佐田 啓二。 佐田啓二は事故死?息子・中井貴一と似ている?若い頃はイケメン?

中井貴一は結婚してる?奥さんは?父親は佐田啓二、母親は?名言?

佐田 啓二

中井貴一のプロフィール 本名:中井貴一(なかい きいち) 生年月日:1961年9月18日(満 59歳) 出生地:東京都世田谷区 身長: 181cm 血液型:A型 出身大学: 成蹊大学経済学部卒業( 偏差値57) 職業:俳優 代表CM:ミキプルーン、DCカード 親族:父・ 佐田啓二、母・中井 益子、姉・ 中井貴恵 、嫁・ 吉谷麻友子 引用: 東京の世田谷区で生まれて、お坊ちゃまが通学する成蹊大学に通っていた中井貴一さん。 お父さんの佐田啓二さんは、中井貴一さんがまだ幼児の頃に若くして亡くなっています。 中井貴一さんの佐田啓二さんは当時、有名イケメン俳優。 佐田啓二さんが衝撃的な死を遂げたことで、日本中が大騒ぎ。 その中井貴一さんの父・佐田啓二さんの死因は一体何だったのかを見ていきます。 中井貴一の父・佐田啓二の死因は? 中井貴一さんの父・佐田啓二さんは37歳で死亡。 死因は事故による 脳挫傷です。 父・佐田啓二のプロフィール 本名: 中井貫一( なかい かんいち) 芸名:佐田啓二(さだ けいじ) 生年月日:1926年12月9日( 享年37歳) 身長:171cm 代表映画:『喜びも悲しみも幾歳月』『秋刀魚の味』『君の名は』など 引用: 37歳で亡くなった佐田啓二さん。 渋さのある昭和の俳優といった格好いい中に貫禄があります。 中井貴一の父・佐田啓二の交通事故全貌 中井貴一さんのお父さんの佐田啓二さんは、中井貴一さんが 2歳の時に交通事故で亡くなっています。 1964年8月13日の夏の暑い日。 佐田啓二さんは 妻の 中井益子さん(旧姓、杉戸益子)と息子・中井貴一さん、娘・中井貴恵さんで別荘に。 避暑地は長野県の信州蓼科高原。 忙しい俳優の仕事のなか、短い夏休みを家族一同で過ごしていました。 売れっ子俳優だった佐田啓二さん。 長い夏休みが取れるわけでもなく、 3日後の8月17日には東京に戻る予定。 NHKドラマ『虹の設計』の撮影の仕事が待ち構えていたので、家族を別荘に残して帰京。 8月17日の 早朝。 佐田啓二さんは、 運転手と2人の関係者の計4人で、別荘から東京に戻るために自動車に乗車。 急いでいたために 運転手は車の スピードを上げて 出発したのです。 佐田啓二さん一行は、韮崎市韮崎町の 塩川橋付近を走行中に事故にあったのです。 運転手が前方の車を追い抜こうと さらにスピードを上げたところ、誤って 橋の欄干に接触。 その勢いで他の車に激突、車は大破したのです。。 」 この大事故は 午前6時30分頃に発生。 佐田啓二さんは、事故現場から救急車で韮崎市立病院(山梨県)に救急搬送されました。 しかし 5時間後の 午前11時30分頃に 死亡が確認。 死因は 事故死です。 頭蓋骨(ずがいこつ)を骨折しており、 直接の死因は 頭部外傷による死亡です。 この事故の原因は運転手による運転ミスと言われています。 しかし、後日この事故原因は運転手の居眠り運転。 そのことを大人になった中井貴一さんは母・中井益子さんから聞いたのです。 しかし、母・中井益子さんはこの事故は「運命だった」と言って運転手を責めないようにさとしたそうです。 この昭和の時代。 まだシートベルトの着用は義務付けられていませんでした。 車の後部座席でくつろいた佐田啓二さん。 事故が起こった時には身構えることも出来ずじまい。 頭蓋骨だけではなく、 腕も骨折していました。 このことから、防ぐにも防ぎようのなかった悲惨な事故であったことがわかります。 この事故は多重事故となり、現場は騒然となりました。 この重大事故。 亡くなったのは、 佐田啓二さん一人だけ。 運転手と2人の関係者は重軽傷でした。 このことから佐田啓二さんにとっては不運な事故としか言いようがありません。 