ノート パソコン スクロール ロック。 スクロールロックの設定/解除方法3つと、ショートカットを解説

「Scroll Lock(スクロールロック)」キーとは

ノート パソコン スクロール ロック

スクロールロックが解除(OFF)の時! 逆にスクロールロックが解除されている場合は、矢印キーを押すと、 選択しているセルが変わっていくのです。 ちなみに「ON」になっている場合は、Excel画面の左下に以下の様に「SCROLLLOCK」と表示されています。 ノートパソコンなどキーボードがコンパクトな場合、 「ScrLK」と省略されていることもあります。 スタート• すべてのプログラム• アクセサリ• コンピューターの簡単操作• スクリーンキーボード すると以下のとおり「スクリーンキーボード」が表示されますので、あとは「ScrLK」をクリックしましょう。 ただしこのショートカットは、 PCのメーカーによって異なりますし、モデルによっても異なりますので、全ての方が使える方法ではありません。 一応、有名どころとしては以下の通りです。 キーボードに付いていればショートカットはわざわざ使用するほどでもありませんが、一応覚えておくと便利です。 外付けキーボードを使っている場合は 「外付けキーボードの仕様」に引っ張られる可能性もありますので、そこは各々で確認してみて下さい。 最後に簡単にまとめておきます。 スクロールロックがONになっていると、十字キー操作した時に、画面がスクロールされる(選択しているセルはロックされる)• スクロールロックがOFFになっていると、十字キー操作した時に、選択しているセルが変わる(画面はスクロールされない)• キーボードに「Scroll Lock」が見当たらないのであれば、スクリーンキーボードを使えば良い• [Fn] キーと組み合わせたショートカットがあるが、メーカー・モデルによっても異なる 以上、参考になりましたら幸いです! スポンサーリンク.

次の

asLive » 【Excel】矢印キーを押すと画面がスクロールしてしまう

ノート パソコン スクロール ロック

エクセルをいじっていたら、突然アローキー(上下左右キー)によるカーソル移動ができなくなりました。 「あ、これはスクロールロックがかかっているぞ」と思ってとっさにキーボードに目を走らせましたが、使用しているノートパソコンには FNキーによる切り替えを含めて、ScrollLockキーが存在していませんでした。 その場合のシンプルな対応方法があるので、まとめておきます。 スクロールロックが掛かっていることの確認 スクロールロックが掛かっている場合はエクセルの画面上で下図のように「ScrollLock」という表示が出るためすぐにわかります。 ソフトウェアキーボードを起動する Windows10には(もちろんそれ以前のバージョンにも)ソフトウェアキーボードが存在します。 ソフトウェアキーボードであればノートパソコンなど物理的にキー数が少ないキー配列を使用していたとしても、スクロールロックキーを押すことが可能です。 下記が実際にソフトウェアキーボードを起動した際のスクリーンショットですが、ScrLkが青塗り(有効)となっていることがわかります。 ScrLkをマウスクリックしてやることで、スクロールロック状態が解除されます。 実際に解除された様子 下図が実際にScrLkキーをマウスクリックし、スクロールロックが解除された様子です。 エクセルでもScrollLockの表示が消えていることを確認できます。 以上で、スクロールロックキーを搭載していないPCでシンプルにスクロールロックを解除する方法を解説しました。 使用しているPCのショートカットを覚えるのが早道ではあるのですが、機種によってスクロールロックのショートカットは違うため、環境に左右されない対応方法としてソフトウェアキーボードの存在、起動方法も覚えておいた方が良いかも、と思い記事にまとめてみました。 最後までお読みいただきありがとうございました。 それでは、また。

