朝ドラ だんだん。 NHK連続テレビ小説(朝ドラ)主題歌 楽譜特集

「だんだん」の想い出

朝ドラ だんだん

第5位 朝ドラ70作目「天花」 2004年 主演:藤澤恵麻 放送期間 :2004年3月29日~9月25日 制 作 局:NHK 音 楽:村松崇継 主 題 歌:「名前のない空を見上げて」MISIA 脚 本:竹山洋 主 演:藤澤恵麻 主 人 公:佐藤天花 鈴木天花 時代設定 :現代 平均視聴率:16. 6%を記録した「京、ふたり」 1990年 以来14年ぶりに竹山洋さんが手掛けた朝ドラがこの「天花」です。 竹山さんといえば、大河ドラマにおける平成の高視聴率作品である「秀吉」と「利家とまつ」の脚本家としても有名な方です。 主演は2367人のオーディションから選ばれた現役女子大学生 上智大学在学 の藤澤恵麻さん。 演技経験のないヒロインであり、シンデレラガールと一躍話題となったのは記憶に新しいところですね。 第5位 朝ドラ79作目「だんだん」 2008年 主演:三倉茉奈・三倉佳奈 放送期間 :2008年9月29日~2009年3月28日 制 作 局:NHK大阪 音 楽:村松崇継 主 題 歌:「縁の糸」竹内まりや 脚 本:森脇京子 主 演:三倉茉奈・三倉佳奈 主 人 公:田島 石橋 めぐみ・一条 花村 のぞみ 時代設定 :現代 平均視聴率:16. 主人公の香子・麗子 岩崎ひろみ・菊池麻衣子 の少女時代を演じて一躍人気者となったのが当時10歳の子役だった「マナカナ」こと三倉茉奈さんと三倉佳奈さんの双子でした。 そんな朝ドラが生んだ双子スターが大人になって主演したのがこの「だんだん」です。 かつて主人公を演じたヒロインが再度主演というのは長い朝ドラの歴史の中でもこのマナカナだけです。 マナカナ主演という事で、ラストのエンディングでは全国各地の双子さんの写真が紹介されたのも印象的でした。 最終回はまさかまさかのマナカナちゃんだった…というのがまた憎い演出でしたね。 数多くの落語の演目が登場して話題となったこのドラマがワースト4位というのは非常に意外です。 藤本有紀さんの脚本も他の作品と同じく素晴らしく、キャスティング含めて非の打ちどころのないドラマだと思うのですが…まあ視聴率の良さと作品の良さは必ずしも比例しないという事をハッキリ証明してくれる事実ですが。 このドラマに主演したのが当時22歳の貫地谷しほりさんなのですが、わたしは同年の大河ドラマ「風林火山」で初めてこの女優さんを知りました。 ミツという主人公・山本勘助の最初の妻となる再序盤のヒロイン役だったのですが、このミツ役はわたしにとってもの凄いインパクトでした。 誰だ?この女優さん、こんなすげー若手女優がいたの?絶対将来超大物間違いなしでしょ。 って確信する程でした。 それからほどなくしての朝ドラヒロイン抜擢。 風林火山での存在感や演技力を見れば至極当然ですし、その後の活躍は皆さんご存知の通りでしょう。 第3位 朝ドラ78作目「瞳」 2008年 主演:榮倉奈々 放送期間 :2008年3月31日~9月27日 制 作 局:NHK 音 楽:山下康介 テーマ曲 :トロンボーン演奏:中川英二郎 脚 本:鈴木聡 主 演:榮倉奈々 主 人 公:一本木瞳 時代設定 :現代 平均視聴率:15. 比較的中高年齢層視聴者が高い朝ドラでのこの題材設定は大冒険作といっていいかもしれません。 若者を中心とした新規視聴者層の獲得という目論見が明らかに透けてみる事の出来たこのドラマですが、残念ながら視聴率的 数字的 には失敗作との烙印を押されてしまいました。 確かに演技力的にクエスチョンマークをつけざるを得ない出演者も何人かいたり、ドラマの内容的にも若者なのか主婦層なのか高齢者層なのか、どこに訴求するのかピントがぼけてしまって中途半端であるという印象も否めません。 ダンスならダンス!という風に作品的に振り切れていれば名作となって後世に評価されたかもしれない可能性はあっただけに残念ですね。 とはいえ、多部未華子さんの演技はこの頃から群を抜いている事はこのドラマでも変わりない事実です。 名作ドラマ「」で初めて多部未華子という女優を知ったわたしですが、この当時から今に至るまで、同世代の女優の中では演技力という点で頭一つ抜けた存在だと思いますね。 そんな多部未華子という女優の良さを生かしきれなかったこのドラマについては残念という他有りませんね。 ただし一般的受けはイマイチだったものの、熱心なファンも多く、スピンオフ作品が作られているのはその証ともいえます。 第1位 朝ドラ81作目「ウェルかめ」 2009年 主演:倉科カナ 放送期間 :2009年9月28日~2010年3月27日 制 作 局:NHK大阪 音 楽:吉川慶 主 題 歌:「あの子の夢」AIKO 脚 本:相良敦子 主 演:倉科カナ 主 人 公:浜本波美 山田波美 平均視聴率:13. ここまでお送りしてきた朝ドラ低視聴率ランキングですが、ワースト10の10作品のうち実に9作品までもが2004年から2009年の間の5年間に集中しています。 その中でも最も視聴率的に不振だったのがこの「ウェルかめ」という事になります。 そしてその時間枠変更が吉と出て「ゲゲゲの女房」以降は朝ドラ復活となったのです。 ここに挙げたワーストランキングドラマでランクインした多くの作品も、もし時間帯が8時スタートに代わっていたら…と思ってしまいますよね。 同じ土俵で勝負させてあげたうえで結果を見て見たかったと思うのはわたしだけではないでしょう。 ワーストランクとは逆の朝ドラにおける歴代高視聴率ランキングについてはこちらの記事をご覧ください。 20世紀作品を除いた21世紀の朝ドラ限定での高視聴率ランキングについては以下の記事を。 民放の連続ドラマ、大河ドラマの低視聴率についてはそれぞれ以下をご覧ください。