佐田啓二さんが交通事故で亡くなった時、中井貴一さんは 2歳という年齢。 あと1ヶ月ほどで 3歳の誕生日を迎えるころでした。 中井貴一さん自身はまだ物心がついておらず、お父さんのこの 大事故の記憶 はまったくないと言います。 昨日中井貴一の俳優人生を振り返る特集番組で、父親の佐田啓二を37歳で亡くしている中井喜一は、佐藤浩市が晩年の三国連太郎と親子共演しているのをみて「心底羨ましかった」と何度も言っていて、胸が詰まる思いだった — りょー msmry 中井貴一さんには、父、佐田啓二さんがどういう人だったのかさえわからない存在。 佐藤浩市さんは父親の三國連太郎さんと芝居ができたことを羨むのはわかります。 中井貴一が俳優になった理由は父・佐田啓二! 引用: 中井貴一さんは、 19歳の時に父、 佐田啓二さんの17回忌の法要の時にスカウトされます。 スカウトしたのは映画監督の松林宗恵さん。 スカウトされる前までは、俳優になることをあまり考えていなかったのです。 しかし、父・佐田啓二さんがどういう人かを全く知らない中井貴一さん。 俳優になることでもしかすると「俳優・佐田啓二」を知ることができると思ったのです。 そして、俳優の道に進み父・佐田啓二を追いかけました。 中井貴一の嫁・吉谷麻友子と結婚【画像】 俳優になって順風満帆の中井貴一さん。 2000年9月18日 、 39歳 の時に 結婚。 結婚相手は 5歳年下 の 一般女性・ 吉谷麻友子 (マユヨ シタニ、mayuyositani)さんです。 この中井貴一さんの結婚について、 海外の芸能サイトで以下のように報じられました。 上の画像は石田えりさん。 下の画像が吉谷麻友子さん。 比較しましたがそれほど似ていない。 でも、実際に吉谷麻友子さんに会うと「似てる!」と思うかも。 中井貴一が結婚した理由は父・佐田啓二が関係!? 中井貴一さんは 39歳の 誕生日に 結婚。 誕生日と 結婚記念日が一緒。 必然的に忘れられない日に 入籍しました。 中井貴一さんが吉谷麻友子さんと結婚した理由は生きていたからです。 中井貴一さんは父・佐田啓二さんの死に関してトラウマを抱えていました。 「父と同じ年齢になれば僕も死んでしまうんだろうと思っていた」 引用: 父親の亡くなった年齢を意識知るのは人情。 よくわかります。 佐田啓二さんは 37歳という若さで亡くなっています。 若くして亡くなった父親のことを考える日々。 中井貴一さんは 自分の運命に関してずっと 気にしていた のです。 常に頭にはこの考えがあり不安に思っていたのです。 そういった不安から中井貴一さんは結婚も諦めていたのです。 中井貴一さんは自動車事故で亡くなった佐田啓二(昭和の名優のひとり)の息子なんですけど、父親が亡くなった歳はかなり意識していたそうですよ — /ぱぐ 趣味は人間観察。 \ pa55gu そんな不安な思いを抱えていた当時、真剣に交際していた女性が 吉谷麻友子さん。 その中井貴一さんの不安に寄り添い励ましてきたのです。 吉谷麻友子さんは交際中、中井貴一さんの 38歳の誕生日を盛大に祝いました。 たくさんの友達を集めていつもの年よりも 盛大に祝ったのです。 その誕生日パーティで盛り上がっている中、吉谷麻友子さんは中井貴一さんに言葉を投げかけす。 「 よかったね、生きれて。 」 37歳で亡くなり、38歳を迎えることが出来なかった父・佐田啓二さんより長く生きられた。 吉谷麻友子さんはそのことを気遣って、この励ましの言葉を投げかけたのです。 中井貴一さんは安心とともに嬉しかったでしょうね。 この言葉をもらった中井貴一さんは、 2000年9月18日、中井貴一さんは結婚したのです。 中井貴一さん 39歳。 吉谷麻友子さん 34歳。 ちなみに、吉谷麻友子さんは一般の女性なので、結婚した後も、 スポーツメーカー 「ナイキ」 で働いているようです。 