胃痛和らげる 飲み物。 胃薬の選び方と日常での対策方法/各症状に合わせたおすすめの胃薬もご紹介!

辛い胃痛はお腹を伸ばしてケア!痛みを緩和させるヨガポーズ

胃痛和らげる 飲み物

コーヒーで胃痛が起きる原因は? コーヒーを飲んだ後に胃痛が起きるのは、含まれる成分と飲み方が原因です。 胃痛が起きる原因となる成分が、カフェインとクロロゲン酸です。 カフェイン コーヒーの成分と言えば、カフェインが真っ先に思い浮かびますよね。 覚醒作用があるため、眠気覚ましのために毎日のように飲む人も多いのではないでしょうか? カフェインには覚醒作用以外に胃酸の分泌を促す作用があります。 空腹時にたくさんコーヒーを飲むと、カフェインの作用で大量分泌した胃酸により胃の粘膜が荒れます。 特に胃酸過多や胃潰瘍の人が空腹時にコーヒーを飲むのは危険で、症状を悪化させる原因になります。 またコーヒーを飲んだ後に食事した場合も、胃の粘膜が荒れているため消化がスムーズに進まずに胃痛が起きることがあります。 食後に飲むことで胃痛が抑えられるだけでなく、胃酸の分泌が活発になるので消化作業がよりスムーズに進みます。 クロロゲン酸 コーヒーに含まれるクロロゲン酸はポリフェノールの一種で、• 抗酸化作用で活性酸素を抑える• 抗がん作用• 中性脂肪の低下 といった効果があります。 クロロゲン酸は生活習慣病予防やダイエットに効果的ですが、カフェインと同じく胃酸の分泌を促す作用があります。 空腹時に摂取すると胃酸が大量に分泌されるため、胃の粘膜を刺激して胃痛を引き起こす原因になります。 カフェインレスコーヒーで胃痛が起きた場合、カフェインではなくクロロゲン酸が原因と考えてください。 スポンサーリンク 続いて、胃痛が起きる原因となる飲み方ですが、 飲むタイミング・飲む量・飲み合わせによる影響が考えられます。 コーヒーを飲んだ後、頻繁に胃痛が起きる人は以下のような飲み方をしていないか思い出してください。 空腹時に飲んでいる お腹の中に食べ物がない時は、カフェインとクロロゲン酸の作用で大量分泌された胃酸が胃の粘膜を荒らします。 1日4杯以上飲んでいる 食後にコーヒーを飲むと消化をサポートしますが、あくまで適量を飲んた時のみで飲み過ぎは危険です。 多くても朝食後と昼食後の2回程にしておきましょう。 1日4杯以上飲む人は明らかにカフェイン・クロロゲン酸のとり過ぎになので、胃痛が起きやすいです。 またコーヒーの飲み過ぎは、胃痛以外にも睡眠障害・便秘を引き起こします。 そんな時にコーヒーの成分によって胃液が胃の中で大量分泌されると、ますます胃が荒れ胃痛が起こりやすくなります。 タバコは健康被害が大きいので吸わないに越したことはないですが、最低でもコーヒーと併せて吸うのはやめましょう。 もちろんコーヒーを飲む直前・直後の喫煙もNGなので、最低でも1時間以上は空けてからにしてくださいね。 コーヒーで胃痛が起きた時の対処法! 胃痛を和らげる飲み物を摂取 食前に胃痛が起きた場合、胃の調子が落ち着くまでは食事を控え、胃に優しい白湯やホットミルクを飲むようにします。 ホットミルクは特におすすめで、牛乳には胃の粘膜を保護する作用があるので胃酸による刺激から胃壁を守ってくれます。 ムチンは胃酸によって傷ついた胃の粘膜を保護、回復させる作用があります。 飲むタイミングや量を調整するのも大切ですが相性の良い食品と一緒にコーヒーを飲むと、より確実に胃痛を防げます。 コーヒーと併せて飲みたい食品 ミルク 牛乳には胃酸を中和するカルシウムと、胃の粘膜を保護するたんぱく質が豊富に含まれています。 ブラックコーヒーで飲むより、ミルクを混ぜた方が胃に優しくなります。 油不使用のクラッカー カステラやクラッカーなど油不使用のお菓子と一緒にコーヒーを飲むと、胃の中でお菓子がコーヒーを吸収するため胃酸の過剰分泌を防げます。 まとめ 私はコーヒーが大好きなので飲みたい時、飲みたい量を飲んでいましたが、その頃はよく胃痛が起きていました。 現在は一日2杯、朝食とランチの後にだけ飲むようにしているのでコーヒーで胃痛が起きることはありません。 飲む量やタイミングに気をつけるだけで、ほぼ確実にコーヒーによる胃痛は防げます。 コーヒーを飲んだ後の胃痛に困っている人は飲む量とタイミングを、一日2杯、朝・昼食の後に変えてみましょう。 きっと胃痛とさよならできるはずです! スポンサーリンク.

