乃木坂 卒業生。 【乃木坂46】卒業生のブログが見れる『NgzkBlogArchive』を徹底解説!西野七瀬や橋本奈々未も…

AKB卒業メンバー成功&悲惨ランキング30名!元AKB48の現在とその後【2020最新版】

乃木坂 卒業生

2018年、乃木坂46から生駒里奈を始め、西野七瀬、若月佑美など8名のメンバーがグループを卒業していった。 乃木坂46はデビューから7年が経とうとしており、卒業生も優に20名を超える。 乃木坂46にとって2018年は全国ドーム&スタジアムツアーを成功させ、『輝く!日本レコード大賞』(TBS系)にて大賞を連覇するなど実りの多い年であったが、一方で卒業生も様々なフィールドで活躍を見せた年であった。 『帰り道は遠回りしたくなる』(初回仕様限定盤 TypeA) まず、乃木坂46のマネジメントを行う乃木坂46合同会社が、卒業生も所属タレントとして扱うようになったのは、メンバーにとっての環境が大きく変わったことだ。 2017年にグループを卒業した中元日芽香と伊藤万理華、生駒里奈はそれぞれ個人のオフィシャルサイトを設立。 いずれにも「(C)乃木坂46LLC」のクレジットが表示されている。 生駒は、グループ所属時に志した舞台女優への道を進みながら、バラエティ番組においても変わらず活躍している。 また、1月13日にオンエアされた『行列のできる法律相談所3時間SP』(日本テレビ系)にて、日本テレビアナウンサー・市來玲奈と共演したことも話題に。 市來は2014年に学業専念のため乃木坂46を卒業。 その後、2018年に日本テレビへアナウンサーとして入社。 『行列のできる法律相談所』のアシスタントに抜擢されたほか、『news zero』にもレギュラーで出演するなど、1年目にしてスピード出世を果たしている。 生駒と市來は同じ1期生でオーディション時から隣同士だった大の仲良し。 『行列のできる法律相談所』では、生駒の舞台『トゥーランドット~廃墟に眠る少年の夢~』のロケと称してやってくる市來に、生駒がドッキリを仕掛けるという企画が実施された。 これまであまり表に出ていなかった市來の素顔を存分に引き出すことに成功し、同時に変わらぬ2人の関係性を感じさせる初共演だった。 27日の放送では、生田絵梨花が番組にゲスト出演し市來との共演を果たす。 グループ卒業後の進路として最も多いのが、舞台やドラマ・映画で活躍する女優としての道だ。 若月佑美は昨年11月に行われた舞台『鉄コン筋クリート』で主演を務めたほか、ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)や吉野家のテレビCMなど、福田雄一の監督する作品に多く出演。 2016年にグループを卒業した深川麻衣は、昨年公開された主演映画『パンとバスと2度目のハツコイ』で、「TAMA映画賞」の最優秀新進女優賞を受賞した。 今期のドラマでは、朝ドラ『まんぷく』(NHK総合)、主演を務める『日本ボロ宿紀行』(テレビ東京系)の2作に出演し、今年公開の映画『空母いぶき』への出演も決定。 昨年の『NHK紅白歌合戦』(NHK総合)出演をもって乃木坂46を卒業し、2月24日に卒業コンサートを開催するのは、西野七瀬。 エースとしてセンターに立ってきた西野は、グループ所属当時から多岐に渡る活躍を見せていた。 グループ在籍中も『初森ベマーズ』(テレビ東京)、『電影少女 ~VIDEO GIRL AI 2018~』(テレビ東京)、映画『あさひなぐ』と多くの主演を張ってきたが、卒業後も今期クールのドラマ『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~』(テレビ東京)にレギュラーとして出演。 バラエティ面では、佐藤隆太、博多大吉(博多華丸・大吉)とほのぼのとしたMCを続けている『ライオンのグータッチ』(フジテレビ系)、そして新たに『グータンヌーボ2』(関西テレビ)がスタートした。 『non-no』専属モデルとしても継続して誌面を飾っている。 絶大な人気を誇る西野だけに、まだまだ発表は控えていそうだ。