中井貴一さんにとって吉谷麻友子さんは5歳年下の女性。 自分の仕事を持ち、外で働いて社会で活躍している女性。 父の死のことで不安な中井貴一さんを励ましてくれる頼もしい女性。 中井貴一さんにとって吉谷麻友子さんは、頼りになる存在なのかも知れません。 中井貴一の嫁・吉谷麻友子の馴れ初めは? 引用: 吉谷麻友子さんとの 出会い(馴れ初め)は、中井貴一さんの 36歳の 誕生日パーティ。 中井貴一さんの友達はスポーツメーカー「 ナイキ」に勤務。 その友達の同僚の 吉谷麻友子さんが参加。 このことで中井貴一さんと吉谷麻友子さんは出会うのこととなったのです。 中井貴一さんの誕生日パーティーに参加するくらいの吉谷麻友子さん。 そもそも中井貴一さんのファンだったのかも。 ちなみに嫁の吉谷麻友子さんの出身大学は、 白百合女子大学(偏差値約47)との噂。 お嬢様が通う大学としても有名。 中井貴一と嫁の吉谷麻友子のデートはリーズナブル 中井貴一さんは、吉谷麻友子さんと知り合い交際開始。 しかし当時の中井貴一さんは人気の真っ只中。 吉谷麻友子さんとデートを楽しむ時間は全然なかったのです。 しかし、どうしても吉谷麻友子さんとデートをしたかった中井貴一さん。 考えた末に「立ち食いそば屋デート」というアイデアが思いついたのです。 立ち食いそば屋なら、さっと 入ってさっと 食べてさっと 話してさっと 出られる。 この超合理的な時間配分でデートができるということで決定。 「立ち食いそば屋デート」は仕事で忙しい中井貴一さんにはうってつけでした。 でもそんな安っぽいデートに誘うことで吉谷麻友子さんに 嫌な思いをさせないかと不安。 しかし、吉谷麻友子さんはそばをすすり 「 おいしいね 」と言ってくれたのです。 嫌な顔一つ見せずに「立ち食いそば屋デート」に付き合ってくれたのです。 そんなやさしい吉谷麻友子さんの表情に 中井貴一さんは 安心。 吉谷麻友子さんとなら長くやっていけそうな気がする!と思ったと言っています。 ちなみにその立ち食いそば屋の場所は不明。 でも中井貴一さんが 学生時代から通っていたそば屋さんで、成城大学の近くのそば屋さんとの噂はあります。 吉谷麻友子さんとの初デートが「立ち食いそば屋」 それなのに嫌な顔ひとつせず中井貴一さんに付き合ってくれた女性。 中井貴一さんだけでなく、普通の男だったら惚れてしまうのは明らかです。 中井貴一と嫁・吉谷麻友子の子供は何人? 中井貴一さんと嫁の吉谷麻友子さんは、2019年で 結婚19年目。 でも子供はいないようです。 ですので 娘さんも いません。 嫁の 吉谷麻友子さんが中井貴一さんと 結婚した時の年齢は 34歳。 子供を産めない年齢ではないです。 でも、子供に関してはあまり無理をしなかったのかも知れませんね。 子供は授かりものです。 夫婦がいくら努力しても叶わないこともあるようです。 父・佐田啓二さんのあとを継いで俳優になった中井貴一さん。 中井貴一さんの跡継ぎはいません。 中井貴一の父のまとめ 今回は中井貴一さんの父・佐田啓二さんを中心にまとめました。 中井貴一さんの父・佐田啓二さんの死因は事故死• 俳優になったきっかけは俳優・佐田啓二を知るため• 中井貴一さんの嫁はナイキ社員で一般人の吉谷麻友子さん• 結婚した理由は父の死に対するトラウマに寄り添ってくれるやさしい人だから• 嫁の吉谷麻友子さんとの馴れ初めは中井貴一さんの誕生日会• デートは中井貴一さんが忙しく立ち食いそば屋が中心• そんなデートでも笑顔を絶やさない吉谷麻友子さん• 中井貴一さんに子供はいません 佐田啓二さんの息子として、若い頃から多くの映画やドラマに活躍してきた中井貴一さん。 2020年で59歳とまだまだお若いです。 これからも映画やドラマなどで、世の中を楽しませて欲しいです。

次の

中井貴一は結婚してる?奥さんは?父親は佐田啓二、母親は?名言?