次の

ノートPCのタッチパッドでスクロールもらくらく。ChiralScroll

ノート パソコン スクロール ロック

順調に作業を進めていたのに突然パソコンの文字が打てなくなってしまった!こういう時に限って、終わらせないといけない作業があったりするんですよね。 こういうときのほとんどが キーボードにロックが掛かっている状態です。 この状態を「 キーロック」といいます。 NumLockやCapsLock、ScrollLockとは? それぞれの読み方は、 NumLock(ナムロック) CapsLock(キャプスロック) ScrollLock(スクロールロック) となります。 最近のキーボードには押しているボタンのランプが付いていて「どれ押したっけ?」が少なくなりました。 NumLockはテンキーのオンオフを切り替えるボタンです。 テンキーを押したくない時に押しておくといいですね。 CapsLockはアルファベットを大文字で入力する為のボタンです。 Shiftボタンをいちいち押さなくても大文字入力がキープできますよ!オンオフの切り替えはCapsLock+Shiftでできます。 CapsLockだけ押しても切り替えられないので使う時は注意しましょう。 最後にScrollLockはexcel等の表計算ソフトで使うことが多いソフトです。 これを押すと矢印で移動する時、枠ではなく表だけスクロールします。 通常では使うことが少ないのですが表計算ソフトをはじめに押すことで機能を使えるソフトもくあるんですって。 キーボードロック、パソコンが打てないときに解除方法 キーボードが反応しなくなり、普通の作業だけでなく検索やSNSで助けを求めることもできなくなってしまいます。 さて、キーロックにも種類がありまして、 「NumLock」や「CapsLock」というボタンを押して一時的にキーボードの動作を受け付けなくする機能があります。 どちらもキーボードに付けられているボタンでNumLockは数字があるキーの上にCapsLockは左シフトキーの上にあります。 この近くにあるボタンの入力ができないようにロックをかけることができるボタンがNumLockやCapsLockなんですね。 NumLockはテンキーの入力ができないように、CapsLockはシフトキーを押しっぱなしの状態にしてくれる機能があります。 自然と間違ってしまう原因 そのためCapsLockを間違って押してしまうとローマ字入力では大文字がひらがな入力ではカタカナが!とよくある状態になってしまうんです。 この機能を逆に使えば大文字いちいち変えるのめんどくさい、カタカナに変えるのめんどくさい・・・なんて人でも、楽に作業ができます。 通常ではほとんど使わない機能なので解除方法も忘れてしまいがちですが、上手に使いこなすことができるならば初心者も面倒な作業も卒業です。 ちなみにどれも試したけどダメと言う場合は、キーボード自体に問題があることがあります。 ホコリや接続を確認してくださいね。 ここからはキーボードトラブル解決方法についてもう少し詳しく見てみましょう! ノートパソコンのキーボードが打てないときは? デスクトップパソコンであればさきほどのキーの確認や接続の確認、ワイヤレスキーボードの電池と対応方法がいくつもあります。 でもノートパソコンとなると話が変わります。 当然キーボードと画面が一つにまとまってるわけですからパソコン一台の危機に直結します。 まずは冷静になって入力できるキーがあるかどうか確認します。 全部から入力できない場合は、パソコン本体が一部のキーからのみ入力できないのであればキー自体の故障等の原因が考えられます。 メーカーや販売店のサポートセンターへの持ち込みを考えましょう。 パソコン初心者さんが対応できるキーボードが打てない時のトラブルは全部で3つ。 1) まずタスクトレイ(パソコン画面右下)に「あ」と書いてあるかどうか見てみましょう。 間違ってクリックやボタンを押してしまいAなどの日本語以外入力になっていませんか? こんな時は「あ」と表示されるまでクリックして、使う入力を戻せば完了です。 2) 次は、先程も挙げたNumLockやCapsLockを確認してみましょう。 知らないうちに押していることも多いのでこれが一番、原因として考えられます。 思わぬ方法で押していることもあるので、騙されたと思って一度はチェックするのがオススメのチェックですよ! 3) 最後はこれ。 ウイルスに感染している可能性もあります。 思わぬクリックで思わぬウィルスに感染なんてイマドキは珍しくありません。 キーボード入力に以上が出る可能性はそれほど多くないのですがウイルス駆除ソフトを使ってチェックしてみましょう。 これでダメだった場合はハードディスク初期化を検討することになります。 まとめ キーボードロックは厄介ではありますし、誤作動とパニックの原因にもなります。 しかし機能を覚えて上手に使うことで入力や作業が非常に楽になることもあります。 特に便利な機能に変わることもあるので上手に付き合っていきたいですね! 人気記事ランキング!• 5,513件のビュー• 1,023件のビュー• 596件のビュー• 383件のビュー• 327件のビュー 最近の投稿• 最近のコメント• に さ より• に 鎚球人 より アーカイブ• カテゴリー• サイト情報.

次の