きゅうり 長期保存。 きゅうりを長期保存させる簡単な漬物レシピ

「きゅうり漬物」の1位レシピ紹介!その長期保存方法も!

きゅうり 長期保存

材料(2人分)• きゅうり 1本• きゅうりのとげを包丁で削ぎ、ヘタを切ります。 きゅうりを2〜3mm幅にスライスし、袋に入れます。 袋に塩をまぶし、空気を入れて袋を閉じ、塩が全体に回るように振ります。 きゅうり全体に塩を揉み込み、5分ほど置いて、流水で流します。 水気を切って完成です。 調理時間は5〜10分程度で、すぐに作ることができます。 材料も洗い物も少なく、時間もかからないので、ちょっとおかずにほしいときにはおススメです。 たたききゅうりの塩漬け 2つ目は、たたききゅうりの塩漬けです。 材料(2人分)• きゅうり 1本• 塩 小さじ1もしくは1. 5 作り方• きゅうりを洗い、ヘタを切って、皮を半分くらい剥きます。 厚手のビニール袋にきゅうりを適度な大きさに切って、入れます。 めん棒などでビニールの上からきゅうりを叩き割ります。 食べやすい大きさになったら、塩を入れ、全体に回るように揉み込み、口を結んで冷蔵庫に入れます。 15分ほどしたら、味が染み込むため、水気を切って器に移して完成です。 こちらの調理時間は約15〜20分ほどなので、食事の支度をするときは最初に作っておいて、最後に器に移すとちょうどよい味になりますね。 きゅうりの塩もみもたたきも、塩が染み込みやすいように小さくしていることや揉み込むことがポイントといえます。 どちらもすぐにできる塩漬けなので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか? きゅうりの塩漬けを長期保存する方法! 材料• きゅうり 漬けたい本数• 塩 きゅうりの重量20%• 唐辛子 適量 やり方については以下の通りです。 やり方• きゅうりをよく洗い、1本ずつよく塩をこすりつけ、きゅうりが入る容器を用意し、底に並べます。 塩ときゅうりを交互に漬け込み、できるだけすき間のないように同じ方向に積み重ね、きゅうりの倍量の重石を乗せます。 3〜5日後、きゅうりをザルにあげ、水を切り、半日ほど日陰で干します。 きゅうりの重さを量り、重さ分の1. このやり方でやると、半年〜1年ほど保存ができます。 大量に保存したいときはこのやり方が適切といえますが、少量で保存したい場合は違う方法がよいかもしれないですね。 冷蔵庫で保存する方法 2つ目は、冷蔵庫で保存する方法です。 きゅうり 500g• 塩 30g• ざらめ 100g• お好みで唐辛子か新生姜 1本および適量 やり方については以下の通りです。 やり方• きゅうりを洗って、水分を切り、ジップロック等の袋に塩と一緒に入れて振り、塩をまぶします。 平らになるように置きペットボトルなどの重石を乗せ、一晩おきます。 翌日、出てきた水分を捨て、ざらめと酢をいれてしばらくおきます。 ざらめが溶けてきたら、唐辛子1本か新生姜を千切りにして入れ、冷蔵庫に入れます。 冷蔵庫に1週間置いて完成です。 このやり方の場合は、半年〜1年ほど保存が可能です。 わざわざ容器を購入しなくても、家にあるもので手軽に保存できることがこのやり方のメリットといえます。 大量のきゅうりを漬物にして保存しておくのもよいかとは思いますが、手軽に簡単に保存したい場合はこちらのやり方がおススメです。 塩抜きして美味しくいただくには? せっかく保存したきゅうりの塩漬けですが、実際に食べるとき、塩抜きして美味しく食べたいですよね。 塩抜きについておススメな方法を2つ紹介します。 お湯を沸かす方法 1つ目は、お湯で沸かす方法です。 やり方としては以下の通りです。 やり方• 鍋にお湯を沸かし、保存していたきゅうりの塩漬けを食べたい分だけ出しておきます。 お湯が沸いたら、火を止め、塩漬けを入れます。 菜箸で2〜3回ゆっくりかき混ぜ、その後はざるにあけ、水で流しながら塩漬けを冷まします。 水気を絞り、細かく切って完成です。 とても簡単なやり方ですね。 ポイントとしては熱湯に塩漬けを入れた後、数秒ですぐにざるにあけることです。 もし塩気が強い場合は、長めに水にさらすとよいでしょう。 この方法は時間がないときにさっとできるので、おススメです。 食塩水で抜く方法 2つ目は、塩漬けしたきゅうりの塩漬けよりも低い食塩水で抜く方法です。 こちらもとても簡単ですね。 このやり方は塩漬けに限らず、魚の干物や数の子などの塩を抜くにも有効です。 