ノストラダムス の 大 予言 映画。 ノストラダムスの大予言(映画)

ノストラダムスの大予言 (映画)

ノストラダムス の 大 予言 映画

この記事の目次• 2001年9月11日「アメリカ同時多発テロ」? <VI-97> 空は燃える 45度で 炎は近づく 大いなる新都市に 時をうつさず ばらまかれた巨大な火が跳ねまわる ノルマン人を試さんと欲するとき 解説によると、「北緯40〜45度に位置するニューヨークが空からの爆撃にさらされる」と予言しています。 さらに「他国がニューヨーク空爆を敢行することは考えにくい」ので「地球外人類=UFOの襲来!?」と結んでいました。 しかし、「2001年9月1日アメリカ同時多発テロ」という形で4つの航空機がハイジャックされて、ニューヨークで空からの攻撃が実際に起こってしまいました。 この時の映像が上述の和訳と合致するように思えてなりません。 ただ、大噴火がどこの火山を示しているのかが気になりますが。 中国の軍事台頭? 前振りが長くなってしまいましたが、今回この記事を書くきっかけになった中国の軍事台頭に関する2つの予言を紹介します。 「中国軍がヨーロッパ・法王庁へ進攻する」 <II-29> 男が東から腰をあげて出てくる アッペンニーノ山脈を越えてゴールに会いに 空を飛び海を渡り雪を踏みわける そして鞭で皆を打ちのめす 「東方から来る男とは、中国の侵攻か?」 <V-54> 大いなるタタールと黒海の彼方から ひとりの王が登場 フランスを見に来るだろう アラニア アルメニアを越え ビザンチウムに血まみれの鞭を置く この本を読んだ1988年当時、私は中学生でしたが、「中国は面積が広くて人口は多いが、貧しい国なので予言通りになることはあり得ない。 」と思ったのを今でも鮮明に覚えています。 それもそのはず、1988年の中国の名目GDPは日本のわずか10分の1程度でしたが、2014年には日本の2倍以上(1988年と比べると約24倍に成長)になっており、今やアメリカと世界を二分する経済大国に成長しました。 そして、この経済力を盾に軍事力も増強し、最近では尖閣諸島や南沙諸島など海洋進出が盛んになっており、この二つの予言も現実味を帯びてきてしまっています。 日本の未来は明るい? 暗い予言ばかりで恐縮ですが、「日本の未来は明るいのでは!?」という予言があったので最後に紹介したいと思います。 <III-97> 新しい法が新しい土地を支配するだろう シリア ユダヤ パレスチナのあたり 野蛮な大帝国が崩壊するだろう 太陽の世紀が完了するまえに やや解釈が偏っているとは思いますが、「太陽の世紀」を「日本の世紀」と考えると、将来日本とイスラエルが手を組んで世界を支配するようになると解説しています。 ただ、話は全くかわりますが、自分の人生についてはただ漠然と生きるのではなく、時々「自分の未来を予言」してみるのも夢実現の近道になるかもしれません。 ノストラダムスの大予言関連記事 Name: shin APPLEBERRY 1974年生まれ、鹿児島県志布志市出身、鹿児島市在住。 食品メーカーで営業企画を担当。 ブログでは歴史、書評、映画、マーケティング、Apple、スマホ、アプリ、ダイエット、マラソン、お酒、グルメ、ネコなど、仕事やプライベートに関わらず思いつく限り書いていきます。 () カテゴリー• 108• 11 アーカイブ• 10 タグ.

