沖縄 コロナ 情報。 【沖縄】新型コロナウイルス感染症に関するホテル・施設・レンタカー会社等、各施設の対応情報

感染状況をネットで可視化 沖縄コロナマップを公開 オキコム

沖縄 コロナ 情報

Contents• 沖縄県新型コロナウイルス (COVID19 対策サイト 2020年4月2日に突如現れた、有志による沖縄県新型コロナウイルス 対策サイト「」 新型コロナウイルス感染症に関する沖縄県内の最新情報を分かりやすく伝えるためのサイト。 県内のIT 情報技術 エンジニアの有志たちが協働し、わずか約40時間で完成させる。 見やすさ、わかりやすさに気を配りながら、県内の感染者数や退院した人数など、最新の感染動向がトップページに表示されている。 沖縄県の公式ホームページ HP と連携して利用者が必要な情報を見つけやすいように工夫されている。 子供から大人まで幅広い層に支持。 感染者は沖縄本島のみ• 沖縄本島の病床数 18人に対し、現在46人入院中• 離島の病床数 感染者は沖縄本島のみ 2020年4月10日現在、とうとう沖縄県の感染者数は50人を突破。 全て沖縄本島中南部で発生している。 市中感染場所• イオン南風原• サンエー和風亭しおざきシティ店• 那覇空港内レストランROYAL 医療崩壊が始まるほどの感染者数 沖縄県は、深刻な医師不足により、県立病院などでの対応が厳しい状況である。 既に本当の有効病床数18をゆうに超えて感染者の入院数は46人となって医療崩壊が始まっている。 離島においてはさらに受け入れ病床が 3つという状態で、観光客に人気の石垣島・宮古島などで新型コロナウイルス の発生が確認されたら一瞬でパンデミックが起こり医療崩壊に至るのが目に見えた状態で差し迫る危機に沖縄県知事をはじめ、沖縄県内各自治体から異例の「 来島自粛」を呼びかけている。 アルコールよりウイルス除去効果の高い次亜塩素酸水• 沖縄へ行かない• 人混みの観光地へ行かない• 家にいる• 手洗い・うがい• 免疫力をつける• 症状がなくても自分がキャリアになるリスクがあることを忘れない 沖縄へ行かない 残念ながら、飛行機が飛んでいる限り県外からの入り込み客は後を絶たない。 沖縄の観光業界は危機的状況にあります。 営業自粛・時短営業・休業・倒産が既にはじまり、街は閑散としている。 そんな状態にも関わらず観光客は今日も沖縄を楽しむ。 驚きを隠せないが、観光客に向けてあからさまに来ないでほしいと訴える客商売でなりたっているはずの土産店や飲食店が出て来ている。 人混みを避ける 観光客が集まるような密室空間の人ごみは避ける。 ショッピングモール、公設市場、映画館、プラネタリウム、サウナ、ジム、水族館など。 家にいる 沖縄県の公立小中学校・県立高校はおおむね4月20日まで休校措置が取られている。 県内のカラオケボックスもそれに合わせて休業している店舗も多い。 私立小中学校ではGW明けまで休校対応しているところもみられる。 新型コロナウイルス に感染するのも、感染させるのも人との接触。 できる限り家にいることが一番の安全対策。 手洗い・うがい 当たり前のことだが、手洗い・うがいの徹底。 過度なアルコール消毒依存、マスクがないことへ不安を募るより、手洗い・うがいの徹底がオススメ。 また、うがいは免疫力を削ぐうがい薬を使うのではなく重曹を使うのがオススメ。 アルコール・たばこは控え、適度な運動(おうちでストレッチor近所のジョギング・ウォーキング、ヨガ)、質の良い睡眠、ストレスを抱えないための瞑想など。 新型コロナウイルス による将来への不安で眠りが浅い方には、沖縄県の植物「」を試してみて。 植物成分なので中毒性にもならず、質の良い睡眠に導いてくれるため、不眠症の方だけでなく、眠りの浅い方、疲れがなかなか取れない方にオススメ。 症状がなくても自分が感染源になるリスクがあること忘れずに 新型コロナウイルス の特徴は、感染しても気がつかない、症状が見られない人が多いことです。 発熱がなくても、咳が出なくてもキャリアになっている可能性がある以上、不要不急の外出は避けるべきである。 お金はかかる これが人々を恐怖の渦に押し込んでいく。 家にいてもお金を生み出すことはいくらだってある。 ただ時間をやり過ごすのか、家にいてもお金を生み出し、増やすことに注力するかで新型コロナウイルス 後の世界に生き残れるかがかかってくる。 たいそれたことをしなくてもいい。 断捨離ついでにフリマアプリで出品 まずはメルカリで家にあるものを出品するのもひとつ。 断捨離ついでにお宝があるかもしれない。 自分にとっていらないものでも、誰かにとって価値があることだってある。 新型コロナウイルス でリスクのある業界に身を置くなら転職サイトへ登録 飲食業や観光業などで仕事がなくなった、なくなるといった不安があるのなら、転職サイトに登録するのもいい。 いい条件の求人はハローワークでは見つからない。 特に業態を変えるのであれば、エージェント登録して、自分の適性を担当者に指摘してもらって新たな可能性を探るのもいいかもしれない。 新型コロナウイルス で働き方はリモートワーク・在宅ワークで 新型コロナウイルス のおかげで、今までの働き方への問題が明るみになった。 新型コロナウイルス後の世界は、今までのような企業に就職して終身雇用とはいかない。 求めらえている案件に以下に応えられるかがキーとなる。 おうち時間を活用して在宅ワークのポータルサイトに登録したり、自分のスキルをアップするための時間に費やしてみてはいかがだろうか? これからのマーケットは、プログラミング。 いつまで続くか先の見えない状況で、不安を抱えたまま時間を過ごすのか、自分のスキルを身につけるのかは自分次第。 アフターコロナを見据えて今できることをやっていく人が生き残れる世の中なのかもしれない。 今だけ2年間全額返金保証付き!!