次の

朝ドラ歴代視聴率ランキング!平成で一番は?ワースト10も | drama box

朝ドラ だんだん

nhk. スポンサーリンク 朝ドラ歴代視聴率ランキング・ワースト10 サントラ購入。 「波美のテーマ」名曲だな。 朝ドラ最強BGM候補楽曲だわ。 2000年代に入ってから、動画配信サービスが充実してきたことも朝ドラの視聴率低下の要因かも知れませんね。 スポンサーリンク 朝ドラ歴代視聴率ランキング・平成編 平成4年 おんなは度胸 橋田壽賀子さん原作、泉ピン子さん主演です。 平成の視聴率ランキングも社会現象になるほどの人気を誇った作品ばかりですね。 個人的には、「ふたりっ子」の三倉茉奈さん、三倉佳奈さんが印象に残っています。 朝ドラ歴代視聴率一覧 1960年代 ドラマ名 初回視聴率 最高視聴率 平均視聴率 放送時期 娘と私 記録なし 記録なし 記録なし 1961年 あしたの風 記録なし 記録なし 記録なし 1962年 あかつき 記録なし 記録なし 記録なし 1963年 うず潮 23. 歴代ヒロインの中で、視聴率の割に人気の無かったのは、一体どのヒロインなのでしょうか。 その歴代ヒロインは、朝ドラ第98作目「半分、青い。 」で、永野芽郁さんが演じた楡野鈴愛です。 永野芽郁さんは、「半分、青い。 」放送後、大ブレイクした女優のひとりですし、演技力にも定評があります。 歴代の朝ドラと比べても「半分、青い。 」の視聴率は決して悪くありませんでした。 「半分、青い。 」の視聴率は、最高視聴率24. 5%、最低視聴率14. 8%、平均視聴率21. 1%と、「半分、青い。 」の前に放送された「わろてんか」の平均視聴率20. 1%よりも高い数字です。 にも拘わらず、歴代のヒロインの中でも人気が無かったのは、どんな理由があるのでしょう。 その理由として考えられるのが、ストーリーの急展開ぶりと鈴愛のキャラクター自体が原因だったと思います。 ストーリーの展開がガラリと変わり、視聴者側がヒロインの鈴愛に感情移入出来にくい状態に陥った点と、鈴愛が夫に対して「死んでくれ」とキツイ言葉を浴びせたり、自分が幼なじみの律 佐藤健 をフッたにも関わらず、律が別の人と結婚して、後々のストーリーで、律が「裏切った」発言をするなど、共感出来ない部分がありました。 「半分、青い。 」は、漫画家になるという大きな目標を達成し、目標達成後のヒロインの「人生の成功」までを描いた作品。 個人的な意見として、これまでの朝ドラでは、挫折しても「ひとつの目標」のために邁進し、その結果、人生を成功させるというヒロインが多いように思いますが、鈴愛の場合は、「人生の最終的な成功」に重きを置いたキャラクターに感じました。 特にストーリー中盤以降は、悪く言えば明確な目標がなく、いろいろなものに手を付けてふわふわしている感じでした。 このいつもと違うヒロイン像に違和感を覚えた方も多かったのではないかと思います。 朝ドラ以降あまり売れなかったヒロインは? 連続テレビ小説「さくら」の高野志穂さん。 — カエル岩 kaeruiwa1963 朝ドラでヒロインを務めたことで、その後大ブレイクする女優たちが多くいる一方、朝ドラのヒロインを演じたにも関わらず、その後、あまり売れなかった歴代朝ドラヒロインたちもいます。 