ハケンの品格 衣装 吉谷彩子。 吉谷彩子がお仕事ドラマで引っ張りだこ!?→いい意味で悪目立ちしないし主役を食わない。

上地雄輔、『ハケンの品格』共演中の吉谷彩子をベタ褒め!?仲良しオフショットが「癒される」と話題に

ハケンの品格 衣装 吉谷彩子

女優の篠原涼子さんの主演ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第5話が7月15日に放送された。 視聴者からは、「やっぱり2人の絡みは最高だった」「ほんといいコンビ」「神回と言えるぐらい良かった」などの歓喜の声が上がっていた。 ドラマは、2007年に放送された同名ドラマの約13年ぶりの続編。 篠原さん扮(ふん)する一匹狼の最強ハケン社員・大前春子の働き方を描いた作品で、令和の時代となった今回は、「働き方改革」「高齢化」「副業」「アウトソーシング」「AI 導入」「過労死」などをテーマに、新しい時代の働く人の品格を問う。 前作同様、中園ミホさんが脚本を担当し、篠原さん、大泉さん、小泉孝太郎さんらが続投するほか、新キャストとして、山本舞香さん、杉野遥亮さん、「Travis Japan」の中村海人さん、吉谷彩子さんらも出演する。 第5話では、東海林は、北海道でおいしくて痩せると評判のお菓子「黒豆ビスコッティ」を全国展開しようと、ダイエット効果を証明するデータと100人の女性たちのアンケートを持って帰ってくる。 しかし、雑誌の取材をきっかけに、ダイエット効果のデータ改ざんが疑われ、ついには謝罪会見を開くことに……という展開だった。 ツイッターでは、ハッシュタグ「#ハケンの品格」が国内トレンド1位になるなど大盛り上がり。 落ち込む東海林に、春子は「めずらしく殊勝ですね」と声をかけ、「自分のお尻は自分で拭いてください。 不祥事課長」と笑顔で伝える……という場面もあり、SNSでは「やっぱりあの二人の掛け合い面白いわ 不祥事課長w」「大前さんと東海林さんのコンビは最高」「やっぱりハケンの品格に東海林さんは欠かせない」などのコメントが並んだ。 また、次週予告では、東海林が春子の前で「やっぱり好きだ」と話す場面が公開されていることから、「予告の『やっぱり好きだ』が気になる 楽しみ~」「やっぱり好きだ! に胸キュン」「来週東海林の『やっぱり好きだ!』を早く見たい!!」という声が続々と上がっていた。 本記事は「」から提供を受けております。 著作権は提供各社に帰属します。 予めご了承ください。

次の

ショートヘア美女・吉谷彩子が気になる!『ハケンの品格』でも話題のオフショットに注目

ハケンの品格 衣装 吉谷彩子

二人ともにこやかな笑顔をカメラに向けており、仲の良さそうな雰囲気が伝わってきますね。 上地さんは、「少女みたいで話してて楽しい子。 よくツボって1人でずっと笑ってる子。 真っ直ぐ人の事を考えられる優しい子」と、吉谷さんに対する印象を綴りました。 そしてハッシュタグ「 いっぱい褒めたからジュースおごってw」と、上地さんらしいユニークなコメントを添えました。 この投稿には吉谷さんも、「ジュース奢ります!!!笑」と返答しており、それに対して上地さんが、「やったぜ笑」と返しています。 この投稿にファンからは、「お二人の爽やか笑顔にこちらも笑顔になるよ」「吉谷彩子ちゃんほんとに優しそうで可愛い子だね。 ゆーちゃんも可愛い」「ハケンの品格楽しみにしてます」「雄ちゃんの笑顔に癒されるよ」「2人ともかわいい(笑)」と、様々な声が寄せられました。 ドラマで共演中の上地さんと吉谷さんの微笑ましいやり取りに、ほっこりとした方も多い様子。 また2人の仲良しショットは見られるでしょうか。 (文:オハナはん).

次の

【ハケンの品格2】篠原涼子の衣装ブランドはどこ?コートやバッグの詳細情報を調査!

ハケンの品格 衣装 吉谷彩子

【コラム】吉谷彩子がお仕事ドラマで引っ張りだこ!? 先日放送が終了した『探偵・由利麟太郎』(カンテレ・フジテレビ系)でも、第4話からの出演ながらも、重要な役回りを担った。 お仕事ドラマを中心に、様々なドラマで見かけるようになり、認識し始めた方も増えてきているのではないだろうか。 吉谷が注目され始めたのは、転職サイト「ビズリーチ」のCMである。 初めてCMが放送されたのが2016年2月ではあるが、未だにCMに出続けている。 女性社員役として出た同CMが、彼女のお仕事ドラマのイメージの始まりだったのかもしれない。 CMで話題を呼んだ彼女が、女優として多くの人に認識されるようになるきっかけとなった作品は、『陸王』(TBS系)での仲下美咲役だろう。 役所広司演じる宮沢紘一が代表を務めるこはぜ屋で働く最年少の従業員であり、先輩からも可愛がられる素直で愛嬌がある役柄を見事に演じ切った。 そして、最終的には社長の息子である大地(山崎賢人)を密かに想い、陰ながら支えるヒロイン的存在としても大活躍だった。 その後、さらに彼女が女優として躍進することとなった作品が、『陸王』と同じく日曜劇場枠のドラマ『グランメゾン東京』(TBE系)での松井萌絵役である。 『陸王』での純朴なキャラクターとは打って変わって、自分は世界一のパティシエであると絶対的な自信を持っている、少し生意気なキャラクターだ。 『陸王』美咲役のような純朴なイメージとは真逆のような役だが、ふてくされたときの表情や軽いノリが見事に様になり、役に溶け込んでいた。 yahoo.

次の