佐田 啓二

本名 中井 貴一 生年月日 1961年9月18日(57歳) 出生地 日本 東京都世田谷区 身長 181 cm 血液型 A型 学歴 成蹊中学校・高等学校を経て成蹊大学経済学部卒業 父はトップスター佐田啓二さん。 かなりのイケメン。 やはり親子ですから似ていますね。 姉は女優・エッセイストの中井貴惠さんです。 中井貴一さんは、いまや日本を代表する俳優ですから、説明する必要もないかもしれません。 映画の代表作では、『連合艦隊』『ビルマの竪琴』『キネマの天地』『激動の1750日』『四十七人の刺客』『マークスの山』など。 ドラマでは、やはり『ふぞろいの林檎たち』を筆頭に、主演した大河ドラマ『武田信玄』などが思い浮かびます。 【画像】中井貴一の母親が美しい!益子は小津安二郎も憧れた看板娘? それでは、そんなトップスターである佐田啓二さんの妻、つまり中井貴一さんのお母様はどんな方だったのでしょうか? 以前、出演した番組『ぴったんこカンカン』で女優・冨士眞奈美さんとこんな会話を交わされていました。 冨士さん「貴一さんのお母様って大船(撮影所)のマドンナだったのよね?」と発言すると、中井は「マドンナというか食堂の娘です」と回答。 そう、中井貴一さんの母親の益子さんは、大船撮影所近くの食堂の看板娘でした。 しかも、相当の美人であの小津安二郎監督をはじめ、みんなが憧れていたほどだったそう。 こんなエピソードも。 中井は「原節子さんの髪型あるじゃないですか、『シニョン』。 あれはうちのお袋の髪型なの。 最初に原さんが映画にお出になるときに、(小津監督が)メイクさんを呼んで『原くんの髪の毛は益子(中井の母親の名前)にしてくれ』って」と映画の舞台裏を明かしていた。 「いまの週刊誌みたいなのが昔にあったら、小津先生と母は噂になっていたと思いますよ。 そのぐらい可愛がってくださって」 中井貴一さんは、のちに母親に「小津安二郎さんとなんかあったの?」と尋ねたそう。 当然、「なにもなかった」という答えが返ってきたということです。 お父様とお母様のなれそめも、佐田啓二さんがその食堂に通い詰めたこと。 「うちの父は当時、小津先生なんかに近づけなかったんですよ。 母も京都出、父も京都出。 (大船撮影所で)京都弁が話せるのが強烈に嬉しかったんでしょうね。 母に引き寄せられるように食堂に行くんです」 しかし、そこは小津監督の行きつけ。 そこで中井の父親は、小津監督が来る前に食堂に行き、いざ監督が来るとバレないように勝手口から出て撮影所に戻っていたという。 結婚を決めた際も、佐田さんが小津さんに「益子さんと結婚したいのですが」と許しをもらいにいったそうで、「もちろん」とまるで花嫁の父と婿のような場面があったそうです。 小津さんは快く、結婚式での仲人役を引き受けてくれました。 「貴一」という名前も、小津安二郎さんがつけてくれたそうです。 そんな中井益子さんのご写真がこちらです。 当時の女性にしては珍しく、身長が170センチあったそう。 スタイルもよくて、本当に美しい方です。 母子で病床の小津安二郎さんのお見舞いへ しかし1964年の夏、中井さんが2歳11カ月の時に、佐田さんは車で仕事に向かう途中、交通事故で死亡してしまいます。 原因は運転手の居眠り運転でした。 大黒柱を失った益子さんは、貯金を切り崩しながらひとりで貴惠さんと貴一さんを育てることに。 女手ひとつということで、 とても厳しいお母さんだったそうです。 「本当に厳しい母でした。 DVまではいかないけど、手の早い母だった。 170センチあったから手も長くて、姉も僕も食事の時も常に(叩かれないよう)臨戦態勢でした」と中井。 「父の分もという(育児への)意識が強かったのでしょう」と続けた。 html さらに、貴一さんが大学在学中に役者デビューを果たしたときにも、こんなふうに言われたそうです。 「姉もすでにデビューしていたし、『俺には(父・啓二さんの)七光りは関係ないよ』と言ったら、母が烈火のごとく怒ったんです」と明かした中井。 「佐田啓二という名前は、そんなに軽いものじゃない。 どんなにあんたらが(俳優を)やろうが、親父の名前が(後ろで)光ることは絶対ない。 html その後、中井さんが「ふぞろいの林檎たち」、「武田信玄」、映画「ビルマの竪琴」といったヒット作品に次々と出演しても、益子さんは「俳優として、まだまだ」と一切褒めてくれなかったといいます。 しかし、中井さんは、そんな厳しいお母様や、若くして亡くなったお父様に対して深い感謝の念を示していました。 「今、やってきて、自分なんかが俳優やっていられるのは、オヤジとオフクロのおかげなんだろうと思います。 html そんな中井益子さんも、3年前に他界。 天国で佐田啓二さんと再会を果たしていることでしょう。

次の

【画像】中井貴一の母親が美しい!益子は小津安二郎も憧れた看板娘?