次の

乃木坂46卒業予想!次に卒業しそうなメンバーの予定や噂は?【乃木坂卒業ラッシュ2019】

乃木坂 卒業生

「Getty Images」より 人気アイドルグループ・ 乃木坂46の2期生として活動していた佐々木琴子が、3月末をもってグループを卒業すると発表した。 佐々木は卒業発表に際し自身のブログ上で、「普通の学生生活をしてみたかったな、と思うことが何度もありました。 もともと乃木坂メンバーは部活感覚で活動をしている子も多く、ここ3年ほどでやっとプロ意識が出てきたかなという印象ですが、そういう典型的なメンバーの一人が佐々木でした。 ビジュアル的にはずば抜けて良いので、グループに必要なメンバーだったとは思いますが、将来的には個人で活躍できるのは 白石麻衣や生田絵梨花、すでに卒業した生駒里奈、西野七瀬くらいなので、佐々木もこのまま乃木坂にいても希望がないと考えたのでしょう。 卒業後の去就にはまだ明言していませんが、短期間活動してからの引退か、卒業後そのまま引退ということになるのではないでしょうか」(芸能関係者) 卒業といえば、1月には中心的メンバーである白石の卒業も発表されたばかりだが、同関係者はいう。 「残されたメンバーたちは、今後グループとして活動していくことに不安を隠せない様子のようです。 乃木坂ファン以外にとっては、メンバーの顔も名前もわからないという現象が起きるのも近いかもしれません」 そして、白石と同じくグループの中心的メンバーである生田絵梨花も、卒業の噂が絶えない。 「生田は今や数少ない乃木坂の初期メンバーです。 大学受験などで一時休業などしましたが、学業と芸能活動を両立させてまで辞めなかったのは、舞台女優になるという強い夢を持っているからです。 本人は『アイドルとしてやっていくつもりはない』『舞台女優に専念するため、早く卒業したい』と周囲に漏らしているようです。 生田はバラエティ、演技、歌とオールマイティで、アイドルをやめても活躍する場は十分にあります。 もし生田も卒業してしまえば、乃木坂に大きな穴が空くことになるでしょう」(別の芸能関係者) 「若きエースが不在となり、若手発掘も進まない状況に運営サイドは、かなり頭を抱えているようです」(同)というが、早くも乃木坂46も正念場を迎えつつあるようだ。 (文=編集部).

次の

乃木坂新曲!市來アナ西野七瀬ら卒業生11人も参加

乃木坂 卒業生

2018年、乃木坂46から生駒里奈を始め、西野七瀬、若月佑美など8名のメンバーがグループを卒業していった。 乃木坂46はデビューから7年が経とうとしており、卒業生も優に20名を超える。 乃木坂46にとって2018年は全国ドーム&スタジアムツアーを成功させ、『輝く!日本レコード大賞』(TBS系)にて大賞を連覇するなど実りの多い年であったが、一方で卒業生も様々なフィールドで活躍を見せた年であった。 『帰り道は遠回りしたくなる』(初回仕様限定盤 TypeA) まず、乃木坂46のマネジメントを行う乃木坂46合同会社が、卒業生も所属タレントとして扱うようになったのは、メンバーにとっての環境が大きく変わったことだ。 2017年にグループを卒業した中元日芽香と伊藤万理華、生駒里奈はそれぞれ個人のオフィシャルサイトを設立。 いずれにも「(C)乃木坂46LLC」のクレジットが表示されている。 生駒は、グループ所属時に志した舞台女優への道を進みながら、バラエティ番組においても変わらず活躍している。 また、1月13日にオンエアされた『行列のできる法律相談所3時間SP』(日本テレビ系)にて、日本テレビアナウンサー・市來玲奈と共演したことも話題に。 市來は2014年に学業専念のため乃木坂46を卒業。 その後、2018年に日本テレビへアナウンサーとして入社。 『行列のできる法律相談所』のアシスタントに抜擢されたほか、『news zero』にもレギュラーで出演するなど、1年目にしてスピード出世を果たしている。 生駒と市來は同じ1期生でオーディション時から隣同士だった大の仲良し。 『行列のできる法律相談所』では、生駒の舞台『トゥーランドット~廃墟に眠る少年の夢~』のロケと称してやってくる市來に、生駒がドッキリを仕掛けるという企画が実施された。 これまであまり表に出ていなかった市來の素顔を存分に引き出すことに成功し、同時に変わらぬ2人の関係性を感じさせる初共演だった。 27日の放送では、生田絵梨花が番組にゲスト出演し市來との共演を果たす。 グループ卒業後の進路として最も多いのが、舞台やドラマ・映画で活躍する女優としての道だ。 若月佑美は昨年11月に行われた舞台『鉄コン筋クリート』で主演を務めたほか、ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)や吉野家のテレビCMなど、福田雄一の監督する作品に多く出演。 2016年にグループを卒業した深川麻衣は、昨年公開された主演映画『パンとバスと2度目のハツコイ』で、「TAMA映画賞」の最優秀新進女優賞を受賞した。 今期のドラマでは、朝ドラ『まんぷく』(NHK総合)、主演を務める『日本ボロ宿紀行』(テレビ東京系)の2作に出演し、今年公開の映画『空母いぶき』への出演も決定。 昨年の『NHK紅白歌合戦』(NHK総合)出演をもって乃木坂46を卒業し、2月24日に卒業コンサートを開催するのは、西野七瀬。 エースとしてセンターに立ってきた西野は、グループ所属当時から多岐に渡る活躍を見せていた。 グループ在籍中も『初森ベマーズ』(テレビ東京)、『電影少女 ~VIDEO GIRL AI 2018~』(テレビ東京)、映画『あさひなぐ』と多くの主演を張ってきたが、卒業後も今期クールのドラマ『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~』(テレビ東京)にレギュラーとして出演。 バラエティ面では、佐藤隆太、博多大吉(博多華丸・大吉)とほのぼのとしたMCを続けている『ライオンのグータッチ』(フジテレビ系)、そして新たに『グータンヌーボ2』(関西テレビ)がスタートした。 『non-no』専属モデルとしても継続して誌面を飾っている。 絶大な人気を誇る西野だけに、まだまだ発表は控えていそうだ。

次の