次の

(B)ノストラダムスの大予言

ノストラダムス の 大 予言 映画

この記事の目次• 2001年9月11日「アメリカ同時多発テロ」? <VI-97> 空は燃える 45度で 炎は近づく 大いなる新都市に 時をうつさず ばらまかれた巨大な火が跳ねまわる ノルマン人を試さんと欲するとき 解説によると、「北緯40〜45度に位置するニューヨークが空からの爆撃にさらされる」と予言しています。 さらに「他国がニューヨーク空爆を敢行することは考えにくい」ので「地球外人類=UFOの襲来!?」と結んでいました。 しかし、「2001年9月1日アメリカ同時多発テロ」という形で4つの航空機がハイジャックされて、ニューヨークで空からの攻撃が実際に起こってしまいました。 この時の映像が上述の和訳と合致するように思えてなりません。 ただ、大噴火がどこの火山を示しているのかが気になりますが。 中国の軍事台頭? 前振りが長くなってしまいましたが、今回この記事を書くきっかけになった中国の軍事台頭に関する2つの予言を紹介します。 「中国軍がヨーロッパ・法王庁へ進攻する」 <II-29> 男が東から腰をあげて出てくる アッペンニーノ山脈を越えてゴールに会いに 空を飛び海を渡り雪を踏みわける そして鞭で皆を打ちのめす 「東方から来る男とは、中国の侵攻か?」 <V-54> 大いなるタタールと黒海の彼方から ひとりの王が登場 フランスを見に来るだろう アラニア アルメニアを越え ビザンチウムに血まみれの鞭を置く この本を読んだ1988年当時、私は中学生でしたが、「中国は面積が広くて人口は多いが、貧しい国なので予言通りになることはあり得ない。 」と思ったのを今でも鮮明に覚えています。 それもそのはず、1988年の中国の名目GDPは日本のわずか10分の1程度でしたが、2014年には日本の2倍以上(1988年と比べると約24倍に成長)になっており、今やアメリカと世界を二分する経済大国に成長しました。 そして、この経済力を盾に軍事力も増強し、最近では尖閣諸島や南沙諸島など海洋進出が盛んになっており、この二つの予言も現実味を帯びてきてしまっています。 日本の未来は明るい? 暗い予言ばかりで恐縮ですが、「日本の未来は明るいのでは!?」という予言があったので最後に紹介したいと思います。 <III-97> 新しい法が新しい土地を支配するだろう シリア ユダヤ パレスチナのあたり 野蛮な大帝国が崩壊するだろう 太陽の世紀が完了するまえに やや解釈が偏っているとは思いますが、「太陽の世紀」を「日本の世紀」と考えると、将来日本とイスラエルが手を組んで世界を支配するようになると解説しています。 ただ、話は全くかわりますが、自分の人生についてはただ漠然と生きるのではなく、時々「自分の未来を予言」してみるのも夢実現の近道になるかもしれません。 ノストラダムスの大予言関連記事 Name: shin APPLEBERRY 1974年生まれ、鹿児島県志布志市出身、鹿児島市在住。 食品メーカーで営業企画を担当。 ブログでは歴史、書評、映画、マーケティング、Apple、スマホ、アプリ、ダイエット、マラソン、お酒、グルメ、ネコなど、仕事やプライベートに関わらず思いつく限り書いていきます。 () カテゴリー• 108• 11 アーカイブ• 10 タグ.