またお茶の葉をひとつまみ入れると、水っぽくなるのを防げます。 魚の干物などにも使えるのはうれしいですよね。 また10〜15分ほどで抜けるわけですから、こちらもおススメな方法です。 ここまで、きゅうりの塩漬けがすぐにできるレシピや長期保存する方法、塩抜きの方法についてまとめました。 きゅうりの塩漬けをすぐに作りたい場合は、きゅうりの塩もみかたたききゅうりの塩漬けがおススメである• 塩漬けを長期保存する方法として、常温保存と冷蔵庫保存がある• 大量に保存したい場合は常温保存、少量で手軽に保存したい場合は、冷蔵庫保存がよい• 塩抜きするときのおススメな方法はお湯で沸かす方法と、低い食塩水につけておく方法がある ということでした。 私の近所に野菜作っている方がいるのですが、夏になると大量のきゅうりをもらう機会があります。 大量にいただけることは本当にうれしいのですが、実際腐らないうちに大量のきゅうりをおかずとして作るのはちょっと大変なところがあります。 今回塩漬けを簡単に作れる方法や長期保存の方法を知れて、正直参考になりました。 私はまだ作ったことはないのですが、今年の夏にはぜひ挑戦してみようと思います。 関連ページ サラダや和え物、和・洋・中といろんな料理に活躍するきゅうり。 私は習慣的に、どんな料理にするときも皮をシマシマにむいてしまうのですが、どうしてシマシマにするのか?普通はむくのかむかないのか?確かにナゾです。 よく食べる野菜なので栄養のことも気になり、今回はきゅうりについて調べてまとめてみました。 きゅうりでアレルギー反応がでることは知っていますか? 私は色々な食物アレルギーを持っているのですが、きゅうりもアレルギー反応が出てしまいます。 実は意外な食べ物のアレルギー反応は花粉症とも関係しているんですよ。 私の実際の経験とアレルギー検査の情報を元に、ご説明したいと思います。 きゅうりってあまりお腹の良くないというイメージはなく、食べた後に下痢なんかをしてもなかなか原因がきゅうりだという発想には至らないかもしれませんね。 もともとお腹が弱い人なんかは知っておくべきです。 そこで今回はきゅうりと下痢や嘔吐に関係についてみて行くとともに気になる食中毒との関連についてもみていきましょう! きゅうりの丸かじりって美味しいですよね。 でも時々、タレが欲しくなりません? いくらでも食べれちゃう絶品のタレ、知りたくないですか? 今日はきゅうりの丸かじりが100倍おいしくなる絶品タレと調味料についてご紹介していきます! 身近で、お手頃で、おいしい食べ物が便秘解消に効果的だということがわかりました。 それはなんと、きゅうりです! 今回はきゅうりの便秘解消への作用とダイエット効果について調べてまとめました。 いただきものできゅうりをたくさんもらったときに一番の問題が、主人が「きゅうりが嫌い」な事! きゅうり嫌いの人って多いのかな?? ということできゅうり嫌いの人が多いのか、嫌いな理由と克服レシピについて調べてまとめてみました! きゅうりの芯が赤く変色してしまうのは、なぜなのでしょうか? また、変色していても食べることはできるのでしょうか? 今回は、そんなきゅうりの芯が赤くなってしまう原因や食べられるのか、腐るとどうなるのかなどについて、ご紹介したいと思います。 浅漬けやお味噌をつけてポリポリポリポリ・・・ きゅうりってついつい食べ過ぎてしまうことありませんか? 一日にどれくらい食べてもいいの?食べ過ぎたら体に悪影響ってある? 今回はきゅうりの食べ過ぎについて詳しく紹介したいと思います! 約95%が水分でできているきゅうりはカロリーも低く食事前にきゅうりを1本生で食べるだけでダイエット効果は抜群です! ですが誰でも効果があるというわけではなく、摂取方法に気を付けないとリバウンドやむくみの原因にもなります。 今回は芸能人もはまっているきゅうりダイエットの効果と最適な摂取方法、栄養分について調べました! 買っておいたきゅうりを食べようと切ってみると、中が白くなっていた経験はありませんか? きゅうりの断面は、どうして白や茶色に変色してしまうのでしょうか? 今回は、そんなきゅうりが白くなる原因や、腐ったきゅうりの見分け方などをご紹介したいと思います。 きゅうりの入った野菜サラダを食べているときに、苦いきゅうりに当たったことはありませんか? あまりに苦いと腐ってる!?と思ってしまいますよね。 今回、きゅうりが苦い原因と、苦味を取り除く方法について紹介します。