次の

コロナウイルスによる沖縄の観光名所やイベントの休業・中止・延期状況

沖縄 コロナ 情報

Contents• 沖縄県新型コロナウイルス (COVID19 対策サイト 2020年4月2日に突如現れた、有志による沖縄県新型コロナウイルス 対策サイト「」 新型コロナウイルス感染症に関する沖縄県内の最新情報を分かりやすく伝えるためのサイト。 県内のIT 情報技術 エンジニアの有志たちが協働し、わずか約40時間で完成させる。 見やすさ、わかりやすさに気を配りながら、県内の感染者数や退院した人数など、最新の感染動向がトップページに表示されている。 沖縄県の公式ホームページ HP と連携して利用者が必要な情報を見つけやすいように工夫されている。 子供から大人まで幅広い層に支持。 感染者は沖縄本島のみ• 沖縄本島の病床数 18人に対し、現在46人入院中• 離島の病床数 感染者は沖縄本島のみ 2020年4月10日現在、とうとう沖縄県の感染者数は50人を突破。 全て沖縄本島中南部で発生している。 市中感染場所• イオン南風原• サンエー和風亭しおざきシティ店• 那覇空港内レストランROYAL 医療崩壊が始まるほどの感染者数 沖縄県は、深刻な医師不足により、県立病院などでの対応が厳しい状況である。 既に本当の有効病床数18をゆうに超えて感染者の入院数は46人となって医療崩壊が始まっている。 離島においてはさらに受け入れ病床が 3つという状態で、観光客に人気の石垣島・宮古島などで新型コロナウイルス の発生が確認されたら一瞬でパンデミックが起こり医療崩壊に至るのが目に見えた状態で差し迫る危機に沖縄県知事をはじめ、沖縄県内各自治体から異例の「 来島自粛」を呼びかけている。 アルコールよりウイルス除去効果の高い次亜塩素酸水• 沖縄へ行かない• 人混みの観光地へ行かない• 家にいる• 手洗い・うがい• 免疫力をつける• 症状がなくても自分がキャリアになるリスクがあることを忘れない 沖縄へ行かない 残念ながら、飛行機が飛んでいる限り県外からの入り込み客は後を絶たない。 沖縄の観光業界は危機的状況にあります。 営業自粛・時短営業・休業・倒産が既にはじまり、街は閑散としている。 そんな状態にも関わらず観光客は今日も沖縄を楽しむ。 驚きを隠せないが、観光客に向けてあからさまに来ないでほしいと訴える客商売でなりたっているはずの土産店や飲食店が出て来ている。 人混みを避ける 観光客が集まるような密室空間の人ごみは避ける。 ショッピングモール、公設市場、映画館、プラネタリウム、サウナ、ジム、水族館など。 家にいる 沖縄県の公立小中学校・県立高校はおおむね4月20日まで休校措置が取られている。 県内のカラオケボックスもそれに合わせて休業している店舗も多い。 私立小中学校ではGW明けまで休校対応しているところもみられる。 新型コロナウイルス に感染するのも、感染させるのも人との接触。 できる限り家にいることが一番の安全対策。 手洗い・うがい 当たり前のことだが、手洗い・うがいの徹底。 過度なアルコール消毒依存、マスクがないことへ不安を募るより、手洗い・うがいの徹底がオススメ。 また、うがいは免疫力を削ぐうがい薬を使うのではなく重曹を使うのがオススメ。 アルコール・たばこは控え、適度な運動(おうちでストレッチor近所のジョギング・ウォーキング、ヨガ)、質の良い睡眠、ストレスを抱えないための瞑想など。 新型コロナウイルス による将来への不安で眠りが浅い方には、沖縄県の植物「」を試してみて。 植物成分なので中毒性にもならず、質の良い睡眠に導いてくれるため、不眠症の方だけでなく、眠りの浅い方、疲れがなかなか取れない方にオススメ。 症状がなくても自分が感染源になるリスクがあること忘れずに 新型コロナウイルス の特徴は、感染しても気がつかない、症状が見られない人が多いことです。 発熱がなくても、咳が出なくてもキャリアになっている可能性がある以上、不要不急の外出は避けるべきである。 お金はかかる これが人々を恐怖の渦に押し込んでいく。 家にいてもお金を生み出すことはいくらだってある。 ただ時間をやり過ごすのか、家にいてもお金を生み出し、増やすことに注力するかで新型コロナウイルス 後の世界に生き残れるかがかかってくる。 たいそれたことをしなくてもいい。 断捨離ついでにフリマアプリで出品 まずはメルカリで家にあるものを出品するのもひとつ。 断捨離ついでにお宝があるかもしれない。 自分にとっていらないものでも、誰かにとって価値があることだってある。 新型コロナウイルス でリスクのある業界に身を置くなら転職サイトへ登録 飲食業や観光業などで仕事がなくなった、なくなるといった不安があるのなら、転職サイトに登録するのもいい。 いい条件の求人はハローワークでは見つからない。 特に業態を変えるのであれば、エージェント登録して、自分の適性を担当者に指摘してもらって新たな可能性を探るのもいいかもしれない。 新型コロナウイルス で働き方はリモートワーク・在宅ワークで 新型コロナウイルス のおかげで、今までの働き方への問題が明るみになった。 新型コロナウイルス後の世界は、今までのような企業に就職して終身雇用とはいかない。 求めらえている案件に以下に応えられるかがキーとなる。 おうち時間を活用して在宅ワークのポータルサイトに登録したり、自分のスキルをアップするための時間に費やしてみてはいかがだろうか? これからのマーケットは、プログラミング。 いつまで続くか先の見えない状況で、不安を抱えたまま時間を過ごすのか、自分のスキルを身につけるのかは自分次第。 アフターコロナを見据えて今できることをやっていく人が生き残れる世の中なのかもしれない。 今だけ2年間全額返金保証付き!!