佐田 啓二

概要 [ ] ・の代表作。 にで放送され、多大な人気を獲得した。 ただし、最初の半年間は菊田が「人々の戦争体験を主題に」シリアスタッチで描いていたため、あまり人気はなかった。 真知子と春樹との恋愛にドラマが集中し始め、初めて人気番組となった。 「番組が始まる時間になると、の女湯から人が消える」といわれるほどであったという(ただし、この銭湯でのエピソードは、「アメリカでの事実 [ ]を基に、松竹の宣伝部が作った虚構である」という説も根強い )。 ラジオドラマの人気を受けてで化されると大ヒットを記録し、氏家真知子のの巻き方が「 真知子巻き」と呼ばれて女性の間で流行した。 これは、主演のがでの合間に現地の寒さをしのごうと、の界隈の店で購入して持参していた私物のストールを肩から一周させ、耳や頭をくるんでいたことによるとされる。 この姿はカメラが回っている時にも使われることになり、「真知子巻き」が誕生した。 真知子と春樹が出会い、再会した数寄屋橋のシーンでしていたというのは間違いである。 ただし、第一部の冒頭、佐渡に渡る船上でも真知子は「真知子巻き」に類したストールの巻き方をしている。 真知子と春樹が再会しそうになる(半年ごとの数寄屋橋での待ち合わせなど)が、不都合が起きてなかなか会うことができない。 この「会えそうで会えない」という事態が何度も繰り返された。 これは後の恋愛ドラマでもよく見られる描写(演出)であり、本作はこのパターンの典型にして古典となっている。 数寄屋橋の撤去 [ ] (39年)のを控え、皇居外堀を埋めてが作られることになり、1957年(昭和32年)7月にの撤去工事が開始された。 今は数寄屋橋交差点傍にある数寄屋橋公園に、原作者の菊田一夫の筆による「数寄屋橋 此処に ありき」との小さな石碑が残されている。 あらすじ [ ] この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2016年8月)() 、 の夜。 が降り注ぐ中、たまたま一緒になった見知らぬ男女、 氏家真知子と 後宮春樹は助け合って戦火の中を逃げ惑ううちに、命からがらのまでたどり着く。 一夜が明けて、二人はここでようやくお互いの無事を確認する。 お互いに生きていたら、半年後の11月24日、それがだめならまた半年後に、この橋で会おうと約束し、お互いの名も知らぬまま別れた。 やがて、2人は戦後の渦に巻き込まれ、お互いに数寄屋橋で相手を待つも再会が叶わず、1年半後の3度目にやっと会えた時は真知子は、既に明日嫁に行くという身であった。 しかし、夫との生活に悩む真知子、そんな彼女を気にかける春樹、2人をめぐるさまざまな人々の間で、運命はさらなる展開を迎えていく。 NHKラジオ連続放送劇 [ ] 放送期間は、1952年(昭和27年)4月10日から1954年(昭和29年)4月8日。 毎週木曜8時半から9時までの30分放送。 番組の冒頭で「忘却とは忘れ去ることなり。 忘れ得ずして忘却を誓う心の悲しさよ」というの、1953年(昭和28年)1月からはのナレーションが流れた。 また、当時のラジオドラマは生放送だったため、劇中のは音楽担当のがで毎回即興で演奏していた。 キャスト [ ]• 後宮春樹:• 氏家真知子:• 、他 主題歌 [ ]• 「君の名は」• 作詞:• 作曲:• 歌:高柳二葉(放送版) 映画とレコードはによって吹き込まれている。 本作の「 詞・曲」は中のため、を除き、となります。 また、などのについても注意ください。 本作のの有効・無効は( JASRAC)で確認できます。 ラジオ復刻版 [ ] NHK放送開始80周年記念特別番組『』(2005年3月19日から22日)の一環として、「復刻ラジオドラマ」として放送された。 放送日時は19日から21日の連日21時5分ごろから21時55分(JST)。 NHKのライブラリーに保管されている音源や台本を参考にしている。 