ご時世 意味。 「時節柄」の意味と使い方を解説!ビジネスシーンで使える例文もチェック!

「ご自愛ください」の意味と正しい使い方は?ビジネス例文で解説

ご時世 意味

「ご時世」という言葉はそのまま「今の(最近の)世の中」という意味で使われますが、特徴的なのは、 ネガティブなニュアンスで使われるケースが多いということです。 例えば、「いい人ばかりが損をするこんなご時世」や、「まさか今のご時世にこんないいことがあるなんて」といった形です。 いずれも、「ご時世」の情況はあまり良くないという意味合いであることがわかりますね。 個人の力では改善のしようもないような、社会や世相全体にわだかまる重々しい空気感、悪習、閉塞感などを映し出すのが「ご時世」であると捉えるとよいでしょう。 【例文】• こんな ご時世にしては珍しく、〇〇社の売り上げは好調で、地域に雇用を生み出し続けている。 花粉症がつらくてマスクをしているだけなのに、インフルエンザが流行中の ご時世では、どこへ行っても病人扱いされる。 「ご時世」という言葉は、暗黙の了解、すなわち 「言わなくてもわかるだろう」「それとなく具体的な原因・根拠をぼかす」という意図で使われることもあります。 原因を明確に言及したり、責任の所在をはっきり特定するような論及は、時に人間関係の摩擦を招き、角が立つ発言となってしまうことがあります。 その際、「世の中」という大きな枠組みに原因をぼかすことにより、波風を立てずに「今の自分(たち)」のありかたに言及が可能です。 ただし、原因・根拠を明確にすべきなのに、「みんなそうだ、社会全体がそうなっている」と、自説の強調に「ご時世」が使われるケースもありますので、主観に寄りすぎないように使い方にはご注意ください。 【例文】• 誰しも多少なり悪いことをして金を稼いでいるだろう。 ほら、なんせ、この ご時世だからな。 この ご時世、結婚していても指輪をしないなんて普通だよ。

次の

「ご時世」の意味と使い方、類語、「ご時勢」との違い

ご時世 意味

「ご時世」という言葉はそのまま「今の(最近の)世の中」という意味で使われますが、特徴的なのは、 ネガティブなニュアンスで使われるケースが多いということです。 例えば、「いい人ばかりが損をするこんなご時世」や、「まさか今のご時世にこんないいことがあるなんて」といった形です。 いずれも、「ご時世」の情況はあまり良くないという意味合いであることがわかりますね。 個人の力では改善のしようもないような、社会や世相全体にわだかまる重々しい空気感、悪習、閉塞感などを映し出すのが「ご時世」であると捉えるとよいでしょう。 【例文】• こんな ご時世にしては珍しく、〇〇社の売り上げは好調で、地域に雇用を生み出し続けている。 花粉症がつらくてマスクをしているだけなのに、インフルエンザが流行中の ご時世では、どこへ行っても病人扱いされる。 「ご時世」という言葉は、暗黙の了解、すなわち 「言わなくてもわかるだろう」「それとなく具体的な原因・根拠をぼかす」という意図で使われることもあります。 原因を明確に言及したり、責任の所在をはっきり特定するような論及は、時に人間関係の摩擦を招き、角が立つ発言となってしまうことがあります。 その際、「世の中」という大きな枠組みに原因をぼかすことにより、波風を立てずに「今の自分(たち)」のありかたに言及が可能です。 ただし、原因・根拠を明確にすべきなのに、「みんなそうだ、社会全体がそうなっている」と、自説の強調に「ご時世」が使われるケースもありますので、主観に寄りすぎないように使い方にはご注意ください。 【例文】• 誰しも多少なり悪いことをして金を稼いでいるだろう。 ほら、なんせ、この ご時世だからな。 この ご時世、結婚していても指輪をしないなんて普通だよ。

次の

「ご時世」とは?意味や使い方をご紹介

ご時世 意味

「ご時世」とは? 「ご時世 ごじせい 」という言葉は、 「時の流れに従って変化する世の中 時代 」を意味している 「ご 御 」のついた丁寧語です。 「ご時世」の表現は 「世知辛いご時世だから・今のご時世は人心が荒んでいる」のように、どちらかというと 「ネガティブなニュアンス」で使われることが多くなっています。 「ご時勢」とは? 「ご時勢 ごじせい 」という表現は、 「時代が変化している勢い・流れ 動き 」を意味している 「ご 御 」のついた丁寧語です。 「ご時勢」の表現は 「今のご時勢に合わせて生きていこうと思います」や 「このご時勢からパワハラと誤解される発言には注意してください」の例文のように、 「時代が変化する勢い 世の中が動く勢い 」を意味して使えます。 「ご時世」と「ご時勢」の違い! 「ご時世」と 「ご時勢」の違いを、分かりやすく解説します。 「ご時世」も 「ご時勢」も 「時代の動き・変化」と関係している言葉ですが、 「ご時世」は 「移り変わって変化している時代・世の中そのもの」を意味しています。 一方、 「ご時勢」という言葉は、 「ご時世」のような 「時が経つにつれて変化する時代・世の中そのもの」ではなくて、 「変化している時代の勢い」や 「変わり続ける世の中の流れ」を示唆しているという違いを指摘できます。 例えば、 「このご時世」という表現は 「現在・今の時代そのもの」を意味していますが、 「このご時勢」という場合には 「現在の世の中が変わっている勢い・トレンド・流れ」のことを意味している違いがあるのです。 まとめ 「ご時世」と 「ご時勢」の意味の違いを分かりやすく説明しましたが、いかがだったでしょうか? 「ご時世」というのは、 「時の経過に従って変化する世の中 時代 を丁寧に表現した言葉」を意味しています。 「ご時勢」という表現は、 「時代が変化している勢いや流れを丁寧に表現した言葉」の意味を持っています。 「ご時世」と 「ご時勢」の意味の違いを知りたい時には、この記事の解説をチェックしてみてください。

次の