次の

辛いものを食べた後の胃痛、腹痛予防や対処法 効果のある胃薬や漢方は?

胃痛和らげる 飲み物

胃の痛みに効果のある食べ物や飲み物を選ぶ時のポイント! 胃の痛みがある場合、胃に長く留まる食べ物や飲み物を摂るのはよくありません。 消化の悪いものは胃に負担をかけやすいため、避けた方がよいでしょう。 逆に、胃の痛みに効果的な食べ物や飲み物は、消化がよく胃に負担をかけにくいもの。 例えば、同じ野菜を食べるにしても生野菜は食物繊維が豊富なため消化が遅くなるため、胃が痛い時に食べるのは不向きですが、じっくりコトコトと煮こんでやわらかくしたものは消化によく栄養もとれるので、胃が痛い時にお勧めです。 胃の痛みに効果のある栄養素や食べ物や飲み物の特徴 胃が痛くて食事がままならなくなると、体を動かすエネルギーが足りない、いわゆるガス欠状態になってしまいます。 こうなると、胃の回復がますます遅くなってしまうため、食べてすぐエネルギーになる炭水化物を摂取するのがよいでしょう。 また、体のあらゆる臓器や器官、粘膜などの材料となるたんぱく質も、胃の回復を高める作用があります。 さらに、消化を助けてくれる酵素や、胃の粘膜を保護する作用のある栄養素を摂るのも大切です。 胃の痛みに効果のある食べ物や食品・食材おすすめ15選! 胃が痛い時は、一度に食べ物を摂るのではなく、少量をこまめに摂取するようにしましょう。 また、あまり噛まなくても食べられるものであっても、しっかりと噛むようにすると唾液の分泌量が増えて消化を助けてくれます。 おかゆ 炭水化物のご飯をやわらかく煮たおかゆは、胃腸の調子が優れない時のマストアイテムとも言えます。 のど越しがよく、つい噛まずに食べてしまいがちですが、口の中でよく噛んでから飲み込むようにしましょう。 うどん 小麦粉から作られるうどんも、ご飯と同様に炭水化物の中で風邪などの時によく食べられるものですよね。 胃が痛い時は、うどんをよく煮込んでやわらかくしてから頂きましょう。 こちらも、ずるずると啜ってしまわずによく噛んで食べるようにして下さい。 食パン 急な胃の痛みで、ご飯もうどんもない・・という時、食パンがあれば食パンを食べてもよいでしょう。 その場合、固い耳の部分は避け、中の白い部分だけを噛んで食べるようにします。 蒸しパン 胃が痛い時、蒸しパンもお勧めの食べ物になります。 にゅうめん にゅうめんとは、そうめんを煮込んだ料理になります。 夏に大活躍するそうめんは、暑気を払うために冷たいものを食べることが多いですが、冷たい食べ物は胃を冷やし、回復を遅らせてしまいます。 温かいそうめん=にゅうめんを食べて英気を養いましょう。 卵 たんぱく質を始め、ビタミンやミネラルなど栄養を豊富に含んでいる卵は、体力の回復に役立つ食べ物です。 ただし、生卵は胃に負担になりやすいため、半熟や火を通したものを食べるようにしましょう。 湯豆腐 植物性たんぱく質が豊富に含まれる大豆を原料に作った豆腐も、胃が痛い時によい食べ物と言われています。 豆腐を使った料理では冷奴がメジャーですが、体を冷やすよりも温めた方が血液の巡りがよくなり、胃の回復が促されるため、湯豆腐で食べるのがお勧めです。 茶碗蒸し 卵を使った茶碗蒸しは、温かい上にやわらかいので胃に負担をかけにくい食べ物です。 また、具に使われている鶏肉にもたんぱく質が含まれているため、胃の回復を早めてくれる効果が期待できます。 