出演は、他。 ナレーションは、映画版で主人公の氏家真知子を演じたが担当した。 放送日は3月20日(JST)。 司会はアナウンサー。 映画 [ ] 君の名は 監督 脚本 原作 音楽 撮影 斎藤毅 編集 杉原よ志 製作会社 公開 上映時間 127分 製作国 日本 言語 日本語 配給収入 2億5047万円 次作 君の名は 第二部 全3部。 大ヒットし、通し上映では6時間を超えることから総集編も製作された。 3部作の総観客動員数は約3,000万人(1作平均1,000万人)である。 君の名は(第一部) [ ] 1953年9月15日公開。 2億5047万円の配給収入をあげ、1953年度の配給収入ランキング第2位(1位は同名第二部)。 冒頭のタイトル表記には「第一部」の字はなく、最後に「君の名は 㐧一篇 終」と表示される。 キャスト(第一部) [ ]• 氏家真知子:• 後宮春樹:• 石川綾:• 後宮悠起枝:• 浜口勝則:• あさ:• 奈美:• 加瀬田修造:• 浜口徳枝:• 信枝:• 水沢謙吾:• 勘次:• 本間:• 横山:• 社長:• 詩・朗読:()• スタッフ(第一部) [ ]• 監督:• 原作:• 製作:• 脚本:• 撮影:• 音楽:• 主題歌:「君の名は」「君、いとしき人よ」• 美術:• 録音:• 照明:• 特殊撮影:、• 装置:• 装飾:• 衣装:• 現像:• 編集:• 監督助手:• 撮影助手:• 録音助手:• 証明助手:• 録音技術:• 進行: 協賛(第一部) [ ]• 観光課• 観光課• 撮影地:(、)・他 君の名は(第二部) [ ] 君の名は 第二部 監督 脚本 原作 音楽 撮影 斎藤毅 編集 杉原よ志 製作会社 公開 上映時間 120分 製作国 日本 言語 日本語 配給収入 3億2万円 前作 君の名は 第一部 次作 君の名は 第三部 1953年公開。 3億2万円の配給収入をあげ、1953年度の配給収入ランキング第1位。 製作の『』で主人公が映画を見る描写で本作の冒頭部分が使用されている。 キャスト(第二部) [ ]• 浜口真知子:• 後宮春樹:• 石川綾:• 後宮悠起枝:• 浜口 勝則:• アイヌの娘 ユミ:• 加瀬田修造:• 仁科:• 永橋局長:• 浜口 徳枝:• 信枝:• 奈美:• あさ:• 横山:• 勘次:• 水沢謙吾 :• 末長:• ユミの母:• サロム:• 横山の乾分:、• 北海道の巡査:• 春日の女中:、• 宿屋の女中:• 看護婦:• 駅員:• 唄: スタッフ(第二部) [ ]• 監督:• 原作:• 音楽:• 製作:• 脚本:• 撮影:• 音楽:• 主題歌:「花のいのちは」「黒百合の歌」• 美術:• 録音:• 照明:• 装置:• 装飾:• 衣装:• 現像:• 編集:• 監督助手:• 撮影助手:• 録音助手:• 証明助手:• 録音技術:• 進行: 協賛(第二部) [ ]• 美幌町観光協会• 北見バス株式会社(の前身企業)• 観光協会• 観光課• 水郷潮来観光協会• 撮影地:北海道美幌町・ 君の名は(第三部) [ ] 君の名は 第三部 監督 脚本 原作 音楽 撮影 斎藤毅 編集 杉原よ志 製作会社 公開 上映時間 124分 製作国 日本 言語 日本語 配給収入 3億3015万円 前作 君の名は 第二部 1954年4月27日公開。 3億3015万円の配給収入をあげ、1954年度の配給収入ランキング第1位。 松竹は1954年度のに本作で勝負をかけたが、ライバルのは『』(4月26日公開)を公開している。 