ながら 運転 タバコ。 やめよう!運転中のスマートフォン・携帯電話等使用|警察庁Webサイト

ながら運転

ながら 運転 タバコ

条文(一部略)は次の通りです。 「自動車、または原動機付き自転車を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置を通話のために使用し、または当該自動車等に取り付けられもしくは持ち込まれた画像表示用装置に表示された画像を注視しないこと」 つまり、車が停止している時を除いて、運転中に携帯電話やスマホを使用する行為、そしてカーナビやタブレットを注視する行為。 条文は、この二つの行為を「ながら運転」の定義とし、禁止しています。 「食べながら」や「化粧しながら」は、ながら運転には当てはまりません。 これら二つの行為については、従来の罰則は「5万円以下の罰金」でしたが、法改正で懲役刑が加わり「6月以下の懲役または10万円以下の罰金」となりました。 反則金も、普通車の場合で従来の6000円から18000円、違反点数も1点から3点と、ともに3倍に引き上げられました。 これらの行為をしたことで結果的に「交通の危険」を生じさせた場合、従来は「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」でしたが、法改正で「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」となりました。 行政罰である反則金の対象ではなくなり、当該行為を行った人は直ちに刑事手続き、つまり逮捕・勾留などの対象となる可能性がありますので、非常に注意が必要です。 違反点数は「2点」から「6点」に引き上げられました。 ただ、条文などから解釈するに、必ずしも人を死亡させたり傷つけたりする人身事故だけが対象とは言えないようです。 物損事故が含まれる可能性もあります。 また、別の条文では、必ずしも「事故」の場合に限らないと解釈される部分もあり、事故を起こしていなくても道路の状況などに照らして「交通の危険が生じた」と判断されることがあり得るかもしれません。 車内でスマホの着信音が鳴ったため手に取った状態、また手に持ったまま発信して相手の着信を待った状態は、いずれも「通話」はしていませんが、罰則の対象でしょうか? 法律は「通話」だけを禁止しているのではなく、「通話のために使用」することをを禁止しています。 従って「着信音が鳴ったため手に取った状態」、また「手に持ったまま発信して相手の着信を待った状態」は、通話していなくても「通話のために使用」したと解釈され、禁止や罰則の対象となる可能性があると考えられます。 つまりハンズフリー通話装置やイヤホン型の通話装置は手に保持しなくても使えるので、通話のためにこれを使用しても、ながら運転には当たらないと考えられます。 ただ、それを越えて「注視」までしてしまうと、手で保持していなくても、ながら運転として禁止された行為の対象になってしまいます。 さらに、それにより「交通の危険」を生じさせれば罰則の対象にもなります。 ただし、「注視」は禁止はされているけれども、それだけでは罰則の対象にはならないということですか? そうです。 カーナビなどの画像注視は、法律では禁じられていますが、それ自体は罰則の対象ではありません。 罰則が課せられるのは、「注視」によって「交通の危険」を生じさせた場合です。 どこまでが一瞥で、どこからが注視になるのか、線引きはあるのでしょうか? 法律には明確な定義がありません。 従って、一瞥と注視との線引きはない、と考えて頂いた方が安全と思います。 一部には「2秒までなら許される」といった俗説があるとも聞いていますが、2秒未満だから大丈夫とはいえません。 たとえ2秒未満でも、ながら運転として罰則の対象となる可能性があるとしか言いようがありません。 ただ、取り締まりを受け、「単に手にしただけ」と主張しても、それが警察官に認められるかどうかという問題はあります。 「通話するために手にとったのではないか」と疑われる恐れもあるので注意が必要でしょう。 仮に事故を起こした時にスマホを持っていたら、「単に手にしていただけ」と主張しても、なかなか認められないかもしせません。 ただ、自動車を発進するまでの間に完全に通話を終わらせなければなりません。 動き始めて、短い間でも通話や画像注視が続いていればアウトです。 疑われないよう、運転前に、外からは見えず、自分もすぐには触れないような場所、例えばカバンなどの中に携帯やスマホをしまってしまうのも一つの方法だと思います。 不便に感じるかもしれませんが、不幸な事故を起こさないために、交通安全の基本に立ち返るべきです。 運転中は常に周囲の状況は変化すること、自分の運転する自動車という鉄の塊が人や物に当たれば悲惨な事故になり得ること、これらを常に意識しておくことが肝心でしょう。

