• マイクの選択と変更• マイクの音量 について設定することができます。 オーディオ設定詳細画面の諸機能 オーディオ設定画面の右下にある ボタンをクリックすると・・・ このように『詳細画面』が表示されます。 それでは、詳細画面の説明をしていきますね。 抑制レベルを 4段階から選ぶことができます。 抑制レベルを 4段階から選ぶことができます。 除去レベルを 2段階から選択できます。 スピーカーのテストをする まずは、『スピーカーのテスト』ボタンをクリックして、音声が聞こえるかどうかをチェックしましょう。 すると、スピーカーから着信音のような音声が鳴り、『出力レベル』のバーが左右に動きます。 音量が小さすぎたり大きすぎたりする場合 スピーカー音量を変更してください。 スピーカーの音量を調節しても、 全く音声が聞こえない場合・『出力レベル』に動きがない場合 使用するスピーカーを変更してください。 スピーカー音量の変更方法 スピーカーの音量が小さすぎたり大きすぎたりするときは、次のやり方で調節してください。 『スピーカーのテスト』をクリックして確認しながら、『音量』のバーのポイントを左右に動かします。 変更したら、再度『マイクのテスト』ボタンをクリックし、音声の聞こえ方が適切かどうか確認しておきましょう。 スピーカーとマイクの音量は、スマートフォン本体の設定で調節します。 スピーカー・マイク音量の変更方法 機種によって異なりますが、以下の項目を試してみてください。 スピーカーの音量 「スピーカー音量」や「メディアの音量」を調節してください。 マイクの音量 機種によって異なりますが、「通話音量」を調節してください。 特別な設定は不要ですよ。 それでももし、相手の音声が聞こえない場合は、こちらの対処法の記事を参考にしてくださいね。 楽天では、ワイヤレスイヤホン Bluetooth イヤホン 両耳 iPhoneが販売されています。 シチュエーション別オーディオ設定のコツ さまざまなジャンルで、Zoomが活躍する場面は増えていますね。 ここからは、シチュエーション別にオススメの設定をご紹介します。 一般的な光回線であれば、会議中もスムースに進行しますよ。 また、スピーカーを用いで行う場面も多くなりましたので、設定方法を説明しますね。 スピーカー同時設定 大きな部屋で会議をする場合、端から端までしっかりと音声を届けたいときには『スピーカー同時設定』がオススメです。 『別のオーディオデバイスを使用して、着信音を同時に鳴らします』という項目にチェックを入れます。 すると、使用できる他のスピーカーが表示されます。 そのため、オンライン授業では、• 事前ミュート設定• スペースキーでミュート解除 の設定が便利ですよ。 事前ミュート設定 パソコンの場合 『ミーティングの参加時にマイクをミュートに設定』のボックスをクリックしてにチェックを入れると、ミュートの状態でミーティングを始めることができます。 スマホの場合 画像はAndroidを使用していますが、機種の違いはありますが機能は同じなのでご自身の携帯画面で確認してくださいね。 スペースキーでミュート解除 こちらはパソコンだけの機能になりますが、慣れるととても便利な機能です。 『スペースキーを長押しして、一時的に自分をミュート解除できます』にチェックを入れると、スペースキーを押している間だけ ミュートを解除することができます。 ちゃんとミュート解除できているか不安…ミュートが解除されている間は、ミーティング画面に次のようなマイクの画像が表示されます。 自分が話した音声によってマイクが緑色に変化するので、確認しながら話すと安心ですね。 Zoomは初期設定のままだと、音楽を雑音として処理してしまいます。 そこで、ここからは音楽に適した設定方法を紹介しますね。 オーディオの設定が完了したら、下のリンクからテストミーティングを開いて確認してみましょう 『参加』をクリックします。 ダイアログ内の『Zoom Meetings を開く』をクリックします。 すると、ミーティング画面が開き、スピーカーテストのダイアログが表示されます。 自動で着信音が流れますので、聞こえたら『はい』をクリックします。 次に、マイクテストのダイアログが表示されます。 マイクに向かって話をすると、同じ音声が返ってきますので、聞こえたら『はい』をクリックします。 『コンピューターでオーディオに参加』をクリックします。

