カナヲイラストひがんしゅがん。 鬼滅の刃カナヲが失明した理由とは?

鬼滅の刃/きめつのやいばネタバレ解説192話最新話最速考察+191話おさらい【少年ジャンプ10号】

カナヲイラストひがんしゅがん

プロフィール 名前:栗花落カナヲ(つゆり かなを) 年齢:16歳 身長:156cm 体重:46kg 声優:上田麗奈 鬼殺隊の入隊試験に残った5人のうちの一人ですね! カナヲは炭治郎達とは同期ということになります。 基本的には薄っすらと微笑んだ表情をしていることが多いですが、実際は感情がほとんどありません。 言われたことをするだけという女の子でした。 その後は 炭治郎の熱意などもあって少しづつ人間としても成長していきます! そしてなんと、 カナヲは蟲柱の胡蝶しのぶの継子なのでした! カナヲの強さはどのくらい? 初期の時点で、 すでにカナヲの強さは同期たちから比べれば圧倒的なものでした! 全員が死にものぐるいで何とか生き残った試験に対して、カナヲだけはほぼ無傷。 楽勝ムードで合格というほどの差がありましたね〜。 後にわかったことですが、カナヲは蟲柱の胡蝶しのぶの継子だったんです。 「柱」というのは鬼殺隊で言うところの最強クラスの幹部ですね。 「継子」というのは、その柱から才能を認められた存在のことを言います。 ) 上弦の鬼相手に勝利 カナヲは鬼滅の刃でもトップクラスの強さを持つ上弦の弐・童磨を相手に勝利しました! 実際は伊之助とのタッグでの勝利なので自力というわけではないのですが。 そこらの鬼殺隊が何人束になっても、柱一人だけでも勝てない相手です。 そんな相手に鬼殺隊員二人で勝利したのは、かなりの快挙なのではないでしょうか? (もっと詳しく言うと、しのぶさんの術と合わせて三人での勝利ですね。 ^^) 鬼滅の刃作中でもトップクラスの強さの一人といえると思います〜! スポンサーリンク カナヲの能力や技は? 上記まででも軽く紹介しましたが、 カナヲの師匠は蟲柱の胡蝶しのぶです。 それじゃあ胡蝶しのぶの継子のカナヲ蟲の呼吸を扱うのかというと、そういうわけではありません。 ^^ 一応、蟲の呼吸と花の呼吸のどちらも水の呼吸からの派生ということは同じとなっています。 ものすごく便利な半面、自身に対する負荷も半端ないもので、失明の危険すらある、まさに捨て身の技ですね。

次の

鬼舞辻無惨 (きぶつじむざん)とは【ピクシブ百科事典】

カナヲイラストひがんしゅがん

花の呼吸 花の呼吸は日の呼吸から派生した五つの呼吸のうちの一つ、水の呼吸から派生した呼吸法。 花の呼吸の使い手は胡蝶カナエと栗花落カナヲのみ判明しています。 胡蝶カナエは十二鬼月・上弦ノ弍・童磨に殺され花の呼吸の使い手はカナヲただ1人 妹の胡蝶しのぶは花の呼吸をさらに自分独自にアレンジして蟲の呼吸を生み出しています。 すべての型に花の名前が付いているのが特徴です。 花の呼吸 壱ノ型 不明 花の呼吸 弍ノ型 御影梅(みかげうめ) 自分の周り全方位に乱撃を放つ技。 この技で童磨の血鬼術を防ぎ切りました。 花の呼吸 参ノ型 不明 花の呼吸 肆ノ型 紅花衣(べにはなごろも) ただの斬撃ではなくねじれたような特殊な斬撃を放つ技。 型の名前のように斬撃が衣のようにも見えます。 花の呼吸 伍ノ型 徒の芍薬(あだのしゃくやく) 一瞬のうちに九連撃を叩き込む高速の剣技。 斬撃の軌跡が芍薬の花のようにも見えます。 童磨に対して使用しました。 花の呼吸 陸ノ型 渦桃(うずもも) 体を大きく捻りながら相手に切り込む技。 童磨の攻撃をかわしながら渦桃を繰り出しており体幹が強いと童磨は関心していました。 花の呼吸 終ノ型 彼岸朱眼(ひがんしゅがん) 栗花落カナヲの最終奥義 もともと優れていた動体視力をさらに極限まで高めたもので周りの景色がスローモーションに見えるというメリットがある反面、眼球にかかる圧力が凄まじいため強膜が血で赤く染まり、失明のリスクもある諸刃の剣です。 この技で童磨の血鬼術をくぐり抜け伊之助の手助けもあり上弦ノ弍である童磨を討ち取りました。 ただし右目がほぼ見えなくなった模様。 栗花落カナヲの他の能力 栗花落カナヲは目 同期である炭治郎は鼻、善逸は耳、伊之助は触覚、弦弥は味覚、 と最終選抜を生き抜いた5人はそれぞれ五感のうちの一つが優れています。 目 ずば抜けた動体視力を有しているカナヲ。 両親からの虐待を受けており 動きをよくみていないと殴られた際、必死に目で追っていたそう。 そのため動体視力がずば抜けています。 花の呼吸と組み合わせることにより終ノ型 彼岸朱眼を生み出しておりこの諸刃の剣の技を用いて上弦ノ弐である童磨を倒しています。 【鬼滅の刃】花の呼吸 カナヲが強い! まとめ 栗花落カナヲは幼少の頃の虐待で凄まじい動体視力を手に入れ、そのおかげで上弦の鬼の動きをも見切ることができています。 童磨いわく胡蝶しのぶよりもその嗣子であるカナヲの方が強いかもしれないのだそうです。 栗花落カナヲはいちど彼岸朱眼を使用し右目がほぼ見えていない状態、左目も怪しいといった感じなのでもしかしたら前線での戦いはもう無理かもしれないですね。 ただ師の思いを受け継ぎ童磨を討ち取ることができたのでカナヲはもう十分勉を果たしたと言えるでしょう。