次の

沖縄5人目のコロナ死者、70代男性 新たな感染は1人 午後詳細発表【4月30日午前】

沖縄 コロナ 情報

全国で新型コロナウイルスの感染が拡大した2〜3月、沖縄県八重山地区の3島(石垣島、竹富島、与那国島)は、東京や大阪などの都市部からやって来た若者たちや家族連れでごった返していた。 石垣市の中山義隆市長が4月6日、3島の総意として「観光客は来島を控えて」と自粛を要請したことからも、その深刻さがうかがえる。 市長は「南の島は安全」といった根拠のない情報がSNSで拡散されたことが原因と説明した。 島は医療体制が脆弱ということもあり、「コロナ避難」客への異例の呼び掛けとなったわけだが、それにしても、その情報はどんな経緯で生まれたのだろうか。 沖縄県内でコロナ感染者が出なかった「空白の40日」 「 南の島」「 コロナ避難」などのハッシュタグが、Twitterなどで使われるようになったのは2月の前半からと見られている。 ちょうど大学が春休みに入った直後のことだ。 Getty Images 2月前半。 沖縄県全体で発症した感染者はまだ3名だった。 1人目はクルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号が2月1日に那覇港に停泊した際、島内を観光する乗客を乗せたタクシー運転手の女性(60代)。 次に市中感染の疑いとも言われた本島・豊見城市在住の男性(80代)。 そして、ダイヤモンド・プリンセス号の乗客を乗せたタクシー運転手の男性(60代)が2月11日に発症している(沖縄県保健医療部の発表)。 4人目の感染者はその1ヶ月余り後に判明した。 ベルギーから帰国した男性(20代)で、発症したのは3月18日のこと。 ちなみに、その3日後の21日には、スペインから帰国し成田空港での検疫で検査を受け、結果が出るまでの待機要請を無視してそのまま家族とともに沖縄へ帰島した10代女性の感染が確定されている。 この10代女性の例は確認したのが成田空港検疫所だったため、県内の感染者数には含まれていない。 3人目のタクシー運転手の男性(2月11日発症)から、4人目となるベルギー帰りの男性(3月18日発症) まで、感染者の出なかった空白の40日が、本土から沖縄の離島へコロナ避難客が押し寄せたきっかけになったのではないかーー。 筆者はそう考える。 現在と変わらず当時も全国ニュースでは、新型コロナに関する情報が集中豪雨的に流れていた。 例えば、横浜港で検疫中のダイヤモンド・プリンセス号に乗っていた感染者が次々と死亡するなど悲しいニュースは記憶に新しい。 AP そんななか、「南の島では感染者がゼロ」という情報がインターネット上で駆け巡った。 東京など都市部と沖縄の間をはじめとして、いろいろな意味での温度差を察知した若者たちが離島を目指すのは、不謹慎とは言え自然の流れだったのではないか。 あるいは、離島ではPCR検査が受けられないことを知らなかったか…。 閑古鳥の那覇とコロナバブルの離島 まったく対照的だった 実は、2月24日から27日まで出張で那覇に滞在していた。 ちょうど安倍首相が全国の学校を一斉休校にすると発表した週だった。 