次の

『Zoomで相手の声が聞こえない』2020年版Zoom使い方③

オーディオ と は zoom

ハウリングを解決する方法 「ハウリング」の原因は、2台以上のマイク用スピーカーがお互いの音を拾ってしまうことで起きます。 ですから、 先ほどもお伝えした通り、ミュート(消音)ではハウリングが解消しません。 ミュートとは「音を出さない。 」という意味になります。 一般的には、テレビやスマートフォンなどの音を消す際に使われることが多いです。 Zoomでもミュート機能を使用することによって、雑音を消すことができます。 それでは、「ハウリング」を解消する手順を説明します。 スマートフォンとパソコン両方で入っている人に、スマホの方の画面の右下の「…」アイコンをタップします。 この「…」マークは、Zoomではたいていの場合「詳細」にあたります。 「…」をタップすると、「オーディオの切断」が表示されますので、こちらをタップします。 右下のアイコンがマイクからヘッドフォンマークに変更されれば、オーディオが切断されることでハウリングは解消されます。 互いの音が拾いあわないようにするだけで、ハウリングは解消します。 よくありがちな音声トラブル4つの解消法 気軽に参加できる Zoomなので、よくスマートフォンで参加していただきます。 参加者から、「スマートフォンでは 声が聞こえない」という音声トラブルの報告があります。 スマートフォンでZoomに参加した時の音声トラブルは、3つのパターンがよくあります。 相手の声も聞こえないし、自分の声も聞こえない。 自分の声が相手に届かない。 相手の声が聞こえない。 解決方法は4つあります。 「相手の声も、自分の声も聞こえない」を解消する方法• まず、「相手の声も聞こえないし、自分の声も聞こえない。 」場合は、先ほどの「オーディオの切断」を見ましょう。 「オーディオの切断」になっている場合があります。 画面を軽くタップしてもらってアイコンを確認すると、このオーディオっていうところ、ヘッドホンマークになってますよね。 先ほどは「詳細」を押しましたが、今回は「オーディオ」をタップしていただくと、「インターネットを使用した通話」というのがあります。 「インターネットを使用した通話」をタップしてください。 すると、すぐに音声がオンになります。 これで音声がちゃんと聞こえるようになります。 『相手の声が聞こえない 』時は、 オーディオが繋がってない可能性が高いということです。 「自分の声が相手に届かない」を解消する方法 「自分の声が相手に届かない」を解消する方法は、2通りあります。 今回は、簡単に解消できる方法を1つをお伝えします。 原因は単純で、ミュート(消音)が解除されていないからです。 マイクマークをタップすると、ミュート解除されて、ちゃんと音が届き、聞こえるようになります。 初めての人は、ミュート(マイクマーク)にななめ線が入っていると、ミュートが入っていることを知らなかったりする場合もあります。 スマホ生活が長く、オーディオが得意な人は「当たり前じゃん」と思う人もいます。 苦手な方は「なんだろう、これ」と思う方もいます。 単純なようで、意外と多いトラブルです。 校長の私でさえ、「あれっ?」と思ったときに確認したら、「自分もミュートじゃん」っていう時があるんですね。 まずは、焦らずにミュートを確認をしてみてくださいね。 スマートフォンで「自分の声が相手に届かない」を解消する方法 自分の音声が相手に届かない場合があります。。 自分が主催者の場合、設定の確認がおろそかになることがあります。 音声が聞こえないや小さな音しか聞こえない場合は、まず、主催者側のパソコンのボリュームを確認してください。 ボリュームを大きくしても聞こえない時は、参加者側でスマホが原因となります。 その場合、スマートフォンの画面をタップしてもらうと、左上の音声のアイコンを確認してもらってください。 Zoomではなく、スマートフォンの画面です。 Zoomではミュートが外れているのに、実はスマートフォンの音声ががオフになっている時があります。 音声のアイコンををオンにしてください。 スマートフォンでは、これで音声が聞こえるようになります。 スマホのカメラとマイクが使えない場合の解消法 スマートフォンでは、カメラとマイクが使えないという人がいます。 Zoomを最初にインストールする時、「Zoomがカメラやマイクへのアクセス許可を求めています」というのが出ます。 その時、アプリやスマホ、パソコンなど機械アレルギーの方は「許可したら危ないのでは?」と許可しない方がいます。 しかし、許可しないと、カメラとマイクが使えなくなります。 「Zoomがマイクへのアクセスを求めています」は、「OK」にしてください。 最初に「OK」しておくことで、ちゃんとカメラとマイクが使えるようになります。 見逃さないように、YouTubeのチャンネル登録をお願いします。

次の