次の

『ノストラダムスの大予言』 〜禁じられた環境映画〜

ノストラダムス の 大 予言 映画

ノストラダムスの大予言とは、()により発刊された勉の著書、またそのの書籍である。 という人物、また、で起こった所謂「現」については「 」項を参照のこと。 概要 の「」の著した集「・師の予言集」を解き、の逸話などを交えながら20に起こるという「」をるという体裁をとっている。 しかし大体がのであり、というよりの著したと言ったほうがである。 実際化もされてるし。 発行後、3かほどで称部を突破した。 のでのを全に間違った方向へ持って行っちゃった本として有名。 化され、10冊が発売された。 本項では どの本も内容が似通っているため一番初めに発売された「ノストラダムスの大予言~迫り来る7のの人類滅亡の日~」を解説する。 目次(太字は傍点付き)• 付章:残された望みとは? 内容 南のの町がトの災禍に襲われた。 そこへ一人のがやってきて、「 強なによって年後の的知識を前もって知り()」、トの流行を食い止めることに成功した。 それがという人物であったというところから始まる。 なる人物は予言集「 諸世紀」を著し、その中には、、などの現。 また、コ、パスなどの名前を上げて上の事件を詳細に予言している。 は「 諸世紀」第10巻番で「一九の年、七の からが降ってくるだろう」という予言をしていた。 そしてこれを時の君に話していた。 つまり、がを滅亡させてしまうんだよ!きっと中が汚染されたり核が起きたりするに違いないよ!!以外のそして別のものがを征しちゃうんだよ! ノスさんの予言は絶対に外れないからこれは参ったね、まあ、人類滅亡はかったとしても、上の一部は破滅しちゃうだろうね! 要約するとこんな感じである。 内容の問題 この本の中でられている像があまりに史実とかけ離れているという問題があった。 また、架の研究者の名前やされた(史実に確認できない)が含まれており、大体はのと言っていい。 このあたりはの書籍にてや志一夫がさんざんしているのでするが、なものを挙げる。 の著した予言集のの誤訳 「ノストラダムスの大予言」ではの著した予言集のを「 諸世紀」としているが、これは訳から生まれた誤訳であり、本来は「 篇」などと訳されるべきものであった。 そもそも、「篇」というのは、予言集の中の四行篇ごとのまと表す言葉として使われているものであって、本自体のではない。 本のは「・師の予言集」もしくは「予言集」である。 「ブロワの」 がブロワにての子、9世と「に起きること」について対話した内容をの、が書きとめたものがに所蔵されているとされているが、。 第2巻「大予言」ではブロワにてがのカトリーヌ・ド・シスに「」の正体はに見えないものだとったが紹介されているが、これもが確認できない。 でもブロワのが紹介されている(ではブのとなっている)。 の 「 全身のとがになる奇怪な未知の()」にかかって死んだと書かれているが、すくなくともそんな惨い死に方はしていない。 と、挙げればキリがない。 「ノストラダムスの大予言」が所謂「現」の火付け役となったため、後発のの予言解釈本も、がもたらした誤った像が色濃く反映されている。 第10巻72番 L'an l f ns e f sept , Du ra un and Roi der, Recer le and Roi d'Al, es, ner bon hr. 一九年、七の からが降ってくるだろう モワのを復活させるために その前後の期間、は幸福の名のもとに支配するだろう。 「ノストラダムスの大予言」. -より。 上記が例の人類滅亡を予言しているという篇第10巻番のである。 このはが取り上げるまではあまり注されていなかった。 は数々の喩を用いてを著している。 お気づきの方もいるかも知れないが、そんな難解であるので「一九年、七の」をそのまま「」に当てはめる方が実はであり、「一九年、七の」とは何らかの隠喩であると考えるほうがである。 それから、「」が「モワの」であると誤解されがちであるが、「がのを復活させる」のである。 は「ノストラダムスの大予言」にてモワのとは「により破滅的状況となった時、になった民衆が略奪などの狂行を繰り広げることである」と解釈していたが、それ以前はのグーモワをすと考えられていた。 4行のは軍、など、あるいはの喩と考えられている。 このは古くから人によって差異はあれど「によってが起きるけどグーモワにが現れてその前後は幸福になれるってことじゃね」のような解釈が大勢であった。 人々に災いが起きると解釈する人もいたが、少なくとも「 人類滅亡」とか「 を滅ぼす」なんて文言はどこからも取れない。 つまり、このが人類滅亡の代名詞的な存在となったのはがとこのの「」「支配」などのを結びつけたからだと言っても過言ではないのである。 -----.. , ,.. -'''";:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;.... `''ー.. ;;;;;;;;;;;;;;. ,i''! \ ,. のすとらだむす : ;::;:;.! l /'-、/! ;;;;;,i';;;;;;! ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;; \ ,,. ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;:;;;ヽ, ,,. ;;;;;;;;;. ;;;;;... ;;;;;;... ;;;;;.. の版「」と同時上映された。 文部省のであり、の邦画部門の行収入第となったが、「 食人となり襲いかかる」「 核で滅亡した後にで異形の姿となった新人類の」などが問題となって化されておらずとなっている。 ただし、は発売されている。 1999年を過ぎて を過ぎ、は未だ滅亡することなく続いている。 「ノストラダムスの大予言」はにおける像を本来とはかけ離れたものにしてしまったが、おそらくでほとんど知られていなかった「」の名を全へと広げたという点での功績はあるだろう。 また、熱狂的な「現」を引き起こした本著はやに並ぶ一級品のであったと言える。 関連商品 映画サウンドトラック 関連項目•

次の