ここからは、朝ドラヒロイン後、あまり売れなかった女優たちについてご紹介します。 インスタにも着物姿をPostしてるけど、こちらには紬の振袖姿はなかった。 — はすね myhan162 「天花」は、祖父から物や人に愛情を持って接することの大切さを教わった天花が、保育士を目指すというストーリー。 元々、ファッション雑誌「non-no」の専属モデルでしたが、初めて受けたドラマのオーディションが「天花」のヒロインオーデションで、演技未経験ながら2367人の中からヒロインに選ばれました。 元々、「BOYSTYLE」というアイドルグループで活動していましたが、2005年に「風のハルカ」のヒロインオーディションを受け、2005名の中から見事にヒロインとなりました。 「風のハルカ」でヒロインを演じて以降も2008年に放送されたドラマ「ROOKIES」ではヒロインの八木塔子役を演じ、2009年に公開された劇場版「ROOKIES -卒業-」にも出演。 その後は、ドラマへのゲスト出演か脇役がほとんどとなっています。 高野志穂さんは、両親の仕事の関係上、バーレーン、シンガポール、ロンドンなどに滞在し、高校の時に帰国しています。 帰国後、ほとんど演技経験のない状態で、「さくら」のヒロインオーディションに合格しました。 「さくら」でヒロインを演じて以降、2003年に放送されたドラマ「赤ちゃんをさがせ」や2005年に放送されたドラマ「RUN AWAY GIRL 流れる女」で主演を務めた後は、ドラマへのゲスト出演、脇役がほとんどになってしまいます。 時代劇の役ですね。 当時にタイムスリップしたら、とんでもなく長身の女性です。 — 静岡ジン szgmt 「わかば」は、阪神・淡路大震災で父親を失った若葉が、大学でガーデニングを勉強し、父と夢見た「緑豊な家」を作るため邁進するストーリー。 2004年に放送されたドラマ「エースをねらえ!」の第5話にゲスト出演はしていますが、ほとんど演技経験のない状態で、「わかば」のヒロインオーディションを受け、1913人の中からヒロインに選ばれました。 「わかば」でヒロインを演じて以降、メジャーなドラマや映画への出演本数は多いものの、主演を演じることはほとんどありません。 この4人の経歴を見ると、ほとんど演技経験のない状態からいきなり朝ドラヒロインに抜擢されており、個人的には選ばれた側も後々のことを考えると可哀そうに思えます。 現在は、ある程度演技実績のある若手女優を起用する傾向になっているので、ヒロインを演じた後に鳴かず飛ばずはなくなっているように感じます。 まとめ 朝ドラの歴代視聴率ランキングを紹介しました。 「平均視聴率総合トップ10」、「平均視聴率総合ワースト10」、「平成の平均視聴率トップ10」とそれぞれご紹介しましたが、どの視聴率を見ても今現在の民放を含めたドラマで、一桁台のドラマも軒並みある中、全て二桁台に入っていることで朝ドラの人気を改めて感じました。 ちなみに最新の「まんぷく」の平均視聴率は、「21. 2019年4月1日から始まる「なつぞら」が、どんな視聴率を叩き出すのかも楽しみですね。 朝ドラの歴代ヒロインをまとめました.