1月末に中国政府が海外への団体旅行禁止を決めた影響で、那覇で出会うインバウンド客はほぼ皆無。 いつもならクルーズ船を降りて買い物する人たちで埋め尽くされる国際通りも、閑古鳥が鳴く静けさだ。 宿泊した国際通りのホテルには、清掃スタッフが館内を徹底消毒する姿があり、フロントではスタッフ全員がウイルス・ブロックのカードを首から下げて接客している。 宿泊客の多くはマスクをして出かけていた。 市内のドラッグストアや、100円ショップでは、マスクや消毒液の棚に、「完売です」との紙札が下がっていた。 牧志公設市場(改装中につき現在は仮設舎)を覗くと、当然ながら中国からの個人客は数えるほど。 魚介類を持ち込んでイートインできる2階の食堂もガラーン。 前回行った12月に比べると、足を踏み入れる気にもならないほど閑散としていた。 石垣市内の飲食店に勤務する女性(33歳)は、電話でこう語った。 「まだ新型コロナへの危機感は全然なくて、街は普段通りに賑わっていましたよ。 もともと島ではマスクをする習慣がないし、市から着用のアナウンスもありませんでした。 アルコール消毒液を置くお店や施設もなかったと思います」 3月に入ってしばらくすると、「コロナバブル」というトレンドワードが生まれるほど島は活況を呈した。 折しも3月初旬、那覇市で開催された「沖縄観光リカバリープロジェクト委員会」(仮称。 沖縄観光コンベンションビューロー主催、県内航空会社、旅行会社、宿泊関連の8団体で構成)からは、新型コロナ感染拡大が沖縄観光に及ぼす影響についての短期予想が発表された。 それによると、「対前年比で県内消費額はマイナス1000億円、入域数はマイナス150万人となる見込み」とのことだ。 苦境に立つ観光立県・沖縄にあって、少なくとも3月期、前年度同期の入島観光客数を上回ったという石垣島は群を抜いていた。 「離島に来ないで! 」 〝島嫁〟が発した切なるメッセージ 3月末になって、「お願いだから石垣島に来ないで。 旅行は自粛してもらいたい理由」と題したブログが、「」というサイトで公開された。 記事を書いた管理人の〝島嫁〟さん(30代)は冒頭、次のように訴えた。 新型コロナウィルスが世界中で猛威を奮う最中、海外旅行に行けなくなった人たちが石垣島に押し寄せています。 外出自粛モードのいま、石垣島はコロナバブルと言われているくらいホテルは満室、街中にはレンタカーばかりが走り、居酒屋も満卓、離島も人で溢れかえっています。 例年のこの時期に比べても異常な人の多さです。 これがどの様な結果を招くか。 少し考えれば分かることだと思うのですが、目に見えない脅威に関して危機管理能力がない方が殆どなのではないでしょうか。 沖縄県や市も観光収入のダメージがこれ以上ないようにと必死で県外からの人の流入を止めることもしていません。 このままだと石垣島や宮古島のような離島は地獄と化すでしょう。 〝島嫁〟さんの言う「旅行を自粛してもらいたい理由」には3点あった。 まず2点は医療体制について。 「石垣島には県立病院がひとつしかなく、コロナ感染者用ベッドは人口5万人に対して3床」「石垣島が感染者ゼロなのは、島内でPCR検査機関がないから」。 そして3点目が、「石垣島には3密空間が多いから」。

次の