次の

鬼滅の刃 呼吸と技の一覧まとめ!柱・主要キャラの名前と合わせて徹底解説

カナヲイラストひがんしゅがん

栗花落カナヲは幼少期に貧しい暮らしをしていて、その苦しみから逃れる為に 心を閉ざしてしまったのです。 幸いにも、人買いに縄で連れられているところを 胡蝶カナエ・しのぶ姉妹に保護されますが! そして「蝶屋敷」で剣士としての能力が磨かれ、鬼殺隊に入隊し 胡蝶しのぶの継子として任務に赴いています! しかし、保護された時には既に自らの意思で行動できなくなっていた栗花落カナヲ。 ( 胡蝶カナエからもらった 銅貨を投げ、表か裏かで物事を判断するほど!) なんと、 炭治郎との出会いで自主性が芽生えていきます! 徐々に意思表示ができるようになってきた栗花落カナヲなのでした! 【鬼滅の刃】栗花落カナヲが片目を失明!?その戦いとは! では、ここからは気になる栗花落カナヲが 失明してしまった戦いについてご紹介していきます! まず、場所は 鬼舞辻無惨が出した 無限城の中。 戦いの相手は上弦の弐・ 童磨。 この童磨との戦いには負けられない理由があったのです! なぜか最近、童磨のコスしたいなーとか思ってる  ̄¬ ̄ っていうか『十二鬼月』併せしたい。 胡蝶しのぶは事前に童磨を倒す作戦をたてていました。 栗花落カナヲはそんな作戦ではなく二人で協力して倒したいと主張しますが、そんな甘いものじゃないと一蹴されてしまいます。 胡蝶しのぶを殺された怒りで、栗花落カナヲは童磨に戦いを挑みます! 栗花落カナヲは、 優れた目を持ち主で、肩・肘・膝・視線などのわずかな傾きで相手の次の動作を先読みすることができます。 途中から伊之助も加勢しますが、上弦の弐である童磨の強さに苦戦してしまいます。 しかし、徐々に 胡蝶しのぶの毒がまわり、反撃のチャンスがまわってきます! そこで栗花落カナヲが繰り出した技は 「花の呼吸:終の型 彼岸朱眼」。 この技は動体視力を極限まで上げて相手の動きを封じ込める大技なのですが、その強さ故に 失明する恐れも伴ってしまう技でした。 しかし、胡蝶しのぶの想いがあったからこそ、危険を顧みず躊躇なくこの技を使うという選択をする栗花落カナヲ。 そして栗花落カナヲは、目を真っ赤にして戦い、 童磨の頸を落とすことに成功します!! その代償として 失明してしまいますが、胡蝶しのぶの毒のおかげか使用時間を抑えることができ、左目は無事なままで終えることができたのです! 【鬼滅の刃】栗花落カナヲ片目を失明:涙を思い出す 胡蝶しのぶが殺されたと知った栗花落カナヲは 「よくも殺したな 私の肉親を!!」 と心の中で叫びます。 それほどまでに 胡蝶カナエ・しのぶ姉妹を 本当の肉親のように慕っていたのでしょう。 そして、童磨を倒した栗花落カナヲ。 本心では胡蝶しのぶとともに生きて帰りたかった栗花落カナヲは、胡蝶しのぶが亡くなってしまった現実に直面し、 泣くことを思い出すのです。 その際、 胡蝶カナエが亡くなった時に涙を流せなかったことを後悔しています。 ですが、感情を出せなかった栗花落カナヲが「悲しい」という感情を持ち、 涙を流せるようになったのです! 切ない戦いになってしまいましたが、胡蝶しのぶと栗花落カナヲの想いの強さで勝てた戦いだったのではないでしょうか! 鬼滅の刃 胡蝶カナエ・しのぶ姉妹と栗花落カナヲ。 涙しか出ない。 負荷が強すぎて眼球は出血で真っ赤に染まります。 上弦の弐・童磨の頸を落とすべくこの技を使いましたが、しのぶの毒の助けがあり、右目を失明するだけで済みました!.

次の