白身魚 魚にはたんぱく質が多く含まれていますが、特に白身魚は身もやわらかく胃が痛い時に食べやすい食べ物となります。 かぶ かぶに含まれるジアスターゼという酵素が、消化を促進して胃の負担を軽くします。 ジアスターゼは加熱に弱いため生のまま摂る方がよいと言われていますが、胃が痛い時は蒸したり茹でるなどして摂取しましょう。 大根 大根にもかぶと同じジアスターゼが含まれています。 ただし、辛味成分によって胃が刺激を受ける恐れがあるため、こちらも加熱して食べるのがよいでしょう。 レンコン れんこんに含まれるムチンには、粘膜を保護する働きがあることから、胃酸の出すぎによって荒れた胃の粘膜を修正し、痛みを緩和する働きがあると言われています。 キャベツ キャベツに含まれるビタミンUには、胃の粘膜の保護や血流の促進によって、胃の痛みを改善する効果があると言われています。 国民的な胃薬と言われている「キャベジン」は、このビタミンUが主成分であることから、この名前が付けられたそうです。 山芋 山芋のネバネバに含まれるムチンの粘膜保護作用と、消化酵素のアミラーゼの働きによって、胃の調子を整える効果があると言われています。 バナナ バナナには糖質やたんぱく質が多く含まれているため、食べてすぐエネルギーに換わることから、体力や疲労の回復に役立つと言われています。 ただし、バナナには体を冷やす作用もあるため、胃の痛みがある時は一度にたくさん食べず、様子を見ながら少量ずつ食べるようにしましょう。 胃の痛みに効果のある飲み物おすすめ5選! 胃が痛すぎてどうしても何も食べる気が起きない、という時は、胃の痛みに効果のある飲み物を摂ってみましょう。 牛乳 牛乳はたんぱく質が豊富で、飲むと胃の粘膜を保護して痛みを緩和する作用があると言われています。 なお、冷たい牛乳は胃を刺激することがあるため、ホットミルクを飲むのがよいでしょう。 野菜スープ にんじんや大根などの根菜類を使った野菜スープも、胃が痛い時にお勧めの飲み物です。 よく煮込んだ野菜は食べやすく、胃に負担をかけにくいですが、スープだけを飲んでも構いません。 白湯 胃酸の出すぎによる胃の痛みの場合は、白湯を飲むことで胃の中の酸が薄まり、痛みを緩和することができると言われています。 ココア ココアに含まれるポリフェノールには、胃潰瘍や胃ガンの原因と言われるピロリ菌を抑制する作用があると言われています。 また、テオブロミンという成分に、自律神経の乱れを修復してリラックスを促す効果があると言われており、胃の痛みによるイライラなどを鎮めてくれる効果が期待できます。 緑茶 緑茶にはカフェインが含まれているため、胃が痛い時はよくないという話もありますが、緑茶に含まれるカテキンの作用によってカフェインの吸収が穏やかになるため、コーヒーや紅茶ほど気にする 必要はないそうです。 また、カテキンには胃腸の働きを活発にする作用もあることから、ぬるめの緑茶を少しずつ飲んで食欲を回復させてみてはいかがでしょうか。 胃の痛みに効果のある食べ物や飲み物おすすめ20選!のまとめ 胃が痛い時は何も食べない方がよい、と思っていた方も多いと思いますが、実は空腹は胃の痛みを強くする場合があるようです。 胃酸過多による胃の痛みは、少量ずつ食べ物や飲み物を摂取した方がよいそうなので、今回ご紹介したものを様子を見ながら摂ってみましょう。 なお、食べたり飲んだりした方が胃が痛い時や、いつもの胃の痛みと明らかに違うなど異変を感じた時は、すぐに病院へ行くようにして下さい。