次の

きゅうりの保存方法と保存期間、長持ちのコツ

きゅうり 長期保存

使う道具 - 新聞紙、ポリ袋• 保存方法 - 新聞紙で包んでポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室でたてて保存• 保存期間 - 1週間 実際にきゅうりの新聞紙で包んでポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存するとどのくらい鮮度は持つのでしょうか。 気になったので実践してみることにしました。 何もしないで野菜室で保存したきゅうりと新聞紙とポリ袋に入れて保存したきゅうりを比較してみたところ次のようになりました。 経過日数 そのままのきゅうり 保存法を試したきゅうり 1日目 166. 8g 164. 9g 3日目 156. 2g(-6. 4%) 162. 6g(-1. 4%) 5日目 147. 7g(-11. 5%) 161. 4g(-2. 2%) 何の対策もしてない方は水分が抜けて、5日目には重さが11. 5%も減少しています。 一方で新聞紙で包んでポリ袋に入れて保存したほうはわずか2. 2%しか減少していません。 以下は何もしないで5日たったきゅうりです。 ハリもみずみずしさも失われているのがわかるかと思います。 一方で以下は新聞紙で包んでポリ袋に入れて保存したほうです。 こちらは5日たってもハリもみずみずしさも失われていません。 なお以下の動画でも新聞紙で包んでポリ袋に入れて保存する方法の効果を、1日目、3日目、5日目と検証しているので、併せて参考にされてみてください。 冷凍保存で注意しなければいけないのは長期保存できるからとついつい忘れてしまいがちなことです。 後になっていつ頃保存したのかがわからなくなると、保存期間を超えているのかどうかも確認できません。 そこで保存する際は保存袋に保存した日とその中身を記入しておくことで、後になってもいつ保存したのかがすぐ確認できるようになり便利です。 ちなみに冷凍用保存袋といえばジップロックが有名ですが、こちらはあらかじめ保存袋の表面に日付や保存する食材名を記入する欄がプリントされています。 ジップロックはS、M、Lとサイズがあり、スーパーやドラッグストアなどでも売っていますが、ネットでまとめて購入することもできます。 ジップロック フリーザーバッグ レシピ• きゅうり … 2本• にんじん … 長さ1. 5cm分• しょうが … 1かけ• 調味料A• 水 … 100ml• しょうゆ … 50ml• 酒 … 50ml• 赤唐辛子 … 1本• 砂糖 … 大さじ1• 酢 … 小さじ1• 塩 … 少々 まずはきゅうりは0. 7mmの厚さに小口切りに、にんじんとしょうがは皮をむいて1. 5cmの長さに千切りにします。 鍋に調味料Aを入れて一煮立ちさせたあと火を止め、きゅうりとにんじんとしょうがを加えて、途中まぜながら冷めるまで置いておきます。 冷めたら野菜を越して残った汁を再び一煮立ちさせて火を止めます。 野菜を再び加えて冷めるまで待ちます。 冷める際に味がよく染み込むので、この工程を合計3〜4回繰り返します。 最後は汁気を切って冷蔵庫で保存します。 これで1週間は持ちます。 レシピ• きゅうり … 2本(200g)• みょうが … 3個• 調味料A• みりん … 50ml• 酒 … 50ml• 調味料B• 酢 … 200ml• 薄口しょうゆ … 50ml• 赤唐辛子 … 1本 作り方はまずはきゅうりを縦4等分に切って、5cmほどの長さに切り分けます。 大根は1cmほどの厚さでいちょう切りに、みょうがは縦4等分に切り分けます。 きゅうり、大根、みょうがを瓶にランダムに詰め込みます。 小鍋に調味料Aを入れて中火で40秒ほど火にかけ、調味料Bも加えて一煮立ちさせます。 これをまだ熱いうちに野菜の上から注いでいきます。 熱がさめたら蓋をして室温で3時間ほどつけておけば完成です。 冷蔵庫で1か月ほど保存ができます。 きゅうりの漬物やピクルスレシピについてはでも詳しく解説しています。 買ってきたきゅうりは表面に水分が付いていたらしっかりとふき取り、乾燥しないように新聞紙で包んでからビニール袋に入れ、口を閉めないで密封せずに保存します。 冷蔵庫の野菜室にへたの部分を上にして立てて保存します。 牛乳の空き箱やペットボトルがあると立てかけるのに便利です。 きゅうりはみずみすしさが命で水分が多いため、日がたち水分が抜けると味や食感が一気に落ちます。 そのため早めに使い切るのが基本で、野菜室での保存でも1週間が限度です。 長く保存したいならピクルス漬けにしてもいいです。 また薄く小口切りにして塩もみしてから冷凍保存すれば1ヵ月、1cmほどに輪切りにしてしっかりと乾燥させてから保存袋に入れて冷蔵庫で保存すれば1ヵ月は保存ができます。

次の

キュウリの長期保存の仕方〖塩ツケ等〗を教えて下さい。一日に1...

きゅうり 長期保存

きゅうりの冷凍保存方法 きゅうりを冷凍するための下ごしらえは、とても簡単です。 冷凍で約1カ月程度、保存できますので、試してみましょう! きゅうりを、薄い輪切りにします。 輪切りしたきゅうりをボウルに入れ、塩少々を加えてもみ込みます。 5分ほどおくとクタッとしてくるため、手で絞って水気を抜きます。 1本分ずつに小分けして、ラップで包みます。 冷凍用保存袋に入れて、冷凍庫へ。 冷凍保存したきゅうりを調理する場合 冷凍したきゅうりは自然解凍します。 時間がない時は、ラップを取り外してから、ザルに入れて熱湯をかけます。 自然解凍した場合も、熱湯で解凍した場合も、不要な水気を手で絞って抜きます。 最後に 冷凍したきゅうりは、解凍後にそのまま食べるよりも、ポテトサラダや酢の物などにするのがおすすめ。 時短でサッと一品足したいときにも便利です。 大量に手に入ったら余った分を冷凍保存して、賢く食べきりましょう!.

次の