次の

NHK朝ドラ(連続テレビ小説)の歴代最低視聴率ワーストランキング

朝ドラ だんだん

NHK連続テレビ小説第101作目「スカーレット」。 今回、私がスカーレットで注目したのが 藤永一徹 (ふじながいってつ)役の久保山知洋さん。 子役から俳優として活動していて、実年齢にくらべて長い芸歴を持つ久保山知洋さん。 そのため、実はあの作品にも出演していた!と驚くことも。 再現ドラマなどへの出演も多く、久保山さんだと気がつかないで見ていた人もいるかもしれませんね。 朝ドラは「だんだん」から10年ぶりの出演になります。 久保山さんは、「だんだんのときのスタッフさんでスカーレットにも残っている人もいて、居心地の良い現場だった」、とコメントしています。 また、フカ先生の二番弟子を演じている三谷昌登さんとも、「だんだん」で共演しています。 〜もくじ〜• 久保山知洋が演じる藤永一徹(ふじながいってつ)ってどんな役? スカーレットに久保やん 久保山知洋くん が出てきた!「だんだん」シジミジルのリーダーでタンバリンの康太役。 懐かしいなぁ。 嬉しい。 同じ事務所の松下洸平くんも今日から登場。 雇われたのは、藤永一徹、津山秋安(つやまあきやす)、十代田八郎(そよだはちろう)の三人です。 藤永は、京都の大学で美術工芸を学んだあと、奈良の陶器会社で企画開発をしていたところを敏春に誘われて、信楽にやってきました。 敏春に連れられて丸熊陶業のあちこちにあいさつをしたときに、一番目にあいさつをしていた、メガネの青年が藤永です。 「社長さんに誘われてこちらに来ました」と言ってしまい、慌てた敏春に「社長やないで!」と訂正されていましたね。 名前:久保山知洋(くぼやまともひろ) 本名:久保山知洋(くぼやまともひろ) 誕生日:1984年4月23日 血液型:O型 出身地:大阪府 身長:169cm 体重:76kg 所属事務所:サンミュージックブレーン 久保山知洋が芸能界に入ったきっかけは? 久保山さんは、1993年、舞台「オズの魔法使い」でデビューし、子役としてドラマや映画などに出演しています。 そのため、現在35歳ですが、芸歴は26年のベテラン俳優さんです。 朝ドラでも、1996年の「ふたりっ子」、2008年の「だんだん」に続いて3作目の出演です。 「ふたりっ子」、「だんだん」の両方で、三倉茉奈(みくらまな)さん・三倉佳奈(みくらかな)さんの姉妹と共演していて、マナカナのお二人とは今でも友人です。 大阪学院大学高等学校卒業後、東京アナウンス学院放送演技科で演技を学んでいます。 特技はけん玉とタンバリンです。 ミステリーへの出演もたくさんあるよ 久保山知洋の代表作を紹介 ここで久保山知洋さんの代表作を紹介します。 まあだだよ 黒澤明監督「まあだだよ」 先生のおうち 2畳くらいしかなかった気がしますが 押入れを器用に使ってるシーンに 見入ってしまいましたね ゚ロ゚; 監督作品のセットはどれも素晴らしいです。。 — 松元美智子の漫画ツイート michiko1996 「まあだだよ」は、1993年に公開された黒澤明監督の映画です。 小説家・随筆家の内田百閒(うちだひゃっけん)の随筆を原案にして、戦前から戦中の百閒の生活を穏やかに描いています。 教師だった百閒が、その教え子たちが開いた百閒の健康長寿を祝う会で、教え子たちに「まあだかい?(まだ死なないかい?)」と聞かれて「まあだだよ!」と答えるところから、映画のタイトルがつけられています。 久保山さんは、子役として出演しています。 それだけ、役になりきっているんだね 久保山さんを目当てに見た人たちが魅了されるのはもちろんですが、何気なく見たドラマなどで、「このうまい役者さんは誰?」となる人も多いようです。 そのあと名前を調べたりして、久保山さんに意識が向いたりすることもあるようですね。 派手ではないけれど、しみじみ味のある演技をする俳優さん、と評価する声もありました。 スカーレットでの久保山知洋に期待! いかがでしたでしょうか? スカーレットでの役柄は、丸熊陶業の新入社員で、新設された商品開発室で働く藤永 一徹。 演じる久保山さんは大阪出身なので、ナチュラルな関西弁が期待できそうですね。 また、ベテランの演技力で、画面を引き締めてくれそうです。

次の