次の

頭痛や発熱を伴う胃痛には要注意。考えられる病気や原因とは

胃痛和らげる 飲み物

胃痛時の緊急対処法 体を休める 胃痛のもっとも基本的な対処法は「体を休める」です。 胃痛の多くは、ストレスなどによる自律神経の乱れが原因のため、体を休めて自律神経を整えることを第一に優先しましょう。 また、体を休めるときの姿勢は、 「右半身を下にして横になる」ようにするようにします。 これは胃と十二指腸とのつなぎ目が右半身にあるので、右を下にすることで胃の内容物を十二指腸へと流し、負担を軽くする効果があるためです。 ただし、物を食べてすぐの状態で横になると、胃痛を起こしやすくするため、少し時間が経つまでは控えましょう。 物を食べた直後は、胃酸が大量に分泌されている状態なので、横になるとことで胃酸が逆流してしまいます。 横になって体を休めるのは、最低でも 食後から1時間は我慢するようにしてください。 深呼吸をする 自律神経を整えるという意味では、「深呼吸をする」ことも胃痛に対する応急的な対処法になります。 自律神経には緊張感や集中力を司る交感神経と、リラックス感を司る副交感神経の二つがあります。 この内の交感神経が優位な状態が長く続くと、胃の血流が悪くなったり、胃酸の過剰分泌が引き起こされ、胃痛が発生しやすくなります。 これに対して、深呼吸には副交感神経を活発にする効果があり、交感神経の高ぶりを鎮めることができるのです。 深呼吸の方法は、• まず鼻から4〜5秒間ほどかけてゆっくりと空気を吸い込み、• そのままの状態で同じく4〜5秒間ほど静止、• その後8〜10秒間ほどかけて口からゆっくりと息を吐き出します。 ここまでの動作を1回とし、これを10回繰り返しましょう。 ツボを押す 胃痛を改善する効果があるとされるツボを押すという方法です。 ここからは胃痛に効く代表的なツボをいくつかご紹介します。 合谷(ごうこく) 手の平にて人差し指から真っ直ぐ下ろした直線と、同じく親指から真っ直ぐ下ろした直線とが交わる点の部分にあるツボです。 胃痛が起こったときは、少し強めの力で押すようにしましょう。 内関(ないかん) 手首の付け根から肘方向に指三本分置いた部分にあるツボです。 痛くなりすぎない程度の力で指圧してください。 胃兪(いゆ) ウエストのくびれの部分より少し上にあるツボです。 仰向けに寝た状態で、下にボールなどを置いて刺激するのが一般的です。 刺激することで消化機能を高める効果があると言われています。 脾兪(ひゆ) 胃兪よりも数センチほど上にあるツボです。 こちらも消化機能を高める効果があるとされ、仰向けに横になった状態でボールなどを使って刺激します。 中かん(ちゅうかん) みぞおちとへそを結ぶ中間点にあるツボです。 消化機能を高めるほか、食あたりにも効果があるとされます。 軽く指圧をするほか、温タオルやカイロなどで温めるのも効果があります。 入浴をする 入浴は副交感神経を活発にさせるだけでなく、血流を増進することにもなるため、胃痛の改善に効果が高い方法です。 入浴時のポイントとしては、 38度程度のややぬるめの温度で、ゆっくりと時間をかけて湯船に浸かるようにしましょう。 温度をぬるめにすることで、のぼせてしまうことなく、体の内側(内蔵)までを十分に温めることができます。 また、湯船にアロマオイルを入れて、アロマバスにするのもとても効果的です。 アロマオイルの中でも特にラベンダーは副交感神経を活発化させ、自律神経の高ぶりを抑えることができます。 市販薬を服用する 胃痛の対処法としては、市販薬を服用するという方法もあります。 