キャスト(第三部) [ ]• 浜口真知子:• 後宮春樹:• 石川綾:• 仁科悠起枝:• 浜口勝則:• 清宮美子:• 野島八郎:• 加瀬田修造:• 永橋局長:• 副島渡:• 浜口徳枝:• 信枝:• あさ:• 末長:• 丸岡調停員:• 編集長:• 榊原弁護士:• 郡山調停員:• 家庭裁判所判事:• 裁判長:• 俊樹:• 詩朗読・解説:()• 雲仙ホテル支配人:• メイド:• 事務員:• 看護婦:• 東京のホテルボーイ:• 浜口家女中:• 自転車の男:• 病院の看護婦:、• 雑誌記者:• 仁科の娘: スタッフ(第三部) [ ]• 監督:• 原作:• 音楽:• 製作:• 脚本:• 撮影:• 音楽:• 主題歌:「君は遥かな」「忘れ得ぬ人」「数寄屋橋エレジー」「綾の歌」• 美術:• 録音:• 照明:• 装置:• 装飾:• 衣装:• 現像:• 編集:• 監督助手:• 撮影助手:• 録音助手:• 証明助手:• 録音技術:• 進行: 協賛(第三部) [ ]• 観光課• 長崎県組合• 「君の名は」撮影協力会• 観光課• 阿蘇観光課• 撮影地:長崎県雲仙温泉 主題歌・挿入歌 [ ]• 「君の名は」(歌:)• 「君いとしき人よ」(歌:)• 「黒百合の歌」(歌:織井茂子)• 「忘れ得ぬ人」(歌:伊藤久男)• 「数寄屋橋エレジー」(歌:伊藤久男)• 「君は遥かな」(歌:、織井茂子)• 「綾の歌」(歌:) 「君の名は」に関する歌の作詞・作曲は、すべて・のコンビによる。 舞台 [ ] を参照。 テレビドラマ [ ] 2012年現在、テレビでは4度ドラマ化されている。 1962年版 [ ] からまで、系列で放映。 放送時間は火曜21:00 - 21:30だったが、1963年以降は日曜20:30 - 21:00に変更された。 出演:、、など。 系 火曜21時台前半枠 前番組 番組名 次番組 1991年版(NHK連続テレビ小説) [ ] 君の名は ジャンル 脚本 ほか 出演者 ナレーター (語り) 時代設定 20年〜30年 製作 制作 放送 放送国・地域 放送期間 1991年4月1日 - 1992年4月4日 放送時間 15分 回数 全312 (3年)から(平成4年)まで、30周年記念作品(第46作)として放送された(連続テレビ小説では、1983年度の『』以来の1年間放送)。 解説 [ ] 年々視聴率が下降を続けていた連続テレビ小説のテコ入れとして、1975年以前の原点に戻り放送期間を1年間とした。 に1億円をかけのオープンセットを造るなど、異例の予算が組まれた。 しかしながら、最高視聴率34. 関東地区、調べ) とも、本ドラマ終了時点での当時の歴代最低を記録した。 なお、第五部の舞台は、の予定だったが、の噴火により中止となり、舞台は、に変更された。 完全版・総集編共にDVDは未発売。 構成 [ ]• 第一部:第1 - 12週(第1 - 72回)(第1部は、…編というものはなかった)• 第二部:「結婚編」:第13 - 19週(第73 - 114回)• 第三部:「旅立ち・北海道編」:第20 - 25週(第115 - 150回)• 第四部:「愛ふたたび・志摩編」:第26 - 34週(第151 - 204回)• 第五部:「愛のゆくえ・対決編」:第35 - 39週(第205 - 234回)• 第六部:「それからの二人・夫婦編」:第40 - 52週(第235 - 312回) スタッフ(1991年版) [ ]• 原作:• 脚本:、横光晃、、星川泰子、• 音楽:• 語り:• 副音声解説:• 演奏:東京コンサーツ• 題字:• 考証:松平誠• 考証協力:• アイヌ民俗関連監修:• 所作指導:鈴木宗卓• 医事指導:雨宮昭• 方言指導:、山國成男、、山中篤、岡部雅郎• 撮影協力:、、、、、同• 制作:石井愼、松本守正• 美術:藤井俊樹、岡本忠士、矢野隆士• 技術:沖中正悦、渡部浩和、原滋• 音響効果:田中正男、太田岳二、矢島清• 撮影:中村和夫、川崎一彦、安田熙男• 音声:篠根正継、谷島一樹• 照明:大地祥嗣、高橋伴幸• 記録・編集:田中美砂、高室晃三郎、岡部敦子、上田裕里子• 演出:原嶋邦明、宮沢俊樹、伊豫田静弘、諏訪部章夫、、一井久司、吉川幸司、松本順、三井智一、若泉久朗、吉田雅夫、林可奈子• 主題歌:君の名は• 作詞:菊田一夫 作曲:古関裕而 