次の

「ながら運転」厳罰化 運転中にスマホを手に持ったら違反? 信号待ちの間は?:北海道新聞 どうしん電子版

ながら 運転 タバコ

スポンサードリンク 『ながら運転』の罰則強化についておさらい 『ながら運転』ではアイコスも罰則になるのかお話する前に、今回改正された罰則について 表でまとめましたので、おさらいしていきましょう。 携帯電話使用等(保持) 運転中に、スマホや携帯電話を手に持った状態で通話したり、スマホやカーナビの画面を注視する事で 「携帯電話使用等(保持)」として罰せられます。 携帯電話使用等(交通の危険) 運転中の通話や画面注視が原因で、交通事故や交通事故の危険を犯してしまった場合、 「携帯電話使用等(交通の危険)」として罰せられます。 改正道路交通法の条文(令和元年12月1日施工) 12月1日から施工された法案では、下記の条文が公表されています。 難しく書いていますが、要は 「緊急時以外で運転中に携帯電話を使用したら罰しますよ」という事ですね。 今回の交通法の改正で、『ながら運転』に対する罰則が かなり厳しくなったのは表を見ても分かりますよね。 スポンサードリンク 『ながら運転』アイコスも罰則の対象になるのか? 『ながら運転』ではアイコスや電子タバコの使用も罰則の対象になるのか否か…。 答えは 否です。 正確に言えば、 「今のところは否」というところでしょうか。 今回の交通法の改正は、運転中の スマホ使用による事故が 急増した事によって行わました。 アイコスや電子タバコは、スマホや携帯電話ほど一点を見つめる事は少ないので、今のところ 『ながら運転』の対象には入っていないようです。 ただ、今後 アイコスや 電子タバコが 原因で 事故が起こった場合は、今回のスマホや携帯電話のように規制が厳しくなってくるのではないかと、個人的に思っています。 スポンサードリンク 『ながら運転』のアイコス使用。 世間の人はどう思ってる? 『ながら運転』の対象にアイコスや電子タバコは含まれていない事は分かりました。 この事について、 世間のみなさんはどう思われているのでしょうか? 世間のみなさんの声を集めてみましたのでご覧下さい! アイコス、たばこ吸いながら運転も厳罰にするべき。 — THE END nitro36913945 今日からながら運転の罰則が強化されたらしい。 運転しながら携帯電話いじるのが危険なのはわかるけど、 運転しながら タバコ吸ったりするのはどうなの。 たばこ、ライターさがしたり 電子タバコだって 危ないよね。 カーナビでテレビ見てる人もいるし。 吸いながら、窓から手出して灰もタバコも捨てながら運転してるよー ついでにポイ捨ても取り締まってー — とのむら u5uf5sPiuo6hqqs 世間のみなさんは 『ながら運転』の罰則対象に、たばこやアイコス、電子タバコも含めるべきだという声が多く見られましたね。

次の

ながら運転厳罰化はいつからで罰金は?定義にナビ操作・タバコは入る?|かねろぐ

ながら 運転 タバコ

2019年12月1日より施行された改正道路交通法の ながら運転の 厳罰化。 私自身も車を運転するのですが、どこか他人事と言うかあまり深く考えていなかったのですが、知人から「コンビニで買ったコーヒーを飲んだりアイスを食べながら運転したら捕まっちゃうよー」と言われて「えーーーーー!?」となり・・・今更ながらながら運転の厳罰化についてどういう点が変わったのか等々調べてみることにしました。 スマホや使いながらの運転はしたことがないのですが、コーヒーやアイス、今なら中華まん ! などの食事しながら運転はよくやっちゃうのでながら運転の厳罰化の対象になっているのか非常に気になります。 ながら運転の厳罰化について 車を運転しながらスマホを使って通話したり見たりするいわゆる「ながら運転」の行為は、今月1日の道路交通法の改正により 違反点数と反則金が今までの3倍となります。 ながら運転だけでもこんなに重い処分なので、ながら運転が原因で交通事故を起こした場合はさらにもっともっと重い処分になります。 と言うか事故を起こしたら「 交通の危険」という行為により 一発免停となってしまうのです。 携帯電話使用等による「交通の危険」は、違反点数が2点でしたが今回の改正で6点に引き上げられました。 免停になる違反点数は6点からなので、ながら運転で事故でも起こしたら一発免停になってしまいます。 しかも反則金ではなく罰金や悪質な違反の場合は懲役刑などの刑事処分となります。 もし「ながら運転」で事故を起こしたら前科が付いてしまう可能性もあるんですね。 ながら運転の線引きはどこまで? とにかく「ながら運転」の行為が非常に厳しい違反処分になるという事が分かりました。 ・・・でも、私が一番知りたいのはそこじゃない! 運転中にコーヒー飲んだりアイス食べたり肉まん食べたり 食事しながら運転をしても捕まったりしないかどうかです。 人によっては タバコを心配している方もいそうですね。 ながら運転で禁止している行為 道路交通法で禁止している行為は、携帯電話を利用して運転中に操作や通話したり画面の注視をすることです。 カーナビも操作や画面の注視行為は違反対象になります。 あとテレビも勿論、ダメですが、ついついテレビを見ちゃう方もいるのではないでしょうかね? ただあくまでも運転中に限りなので、赤信号で信号待ちしている時や渋滞などで車を停止している時に同様の行為をしても違反にはなりません。 これは運転者だけであり助手席に乗っている同乗者がスマホをいじったりテレビを視聴するのは別に大丈夫なようです。 ダメだという噂が拡散されていたようですが・・・。 それから運転中にイヤホンなどを着けてハンズフリーで通話する行為は、違反に当たるかどうかですが、禁止の規定にはなっていないのでセーフなようです。 そして、いよいよ肝心の食事しながら運転ですが・・・ 調べてみたところ携帯電話等のながら運転ではなく、安全運転義務違反に当たる可能性があるらしい。 その場合は、両手を使って食事をしたりなどのハンドル操作に支障をきたす場合です。 両手を使って食事しながら運転・・・そんな器用な人いるのかなぁ!? なので、片手で飲み食いなら大丈夫そうです。 でも運転には気をつけなきゃですね。 でもながら運転は車だけでなく自転車や歩行者も同様に気をつけて欲しいですよね。 そうすればだいぶ事故も防げると思います。

次の