ただし、薬は自分だけの判断で選ばず、症状にあった適切なものを服薬できるよう、 必ず薬剤師さんに相談して購入するようにしましょう。 ちなみに、胃痛に効果のある市販薬にはさまざまな商品がありますが、それは大きく分けると、• 胃酸の過剰分泌を抑制する薬• 胃酸を中和する薬• 胃粘膜を保護する薬• 胃粘膜の修復を促進する薬• 鎮痛薬 となります。 また、もちろんこうした効果を複数併せ持ったものもあります。 また、市販薬の種類の中には漢方薬もたくさん存在します。 漢方薬の特徴としては、効き目が穏やかなため即効性はないものの、副作用も出にくく、胃だけではなく腸などの その他の消化器官や自律神経などにも働きかける効果があることです。 胃痛に効果があるとされる漢方薬としては• 安中散(あんちゅうさん)• 平胃散(へいいさん)• 四逆散(しぎゃくさん)• 晶三仙(しょうさんせん)• 小建中湯(しょうけんちゅうとう)• 芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)• 柴胡疏肝散(さいこそかんとう) などが挙げられます。 そのなかでも はおすすめです。 漢方製薬研究所が選びぬいた、3つの自然生薬(桂皮、丁字、茴香)が、痛みにじっくり働きかけ、普段から続けることで、予防と改善につながります。 また、GMP基準に準拠した品質・衛生・環境で製造され、指定医薬部外品にもなっているので安心して利用できます。 で注文すると、毎月先着300名限定の特別モニターコースも容易されているので、気になる人は、早めにチェックしましょう。 タンパク質を摂取する 胃痛が起こったときに摂りたい栄養素として、まずはタンパク質が挙げられます。 タンパク質には、傷んだ胃の粘膜や粘液の修復を促進させる効果があります。 食材としては、 「大豆」と「鶏肉」から摂るのがおすすめです。 ただし、大豆は繊維質も多く、それが胃に負担になってしまうこともあるため、よく煮込んで加熱をし、柔らかくしたり、粉末状である「きな粉」や「豆腐」などの形で摂取するなど工夫をするようにしてください。 ムチンを摂取する 初めてこの名前を聞いた人もいるかもしれませんが、ムチンも胃痛の緩和を助けてくれる栄養素です。 ムチンには胃の粘膜を保護する効果や、唾液の分泌を促進し消化を助け、胃の負担を軽減する効果があります。 納豆を始めとしてオクラやめかぶ、山芋、なめこなど ヌルヌルした食品に幅広く含まれている成分です。 また、ムチンは温かい状態で摂取をすることにより、より高い効果を発揮するという性質があります。 ビタミンUを摂取する ビタミンUは胃酸の過剰分泌を抑える効果がありり、胃痛に対しては非常に高い効果が知られています。 ビタミンUを豊富に含んだ食品には、キャベツを始めとして レタス、ブロッコリーやアスパラガス、セロリなどがあります。 ただし、ビタミンUは熱に弱い性質があるため、摂取の際にはできるだけ加熱をせず生で食べましょう。 ちなみに、市販の胃腸薬に「 や「 」といった商品がありますが、これらはキャベツから抽出したビタミンUを成分中に含んでいることから付けられた名前です。 刺激の強いものを食べない 食品の中には食べすぎることで胃痛を引き起こしやすくなるもの、あるいは胃痛のときに食べると症状を悪化させてしまうものもあります。 例えば、レモンやオレンジなどの柑橘系のフルーツや、お酢などは胃酸の過剰を促進させるため胃を荒らしてしまうので注意しましょう。 