歌:石川さゆり• 挿入歌:黒百合の歌• 作詞:菊田一夫 作曲:古関裕而 歌: キャスト(1991年版) [ ]• 後宮春樹(空襲で真知子を助けた男): 東京(浜口家) [ ]• 浜口勝則(真知子の夫):• 浜口徳枝(勝則の母・真知子の姑): その他 東京の住人 [ ]• 小野瀬綾(真知子・春樹の友人 佐渡出身):• 本間定彦(真知子・春樹の友人 佐渡出身 北国文学 天天教の布教師):• 美村蘭子(夜の女):• 美村礼治(蘭子の夫、戦争によって記憶喪失に):• 美村千枝子(美村夫妻の娘、戦争によって行方不明に、志摩内野家での名は里子):(幼少期:)• あさ(夜の女):• 石上梢(夜の女):• 加瀬田修造(元陸軍少将):• 加瀬田岸枝(修造の妻・曙荘の管理人):• 加瀬田和子(加瀬田夫妻の娘):• 田上うらら子(天天教の教祖):• 富士子(天天教の信者、おかま):• 岩間(副島)伝次(闇市でならしたヤクザ):• マリー(夜の女・蘭子のライバル):• 永橋(勝則の上司):• 永橋清子(永橋の妻):• 深野柳子(の長家の大家):• 叶哲司(長屋の住人、畳屋):• 住職(真知子・春樹の結婚式を行う寺の住職):• 多比良良作(定彦の仕事仲間)、税務署職員:• 木村吾郎(大学受験生。 真知子の父(で死去・勘次の弟):• 真知子の母(東京大空襲で死去): 清宮家(東京) [ ]• 清宮田鶴子(美子の母): 北海道 美幌・弟子屈 [ ]• 末永保(春樹の大学の先輩):• 牧子(末永の妻):• 松吉(末永の先代から牧場で働いている):• ユミ(春樹を好きになった女):• 三郎(牧場で働いている男): 新潟・佐渡 [ ]• 野添絹子(定彦の友・勘次の不倫相手):• 角倉勘次(真知子の叔父・角勘の主):• 角倉信枝(真知子の叔母・角勘の女将):• 米夫(角勘の従業員):• 捨松(角勘の従業員):• スミ代(捨松の妻):• 忠公(角勘の従業員): 三重県・志摩 [ ]• 水沢謙吾(悠起枝の友人):• 水沢フサ(謙吾の母):• 西崎(悠起枝の義父):• 長島龍伍(密輸組織のボス):• 善吉(長島の溜り酒場店主):• 海渡琴乃(志摩で店を営む):• 西野彰一(里子の義父):• 西野珠子(里子の義母、長島龍伍の姉):• 草薙(小学校校長、住職):• 柴山晴男(小学校教諭):• 前野(元長島の手下): 愛知・名古屋 [ ]• 尾田登美子(那古野旅館・女将):• 天馬徹太郎(浪漫タイムス編集長):• 菅谷三千代(天馬の元妻):• 菅谷博史(三千代と天馬の子・現在は留置所で生活): その他 [ ]• きし子(浜口家の前で遊ぶ女の子):• 美代子(春樹が列車の中で出会った女の子):• 数寄屋橋の警官:• その他 : 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 ほか 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 『評伝 菊田一夫』(岩波書店)P. 175• 『評伝 菊田一夫』(岩波書店)P. 175• アメリカでは、「ラジオの人気番組の放送時間にあわせ、女性ファンが炊事や入浴を止めたために水道の使用量が減った」というエピソードが存在する。 2007年5月31日の編集手帳によると、松竹の重役であった野口鶴吉が宣伝用に広めたのだという。 「東京大空襲」は一般的に(20年)の出来事を表すが、この空襲は5月26日の23日から続いた東京全滅の最後の空襲で、銀座、麹町、が爆撃され、東京駅もこの時焼失した。 春樹と真知子は銀座通りから数寄屋橋へ逃げ、ここで初めて言葉を交わした。 ただし、映画作中では5月24日の夜のこととされる• 関連項目 [ ]• - 空襲で出会った男女の悲恋映画(1940年、米国)• - 半年後の再会を果たせなかった男女の恋愛映画(1939年、米国)• 前番組 番組名 次番組.

次の