また、• 揚げ物• 脂身の多い肉• マグロのトロなど脂分の多い食べ物• 貝類やイカ・タコなどの魚介類、• ゴボウやレンコンなどの繊維質が多く固い根菜類 なども消化に時間がかかるため胃酸の分泌を促進してしまいます。 さらに、唐辛子などの辛い食べ物は胃に刺激を与えるため、胃痛の原因になることがあります。 胃痛を起こしやすい人は、普段からこうした食べ物を控え目にすることを心がけると良いでしょう。 冷たいものを飲まない 冷たい飲み物もまた胃を刺激するため胃痛を引き起こす原因になります。 特に、空腹の状態で冷たい飲み物を飲むと、胃痙攣などを引き起こし、凄まじい痛みに襲われる可能性があので注意が必要です。 その一方で、温かい飲み物は胃の血流を増大させ、胃痛を軽減する効果があります。 胃痛時の飲み物の中で特におすすめは「ホットミルク」です。 ホットミルクには血流を増大に加え、牛乳はアルカリ性なので胃酸を中和する効果があるほか、タンパク質が胃の粘膜をコーティングし守る働きもあります。 炭酸飲料を飲む 胃痛が起こった際の緊急対処法に、実は炭酸飲料を飲むのも効果的です。 炭酸の原料は炭酸水素ナトリウムという物質で、これはアルカリ性であるため、胃酸を中和し無害化する効果があります。 ただしその一方で、炭酸飲料は冷やした状態で飲むと胃に負担やショックを与え、さらに胃痛を悪化させてしまう可能性もあります。 そのため、 できるだけ常温に近づけてから飲むようにしましょう。 お茶やコーヒーを飲まない 胃痛が起こっているときに控えたい飲料としては、お茶やコーヒーなどの「カフェインが含まれているもの」です。 カフェインは体内に吸収されると、リパーゼという消化酵素を分泌させてしまいます。 このリパーゼは脂肪の分解を促進する働きを持っているのですが、分泌が促進されすぎてしまった場合、胃の粘膜を傷つけてしまうのです。 また、近年では コーヒーを大量に飲む習慣がある人は胃痛を起こしやすいということが研究の結果証明されており、さらに胃潰瘍や十二指腸潰瘍などにもなりやすくなるとされるので注意しましょう。 病院を受診する 胃の痛みが一過性ではなく、慢性的なものであったり、繰り返し起こる場合には、何らかの病気の症状であることも考えられるため、病院での受診がおすすめされます。 特に、ここまででご紹介した対処法を試してみても症状が一向に良くならない場合には、急いで専門医に相談をしてください。 受診する場合は、• 胃腸科• 消化器内科• 消化器外科• 心療内科 などがありますが、もし よく分からないときは、とりあえず内科に行ってみるようにしましょう。 ピロリ菌を除去する 胃痛が慢性的に続く場合、それはピロリ菌に感染し、その菌が発生させる毒素が原因となっている場合があります。 ピロリ菌が発生させるアンモニアなどの毒素は、胃粘膜を攻撃し、場合によっては胃ガンの発生原因となることもあります。 一説によると、 胃ガンのおよそ9割は何らかの形でピロリ菌が影響をしているとも言われています。 また、ピロリ菌は日本人の40代の5割が、50代以上に至っては7〜8割が感染しているとも言われています。 このようにみると非常に深刻な菌のようにも感じますが、実は ピロリ菌の除去自体は非常に簡単です。 駆除の方法としては、まず病院に行き呼気(吐き出す息)を検査して感染の有無を調べます。 そして陽性反応が出た場合には、抗生物質を服用してこれを殺菌します。 服薬期間は1週間ほどであり、これだけですべての処置が完了します。 ちなみに、ヨーグルトに含まれる乳酸菌やココアに含まれる遊離脂肪酸には、ピロリ菌を殺す効果があり、継続的に摂取することもおすすめです。

次の